フリーコール 0120-184-922

携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて42年、専門店 道祖神で行くアフリカ

山形豪さんと行く ケニア アバーディア国立公園とサンブル国立保護区 10日間

サンブルではたくさんのゾウにも出会えます

サンブルではたくさんのゾウにも出会えます

縞が細いグレービー・ゼブラ

縞が細いグレービー・ゼブラ

サンブルといえばゲレヌクが有名

サンブルといえばゲレヌクが有名

模様が特徴のアミメ・キリン

模様が特徴のアミメ・キリン

サンブル特有のフサホロホロチョウ

サンブル特有のフサホロホロチョウ

サンブルに生息するベイサ・オリックス

サンブルに生息するベイサ・オリックス

サンブルのサバンナ

サンブルのサバンナ

アバーディアのロッジ水場に集まるゾウ

アバーディアのロッジ水場に集まるゾウ

アバーディアではロッジに滞在しながらサファリ三昧

アバーディアではロッジに滞在しながらサファリ三昧

ツアー概要

自然写真家、山形豪さんと行く新企画!ケニアの特徴ある公園で撮影三昧!

ご好評をいただいております自然写真家、山形 豪さんと行くシリーズ。野生動物の宝庫ケニアのなかでも特徴ある2つの公園で存分に撮影をお楽しみいただける新コース。アバーディア国立公園はケニアでも珍しく森林を要する公園。ロッジに滞在しながら森林からロッジに集まってくる動物たちを観察・撮影します。ジェネット、ヒョウ、ブッシュベイビーなどに出会える確率が高いと言われています。また、サンブル国立保護区では、ここにしか生息しないグレービー・シマウマ、アミメ・キリン、ゲレヌクなど希少種を撮影できるチャンスです。また、ヒョウを見るチャンスが大きい公園でもあります。2つの公園に滞在しながら、徹底的にフォト・サファリをお楽しみください。

「2020年内お申し込み金不要キャンペーン」を実施しております。詳細は担当までお問い合わせください。

地図

ツアーの見どころ、ポイント

山形 豪(やまがた ごう)さんプロフィール

1974年、群馬県生まれ。少年時代を中米のグアテマラや西アフリカのブルキナファソ、トーゴといった国々で過ごす。高校卒業後、タンザニアで2年半を過ごし、自然写真を撮り始める。英イーストアングリア大学開発学部卒業後、帰国しフリーの写真家に。南部アフリカを頻繁に訪れ、大自然の姿を写真に収め続けながら、写真サファリのガイドとしても活動中。著書に「南アフリカ自然紀行・野生動物とサファリの魅力」(地球の歩き方 GEM STONE)、写真集「From The Land of Good Hope」(風景写真出版)、「ライオンはとてつもなく不味い」(集英社新書 ヴィジュアル版)がある。日本写真家協会(JPS)会員。
公式HP www.goyamagata.com

アバーディア

赤道のすぐ南に位置し、サバンナが広がるケニアの中でも珍しく森林を擁する公園です。公園内にある2つのロッジはいずれも木の上や高床式で、高い場所に建てられています。 森林から出てくる動物たちを上から探して観察するためです。通常のサファリとは異なり、ロッジの中からロッジの周りに集まる動物を観察します。ジェネット、ヒョウ、ブッシュベイビーなどに出会える確率が高いと言われています。

サンブル国立保護区

北半球に位置しています。ここでしか見られない稀少な動物が沢山棲息しているため、近年人気が出てきています。グレービー・シマウマ、アミメキリン、ゲレヌク、ソマリダチョウ、ベイサオリックスはサンブルビッグ5と言われその代表的なものです。 例えば、グレービー・シマウマは普通のシマウマよりも縞が細くてちょっと大きめ。普通のキリンよりハッキリした網目模様のアミメキリン。後ろ足で立ち上がって木の葉を食べるゲレヌク。ホロホロ鳥やダチョウも南半球とは異なります。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京・大阪EK直行便(約10時間)

夜、日本発。ドバイへ。

[ 機中泊 ]



2日目

ドバイ(乗継)EK直行便(約5時間)ナイロビ

早朝、ドバイで飛行機を乗り換え。午後、ナイロビ着。係員が空港でお出迎えし、市内のホテルへ。

[ ホテル/ナイロビ泊 ]



3日目

ナイロビ(約4時間)アバーディア国立公園

朝食後、アバーディア国立公園へ。昼食はロッジで。休憩後、ロッジ内に設けられた観察ポイントから集まってくる動物たちの撮影をお楽しみください。夜間には、夜行性の動物撮影も可能です。

[ ロッジ/アバーディア国立公園泊 ]



4日目

アバーディア国立公園滞在

滞在中は、ロッジの水場や塩場に集まってくる動物たちの撮影を終日お楽しみいただけます。部屋からも動物を観察できます。

[ ロッジ/アバーディア国立公園泊 ]



5日目

アバーディア国立公園(約4時間)サンブル国立保護区

朝食後、サンブル国立保護区へ移動します。昼食後、午後のサファリをお楽しみください。サンブルにしか生息しない希少種をご覧いただけるでしょう。

[ ロッジ/サンブル国立保護区泊 ]



6
7
8日目

サンブル国立保護区滞在

早朝と午後の2回、サファリをお楽しみください。ゾウやヒョウとの遭遇率が高いのはもちろん、サンブル国立保護区の特徴であるグレービー・ゼブラ、アミメ・キリン、ゲレヌク、フサホロホロチョウなど、サンブルでしか見られない希少種をご覧いただけるでしょう。

[ ロッジ/サンブル国立保護区泊 ]



9日目

サンブル国立保護区(約6時間)ナイロビEK直行便(約5時間)ドバイ

朝食後、大地溝帯(グレートリフトバレー)を経由してナイロビへ戻ります。ナイロビ市内では出発まで車をご利用いただけます。午後、ナイロビ発。空路ドバイへ。

[ 空港内待機 ]



10日目

ドバイ(乗継)EK直行便(約10時間)東京・大阪

深夜、ドバイ発。夕、日本着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京・大阪 2020年10月2日 金曜日 648,000円

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 26,000円(2019年12月1日現在)
空港税 11,600円(2019年12月1日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 50,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

2020年10月2日発

648,000円

  • 4名様募集中

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 4名様(最大4名様)
添乗員 同行しません。
日本から山形豪さんが同行します。
食事 朝食7回/昼食6回/夕食7回(機内食除く)
サファリ 7回
世界遺産 訪問しません。
利用予定航空会社 エミレーツ航空(EK)
カタール航空(QR)
利用予定宿泊施設 ナイロビ:オレ・セレニ
アバーディア:ツリー・トップス
サンブル : ラーセンズ・キャンプ
(ツイン、シャワー付)
または同等クラス
ビザ(査証) ケニアの観光ビザが必要です。
予防接種 黄熱病の予防接種をお奨めします。
荷物 車の荷物スペースには限りがあります。スーツケースはなるべく中型以下でお願い致します。

ご参加にあたってのご注意

ご不明な点はお電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

お申し込み