アフリカ旅行の道祖神

【ゴリラ・トレッキング2回の特別版】ウガンダ ゴリラ・トレッキング 9日間

ブウィンディとムガヒンガでゴリラ・トレッキング2回の特別版!6名様限定のツアーです。

絶滅の危機にさらされているマウンテン・ゴリラの半数近くが暮らすウガンダのブウィンディ原生国立公園と、ルワンダやコンゴ民主共和国に接するムガヒンガ国立公園を訪問。同じマウンテン・ゴリラでも少し表情や顔が違う?といわれる2カ所でゴリラ・トレッキングを計2回お楽しみください。ゴリラ・トレッキング以外にも、前半にはムブロ湖国立公園を訪問し、車でのサファリ、ナイト・サファリ、そしてホースバック・サファリ(初めての方でもご参加いただけます)とアクティブに野生動物ウォッチを楽しみます。また、ツアー終盤にはマバンバ湿地を訪問し、動かない鳥で知られるハシビロコウを狙います。森、サバンナ、湖とウガンダの豊かな自然と貴重な野生動物との出会いを満喫してください。6名様限定です。

ツアー概要

ブウィンディとムガヒンガでゴリラ・トレッキング2回の特別版!6名様限定のツアーです。

絶滅の危機にさらされているマウンテン・ゴリラの半数近くが暮らすウガンダのブウィンディ原生国立公園と、ルワンダやコンゴ民主共和国に接するムガヒンガ国立公園を訪問。同じマウンテン・ゴリラでも少し表情や顔が違う?といわれる2カ所でゴリラ・トレッキングを計2回お楽しみください。ゴリラ・トレッキング以外にも、前半にはムブロ湖国立公園を訪問し、車でのサファリ、ナイト・サファリ、そしてホースバック・サファリ(初めての方でもご参加いただけます)とアクティブに野生動物ウォッチを楽しみます。また、ツアー終盤にはマバンバ湿地を訪問し、動かない鳥で知られるハシビロコウを狙います。森、サバンナ、湖とウガンダの豊かな自然と貴重な野生動物との出会いを満喫してください。6名様限定です。

ツアーの見どころ

ブウィンディ原生国立公園
ブウィンディ原生国立公園は、コンゴ民主共和国との国境、西リフトバレーの西端に位置しています。マウンテン・ゴリラの生息数は現在1000頭を超えると言われていてこの半数近くがブウィンディに生息しています。保護活動の成果あってその数は増えているとはいえ、観光客の観察が許されているのは人づけされた一部のゴリラグループのみ。ゴリラを見るための許可証はなかなか取れないので早めの予約が必要ですが、高いお金を払うだけの価値がある貴重な体験です。ウガンダ野生生物管理局によると、ブウィンディでのゴリラとの遭遇率は95%以上だそうです。

ムガヒンガ国立公園
ウガンダで最も小さいムガヒンガ国立公園は、ヴィルンガ山地に位置し、マウンテン・ゴリラが生息するコンゴ民主共和国のヴィルンガ国立公園、ルワンダのボルカン国立公園に隣接しています。ヴィルンガ地方内を自由に移動するマウンテン・ゴリラの保護を目的として、猟獣保護区に指定されていた地域を母体として1991年に設立された国立公園です。ゴリラ・トレッキング以外にもゴールデン・モンキートレッキングや、ムハブラ山(4,127m)、ガヒンガ山(3,474m)、サビニョ山(3,645m)へのハイキングなどのアクティビティが人気です。

ムブロ湖国立公園
カンパラから一番近い国立公園で、260㎢のムブロ湖と湿地帯、そして、ウガンダでは最も小さいサバンナを有します。キリン、インパラ、シマウマやエランドなど68種類の哺乳類と610種類の鳥類が記録されています。一般的な車でのサファリだけではなく、ナイト・サファリ、ボート・サファリ、ウォーキング・サファリ、サイクリング・サファリ、ホースバック・サファリとアクティビティも豊富です。

マバンバ湿地
マバンバ湿地は、ビクトリア湖北岸のエンテベ半島に位置し、ラムサール条約に登録されています。大きなクチバシが特徴で、獲物をじっと待っている姿から、日本では動かない鳥として知られているハシビロコウは、南スーダン、ウガンダ、タンザニア、ザンビアなどの湿地帯に生息していますが、このマバンバ湿地が最も出会える確率が高いといわれています。パピルスが茂る湿地帯をボートで静かに漕ぎ進めば、貴重な野鳥たちとの出遭いが待っているでしょう。

ツアー日程表

1日目
東京・大阪 飛行機 EK直行便(約11時間)
夜、日本発。ドバイへ。
宿泊 機中泊
朝食:× 
昼食:× 
夕食:機
東京 飛行機 QR直行便(約12時間)
夜、日本発。ドーハへ。
宿泊 機中泊
朝食:× 
昼食:× 
夕食:機
2日目
飛行機 ドバイ(乗継) 飛行機 EK直行便(約5.5時間)エンテベ
早朝、ドバイで飛行機を乗り換え。午後、エンテベ着。係員が空港でお出迎えし、市内のホテルへ。
宿泊 ホテル/エンテベ泊
朝食:機 
昼食:× 
夕食:〇
飛行機 ドーハ(乗継) 飛行機 QR直行便(約5時間)エンテベ
早朝、ドーハで飛行機を乗り換え。午後、エンテベ着。係員が空港でお出迎えし、市内のホテルへ。
宿泊 ホテル/エンテベ泊
朝食:機 
昼食:× 
夕食:〇
3日目
エンテベ 自動車 (約5時間)ムブロ湖国立公園
朝食後、ムブロ湖国立公園へ。昼食はロッジで。休憩後、午後は車でのサファリをお楽しみください。夜はナイト・サファリでヒョウやハイエナに出遭えるチャンスも。
宿泊 ロッジ/ムブロ湖国立公園泊
朝食:〇 
昼食:〇 
夕食:〇
4日目
ムブロ湖国立公園 自動車 (約5時間)ムタンダ湖
朝食後、ホースバック・サファリをお楽しみください。未経験の方でもご参加可能です。その後、ムタンダ湖へ移動します。ロッジにチェックイン。
宿泊 ロッジ/ムタンダ湖
朝食:〇 
昼食:〇 
夕食:〇
5日目
ムタンダ湖 自動車 (約2時間)ブウィンディ原生国立公園 自動車 (約2時間)ムタンダ湖
朝食後、ブウィンディ原生国立公園へ。ゴリラ・トレッキングへ出発します。ゴリラに会えるまでの道のりや時間は、その時の状況により異なります。
宿泊 ロッジ/ムタンダ湖泊
朝食:〇 
昼食:〇 
夕食:〇
6日目
ムタンダ湖 自動車 (約2.5時間)ムガヒンガ国立公園 自動車 (約2時間)ムタンダ湖
朝食後、ムガヒンガ国立公園へ。2回目のゴリラ・トレッキングへ出発します。ゴリラに会えるまでの道のりや時間は、その時の状況により異なります。
宿泊 ロッジ/ムタンダ湖
朝食:〇 
昼食:〇 
夕食:〇
7日目
ムタンダ湖 自動車 (約10時間)マバンバ湿地
朝食後、マバンバ湿地へ向かいます。終日の移動となります。赤道を越え、ロッジへ。
宿泊 ロッジ/マバンバ湿地泊
朝食:〇 
昼食:〇 
夕食:〇
8日目
マバンバ湿地 自動車 (約2時間)エンテベ 飛行機 EK直行便(約5.5時間)ドバイ
朝食後、マバンバ湿地でボート・サファリ。ハシビロコウを探します。その後、エンテベ空港へ。午後、エンテベ発。空路ドバイへ。
宿泊 空港内待機
朝食:〇 
昼食:× 
夕食:機
マバンバ湿地 自動車 (約2時間)エンテベ 飛行機 QR直行便(約5.5時間)ドーハ
朝食後、マバンバ湿地でボート・サファリ。ハシビロコウを探します。その後、エンテベ空港へ。午後、エンテベ発。空路ドーハへ。
宿泊 空港内待機
朝食:〇 
昼食:× 
夕食:機
9日目
ドバイ(乗継) 飛行機 EK直行便(約10時間)東京・大阪
深夜、ドバイ発。夕、日本着。
朝食:機 
昼食:機 
夕食:×
ドーハ(乗継) 飛行機 QR直行便(約10.5時間)東京
深夜、ドーハ発。夕、日本着。
朝食:機 
昼食:機 
夕食:×

旅行代金・催行情報

催行 出発地 出発日 帰着日 料金 募集状況
催行
決定
東京・大阪
出発日8/9(金)出発
帰着日8/17(土)帰着
1,080,000円
締め切り
東京・大阪
出発日'25 8/1(金)出発
帰着日'25 8/9(土)帰着
後日発表
参加者募集中
※上記旅行代金の他に、下記【燃油特別付加料】と【空港税】が必要です。
※他の出発地をご希望の方は、お問い合わせください。

その他の料金

燃油特別
付加料
78,000円
(2023年12月1日現在)
空港税 17,440円
(2023年12月1日現在)
ビジネス
クラス料金
お問い合わせください。
一人部屋
追加料金
80,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピータ
ー割引
リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

ご旅行条件

訪問国 ウガンダ
最少
催行人数
6名様(最大6名様)
添乗員 日本より同行します。
食事 朝食6回 / 昼食5回 / 夕食/6回(機内食を除く)
サファリ
回数
6回
世界遺産 ブウィンディ原生国立公園
利用予定
航空会社
エミレーツ航空(EK)
カタール航空(QR)
エチオピア航空(ET)
など
利用予定
宿泊施設
エンテベ:Kホテル
ムブロ湖:キガラマ・ワイルドライフ・ロッジ(8月2日発)、ミヒンゴ・ロッジ(8月9日発)
ムタンダ湖:ムタンダ・レーク・リゾート
マバンバ湿地:ンキマ・フォレスト・ロッジ
(ツイン、シャワー付)
または同等クラス。
ビザ ウガンダの観光ビザが必要です。ビザ申請の代行については、こちらをご覧ください
予防接種 黄熱病の予防接種が必要です。

ご参加にあたっての注意事項

荷物について
サファリカーの荷物スペースには限りがございます。スーツケースはなるべく中型以下でお願いいたします。
日程について
現地の天候や政情・治安の変化など、弊社の関知し得ない状況によりルートや宿泊地、訪問地の変更などを余儀なくされる場合があります。最善を尽くすよう努力致しますが、その場合、変更補償金の対象外とさせていただきます。
ツアー全般の注意点
ツアー全般の注意点については、『Q & A』のページにまとめていますので、ご確認ください。

レポート

お客様の口コミ

※この口コミは過去の『ウガンダ ゴリラ・トレッキング』のものです。当ツアーとは日程や内容が異なる場合があります。
Hさん 50代女性('19 8月出発)
  • 見たかったゴリラ家族がすべて見られた。
  • 現地スタッフを含め、すべての人の対応に満足。
  • 現地の環境に対応した宿泊地で勉強になった。
  • クイーン・エリザベス国立公園は少し感動が薄かった。
  • 動物園内のオプショナルツアーに参加したかった。
Tさん 60代男性('19 8月出発)
  • メインのゴリラトレッキングは二日間とても大満足でした。
Tさん 50代女性('18 8月出発)
  • 豊かな水による深い緑、豊富な食物と無邪気に駆け寄る子供たち、いまだ王国があり王様が存在するということが印象に残った。
  • 52の民族と多くの言語があり、ルヒジャとブホマでは言葉が違うことを体験した。
  • ゴリラトレッキングは軽くドラミングする姿や竹をむしゃむしゃ食べる姿が面白かった。ゴリラの大きさ、穏やかさ、ユーモラスなしぐさを見て、平和を愛する生き物だと確信した。
  • 体力的には2回のトレッキングがともに1時間程度と短時間だったことと転びそうになってもポーターがサポートしてくれたおかげで乗り切れた。
  • この歳になっても探検気分を味わえたことは貴重な体験だった。
  • 旅の道中ではローカルフードを食し満足だった。
  • 車窓より、見たかったアンコーレ牛の集団に出会い、この世の生き物とは思えない角の迫力に圧倒された。
  • ロッジENGAGI RODGEで、レセプションのテラスから深い霧の森が迫ってきて素敵でした。また、自分の部屋のテラスにはヒヒの群れが来ました。
  • 移動の車が一番後ろの車の窓が大きく開けられなかったので、写真がすべて窓ごしになった。サファリではないので仕方ありませんが、やっぱりサファリカーが良いな。
Sさん 50代女性('18 8月出発)
  • オプションの村訪問が楽しく、おかしく、景色良くと想像以上に良かった。
  • ゴリラに会えた時はとても嬉しかった。
  • 2度目はシルバーバックがおらず少し残念だったが、子供がおっぱいを吸っているのを見れて良かった。
  • 最後に広々とした部屋のホテルはありがたかった。
  • 道中のヤギの串焼きとジャックフルーツがとても美味しく、添乗員さんに感謝です。
Mさん 60代男性('18 8月出発)
  • ゴリラとの接近が目的であったので、2度とも遭遇できたのは満足でした。
  • 1回の遭遇は条件的には恵まれなかったのは仕方ないのかなと思います。
  • 日程もほぼ予定通りでドライバーが良かったと思います。
  • 現地でのオプショナルツアーも突然であったけど、良い体験ができました。
  • ゴリラ以外はおまけくらいに考えていたので満足です。
  • 注文通りの旅であったので大満足です。
Kさん 60代男性('14 8月出発)
  • 添乗員さんの話が楽しくもっとお聞きしたかった。ドライバーさんもとても気がきく方でした。メンバーさん達も気の合う方ばかりで楽しかった。
  • 食事もおいしかった。特に果物のおいしさにビックリ!
  • ここ数年来の夢・・・ゴリラに会うことが叶い、夢のような時間でした。会うまでの道のりは思った以上にハードでしたが、ゴリラファミリーを目の前にすると疲れも忘れるくらいでした。こんなに間近で良いのかと思うほど、近くで見られました。
  • 思った以上にたくさんの鳥や動物たちに出会えて大満足の旅行でした!
  • 自分の体力のなさにガッカリ。。
Kさん 20代女性('11 8月出発)
  • ワゴンの後部座席の窓が開かなかったので、暑かったり、写真がガラスごしになってしまったりしたのが残念でした。
  • ゴリラに会えたことが、やはり一番嬉しかったです。幸運にもゴリラが寄ってきてくれ、触れ合うことができたのは驚きでした。
  • クイーンエリザベス国立公園のムウェヤ・サファリ・ロッジでは、部屋からイボイノシシやカバを見ることができ、たくさん鳥もいました。大自然に囲まれているにも関わらず、電気や水道などの設備もしっかりしていたので、非常に満足でした。
  • 現地の方たちはとても親切でした。動物のことや食のこと、生活のことなど、知らなかったことがたくさんあり、とても刺激的でした。
Sさん 60代男性('10 9月出発)
  • チンパンジートレッキングの際に2時間近く待たされました。チンパンジーを充分見ることができたので結果オーライですが、事前に説明がほしかった。
  • ゴリラ、チンパンジーともに身近で見ることができ満足です。
  • ゴリラ・トレッキングではポーターさんが、チンパンジーのときはガイドさんが足の弱い愚妻を十二分にサポートしてくれた。彼ら2人がいなければ、愚妻はどちらも見られなかったと思う。大いに感謝している。
Yさん 40代女性('10 8月出発)
  • 添乗員さんがつくかどうか決定するまで不安でしたが、付いてとても良かったです。
  • ムウェヤ・ロッジでは、部屋の近くにたくさんのきれいな鳥が訪れ、写真に撮ることができた。
  • ドライバーさんやロッジの従業員さんなど現地の方がとてもフレンドリーで気持ち良かった。
  • チンパンジー、ゴリラともに近くで見ることができ大満足でした。
Tさん 50代男性('09 8月出発)
  • 最後の最後、空港のチェックインでサポートが無かったのは、不安を感じた。
  • ゴリラ・トレッキングは山を2つ越えての山歩きだった。 事前に相当厳しい山歩きの可能性もあるという情報が必要だ。
  • 現地の日本語ガイドが日本長期滞在経験者で、日本人の嗜好を理解していて、きめ細かい対応ができた。 ウガンダの情報も日本語で応答でき、日本人添乗員がいなくても全く困らなかった。

ツアー申込・お問い合わせ

株式会社 道祖神
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-23-1 第3TOCビル6階
営業時間 月~金 9:30~18:30(定休日:土・日・祝日・年末年始)
固定電話からお問い合わせ
携帯電話からお問い合わせ
携帯電話 03-6431-8322
メールでお問い合わせ
メール お問せフォーム
資料マーク
初心者マーク
質問マーク
電車マーク
スタッフマーク
会社マーク
メールマガジン登録
アフリカ情報満載のメールマガジン「AFRICA NEWS」をお届け! ※現在不定期での配信となっております。
※メールマガジンにご登録いただく際は、必ず「個人情報の取り扱いについて」をお読みいただき、同意のうえ「登録」ボタンを押してください。
\ SNSやってます /
アフリカ情報をいち早くゲットしよう!
道祖神公式Facebookページ
道祖神公式Instagramアカウント
道祖神公式X(旧Twitter)アカウント