最近のタンザニア 情報


[セレンゲティ国立公園]  [サファリ]
アフリカ旅行へにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

 

いよいよ冬到来でしょうか?朝晩は大分寒く感じられる用に
なりましたね。

そう個人的な話ですが、昨今マスコミでも頻繁に取り上げていた
詐欺葉書が届きました。不快なのは葉書に宛名印刷が施されて
いる事。

ま~何処で手に入れるのか登録リストから印刷しているのでしょう
から何か何処かに訴えてとっちめてやりたいですね。

詐欺をするための住所リストがあると聞きますが、今や個人情報
としてかなり煩く情報処理されている筈ですよね。抜け穴なので
しょうかね。皆様も十分お気を付け下さいませ。

さて本題ですが、サファリに遠からずともの経済の話題ですが、
昨今に日本もタンザニアへ色々経済支援・協技術力をしている様
ですね。

ケニアのモンバサ等で活躍していた MS 建設がダル・エス・サ
ラーム市内で最も混雑の激しいタザラ交差点を、同国で初めて
立体交差化し、交通や物流が円滑化され、タンザニア及び近隣
諸国の経済発展に広く貢献する事が期待されそうです。

兎に角朝晩のあの渋滞はすざまじかったですからね。

ドイツは、輸送会社やドローン制作会社の関連3社の協力の基、
ドローンによる医療用物資の輸送テスト
をタンザニアで実施した
との事。このドローンは一方通行的に物資を届けるだけではなく、
現地で採取した血液や実験サンプルを持ち帰る事も出来るとの事
で、アフリカで課題となっている公衆衛生の問題。
特に不足し
がちな医療物資を断続的に補充する事で、病院や薬局
の大きな
サポートになり、医療物資の輸送が困難な場所、大型車が通れる
道路や
空港等インフラが十分に整っていない場所でも非常に役に
立つだろうと期待されていると。

つい最近ドローンで撮影された熊の親子の映像が痛々しかったが、
興味本位の無神経な撮影は、残念至極です。まだ仔熊は小さいから
例え雪の断崖から親の元に戻れたとしても、疲労困憊で 弱って
しまう
可能性もあり、最後まで見届けもせずに更に無責任かと・・・。

写真は、セレンゲティの中心部セロネラ・ロッヂの裏手の水溜り。
最初は大小合わせて12頭だったけど、狙っている内に皆移動して
しまった~(汗)。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です