フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

モロッコ アトラスの南へ!カスバと大砂丘 9日間

砂のベージュによく映える青色の伝統衣装

砂のベージュによく映える青色の伝統衣装

マラケシュでは喧噪のフナ広場を散策

マラケシュでは喧噪のフナ広場を散策

逃げ道としても機能する、クサールの地下通路

逃げ道としても機能する、クサールの地下通路

ラクダに乗って砂丘の奥へ

ラクダに乗って砂丘の奥へ

たっぷり1日砂丘地帯の中に滞在し、砂漠を堪能

たっぷり1日砂丘地帯の中に滞在し、砂漠を堪能

保存状態の良い伝統的なクサール(要塞化した集落)、世界遺産アイト・ベン・ハッドゥ

保存状態の良い伝統的なクサール(要塞化した集落)、世界遺産アイト・ベン・ハッドゥ

日沈む国、モロッコを象徴するような夕日と灯りのともったミナレット

日沈む国、モロッコを象徴するような夕日と灯りのともったミナレット

マラケシュのスークではショッピングもお楽しみいただけます

マラケシュのスークではショッピングもお楽しみいただけます

ツアー概要

アトラス山脈の南、砂漠とベルベル人の暮らしを知る、クラシックなモロッコの旅

マラケシュやフェズといった、エキゾチックなマグレブの都市文化がモロッコ最大の見所のひとつですが、アトラスの南に広がる褐色の岩と砂の世界もまたモロッコの魅力の一つです。モロッコが他のマグレブ諸国と大きく異なるのは国民のうちベルベル人の占める割合が大きいこと。全人口の約3割を占めるベルベル人の文化は、モロッコの文化に大きな影響を与えてきました。このツアーでは、ベルベルの文化と暮らしを通じて、アトラスの南側からもう一つのモロッコを眺めます。

地図

ツアーの見どころ、ポイント

モロッコのクサールとカスバ

モロッコ南部、アトラス山脈の南に位置するワルザザートから東のエルラシディアまで続く街道は、沿道に土レンガで作られた要塞のような建物(カスバ)が多く残っていることから「カスバ街道」と呼ばれています。この土づくりの家々には、カスバとクサールの2種類があり、カスバは家族単位が暮らす要塞化された「家」、クサールは血縁関係がない人々もともに暮らす、同じく要塞化された「集落」です。アイト・ベン・ハッドゥに代表されるクサールは、かつての人々の暮らしを知る、生きた文化保存館のような役目を果たしています。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • ラクダ
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京・大阪EK直行便(約11時間)

夜、日本発。ドバイへ。

[ 機中泊 ]



東京QR直行便(約12時間)

夜、東京発。ドーハへ。

[ 機中泊 ]



2日目

ドバイ(乗継)EK直行便(約8時間)カサブランカ(約2時間)マラケシュ

早朝、ドバイで飛行機を乗り換え。昼、カサブランカ着。陸路、マラケシュへ。

[ ホテル/マラケシュ泊 ]



ドーハ(乗継)QR直行便(約8時間)カサブランカ(約2時間)マラケシュ

早朝、ドーハで飛行機を乗り換え。昼、カサブランカ着。陸路、マラケシュへ。

[ ホテル/マラケシュ泊 ]



3日目

マラケシュ(約8時間)エルホルバット

アトラス山脈を越え、サハラに近づいていきます。土づくりの古い建物と椰子の繁るオアシスが続くカスバ街道を東へ走り、町全体が古いクサール(要塞化した集落)のエルホルバットへ。

[ ホテル/エルホルバット泊 ]



4日目

エルホルバット(約2時間)エルフード(約1時間)メルズーガ(約1時間)シェビ砂丘

朝のクサールの散策後、エルフードへ。四輪駆動車に乗り換え、メルズーガへ。さらにラクダに乗り換えて、シェビ砂丘の中のキャンプへ。砂丘の只中で過ごす夜をお楽しみください。

[ キャンプ/シェビ砂丘泊 ]



5日目

シェビ砂丘

朝食後、再びラクダに乗って、砂丘地帯の中を別のキャンプへ移動します。到着後はキャンプでのんびり、または周囲の砂丘を登ったりしてお過ごしください。

[ キャンプ/シェビ砂丘泊 ]



6日目

シェビ砂丘(約1時間)メルズーガ(約1時間)エルフード(約5時間)アイト・ベン・ハッドゥ

砂丘で日の出を眺めた後メルズーガに戻り、四輪駆動車でエルフードへ。車を乗り換え、世界遺産のアイト・ベン・ハッドゥへ。日没後、夜のクサールの中をランプをもって散策します。

[ ホテル/アイト・ベン・ハッドゥ泊 ]



7日目

アイト・ベン・ハッドゥ(約4時間)マラケシュ

明るくなったクサールを散策後。再びアトラス山脈を越えてマラケシュへ。到着後は世界遺産のジャマ・エル・フナ広場や旧市街の散策。

[ ホテル/マラケシュ泊 ]



8日目

マラケシュ(約2時間)カサブランカEK直行便(約8時間)

朝食後、カサブランカ空港へ。午後、カサブランカ発。空路ドバイへ。

[ 機中泊 ]



マラケシュ(約2時間)カサブランカQR直行便(約8時間)ドーハ

朝食後、カサブランカ空港へ。午後、カサブランカ発。深夜ドーハ着。乗り換え。

[ 空港内待機 ]



9日目

ドバイ(乗継)EK直行便(約10時間)東京・大阪

深夜、ドバイ着。乗り換え。夕、日本着。



ドーハ(乗継)QR直行便(約10時間)東京

深夜、ドーハ発。夕、東京着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京・大阪 2019年12月22日 日曜日 438,000円
東京・大阪 2020年1月11日 土曜日 348,000円
東京・大阪 2020年2月8日 土曜日 358,000円
東京・大阪 2020年3月14日 土曜日 318,000円
※キャンペーン

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 24,000円(2018年12月20日現在)
空港税 9,910円~10,340円(2018年12月20日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 50,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

このツアーの催行状況については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 2名様
添乗員 同行しません。
6名様以上ご参加の場合、日本より添乗員が同行します。
食事 朝食6回/昼食5回/夕食6回(機内食除く)
サファリ なし
世界遺産 マラケシュ旧市街
アイット・ベン・ハドゥの集落
利用予定航空会社 エミレーツ航空(EK)
カタール航空(QR)
日本航空(JL)
全日空(NH)
エール・フランス(AF)
利用予定宿泊施設 マラケシュ:イスレーン
エルホルバット:クサール・エルホルバット
アイト・ベン・ハッドゥ:ローズ・ド・サーブル
(ツイン、シャワー付)
または同等クラス。
その他の宿泊地は野営キャンプ。
ビザ(査証) 日本国籍の方は不要です。
予防接種 不要です。
荷物 砂丘地帯には2泊3日分の荷物を別にご用意いただき、荷物はラクダに積みますので、スーツケースや大型のバッグの他に中型のバッグもご用意ください。スーツケースや大型のバッグはメルズーガの宿に預けることができます。
砂漠の夜は寒いので冬用の寝袋、フリースやジャケットなど十分な防寒着をご持参ください。

ご参加にあたってのご注意

  • 砂漠の中でのキャンプですが、トイレは簡易式となりシャワーはありません。テントは遊牧民スタイルの大型テント(羊毛)を使用します。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

お申し込み