フリーコール 0120-184-922

携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて43年、専門店 道祖神で行くアフリカ

歴史街道 中山道・木曽路ウォーク 3日間

抜群の景観が期待できる木曽路トレック

抜群の景観が期待できる木曽路トレック

江戸時代の趣きが残る宿場町

江戸時代の趣きが残る宿場町

秋には色濃く染まる紅葉が美しい

秋には色濃く染まる紅葉が美しい

興禅寺の勅使門

興禅寺の勅使門

長野といえば蕎麦。美味しい食事も楽しみの一つ

長野といえば蕎麦。美味しい食事も楽しみの一つ

ツアー概要

江戸時代の旅人たちが往来した古のトレイルを歩きます。

徳川幕府の開始後、江戸の防衛を目的として日本橋を起点に開通させた五街道。その内の一つ中山道は、約100年を掛けて完成しました。現在の東京~埼玉~群馬~長野~滋賀の草津、そして東海道と合流して京都へとつながる540kmのこの歴史街道は、官民問わず幾多の旅人が往来し、道中には彼らのための宿場町が整備されました。現在その多くが本来の目的を終えて消失してしまいましたが、今なお当時の面影を残した街並みを残す宿場町がいくつかあります。このツアーでは、別名「木曽路」とも呼ばれた中山道のハイライト、長野県の馬籠宿~妻籠宿、萩原~鳥居峠~奈良井宿を、現地ガイドと共に歩きます。

ツアーの見どころ、ポイント

木曽路のハイキング

山深い木曽路の道は、現在のような登山用品など何も持ち合わせない江戸の旅人にとっては、中山道屈指の難所でした。現在は、趣のあるハイキングコースとして多くの人に愛されているこの歴史街道を歩きます。石畳の道や当時の番所跡、かの宮本武蔵が修行をした?とされる滝など、見所も盛りだくさん。素晴らしい自然景観と共に古のトレイルをお楽しみください。

宿場町

かつての旅人達が長旅の歩を休めた宿場町。木曽周辺には今も当時の江戸情緒を感じられる宿場町が残っています。江戸時代から残る関所跡などの建物や雰囲気のある古民家や土蔵を改修したお店などが建ち並んでおり、町散策やお買い物も楽しむことが出来ます。かつての旅人と同じように、ハイキングで疲れた体を癒しましょう。

ツアー日程表

  • バス
  • 列車
  • 登山/徒歩
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

長野・木曽福島

夕方、木曽福島駅に集合。駅から送迎車で宿へ移動します。

[ 木曽福島泊 ]



2日目

木曽福島中津川馬籠宿妻籠宿南木曽木曽福島

午前、ガイドと一緒に馬籠宿へ。その後、妻籠宿へ向けてハイキング。途中、ピクニックランチ。妻籠宿を散策後、木曽福島に戻ります。到着後、足湯体験などもお楽しみください。

[ 木曽福島泊 ]



3日目

木曽福島藪原鳥居峠奈良井宿木曽福島

午前、藪原へ移動します。当時の木曽路の名残が残る鳥居峠をハイキングして、奈良井宿へ。中山道随一と言われた町を散策します。午後、木曽福島へ。到着後、解散。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
長野・木曽福島 2021年10月9日 土曜日 124,000円
長野・木曽福島 2021年11月21日 日曜日 124,000円
一人部屋追加料金 旅行代金は、お一人部屋利用料金が含まれています。ご家族やご友人などで相部屋のご利用の場合は、お一人様につき8,000円の減額になります。
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 国内旅行についてはリピーター割引の適用になりません。ご了承ください。

催行情報

2021年10月9日発

124,000円

  • 5名様募集中
  • 添乗員同行

2021年11月21日発

124,000円

  • 5名様募集中
  • 添乗員同行

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 5名様(最大8名様)
添乗員 同行します。
食事 朝食2回/昼食1回/夕食2回(機内食除く)
世界遺産 訪問しません。
利用予定交通機関 電車(木曽福島~中津川、奈良井宿~木曽福島)
バス(中津川~馬籠宿、馬籠宿~南木曽)
利用予定宿泊施設 木曽福島:おん宿 蔦屋
または同等クラス。

ご参加にあたってのご注意

  • ご自宅から集合場所(中津川駅)への移動費用は旅行代金に含まれておりませんので、ご自身で手配ください。【推奨交通機関】名古屋発 → 中津川着 / 15:00 → 15:48 :特急ワイドビューしなの17号
  • 2日目、3日目ともに、10km前後(2~3時間)のハイキングになります。
  • ハイキングに必要なリュック(20~30L)、登山靴(軽登山靴)、雨具などは、ご自身でご用意ください。歩く際に不要な荷物(予備の着替えなど)は、ホテルに預けておくことが可能です。
  • 10~11月初旬頃の木曽周辺の気温は5~20℃程度になります。朝夕は氷点下(0℃)以下になることもありますので、しっかりとした防寒対策をお願いします。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

お申し込み