フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

【特別企画】ウガンダ ゴリラ・トレッキング 9日間

食事に夢中の若いゴリラ

食事に夢中の若いゴリラ

ブウィンディ原生国立公園の入り口

ブウィンディ原生国立公園の入り口

トレッキング前のミーティング

トレッキング前のミーティング

ゴリラと過ごせる時間はきっかり1時間

ゴリラと過ごせる時間はきっかり1時間

シルバーバックを中心としたゴリラのファミリー

シルバーバックを中心としたゴリラのファミリー

クイーンエリザベス国立公園のボートサファリ

クイーンエリザベス国立公園のボートサファリ

ツアー概要

ゴリラ・トレッキングが2回の特別版!6名様の限定です

絶滅の危機にさらされているマウンテンゴリラの半数近くが暮らすウガンダのブウィンディ原生国立公園。この森で、異なるゴリラのグループを2回トレッキングする特別版のツアーです。クイーン・エリザベス国立公園では、車でのサファリ、 ボートサファリを体験。森、サバンナ、湖とウガンダの豊かな自然を満喫してください。6名様限定です。

地図

ツアーの見どころ、ポイント

ブウィンディ原生国立公園

ブウィンディ原生国立公園は、コンゴ民主共和国との国境、西リフトバレーの西端に位置しています。マウンテンゴリラの生息数は現在1000頭を超えると言われていてこの半数近くがブウィンディに生息しています。保護活動の成果あってその数は増えているとはいえ、観光客の観察が許されているのは人づけされた一部のゴリラグループのみ。ゴリラを見るための許可証はなかなか取れないので早めの予約が必要ですが、高いお金を払うだけの価値がある貴重な体験です。ウガンダ野生生物管理局によると、ブウィンディでのゴリラとの遭遇率は95%以上だそうです。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京QR直行便(約12時間)

夜、東京発。ドーハへ。

[ 機中泊 ]



2日目

ドーハ(乗継)QR直行便(約5.5時間)エンテベ

早朝、ドーハで飛行機を乗り換え。午後、エンテベ着。係員が空港でお出迎えし、エンテベのホテルへ。

[ ホテル/エンテベ泊 ]



3日目

エンテベブウィンティ原生国立公園

早めの朝食後、ブウィンディ原生国立公園へ。終日のドライブです。途中、赤道にてフォトストップ。昼食は途中のレストランにてどうぞ。

[ ロッジ/ブウィンディ原生国立公園(ブホマ地区)泊 ]



4日目

ブウィンディ原生国立公園

朝食後、ゴリラ・トレッキングへ出発します。ゴリラに会えるまでの道のりや時間は、その時の状況により異なります。終了後は同じブウィンディのルヒジャ地区へ移動。

[ ロッジ/ブウィンディ原生国立公園(ルヒジャ地区)泊 ]



5日目

ブウィンディ原生国立公園

2度目のゴリラトレッキングへ。前日とは異なるグループに会いにいきます。

[ ロッジ/ブウィンディ原生国立公園(ルヒジャ地区)泊 ]



6日目

ブウィンディ原生国立公園クイーン・エリザベス国立公園

朝食後、クイーン・エリザベス国立公園へ向かいます。午後はボート・サファリをお楽しみください。カバの群れ、水牛、たくさんの鳥をご覧いただけます。

[ ロッジ/クイーン・エリザベス国立公園泊 ]



7日目

クイーン・エリザベス国立公園カンパラ

朝、車でのサファリをお楽しみください。サバンナ、森、クレーター湖などこの公園ならではの景色も見どころです。その後、首都カンパラへ。

[ ホテル/カンパラ泊 ]



8日目

カンパラ(約1時間)エンテベQR直行便(約5.5時間)ドーハ

午前、市内観光。昼、エンテベへ。夕、エンテベ発。空路ドーハへ。

[ 空港内待機 ]



9日目

ドーハ(乗継)QR経由便(約9時間)東京

深夜、ドーハ発。夕、東京着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京 2019年8月16日 金曜日 765,000円

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 0円(2018年12月20日現在)
空港税 10,170円(2018年12月20日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 68,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

2019年8月16日発

765,000円

  • 満員御礼
  • 催行決定
  • 添乗員付

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 6名様(最大6名様)
添乗員 日本より同行します。
食事 朝食6回/昼食6回/夕食6回(機内食除く)
サファリ 2回
世界遺産 訪問しません。
利用予定航空会社 カタール航空(QR)
エミレーツ航空(EK)
利用予定宿泊施設 エンテベ:ベストウェスタン・プレミア・ガーデン
ブウィンディ・ブホマ地区:エンガジ
ブウィンディ・ルヒジャ地区:ルヒジャ・ゴリラ
クイーン・エリザベス国立公園 : ムウェヤ・サファリ
カンパラ : ゴルフコース
(ツイン、シャワー付)
または同等クラス。
ビザ(査証) ウガンダの観光ビザが必要です。
予防接種 黄熱病の予防接種が必要です。
荷物

ご参加にあたってのご注意

  • 70歳以上の方には医師の診断書の提出をお願いしております。
  • ゴリラ見学時間は、公園規則できっかり1時間と決まっています。また、万が一ゴリラグループに出会えない場合にも、返金はいたしかねます。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

Tさん 50代女性 (2018年8月ご出発)

  • 豊かな水による深い緑、豊富な食物と無邪気に駆け寄る子供たち、いまだ王国があり王様が存在するということが印象に残った。
  • 52の民族と多くの言語があり、ルヒジャとブホマでは言葉が違うことを体験した。
  • ゴリラトレッキングは軽くドラミングする姿や竹をむしゃむしゃ食べる姿が面白かった。ゴリラの大きさ、穏やかさ、ユーモラスなしぐさを見て、平和を愛する生き物だと確信した。
  • 体力的には2回のトレッキングがともに1時間程度と短時間だったことと転びそうになってもポーターがサポートしてくれたおかげで乗り切れた。
  • この歳になっても探検気分を味わえたことは貴重な体験だった。
  • 旅の道中ではローカルフードを食し満足だった。
  • 車窓より、見たかったアンコーレ牛の集団に出会い、この世の生き物とは思えない角の迫力に圧倒された。
  • ロッジENGAGI RODGEで、レセプションのテラスから深い霧の森が迫ってきて素敵でした。また、自分の部屋のテラスにはヒヒの群れが来ました。
  • 移動の車が一番後ろの車の窓が大きく開けられなかったので、写真がすべて窓ごしになった。サファリではないので仕方ありませんが、やっぱりサファリカーが良いな。

Sさん 50代女性 (2018年8月ご出発)

  • オプションの村訪問が楽しく、おかしく、景色良くと想像以上に良かった。
  • ゴリラに会えた時はとても嬉しかった。
  • 2度目はシルバーバックがおらず少し残念だったが、子供がおっぱいを吸っているのを見れて良かった。
  • 最後に広々とした部屋のホテルはありがたかった。
  • 道中のヤギの串焼きとジャックフルーツがとても美味しく、添乗員さんに感謝です。

Mさん 60代男性 (2018年8月ご出発)

  • ゴリラとの接近が目的であったので、2度とも遭遇できたのは満足でした。
  • 1回の遭遇は条件的には恵まれなかったのは仕方ないのかなと思います。
  • 日程もほぼ予定通りでドライバーが良かったと思います。
  • 現地でのオプショナルツアーも突然であったけど、良い体験ができました。
  • ゴリラ以外はおまけくらいに考えていたので満足です。
  • 注文通りの旅であったので大満足です。

すべて読む(全8件)

お申し込み