フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

ボツワナ・キャンプ オカバンゴからチョベへの口コミ・評判

ボツワナ・キャンプ オカバンゴからチョベへへ行かれたお客様からの口コミ・評判をご紹介します。

Tさん 60代男性 (2018年8月ご出発)

  • 現地スタッフが親切で熱心だった。
  • とくに早朝サファリで動物を見つける術に優れていた。
  • 移動部の昼の弁当がボウル一杯のパスタというのは少し寂しかった。

Hさん 50代女性 (2018年8月ご出発)

  • モレミ、クワイ、サブティ、チョベすべて良かった!サバンナ、デルタ、大河と景色の変化も楽しめ、とてもバランスの良い組み合わせだと思いました。
  • 食事はどれも美味しく、制限の多い中でよく考えられた献立で、とても丁寧に調理されていました。感動したのはクドゥやインパラ、ヌーを頂いたこと。感謝の気持ちをもって美味しく頂きました。また、不足しがちな野菜や果物などを豊富に出して頂き、気遣いを感じました。
  • ドライバーさんは動物の生態を熟知し発見する能力はもちろんおもてなしマインドのとても優れた方でした。
  • コックさん、アシスタントさんもきめ細やかな気遣いのできる方々で、忙しい中でも陽気で楽しい雰囲気を作ってくださいました。
  • 岩絵を見るために登った岩場は、怖くて登り切りませんでした。

Oさん 50代女性 (2017年8月ご出発)

  • とにかくサファリについては、こんなにネコ科の動物たちに出会えるなんて・・と思うほど、素晴らしいものでした。
  • ゾウが毎日川渡りしているのにもびっくりです。時間と場所を間違えなければ、見られるのですね。
  • サファリの時間が長くそれでたくさんの動物たちと出会えたと思うのですが、その分、キャンプサイトでゆっくりする時間が少なかったというのは、バランスが難しいところですね。
  • スタッフはフレンドリーでとても楽しかったです。シェフの味付けやメニューはGoodでした。インパラのステーキおいしかったー。料理に凝りすぎて(?)一品豪華主義になったというか、とても手をかけてくださるのは嬉しいのですが、時間とかいろいろ。。。これもバランスの難しさでしょうか。

Mさん 50代女性 (2017年8月ご出発)

  • 会えたら良いなと思っていた動物全てに、近くで会えたので満足。
  • オカバンゴ、モレミ・クワイ地区の水辺でコビトマングース・・自然の中で見て感動
  • モコロでの見学はゾウの大群の泥浴びが近くで見られてすごく感動!子ゾウが可愛かった。最後にハスの花のレイをもらって嬉しかった。その日サファリから帰って、テント内がバブーンで荒らされていたのも、不謹慎だが面白い経験をしたと思ってしまった。
  • リカオンの子どもたちが可愛かった。水中の子ゾウの死体をワニが食べているところに遭遇。これもボツワナならでは!
  • サブティで、ヒョウ→チータ→ライオンと立て続けに見たときは嬉しくて興奮。
  • チョベのリバーフロントはまさにテレビで見るような、ぎっしりの動物で、ツアーの終わりまで興奮の連続だった。チョベのボートクルーズのガイドさんはとてもわかりやすく、私たちが満足するまで止まってくれたり見やすい所に移動してくれたりと、とてもよかった。
  • 料理はとても美味しかった。コックの「喜ばせてあげよう」という気持ちが伝わってきて良かった。アシスタントの人も元気でかわいくて良かった。が、キャンプツアーなので仕方ないと思うが「コーヒーがまずい」「ビールがなかなか冷えていない」「ワインは甘くて飲めない」が残念。
  • テントが重くて設営も撤収も、慣れていない私たちには少し難しかった。でも楽しかった。
  • 添乗員さんの話、面白かったです。キャンプファイアーを囲んで、皆さんと本当に楽しく過ごさせていただき感謝です。

Oさん 60代 (2016年8月ご出発)

  • 添乗員さんの経験・体験が豊富で楽しかったです。壁画の見えるところからの眺めも良かったです。
  • テントの丈が高く一人使用だったので広く使えました。テントがほどよい距離で並べられていたので、一人ずつでも夜は怖くありませんでした。通気よく敷マットの厚みもあったので、寝心地もまずまずでした。
  • 現地の料理や肉を食べられて良かった。パンも手作りで良かった。
  • テント場に動物がやってきたり、声が聞こえたのは良い体験でした。しかし、明るい時間に周囲を歩くにも危険と言われ、どのくらい危険かわかりませんでした。

Nさん 30代男性 (2015年7月ご出発)

  • 自然が相手のツアーでしたので、まずは大自然に感謝したいですね。本当に感謝感激です。幸運にも恵まれ、到着早々の練習サファリで雌ライオンの食事に出くわし、次の日にはヒョウ、その次の日にはリカオン、という具合に毎日入れ替わり立ち代り様々な大型動物に会えたことは、とても幸せではなかったかと思います。
  • キャンプということで、夜はカバ・ハイエナ・ライオンの鳴き声や気配にワクワクし、また夜のトイレでは光を当てると光る眼に出会えてドキドキし、日常生活では味わえない感動を有難うってところです。
  • 現地スタッフの方にもとてもよくして頂いたと思います。おかげで何不自由なく快適に過ごせました。
  • 一番良かったことはビールの飲み放題だったところかな!?しかも氷まで用意していただいて、とても冷えたビールを毎日おいしくいただけたことも感謝したいです。
  • 現地ガイド兼ドライバーのショウゾウさんは大きな動物が大好きみたいで、小さな動物や珍しい鳥にはあまり興味がないようで、そこは残念でしたね。しかし知識は豊富だし、動物のにおいを嗅ぎ分け、足跡を追いながら動物を見つけ出すところはスゴーイ!の一言です。

Yさん 40代男性 (2012年8月ご出発)

  • 朝、金色に輝くたてがみのライオン、夕方のヒョウ、無茶苦茶美しかったです。
  • たくさんの動物に、美しい鳥たちに、車とボートのサファリで会えました。
  • 昼ののどかなまったりした時、とても美味しくて楽しい夕食、ライオン、ハイエナ、カバetcの鳴き声や暗闇に光る二つの眼にドキドキする夜、ボツワナのキャンプは最高でした!
  • ガイドさんは動物だけでなく、鳥についても詳しく色々説明してくれて、素晴らしかった。
  • もう少しローカルフードを食べたかった。

Iさん 60代女性 (2008年7月ご出発)

  • 香港-ヨハネスブルクの長時間航空機の座席が狭いのは疲れる。
  • 現地スタッフが行きとどいており、感じが良かった。
  • キャンプ中のシェフの料理の腕は最高!!

Iさん 60代男性 (2008年7月ご出発)

  • キャンプ中、ほぼ毎日暗いうちに出発だったので、荷物の整理がたいへんだった。
  • テントのすぐ後ろまで象たちがきて、ぞくぞくとする緊張感を味わいました。
  • 南部アフリカではトラック型の観察車両が主だと聞きました。枝がぶつかる危険はありますが、その場にいる臨場感、スリルは抜群です。今回は腕の良いドライバーで、小さな事故も起こらずとても満足しました。
  • ツアーのメンバーは少人数で、みな良いかたばかりでした。

関連ツアー