フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

ケニア アフリカと“つながる” ヨガ×サファリ 11日間

ヨガを通してアフリカを味わいましょう。

ヨガを通してアフリカを味わいましょう。

ラム島出身の講師の元、ヨガレッスン。

ラム島出身の講師の元、ヨガレッスン。

イスラム文化、スワヒリ文化が入り混じるエキゾチックなラム島・旧市街。

イスラム文化、スワヒリ文化が入り混じるエキゾチックなラム島・旧市街。

伝統的な木造帆船・ダウ船クルーズ。

伝統的な木造帆船・ダウ船クルーズ。

獲れたて新鮮な魚介を使ったビーチバーベキュー。

獲れたて新鮮な魚介を使ったビーチバーベキュー。

島のママ達によるスワヒリ料理教室。

島のママ達によるスワヒリ料理教室。

「野生の王国」マサイ・マラ国立保護区。

「野生の王国」マサイ・マラ国立保護区。

雨期は緑も美しい季節。

雨期は緑も美しい季節。

ラグジュアリーなテント式ロッジに3連泊。

ラグジュアリーなテント式ロッジに3連泊。

サバンナでもヨガ。

サバンナでもヨガ。

ツアー概要

ケニア東海岸インド洋に浮かぶ世界遺産のラム島で、海風感じるヨガ。大自然の中でサファリ。素朴かつダイナミックなアフリカとつながる11日間。

スワヒリ文化とイスラムの文化が入り混じったエチゾチックな雰囲気漂うラム島。旧市街は世界遺産にも登録され、交通手段はロバのみ。ポレポレ(ゆっくり)時間が流れる島で、島出身ヨガ講師によるヨガレッスン。毎年ヨガフェスティバルが開かれるこの島は、知る人ぞ知るヨガの島。朝ヨガ、さらにビーチヨガ、波の音、潮風を身体いっぱいに感じ、身体も心も解放しましょう。毎日のヨガに加え、迷路のように狭い道が入り組む旧市街観光。伝統的な木造帆船・ダウ船に乗って海辺クルーズ。さらに、島の女性たちによるスワヒリ料理教室、現地小学校訪問など、のどかな島に暮らす人々とのふれあいも島旅ならでは。そして、美しいビーチから大自然のサバンナへ。野生動物の宝庫、マサイ・マラ国立保護区のテント型ロッジに3連泊サファリ。人手の届かない環境の中、ありのまま生きる動物たちとの出会い、大自然と一体になる喜びを味わいましょう。サファリ間では、希望に合わせてサバンナヨガも。

地図

ツアーの見どころ、ポイント

世界遺産の街・ラム島

14世紀にアラビア交易の拠点として栄えた、イスラム文化とスワヒリ文化が入り混じるエキゾチックな島・ラム島。旧市街は、東アフリカで実存する最古のスワヒリ建造物群として2010年に世界遺産に登録され、迷路のように入り組んだ路地は、まるでアラブ世界にタイムスリップしたかのよう。旧市街とは少し異なる風合いの南部シェラビーチリゾートエリアは、美しいビーチにサンゴで造られた建物など、派手なビーチリゾートとは違う、どこか日本の沖縄に似た独特の風合いが漂っております。首都ナイロビとは異なる古き建物やゆったりとした人々の暮らしなど、新たなアフリカ・ケニアの一面を発見できるはずです。

アフリカでヨガ

毎年ヨガフェスティバルが開かれるラム島は知る人ぞ知るヨガの島。ヨガが島に暮らす人々の雇用、エンパワーメントにも繋がっています。そんなラム島出身のヨガ講師の元、アフリカでヨガを体験しましょう。交通手段はロバのみ、車の無い島ならではの自然の音、インド洋から注ぐ海風を感じながら、朝ヨガ、ビーチヨガと五感も刺激されること間違いなしです。レッスンは英語となりますが、初心者の方でも丁寧に指導させていただきます。“繋がる”という意味を持つヨガを通じて、アフリカの空気感を存分に全身で味わいましょう。マサイ・マラ国立保護区滞在中も、希望に合わせてヨガレッスンも可能です。

島の暮らしをふれあい体験

独自の素朴な暮らしぶりが残るラム島は、食や暮らしも魅力です。アラブ貿易で栄えた島の伝統的な木造帆船・ダウ船でインド洋クルーズ。ビーチでは、取れたて新鮮なシーフードを堪能しましょう。アットホームな雰囲気の中、島の女性たちによるスワヒリ料理教室。さらには、島の学校を訪れ、子供たちとの交流。決して派手さは無い暮らしの中にある人懐こさも島の魅力です。

マサイ・マラ テント式ロッジ3連泊サファリ

ビーチの後は、サバンナ。ケニアサファリの中で一番多くの動物に出会えるといわれるマサイ・マラ国立保護区・テント式ロッジに3連泊いたします。野生に暮らす動物達との一期一会の出会いは、ザ・アフリカ。自然環境に溶け込みながらもリゾート感も備えるテント式ロッジに滞在いただきます。川沿いに建つロッジでは、島で習ったヨガも皆さんで行ってみてはいかがでしょうか。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京QR(約11時間)

夕、日本発。ドーハへ。

[ 機中泊 ]



2日目

ドーハ(乗継)(約5時間)ナイロビ

早朝、ドーハで乗り換え。午後、ナイロビ着。市内のゲストハウスへお送りします。

[ ゲストハウス/ナイロビ泊 ]



3日目

ナイロビ(約2時間)ラム島

朝食後、軽飛行機でラム島へ。ラム島到着後、ボートで島南部のシェラビーチへ。島出身のヨガ講師によるヨガレッスン。ヨガ講師と共に、ウェルカムディナーをお楽しみください。

[ ホテル/ラム島・シェラビーチ泊 ]



4日目

ラム島滞在

朝ヨガ後、伝統帆船・ダウ船クルーズ。風と波の力でゆったりと進む船旅をお楽しみください。クルーズの後は、ビーチにて取れたて新鮮なシーフードバーベキューを堪能ください。ビーチでは、ヨガレッスンも可能です。夕食は各自でお取りください。

[ ホテル/ラム島・シェラビーチ泊 ]



5日目

ラム島滞在

朝ヨガ後、世界遺産に登録されている旧市街観光へ。イスラム文化、スワヒリ文化が入り混じる歴史的な建物や人々の暮らしをお楽しみください。昼食は、各自シェラビーチにてお取りください。夕方からは、島の女性によるスワヒリ料理体験へ。レッスン後は、女性たちと共にスワヒリ料理を囲み夕食を。

[ ホテル/ラム島・シェラビーチ泊 ]



6日目

ラム島(約2時間)ナイロビ

朝ヨガ後、島で暮らす子供たちに食品や文房具などを届けに島の小学校へ訪問します。夕方、軽飛行機でナイロビへ。

[ ゲストハウス/ナイロビ泊 ]



7日目

ナイロビ(約6.5時間)マサイ・マラ国立保護区

朝食後、専用車でマサイ・マラ国立保護区へ。昼食は、ロッジにて。休憩後、午後のサファリへ。

[ ロッジ/マサイ・マラ国立保護区泊 ]



8
9日目

マサイ・マラ国立保護区滞在

早朝と午後の2回、サファリをお楽しみください。ケニアで一番動物相が豊富と言われる保護区です。草食動物・肉食動物、一期一会の出会いは感動ものです。3連泊ですので、滞在中は、開放感のあるロッジで、朝のヨガなども。



10日目

マサイ・マラ国立保護区(約6.5時間)ナイロビQR(約5時間)ドーハ

朝食後、大地溝帯(グレートリフトバレー)を経由してナイロビに戻ります。ナイロビ市内では出発まで車をご利用いただけます。午後、ナイロビ拍。空路ドーハへ。

[ 空港内待機 ]



11日目

ドーハ(乗継)(約10時間)東京

深夜、ドーハ発。夕、日本着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京 2019年11月1日 金曜日 564,000円

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 0円(2019年5月1日現在)
空港税 13,100円(2019年5月1日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 57,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

2019年11月1日発

564,000円

  • 6名様募集中

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 6名様
添乗員 同行しません。
ナイロビから日本人係員が同行いたします。
食事 朝食8回/昼食4回/夕食7回(機内食除く)
サファリ 5回
世界遺産 ラム島旧市街
利用予定航空会社 カタール航空(QR)
エチオピア航空(ET)
利用予定宿泊施設 ナイロビ:オルケリゲストハウス
ラム島(シェラビーチ):バハリ・ゲストハウス
マサイ・マラ国立保護区:ティピリクワニ
(ツイン、シャワー付)または同等クラス。
ビザ(査証) ケニアの観光ビザが必要です。
予防接種 黄熱病の予防接種をお奨めいたします。
荷物 ケニア国内線(軽飛行機)はお一人様あたりの無料手荷物許容量が15kg(機内持込手荷物を含む)です。また、形状の変わらない中型以上のハードスーツケースは積み込めません。

ご参加にあたってのご注意

  • 当ツアーでは、ナイロビから日本人現地係員が同行いたします。
  • ヨガはラム島出身のヨガ講師が担当いたします。インストラクションは英語になります。参加者のレベルに合わせて指導していただきますので、初心者でもご参加可能です。
  • ラム島でのヨガレッスン回数。3日目:夕方ヨガ 4日目:朝ヨガ、ビーチヨガ 5日目:朝ヨガ 6日目:朝ヨガ。プライベートレッスン、タイヴェディック・ボディワークも参加可能。(別料金)

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

お申し込み