フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

中央アフリカ共和国の旅行情報

中央アフリカ共和国イメージ

国名のとおり、アフリカ大陸のほぼ中央に位置し、国土総面積は日本の約1.7倍。東西に横たわる600~700mの台地がチャド盆地とコンゴ盆地を分岐し、東西に1,400m級の山脈がある。また大小の河川が多く、主流は川幅3km 全長1200kmの大河ウバンギ川でコンゴ川に合流します。国土の南部にはカメルーンや両コンゴから続く熱帯雨林が広がる一方、北部は乾燥したサバンナ地帯となっており、熱帯と乾燥地帯のちょうど中間に位置しています。

約390万の人口の4分の1以上が首都バンギをはじめとする都市部に集中し、人口2万人を超える都市が6市あります。人口密度は1㎢あたり6人程度で、東北部と東部はほとんど無人地帯、南西部の密林地帯も人口が少なくなっています。バンダ人、ウバンギ人、バイア人、ザンデ人、サラ人、ピグミー人の6つが主な民族集団となっています。

「アフリカの年」1960年にフランスから独立し、初代ダッコ大統領が誕生。1966年、軍事クーデターによりボカサ大統領が就任、ナポレオン・ボナパルトに憧れるボカサは1976年に帝政を宣言、皇帝ボカサ1世となりますが。1979年のクーデターにより倒され、ダッコが大統領に再就任、共和制が復活しました。その後もクーデターや、クーデター未遂などの政情不安が繰り返され、治安維持のため国連PKO軍、CEMAC軍等の駐留が行われたりしました。2003年にはボジゼ将軍によるクーデターが発生、ボジゼは大統領として暫定政権を立ち上げ、2005年の大統領選挙を経て正式に大統領に就任しますが政情不安は続き、2012年12月には反政府勢力セレカが諸都市を占拠、政府とセレカ等との間で停戦合意がなされましたが、合意の不履行を理由にセレカが再度侵攻を開始。首都バンギを陥落させたセレカの指導者ジョトディアが大統領就任を宣言し、正式に「暫定大統領」の就任式を行いました。その後、次期大統領選挙等への移行期間が始まったものの、キリスト教系敵対勢力(アンチ・バラカ)の活動活発化もあり、人道状況は悪化し、宗教対立も激化。2014年1月にジョトディア暫定大統領が辞任し、首都バンギの市長だったサンバ・パンザ女史が「暫定国民評議会」によって「暫定大統領」に選任されました。セレカとアンチ・バラカは2014年7月に停戦合意し、2015年7~8月には大統領選が予定されているものの、停戦違反や各勢力内の内部衝突はその後も頻発しています。

主たる産業は、農業(綿花、コーヒー、タバコなど)、林業、鉱業(ダイヤモンド、鉄鉱石など)ですが、内陸国のため貿易は1400km離れたカメルーンのドゥアラ港または、1800km離れたコンゴのポワント・ノワール港経由となり、このことが貿易の利益を圧迫し、国際競争力を低下させる大きな原因となっています。農業人口は全体の80%、農業生産は国内総生産の40%を超え、綿花、コーヒー、タバコの3品目の輸出が、輸出全体の20~30%を占める基幹産業のひとつになっています。

サバンナ(サヘル)とアフリカ中央部の熱帯雨林地帯の中間に位置するため、それぞれの特徴を持っており、国立公園の植生も多彩で、いくつかは世界遺産となっていますが、1980年代に近隣のスーダンとチャドで内戦が起こり、活動資金を求めたゲリラたちによる密猟が横行しました。高額で取引される角や牙を目当てにした彼らの密猟の結果、8万頭いたとされるアフリカゾウは数千頭単位に、6000頭以上いたとされるクロサイはほぼ絶滅状態にまで追い込まれました。ヨーロッパ開発基金はこの国立公園の管理・維持のための援助を行っているものの、横行する密猟、難民の流入などによる環境の悪化を理由として、1997年には危機遺産に登録され、現在も厳しい状況は続いています。

中央アフリカ共和国の国情報

正式名称 中央アフリカ共和国 / Central African Republic
元首 フォースタン・アーシャンジュ・トゥアデラ大統領 /
人口 約459万人(2016年)
首都 バンギ
民族グループ バンダ、バヤ、サラ、ヤコマ、サンゴ、バカ、ピグミー他
言語 サンゴ語(公用語・国語)、フランス語(公用語)
宗教 カトリック(約25%)、プロテスタント(約25%)、伝統宗教(約35%)、イスラム教(約1%)
面積 623,000㎢ (日本378,000㎢の約1.6倍)
ビザ 必要
電気・電圧 220V-50Hz:B/B2/E/E2 (マルチタイプがオススメです)
パスポート 帰国時まで有効なもの
通貨 中央アフリカ・セイファーフラン(XAF)
1XAF = 0.20円 ※2017年10月現在
国旗

中央アフリカ共和国国旗

フランス国旗の3色と汎アフリカ色を組み合わせたもの。 両者が共有する人類の赤い血を縦に置く。 緑は森林部の住民、黄色はサバンナ地帯の住民。

気候 国土の大半は標高600~700mの高原台地にあり、南部は熱帯雨林型、中部はサバナ型、北部は乾燥型となる。 首都バンギの年平均気温は26℃前後で、雨季は5~7月と10~11月の年2回、12~2月までが高温の乾季となる。
交通事情 首都バンギより国内の主な町まで長距離・ミニバスが出ている。
その他ブッシュタクシーといわれるミニバスもあるが運行時間等は不確実、乗客が一杯にならないと走り出さないことが多い。
また、フランス制プジョー504sによる、エクスプレス、通称プジョーサービスなども多いが、乗用車に9人乗せ、猛スピードで走るので事故も多い。列車はない。
市内には乗り合いタクシーも多く、市民もよく利用している。
電話のかけ方 日本から中央アフリカ共和国へ : 国際電話認識番号+236+市外局番(0を取る)+電話番号
中央アフリカ共和国から日本へ : 国際電話認識番号+81+市外局番(0を取る)+電話番号

中央アフリカ共和国へのアクセス

空路の玄関口はバンギ
※2018年4月現在、中央アフリカには「退避勧告」が発令されております。

1. ヨーロッパルート

エールフランス パリ経由が週2便運航。

2. その他

ケニア航空 バンコク・ナイロビ経由が週4便運航。
カサブランカよりモロッコ航空が週3便運航。

2018.4月現在

航空券のお問合わせ

中央アフリカ共和国の見どころ

バンギ

コンゴ河の支流、ウバンギ川に面した中央アフリカの首都。首都機能はあるものの、高層ビルも数えるほどの小さな街。フランス植民地時代の建物多く残り、未だに役所などとして使われています。川沿いの魚市場をはじめ、小さな市場がいくつかありますが、他の西・中央部アフリカの町同様の活気はありません。

マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

中央アフリカ共和国北東部バミンギ・バンゴラン州にある、世界遺産にも登録されている国立公園。南のボンゴ高原、北のアウク川 に挟まれた面積17400㎢のエリアで、氾濫原やサバンナなどの豊かな植生に育まれ、多くの動物が生息しています。アウク川流域は、雨季には氾濫によって水没する一方、乾季でも干上がることはなく10000~15000羽が生息すると推定されるハシビロコウ、コシベニペリカン、モモイロペリカンなど、多くの水鳥が生息しています。その他、サンショクウミワシなどの猛禽類をはじめ、野鳥類は320種にのぼるとされています。南部に広がるサバンナには、ゾウ、クロサイ、カバ、コリンガゼル、ライオン、チーターなど50種以上の大型哺乳類が生息していますが、残念ながらインフラの未整備などの理由で、首都バンギからは気軽に訪問が可能な地域ではありません。

ザンガ=ンドキ国立公園

中央アフリカ共和国南西部(南西端)に位置する国立公園で、2012年に世界遺産に登録された「サンガ川流域の3か国保護地域」の3つの構成資産の一つです。1990年に設定された、総面積1143.26㎢の国立公園ですが、北のザンガ地区(ザンガ自然公園)と南のンドキ地区(ンドキ自然公園)という、互いに離れた2つの地区で構成されています。ザンガ地区とンドキ地区の間にはザンガ=サンガ特別保護区335,900haがのびており、その保護区とザンガ=ンドキ国立公園は、互いに固有の保護上の地位を持ちつつ、ザンガ=サンガ保護地域群を形成しています(ザンガ=サンガ特別保護区は世界遺産登録範囲の緩衝地域で、世界遺産には含まれていません)。公園の海抜標高は340mから615mで、公園全体が沖積層の砂の上にあります。ザンガ川主流とする河川に沿って森林が開けており、バイと呼ばれる湿潤な窪地も見られます。いくつかのバイは霊長類馴化プログラムの拠点となっており、調査とともに、観光客向けのゴリラの馴化が行われています。公園内の森林は、主に乾燥している地帯、川沿いの湿地帯を含む半常緑林、鬱蒼とした森林の3つに分けられます。主要な森林には、ニシローランドゴリラ、マルミミゾウ、チンパンジー、モリイノシシ、アカカワイノシシ、シタトゥンガ、ボンゴ、アカスイギュウ、そしてダイカー亜科6種が生息しています。特に有名なのは、1㎢あたり1.6頭というゴリラの生息数の多さで、ニシローランドゴリラの密度としては世界最大級。またザンガ=ンドキ国立公園は重要野鳥生息地にもなっており、他の2つの重要野鳥生息地、カメルーンのロベケ、コンゴ共和国のヌアバレ=ンドキと接しています。

中央アフリカ共和国の旅行・ツアー

現在、中央アフリカ共和国を訪問するツアーはありません。
中央アフリカ共和国への手配旅行については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

中央アフリカ共和国と同じ地域(中央部アフリカ)の国