フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

アンゴラの旅行情報

アンゴライメージ

知られざる絶景・動物・少数民族と見所満載

広大なアフリカ大陸の南半球にあり、国の西側は大西洋に面し、北部はコンゴ東はザンビア、南部はナミビアと国境を接しています。 面積は日本の約3.3倍の広さがありますが、推定人口は約1300万人という少なさです。その国土は、半砂漠地帯(ナミビアとの国境地域)や草原、そして内陸部は山岳地帯となっています。アンゴラの山岳地帯は南部アフリカの給水塔的存在で、地理的にとても重要なところです。雨季に降った多量の雨は数々の川を作ります。その内のひとつがザンベジ川で、その流れの途中のジンバブエでは高度差107m、長さ1.7kmのビクトリア滝を形成します。カバンゴ川はボツワナのカラハリ砂漠に大きな湿地帯(オカバンゴデルタ)を作ります。

16世紀から始まった植民地支配とそれに続く25年に及ぶ内戦で、国土が荒廃し、自然破壊と野生動物生存の危機をもたらしました。その後、保護団体などの努力により以前の状態に戻る途上にあります。 アンゴラの内戦は一方で、既に進んでいた国家の部落型社会構成からの脱却を完了したという恩恵をも受けました。国旗、国家、貨幣、そして共通言語としてのポルトガル語までもが同胞としての国民の統一意識の形成を早めました。

アンゴラは石油、天然ガス、銅、ダイアモンド、亜鉛、アルミニウム、金、鉄、シリコン、ウラン、長石類等の鉱物資源に恵まれ、また多様な動植物と海域生物があり、材木や水産資源にも豊富なため経済的な潜在力は大きいと言えるでしょう。ヴィザの取れにくさと物価が高いということが、観光で訪れるに際し大きなネックとなっていますが、アンゴラの今後に期待したいところです。

アンゴラの国情報

正式名称 アンゴラ共和国 / Republic of Angola
元首 ジョアン・ロウレンソ大統領 / João Manuel Gonçalves Lourenço
人口 約2,881万人(2016年)
首都 ルアンダ
民族グループ オヴィンブンドゥ(37%)、キンブンドゥ(25%)、バコンゴ(15%)等
言語 ポルトガル語(公用語)、その他ウンブンドゥ語
宗教 キリスト教(53%)、在来宗教(47%)
面積 1,247,000㎢ (日本378,000㎢の約3.3倍)
ビザ 必要
電気・電圧 220V-50Hz:B/B2/E (マルチタイプがオススメです)
パスポート 申請時6ヵ月以上、見開き2ページ必要
通貨 アンゴラ・クワンザ (AOA)
1AOA = 0.68円 ※2017年2月現在
国旗

アンゴラ国旗

アンゴラ解放人民戦線の旗に、農民を象徴する農耕用ナイフと工場労働者を表す歯車を加えた。 星は社会主義を表している。

気候 国土の3分の2以上が高度1,200~2,000mの高原で、北部は高温多湿の熱帯性気候、中部はサバナ気候、南部は温暖乾燥の亜熱帯気候。 海岸地帯やナミビアとの国境付近は乾燥が激しい。 11月~4月が雨期で温度、湿度ともに高く、5~10月は涼しい乾季となる。首都ルアンダの年平均気温は24℃。
交通事情
電話のかけ方 日本からアンゴラへ : 国際電話認識番号+244+市外局番(0を取る)+電話番号
アンゴラから日本へ : 国際電話認識番号+81+市外局番(0を取る)+電話番号

アンゴラへのアクセス

空路の玄関口はルアンダ

1. 中東ルート

エミレーツ航空 ドバイ経由で週6便運航。

2. 南廻りルート

南アフリカ航空 香港、ヨハネスブルク経由で毎日運航。
キャセイパシフィック航空 香港、ヨハネスブルク経由で週6便運航。

3. アフリカルート

エチオピア航空 アディスアベバ経由で週2便運航。

4. ヨーロッパルート

リスボンより毎日運航。ロンドン、ブリュッセルより週2便ずつ運航。パリ、フランクフルト、アムステルダムより週3便運航。

5. アジアルート

バンコクよりエチオピア航空 アディスアベバ経由が週5便運航。
バンコクよりケニア航空 ナイロビ経由が週2便運航。

6. その他

アフリカ近隣諸国(ナミビア・ウィントフック、モザンビーク・マプト、ジンバブエ・ハラレ、ザンビア・ルサカ等)からフライトがあります。

2018.4月現在

航空券のお問合わせ

アンゴラの見どころ

キッサマ国立公園

首都ルアンダから約80km、クワンザ川が流れる緑美しい公園です。一時は絶滅しかけた動物ですが、動物移住計画により、少しずつ動物数や種類も戻りつつあります。ゾウ・キリン・シマウマやエランド・クドゥなどのレイヨウ類、そして多くの鳥が生息しています。車でのサファリの他、ボート・サファリも楽しめます。

カランドゥラの滝

アフリカでビクトリアの滝に次ぐ大きさの滝です。ほど近い場所にあるはペドラ・ネグラスという奇岩群と合わせて訪問することが多いようです。

ナミブ砂漠

ナミビアの国境を越え、アンゴラ側にも砂漠は広がります。海岸沿いに広がる砂丘は秀逸で、岩砂漠の広がる景色も見ものです。またウェルウィッチャ(奇想天外)はナミビアよりも成長が良く、かなり大きくなったものを見られます。

アンゴラの旅行・ツアー

現在、アンゴラを訪問するツアーはありません。
アンゴラへの手配旅行については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

アンゴラと同じ地域(南部アフリカ)の国