フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

トーゴの旅行情報

トーゴイメージ

細長い国に多様な文化そして人懐っこい笑顔の人々

西アフリカの小国トーゴ、総面積は5万6785㎢で日本の1/7ほどの長方形をした国土、南北約550kmで、ギニア湾に面した海岸線は70kmしかありません。

南部の熱帯雨林、北部のサバンナという自然の区分と同様に、住民構成も文化的、言語的に南北ではっきりと二分されます。南部を代表するのはキリスト教を信仰するエウェ人でガーナやベナンにまたがって居住、北部にはイスラム教徒が多く、カブレ人などが居住しています。小国ですが、南北の対立は根深いものがあるようです。

2005年2月に亡くなられたエヤデマ大統領は、アフリカでは最長の38年間も元首の座にあり、彼が北部出身ということもあり、南部エウェ人の反感が非常に強かったです。また、彼の死後、長男が大統領職を世襲するといった動きに出たため、国際的な非難を浴び、また、大統領選挙の結果を不服として、民衆が暴徒化したことも記憶に新しいです。(現在は、暴動も起きておらず、平穏な状況に戻っておりますので念のため。)

コートジボアール同様に、30年以上も同じ元首が政権の座にあると、その死後、積もり積もった不満や長期間抑圧されたものが爆発するのかもしれません?

歴史的にみると、ヨーロッパ人来航以前に、アタパメやノツェなどの王国が存在していましたが、詳しいことはあまり分かっていません。西のアシャンティ王国、東のダホメー王国の覇権争いに巻き込まれた感がありますが、現在のトーゴの地に強力な王国が存在しなかったため、ヨーロッパ列強の積極的な進出もなかったのです。そのためか、トーゴの旧宗主国は西アフリカでは珍しいドイツです。現在では、多くの都市で生ビールが飲めますが、10数年前までは西アフリカではここトーゴでしか生ビールが飲めませんでした。また、ソーセージも美味と言われています。

ドイツ領トーゴランドは、第1次世界大戦後に英国とフランスにより分割統治されることになり、フランス領は単独の行政地域として、英国領はゴールド・コーストの一部として統治されました。

1946年に英国領・フランス領に引き裂かれたエウェ人の統一運動などが活性化しました。
1957年に英国領地域は独立したガーナの一部となりました。
1956年にフランス領地域が自治政府が成立。
1960年にトーゴ共和国として独立。

トーゴは世界でも珍しい国境に位置する首都を有します。ロメはドイツ統治時代に首都となりましたが、その後英国領(現在のガーナ)とフランス領に分割されたことによりガーナとの国境沿いに位置することになりました。

近隣の国に比べれば見どころは少ないと言わざるを得ないですが、南部のトーゴ湖でのピローグによるボートトリップ、周辺のヴードゥー教の町、中部の風光明媚な丘陵地帯、要塞のような住居(奴隷貿易が行われた時代に奴隷狩りから身を守るためと言われています)が点在する北部のタンベルマ地方など、東西にトーゴを通過する旅ではなく、細長いこの国を南北に縦断してみては如何でしょうか?

2006年のサッカーワールドカップのアフリカ最終予選グループ1においてトーゴはセネガルやザンビアを抑えて、なんと見事1位通過!ワールドカップのグループリーグでは0勝3敗と揮いませんでしたが、強豪国に臆することなく立ち向かう姿は、アフリカサッカーの新しい強豪国を世界中に知らしめました。

トーゴの国情報

正式名称 トーゴ共和国 / Republic of Togo
元首 フォール・エソジムナ・ニャシンベ・エヤデマ大統領 / Faure Essozimna Gnassingbé Eyadéma
人口 約730万人(2015年)
首都 ロメ
民族グループ エヴェ(35%)等約40グループ
言語 フランス語(公用語)、エヴェ語、カブレ語他
宗教 伝統的宗教(67%)、カトリック(18%)、イスラム教(10%)、ブロテスタント(5%)
面積 56,390㎢ (四国18,800㎢と九州39,900㎢を合わせた程度)
ビザ 必要
電気・電圧 220V-50Hz:B/BF/C (マルチタイプがオススメです)
パスポート 申請時3ヵ月以上、2ページ以上
通貨 トーゴ・セイファーフラン(XOF)
1XOF=0.20円 ※2017年10月現在
国旗

トーゴ国旗

赤は独立のため流された血、緑は希望と国民、黄色は労働、白は純潔を象徴し横筋で5地方を表す。

気候 大西洋に面した海岸部は高温多湿の熱帯性気候。 雨季は、3~7月の大雨季、9~11月の小雨季の2回。 首都ロメの年平均気温は26℃で、大雨季は気温も湿度も高く過ごしにくい。 内陸部は4~7月が雨季。北部の高原部は、雨量は少なく湿度も低いサバナ気候。
交通事情 国内の移動手段は、乗り合いのタクシー又はミニバスです。
ロメから中部のブリッタまで鉄道路が延びていますが、貨物のみで、国内線も運航していません。
電話のかけ方 日本からトーゴへ : 国際電話認識番号+228+市外局番(0を取る)+電話番号
トーゴから日本へ : 国際電話認識番号+81+市外局番(0を取る)+電話番号

トーゴへのアクセス

空路の玄関口はロメ

1. アフリカルート

エチオピア航空 アディスアベバ経由が週2便運航(仁川で給油駐機2018/06/02より)
※2018/06/01までは香港で給油駐機、週1便の運航。

2. ヨーロッパルート

エールフランス パリ経由が毎日運航。

3. その他

モロッコ航空 カサブランカより週4便運航。
エチオピア航空 バンコク・アディスアベバ経由が週4便運航。

2018.4月現在

航空券のお問合わせ

トーゴの見どころ

ロメ

人口650万人の小さな国トーゴの首都ロメですが、南北に長い国土を持つ国の割りに、国土の南西の端ガーナ国境とギニア湾に接した、首都としては不思議な場所にある街です。白亜の建物と、濃い緑のコントラストが 美しい街ですが、通りを1本隔てると呪術に使用するグッズを扱った「フェティッシュ・マーケット」もあり、アフリカっぽさを醸し出しています。ロメに限らず、トーゴで特筆すべきは美味しいビール!しかも安い!それもそのはず、かつてはドイツによって植民地化され、独立後もその名残でビール会社の多くはドイツ系、アフリカNo.1の呼び声高いビールを生産し続けています。

クタマク

北東部カラ地方のクタマクでは、バタマリバ人の定住以来、彼らが当時と変わらぬ伝統集落と農業や林業に従事する暮らしを続けています。村は「タキヤンタ」と呼ばれる2階建ての穀物倉庫を備えた泥作りの住居が整然と密集しており、住居群は彼らの氏族社会の構造を表現しているとも言われています。儀式に使われる場所や泉、森などがひとつの村の中に配置され、一つの小さな世界、文化的景観を形成しています。キリスト教やイスラム教など外部からの宗教的影響を受け入れず、独自の文化的景観を保ち続けていたことが評価され、ユネスコの世界文化遺産に登録されました。

トーゴの旅行・ツアー

トーゴと同じ地域(西部アフリカ)の国