フリーコール 0120-184-922

携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて42年、専門店 道祖神で行くアフリカ

カラハリ・トランスフロンティア公園【南アフリカ】

カラハリ・トランスフロンティア公園の公園概要

カラハリ砂漠の南西部、南アフリカとボツワナ間に渡って広がる国境を越えた保護区。元々は国境を挟んで南フリカ側“カラハリ・ゲムズボック”、ボツワナ側“ゲムズボック”と異なる二つの国立公園だったが、両国間の交渉が進み2000年、一つの国立公園として統合された。総面積は約38,000㎢。その内、南アフリカ側は約9,600㎢(約1/4)。ソノップ川が国境となっているが、フェンス等は一切なく野生動物は自由に行き来している。灌木や茂みが点在する地域、草原地帯、砂丘地帯から成る変化の多い土地で、水を求めて多くのレイヨウ類(ゲムズボック=オリックス、スプリングボック、ハーテビースト、エランドなど)が姿を現し、黒いタテガミが特徴のカラハリライオン、ジャッカル、ブラウンハイエナ、ヒョウ、チーターなどの捕食動物も見られる。鳥類は170種ほど生息すると言われている。

カラハリ・トランスフロンティア公園周辺のホテル・ロッジ

現在、カラハリ・トランスフロンティア公園周辺のホテル・ロッジは掲載しておりません。

カラハリ・トランスフロンティア公園を訪れる旅行・ツアー