フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

ウガンダの旅行情報

ウガンダイメージ

マウンテンゴリラの棲む森、そしてサバンナと湖

東アフリカのケニア・タンザニアと接していながら意外と地味な印象のウガンダ。でもその自然の豊かさや文化の高さは全くひけをとりません。

かつてイギリスの首相チャーチルに「アフリカの真珠」と呼ばれたウガンダの緑溢れる自然は今でも健在です。世界で2番目に大きい真水の湖でもあり、またナイル川の源流でもあるヴィクトリア湖を擁し、ナイル川の源流のひとつ‘白ナイル’もここから始まっています。源流を自分の目で見たい・・・という方は湖から川へ流れが変わる様子も見られます。

観光の魅力としてはやはりその変化に富んだ自然。サバンナを車で走るサファリだけでなく、ボートサファリ、森でのウォーキングサファリが魅力です。

何といってもウガンダには、いまや絶滅危惧種としても有名なマウンテン・ゴリラの半数以上が生息しているということ。しかも2箇所で別種のゴリラが見られるのです。さらにチンパンジーが観察出来る公園も数箇所あり、これだけ容易にマウンテン・ゴリラとチンパンジーが観察できる国は広いアフリカでもウガンダだけ。

ただし、ベストシーズンにマウンテン・ゴリラを観るための‘許可証’を手に入れるのは至難の業。何しろ1日にゴリラを見ることが出来るのは70数人の限定ですから。

一方、首都のカンパラは、他のアフリカの都市同様、ビルの建設ラッシュ。特に2007年に開催された英連邦会議を機会に、大型の高級ホテルも増え、道路も舗装工事が進みました。変わらないのは街中の大渋滞とバイクタクシー(通称ボダボダ)の多さ。この間をすり抜けるように歩く人、狭い歩道に新聞、タバコ、スナックなどを並べる露天、ウガンダで育った豊富な種類の野菜や果物が山積みになった市場、客の呼び込みに精を出す女達・・・街は近代的になってもローカルでフレンドリーな雰囲気いっぱいなのが、カンパラそしてウガンダの魅力です。

ウガンダの人は親切で礼儀正しく、穏やかです。国全体に豊富な食べ物、水があることが理由のひとつではないでしょうか。

最後にもう一つ。ウガンダのもうひとつの魅力は美味しい食べ物。東アフリカでは一般的なウガリ(ウガンダではポショと呼びます)やマトケ(食用バナナを蒸し焼きにしたもの)などはもちろんどこでも食べられますが、自慢はチキンとヤギの肉!チキンはまさに地鶏で味があり、道端で売りに来るヤギの串焼きは絶品です。果物と野菜はどれもおいしいですが、「ウガンダのパイナップルは世界一」という声多しです。

ウガンダの国情報

正式名称 ウガンダ共和国 / Republic of Uganda
元首 ヨウェリ・カグタ・ムセべニ大統領 / Yoweri Kaguta Museveni
人口 約3,778万人(2014年)
首都 カンパラ
民族グループ ガンダ、ランゴ、アチョリ等
言語 英語、ガンダ語、スワヒリ語
宗教 キリスト教(60%)、伝統宗教(30%)、イスラム教(10%)
面積 241,000万㎢ ほぼ本州222,500㎢と同じ
ビザ 必要
電気・電圧 240V-50Hz:B/B2/E (マルチタイプがオススメです)
パスポート ウガンダ出国時6ヵ月以上、見開き2ページ以上
通貨 ウガンダ・シリング (UGX)
1UGX = 0.03円 ※2017年2月現在
国旗

ウガンダ国旗

黒は国民、黄色は太陽、赤は同胞愛を表し、中央には国鳥のカンムリヅルが描かれている。

気候 赤道直下の内陸国だが、平均標高1200mの高原に位置するため、気候は温暖。湖が多く、総面積の約 15%が湖や沼沢。降雨量は全般的に多く、年平均1000mmと東アフリカ最大。雨季は、大雨季の3~5月と小雨季の9~11月の2度。首都カンパラの年間平均気温は21℃。
交通事情 空路、国内線網はイーグル・エアがエンテベ空港と北部のアルアやグル、またマーチソン・フォールズやクイーン・エリザベスなどの国立公園へも運航していますが、ウガンダ内の移動は車が一般的です。公共交通機関としては各都市、町を結ぶ大型遠距離バスが運行されています。カンパラなどの都市部では小型乗り合いバス(タクシーと呼びます)やボダボダと呼ばれるオートバイや自転車のタクシーがあります。ボダボダは、ヘルメットも着用しないで乗ることになるため、旅行者はタクシーを使うほうが無難でしょう。主要道路は舗装されたきれいな道路ですが、それ以外はまだ悪路が多く、そんな道では雨期にはスタックしている場面をよく見かけます。
電話のかけ方 日本からウガンダへ : 国際電話認識番号+256+市外局番(0を取る)+電話番号
ウガンダから日本へ : 国際電話認識番号+81+市外局番(0を取る)+電話番号

ウガンダへのアクセス

メイン都市はカンパラですが、空港は近くのエンテベになります。

1. アフリカルート

エチオピア航空 アディスアベバ経由で週4便運航。
(2018/06/02より。※2018/06/01までは週3便の運航。)
南アフリカ航空 香港、ヨハネスブルグ経由で週5便運航。

2. 中東ルート

エティハド航空 アブダビ経由で毎日運航。
エミレーツ航空 ドバイ経由で毎日運航。
カタール航空 ドーハ経由で毎日運航。

3. 欧州ルート

ターキッシュエアラインズ イスタンブール経由で毎日運航。
エールフランス航空 パリ、ナイロビ経由で週3便運航。

2018.4月現在

航空券のお問合わせ

ウガンダの見どころ

ブウィンディ国立公園

ブウィンディ国立公園は、コンゴ民主共和国との国境、西リフトバレーの西端に位置しています。ここの見所はなんといっても絶滅の危機にさらされているマウンテン・ゴリラ。約400頭のゴリラが生息し、その数は世界中のマウンテン・ゴリラの約半数に値します。そのうち観光客の観察が許されているのは9組のグループ。1グループ8名までの限定のため1日合計72名しか入れません。ゴリラを観るための許可証はなかなか取れないので早めの予約が必要ですが、この体験は高いお金を払っても観る価値は十分にあります。

ムガヒンガ・ゴリラ国立公園

マウンテン・ゴリラが見られるもうひとつの国立公園。コンゴ民主共和国・ルワンダと国境を接する火山帯にゴリラが生息しています。観光客が観察できるゴリラのグループは1組のみ、1日6名のみの限定です。ここのマウンテン・ゴリラは、上記ブウィンディのゴリラと毛足の長さ、顔つきなどが微妙に違い、別種であることがわかっています。

クイーン・エリザベス国立公園

ウガンダで最も有名な国立公園のひとつ。お隣コンゴとつながるエドワード湖とジョージ湖を結ぶカズィンガ水路でのボートサファリでは数え切れないくらいのカバが見られるほか、ゾウや美しい水鳥が見られます。鳥にいたっては、この国立公園だけで約540種が記録されています。車でのサファリでは、ウガンダでしか見られないウガンダコーブのほか、ライオン、森イノシシ、運がよければヒョウを見られることも。公園内のマラマガンボ森林のコウモリ洞窟へのウォーキング・サファリもおすすめです。

マーチソン・フォールズ国立公園

この国立公園の見所は名前の通りマーチソン滝。ナイル川の川幅がここで一気に6メートルほどに狭められ、約40メートルの高さで落下します。滝はボートにて下から、そして歩いて上から観ることが出来、その勢いは圧巻です。サファリでは車でのサファリはもちろん、ボートサファリ、チンパンジーなどを求めて森を歩くウォーキングサファリも魅力。他ではなかなか見られないロスチャイルド・キリンが見られるほか、大変珍しい水鳥ハシビロコウを見られる可能性があります。

キバレ森林国立公園

ウガンダの中でも、チンパンジーに会える確率が一番高い(90%以上)森林。他にも白黒コロブス、ブルーモンキーなど12種の霊長類が生息しています。ウガンダでは、その豊かな土地柄から食糧に困ることがなかったため、他のアフリカの国のように霊長類を食べる習慣がありません。そのため、チンパンジーは人間を恐がることがなく、観察もしやすいと言われています。

ジンジャ

イギリスの探検家スピークが、ヴィクトリア湖が白ナイルの源流であることを発見した場所。ボートで川の中央にある小さな島まで足を延ばせば、そこでは水の動きが変わる様子が見られます。ここが湖との川との境、つまりナイル川の流れがスタートする場所と言われると納得できるのでは。下流につくられたオーウェン・フォール・ダムが出来たことで消えてしまったリポンの滝の跡もここで見られます。

ルウェンゾリ

伝説の“月の山”。2世紀、アレキサンドリアの天文学者、天動説で有名なかのプトレマイオスがその著書の中で記した“ナイルの源流”。かつてはヨーロッパの名だたる探検家達の心を熱くさせた憧憬の地。今現在、ナイル川には複数の水源があることが知られていますが、ルウェンゾリもその一つであるばかりか、アフリカ第二の大河ザイール川の水源の一つとしても知られています。年間の9割以上その山塊に霧と雨をまとい、その懐に入り込むものにはなかなかその美しい双耳峰を見せてはくれません。1年のうち霧と雲が晴れ麓から山頂が望めるのは2,3日ほどしかないと言われています。標高4000mを越える地点に広がる湿地帯、低酸素・低気温に対応し巨大化した植物、“ナイルの源流”エレナ氷河から流れだし小川となる美しい水。鬱蒼と茂る森林の上に遠く望む白く輝く赤道直下の氷河。と見所は多く、キリマンジャロ、ケニア山に高さでこそ劣りますが、神秘的な山容とその伝説に彩られた歴史は、まさにアフリカを代表する山と呼ぶにふさわしい山です。

ウガンダの旅行・ツアー

ウガンダと同じ地域(東部アフリカ)の国