フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

赤道ギニアの旅行情報

赤道ギニア共和国 (República de Guinea Ecuatorial) は、赤道直下のギニア湾に浮かぶビオコ島、アンノボン島、および大陸部のリオ・ムニ(ムビニ)とエロベイ・グランデ島及びエロベイ・チコ島を併せたエロベイ諸島から成る共和制国家。ムビニは北にカメルーン、南と東にガボンに隣接する。首都はマラボ。

高温多湿の熱帯性気候。首都であるマラボはビオコ島にある。大陸部分を領有していて、首都が島にある国はとても珍しい(デンマークと赤道ギニアのみ)。

カメルーンの西56Km、リオ・ムニの北西約259Kmに位置するビオコ島は火山島で最高地点は標高3,008mのマラボ山である。70年代まではフェルナンド・ポーと呼ばれた。南部海岸はごつごつしているが、北部は標高も低く近づきやすい。マラボとルバという良港があり、その間にはいくつかの美しい浜がある。

赤道ギニアの総面積28,051㎢のうち、ビオコ島(2,017㎢)とアンノボン島(17㎢)の総面積は2,034㎢である。

リオ・ムニ(26,003㎢)の近くにコリスコ島、エロベイ・グランデ島とエロベイ・チコ島からなるエロベイ諸島(17㎢)がある。

●アフリカのアウシュヴィッツ
ファン族出身であるマシアス・ンゲマ大統領は、恐怖政治とも言うべき強権的独裁体制を敷き、ビオコ島の多数派(赤道ギニア全体では少数派)であるブビ族の迫害・虐殺を行う。1979年にマシアス・ヌゲマ政権は甥のテオドロ・オビアン・ンゲマ中佐率いるクーデターにより崩壊するのだが、マシアス・ンゲマ治世の末期には、「赤道ギニアはアフリカのアウシュヴィッツと化した」といわれるほど、政権の残虐性が露呈していた。その拠点である首都マラボは、まさに恐怖の象徴であった。

●現在のマラボ
1992年にビオコ島沖で油田が発掘されて以来、マラボはギニア湾の石油拠点として急速に発展を遂げることとなる。マラボ近くの沖合にある巨大油田ザフィーロ油田で、米国のエクソンモービルによる採掘が行われ、現在に至るまでマラボは石油ブームに沸いている。それに比例し、各種企業や外国からの移民が相次いでマラボに集中するようになり、都市規模が広大し、貧富の差は著しく広がった。

●フレデリック・フォーサイス
ビアフラ戦争取材のBBC特派員としてナイジェリア入り、彼はビアフラ側に同調し、ビアフラと同じイボの人々が居住する赤道ギニアを安息の地とするため、1972年、ジャッカルの日の印税収入を用いて傭兵を雇いンゲマ政権転覆を謀ったが、スペイン人の傭兵隊長が逮捕され失敗した話はあまりに有名。

赤道ギニアの国情報

正式名称 赤道ギニア共和国 / Republic of Equatorial Guinea
元首 テオドロ・オビアン・ンゲマ・ンバゾゴ大統領 / Teodoro Obiang Nguema Mbasogo
人口 約122万人(2016年)
首都 マラボ
民族グループ ファン、ブビ、コンベ、ベレンゲ等
言語 スペイン語(公用語)、フランス語(第2公用語)、ポルトガル語(第3公用語)、ファン語、ブビ語
宗教 キリスト教(99%)、伝統宗教
面積 28,051㎢ (北海道の約3分の1)
ビザ 必要(スペイン等にある赤道ギニア大使館で査証を取得する。)
電気・電圧 220V-50Hz:B/B3/E
パスポート スペイン、フランス、中国、ガボン等にある赤道ギニア大使館で査証を取得する。
通貨 セーファーフラン(XOF)
1XOF = 0.20円 ※2017年10月現在
国旗

赤道ギニア国旗

青は海を、緑は農業と天然資源を、白は平和を、赤は独立闘争で流された尊い血を表わす。紋章に描かれているのは神木パンヤの木。上部の星はそれぞれ5つの島と大陸部のリオムニを表わし、下部の文字は「団結・平和・正義」。

気候 高温多湿の熱帯雨林気候。 年間を通して降雨があり、年降水量は2000~3000mmと非常に多雨。 3月と10月は特に多く、豪雨や激しい嵐に見舞われることもある。
交通事情
電話のかけ方 日本から赤道ギニアへ : 国際電話認識番号+240+市外局番(0を取る)+電話番号
赤道ギニアから日本へ : 国際電話認識番号+81+市外局番(0を取る)+電話番号

赤道ギニアへのアクセス

空路の玄関口はマラボ

1. ヨーロッパルート

エールフランス パリ経由が週5便運航。
ルフトハンザドイツ航空 フランクフルト経由が毎日運航。

2. アフリカルート

エチオピア航空 アディスアベバ経由が週4便運航(仁川で給油駐機2018/06/02より)
※2018/06/01までは香港で給油駐機、週3便の運航。

3. その他

カサブランカよりロイヤルエアモロッコが週3便運航。

2018.4月現在

航空券のお問合わせ

赤道ギニアの見どころ

赤道ギニアの旅行・ツアー

現在、赤道ギニアを訪問するツアーはありません。
赤道ギニアへの手配旅行については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

赤道ギニアと同じ地域(中央部アフリカ)の国