フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

イシマンガリソ湿地公園【南アフリカ】

イシマンガリソ湿地公園の公園概要

クワズル・ナタール州東海岸にある世界最大級の湿原の一つ。南アフリカでは3番目に大きな保護区で、13の自然保護区の集合体を指す。セントルシア湖を中心に海岸線沿い約280kmにわたって広がり、沖合のサンゴ礁も含まれる。ザトウクジラがやってくる海洋地帯、海水と淡水が入り混じる河口・湖群地域、パピルスが繁茂する湿地林、かつて海岸線だった段丘と森林など、変化に富んだ生態系が残る貴重なエリアとなっている。この湿原はアフリカ最大規模のカバの生息地でもあり、シロサイを含む130種ほどの哺乳類、フラミンゴやペリカンなど530種以上の鳥類、50種以上のサンゴが生息する。ガイド付きのウォーキングやバードウォッチング、釣り、レイク・カヤック、シュノーケリング、ダイビングなどアクティビティも豊富で、時期によってはウミガメ観察ツアー、ホエールウォッチングも楽しめる。イシマンガリソとは、現地のズールー語で「驚異」という意味。1999年に世界遺産(自然遺産)に登録されている。

イシマンガリソ湿地公園周辺のホテル・ロッジ

イシマンガリソ湿地公園を訪れる旅行・ツアー

現在、イシマンガリソ湿地公園を訪問するツアーはありません。
イシマンガリソ湿地公園への手配旅行についてはお問い合わせください。