フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

カーボ・ベルデの旅行情報

カーボ・ベルデイメージ

大陸とは一味違う風景と文化を楽しむ

国名の「カーボ・ベルデ」とは、ポルトガル語で「緑の岬」を意味します。セネガルのダカール沖600kmに浮かぶカーボ・ベルデは、1460年代には無人の群島だったこの国にポルトガルが奴隷貿易の基地を設けたときから歴史の舞台に登場します。後に大西洋航路の補給地及び植民地としてその支配下に置かれていましたが、1975年に独立。

国土は大小15の島からなり、サンチャゴ島、フォゴ島、サル島、サント・アンタン島、サン・ヴィンセンテ島、ボアビスタ島などが主要な島です。 それぞれの島はそれぞれに特徴があり、ビーチリゾートの島、カーボ・ベルデ音楽が聞ける島、漁港の島、自然と火山とハイキングの島など特色があります。共通なのは自然が豊かで、海が美しいということ。農業、漁業の国で主要産品は、マグロ、カニ、エビなどの海産物と、サトウキビ、バナナなどの農作物です。

公用語はポルトガル語ですが、実際住民のほとんどは混血化したクレオール人のため、アフリカ系のクレオール語が広く話されています。 文化も混血化しており、同じくポルトガルの植民地であったブラジルと似ていますが、本国との距離の違いからか独特な文化を持っています。 特に音楽、料理などの面は秀逸です。 というのもポルトガルだけではなく、かつてはフランス、イタリア、イギリスなどヨーロッパの様々な国の船が出入りしていたためだと言われています。

カーボ・ベルデの国情報

正式名称 カーボ・ベルデ共和国 / Republic of Cape Verde
元首 ジョルジュ・カルロス・フォンセカ大統領 / Jorge Carlos FONSECA
人口 約52.1万人(2015年)
首都 プライア
民族グループ 約70%がポルトガル人とアフリカ人の混血
言語 ポルトガル語(公用語)、クレオール語
宗教 キリスト教(カトリック)
面積 4,033㎢ (滋賀県3,855㎢程度)
ビザ 必要(セネガルにあるカーボベルデ大使館で申請)
電気・電圧 220V-50Hz:C/SE
パスポート 申請時6ヵ月以上
通貨 カーボ・ベルデ・エスクード(CVE)
1CVE = 0.82円 ※2017年10月現在
国旗

カーボ・ベルデ国旗

青は空と海、白は平和、赤は国民の努力を象徴し、10個の星は主な10の島を、横の筋は国家建設への道を表している。

気候 熱帯海洋性気候に属するが、火山性の半円状列島のため、年間を通して降水量は少なく、総雨量は270mm程度。 11~3月にはハルマッタンと呼ばれる砂塵に見舞われ、特に乾燥がひどくなる。
交通事情
電話のかけ方 日本からカーボ・ベルデへ : 国際電話認識番号+238+市外局番(0を取る)+電話番号
カーボ・ベルデから日本へ : 国際電話認識番号+81+市外局番(0を取る)+電話番号

カーボ・ベルデへのアクセス

空路のメインの玄関口はプライア

1. ヨーロッパルート

ポルトガルのリスボンより毎日運航。

2. その他

サル島に直接入る便がリスボンから週6便、パリから週3便程運航。

2018.4月現在

航空券のお問合わせ

カーボ・ベルデの見どころ

サンチャゴ島

首都プライアのある島サンチャゴ島はカーボ・ベルデ最大の島でもあります。プライアには西アフリ国際空港があり、島は全体的に山岳地形で険しい山が海岸線まで張り出しています。ほとんどの街や村が高地にあり、山間のわずかばかりの平地ではバナナやサトウキビが栽培され、ポルトガルなどへ輸出されています。 島の北端のタラファルやプライア周辺にはビーチがあり、リゾートホテルにはヨーロッパなどからの観光客が多く訪れています。街並みはやはりポルトガル風で、仰ぎ見る火山性の山を除けば地中海にある島のようです。 全体的に人々は穏やかでのんびりしている静かな島です。

サント・アンタン島

サンチャゴ島に次ぐ大きさ、フォゴ島に次ぐ標高がありかつ素晴らしい景観を持つ島であることから、ハイキングを楽しめることで有名な島です。また、ラム酒グローグの産地としても有名で、ラム酒工場見学ツアーなどもあります。

サル島

サル島にも国際空港があります。平坦で草木のない砂漠のような風景が広がる小さな島ですが、カーボ・ベルデを代表する美しいビーチがあり、多くの欧米人観光客で賑わっています。島の名前のサルというのは、かつてこの島で岩塩(SAL)の採掘が盛んに行われていたことに由来しており、現在は塩田跡と塩運搬用の朽ちたリフト施設が残っており、その名残を見ることができます。またこの島から他の島へ渡るフェリーが多く出ており、観光基地としての役割も果たしています。観光客が多いためか、街並みも他の島と比べて垢抜けており、カラフルな壁を持つ家々と石畳の道がマッチし、独特の美しさがあります。

フォゴ島

この国の最高峰ピコ・デ・カノ2,829mがある活火山の島で、風景は荒涼としており、あちこちに火山活動の影響で捨て去られたのであろう農家の廃墟が残っています。クレーター内の村からカノ山への登山が可能で、山頂から見下ろす青く澄んだ海は一見の価値があります。但し、2014年11月の噴火により、しばらくは立ち入りが制限されています。

セサリア・エヴォラとカーボ・ヴェルデの音楽

「裸足の歌姫」の異名を持つこの国が生んだ最大のシンガー。その人気は世界的で、ヨーロッパはもとよりアメリカ、ブラジル、そして日本でも知名度は高い。ポルトガルのメロディーとアフリカのリズムというとブラジルで生まれたサンバを思い起こしますが、この島の微妙な距離感からか、よりポルトガルの影響を色濃く残しています。 ポルトガルの伝統音楽であるファドの影響が強く見られる「モルナ」と呼ばれる哀愁漂うメロディーにほのかに力強さを感じるセサリアの歌声は、カーボ・ベルデの漁師たちと地元産のワインを飲みながら、下町の飲み屋などで聞くのがぴったりです。残念ながら2011年12月に亡くなりましたが、その音楽は後継者の若手ミュージシャン達に引き継がれています。

カーボ・ベルデの旅行・ツアー

カーボ・ベルデと同じ地域(西部アフリカ)の国