フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

サントメ・プリンシペの旅行情報

サントメ・プリンシペイメージ

アフリカの大湾曲部、ギニア湾に浮かぶ火山島のサントメ島、プリンシペ島、その周辺の島々からなる島嶼国です。大陸に近く小さい島がプリンシペ島、面積の大きく大陸からより離れたサントメ島に首都のサントメがあり、人口の約90%がサントメ島に住んでいます。

1469年から1471年にかけて、ポルトガルの航海者・探検家のジョアン・デ・サンタレンとペロ・エスコバルによって発見されるまで無人でしたが、大陸との交易に利用する目的で領有され、1493年にはポルトガル王から島を賜ったアルバロ·カミニャによってサントメ島に入植が開始され、1500年には同様にプリンシペ島にも入植が開始されました。入植者の誘致は困難を極め、初期の入植者の多くは主にユダヤ人の流刑者たちでした。入植者は、島の火山性の土壌が農業、特に砂糖、ついでカカオの生育に適していることを発見し、過酷な労働のためコンゴ王国をはじめとするアフリカ本土から大勢の奴隷の輸入を開始、16世紀から17世紀にかけては奴隷貿易の中継基地へと発展していきます。奴隷制度廃止後も、農園主の農園労働者に対する待遇は変わらず、労働者たちの不満は募っていきます。1960年にサントメ・プリンシペ解放委員会が設立され、独立運動が本格化。ポルトガルが植民地からの撤退を決めると、1974年に暫定政府が設立され、1975年7月12日に正式に独立。と同時にポルトガル人が本国に帰ると経済は破綻し、世界最貧国の一つに。独立当時は旧社会主義国家寄りの政策だったものの、80年代からは新西欧、親米路線に転換し、数度のクーデター未遂が発生したものの、基本的には正当な選挙で国会議員と大統領を選出し、現在に至っています。 主な産業は農業、キャッサバやプランテーションバナナなど。主な輸出品は、独立前から主力だったカカオ。近年は海底油田の開発が進み、産油国の仲間入りをしました。

サントメ・プリンシペの国情報

正式名称 サントメ・プリンシペ民主共和国 / Democratic Republic of Sao Tome and Principe
元首 エヴァリスト・カルヴァリョ大統領 /
人口 約20万人(2016年)
首都 サントメ
民族グループ バンツー系及びポルトガル人との混血
言語 ポルトガル語
宗教 キリスト教
面積 1,001㎢ (東京都の約半分)
ビザ 滞在期間が15日以内の場合、日本国籍の方は不要。
電気・電圧 現在調査中
パスポート その都度確認
通貨 サントメ・ドブラ (STD)
10ドブラ (STD) = 0.05円 ※2017年2月現在
国旗

サントメ・プリンシペ国旗

黄色は太陽、緑は農作物、赤は独立運動と平等を象徴し、二つの星はサントメ島とプリンシペ島を表す。 独立闘争を行ったサントメプリンシペ解放運動の党旗が原型。

気候 赤道直下にあるため、熱帯海洋性気候で年中おおむね高温多湿。 ただし地形が急峻なため、標高500~700m地点では気温が急激に下がる。 大雨季(1~6月)、乾季(7~9月)、小雨季(9~12月)の3つの季節に分かれている。
交通事情
電話のかけ方 日本からサントメ・プリンシペへ : 国際電話認識番号+239+市外局番(0を取る)+電話番号
サントメ・プリンシペから日本へ : 国際電話認識番号+81+市外局番(0を取る)+電話番号

サントメ・プリンシペへのアクセス

空路の玄関口はサントメ

1. ヨーロッパルート

リスボンよりポルトガル航空が週4便運航。

2. その他

アフリカ近隣諸国(ガボン・リーブルヴィル、アンゴラ・ルアンダ等)からもフライトがあります。

2018.4月現在

航空券のお問合わせ

サントメ・プリンシペの見どころ

サン・セバスチャン・フォートと博物館

1575年にポルトガルによって築かれたサン・セバスチャン・フォートは、サントメの町の海岸に位置しています。貿易の拠点ともなった、16世紀の典型的なポルトガル式要塞で、現在は宗教的な美術品や植民地時代の遺物を展示公開している博物館として利用されています。

ポルトガル時代のプランテーション

島の各地には、ポルトガル統治時代のプランテーション跡地とかつての大農場主の壮大な館が数多く残されており、廃墟と化しているものも多くありますが、改修されて宿泊施設やレストランとして利用されたり、今でも細々とコーヒーやカカオ農園を営む人々が暮らしていたり、ポルトガルが去った後に残された本物のクレオール文化に触れることができます。

ピコ・デ・サントメ

海抜2024mの高さを誇るピコ・デ・サントメは、サントメ島の南部にある親指を立てたような岩峰です。見た目は垂直な岩壁だらけに見えますが、ロッククライミングの技術なしで熱帯雨林をはじめとする3つの気候帯を通過して、1泊2日または2泊3日の登山で頂までたどり着くことができ、頂からは島の全景を眺めることができます。この山の裾野に広がる原生林には、非常に貴重な種のランとベゴニアをはじめ約800種の植物が自生していますが、そのうちの約100種類はサントメの固有種となっています。その他、原生林内ではバードウォッチングを楽しむこともできます。

火山島のため、砂浜は溶岩砂で黒く、また波打ち際より一気に深くなる海岸が多いため、人のいない、ゴミが全く落ちていない美しいビーチはあるものの、ビーチリゾートに向いているとはいえません。その反面、訪れるダイバーが極端に少ないため、魚が人を恐れず、ウミガメも多く生息している透明度の高い温かい海で、ダイビングを楽しむことができます。人口の少なく、海の汚れもほとんどない、プリンチペ島でのダイビングがおすすめです。もちろん、カジキマグロ等を狙ったスポーツフィッシングも盛んで、ザトウクジラが回遊してくる7月から10月にかけてはホエールウォッチングを楽しむこともできます。

赤道の碑

サントメ島の南に浮かぶ小さな島、ロラス島にはちょうどこの島の真上を赤道が通っており、見晴らしの良いビューポイントには赤道の碑が建てられています。島には唯一のリゾートホテルがあり、ポンタ・ベレイア港からボートでしか足を伸ばすことができませんが、訪れる人も少なく、静かなリゾート滞在を楽しむことができます。

サントメ・プリンシペの旅行・ツアー

現在、サントメ・プリンシペを訪問するツアーはありません。
サントメ・プリンシペへの手配旅行については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

サントメ・プリンシペと同じ地域(中央部アフリカ)の国