フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

レユニオン・アイランド・トレッキング 10日間

針峰と断崖、レユニオンらしい姿を見せる山々

針峰と断崖、レユニオンらしい姿を見せる山々

標高約2500mの絶景の中に位置すいるフルネーズ小屋

標高約2500mの絶景の中に位置すいるフルネーズ小屋

インド洋最高峰ピトン・デ・ネージュの頂上

インド洋最高峰ピトン・デ・ネージュの頂上

インド洋最高点で朝日を迎える

インド洋最高点で朝日を迎える

雲の流れとともに刻々と移り変わる風景

雲の流れとともに刻々と移り変わる風景

緑滴る、美しいベローブの原生林

緑滴る、美しいベローブの原生林

滝の多いレユニオンを代表する名瀑、トロ・デ・フェール

滝の多いレユニオンを代表する名瀑、トロ・デ・フェール

トレッキング中も、名物サンドイッチ&ビールの美味しいランチが食べられます。

トレッキング中も、名物サンドイッチ&ビールの美味しいランチが食べられます。

ツアー概要

レユニオン島のインド洋最高峰と今も活動する火山を歩く!

日本人にはなじみの薄い、インド洋に浮かぶフランス海外県の島「レユニオン」。欧米のツーリストにとっては、豊富なアウトドア・アクティビティーが楽しめる島として知られています。自然豊かなこの島を舞台に、活発な火山活動によって作られた3つの圏谷を歩き、インド洋最高峰のピトン・デ・ネージュ(3,070m)に登頂。そして、現在も活発に活動するフルネーズ火山を展望します。

地図

ツアーの見どころ、ポイント

レユニオン島の3つの圏谷

島には、最高峰ピトン・デ・ネージュの噴火によって形成された3つの圏谷(クレーター)があります。最もポピュラーなトレッキングルートは、シラオ圏谷を歩くルートですが、このツアーではルートを繋いで3つの圏谷を縦断。切り立った縁のコルを乗越し、アップダウンしつつ、各圏谷の底に点在する街々を繋いで歩きます。圏谷の底部は平地で、農地や牧草地、開けた草原のような景観ですが、圏谷外縁部の斜面は原生亜熱帯雨林となっており、溶岩が作り出した切り立った崖の頂上部には鋸状に稜線が続く、素晴らしい景観が広がっています。

現在も活動中のフルネーズ火山

島の南西に位置し、現在も活動を続けるフルネーズ火山では、外輪クレーター底部の火山礫が広がる砂漠のような風景の中を歩きます。2015年4月に再噴火し、現在は入域が制限されている箇所もありますので、どこまで歩けるかは状況によりますが、クレーター外輪の展望台からは火山が活発に活動する様を安全にご覧いただけます。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 登山/徒歩
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京・大阪 EK直行便(約11時間)

夜、日本発。ドバイへ。

[ 機中泊 ]



2日目

ドバイ EK直行便(約7時間) モーリシャス MK直行便(約1時間) サンドニ

早朝、ドバイ着。乗り換え。午後、モーリシャス着。乗り換え。夜、レユニオンのサンドニ着。到着後は車でサンドニのホテルへ。

[ ホテル/サンドニ泊 ]



3日目

サンドニ (約1.5時間) コル・デ・ブフ (約4時間) ラ・ヌーベル

朝食後、トレッキング開始ポイントへ車で移動。コル・デ・ブフ(1,900m)からトレッキング開始。コル・ド・フーシェ(1,942m)を経由して、マファテ圏谷のラ・ヌーベル(1,450m)へ。※トレッキング中の水・昼食は、ご自身で購入・携行していただきます。

[ 山小屋/ラ・ヌーベル泊 ]



4日目

ラ・ヌーベル (約6時間) イレ・ア・コルデ (約20分) シラオ

朝食後、2つめの圏谷シラオを目指して出発。樹林帯、草原地帯、農地などを歩き、コル・ド・タイビット(2,142m)経由で、イレ・ア・コルデへ(1,800m)。車で圏谷中心にある街、シラオへ移動。

[ ホテル/シラオ泊 ]



5日目

シラオ (約15分) ル・ブロック (約4時間) ピトン・デ・ネージュ小屋

朝食後、トレッキング開始ポイントのル・ブロック(1,357m)へ車で移動。豊かな森を歩き、圏谷の縁を登って、ピトン・デ・ネージュ小屋(2,478m)へ。

[ 山小屋/ピトン・デ・ネージュ泊 ]



6日目

小屋 (約1.5時間) ピトン・デ・ネージュ山頂 (約1時間) 小屋 (約3時間) ベローブ小屋

夜明け前に出発。インド洋最高峰ピトン・デ・ネージュ山頂(3,070m)で日の出観賞。小屋に戻り、サラジー圏谷の縁を下って、ベローブ小屋(1,505m)へ。

[ 山小屋/ベローブ小屋泊 ]



7日目

ベローブ小屋 (約2時間) トロー・デ・フェール滝 (約2時間) 小屋 (約1時間) プラン・デ・カフル

朝食後、出発。原生林を歩き、トロー・デ・フェール(鉄の穴)滝を望む展望台まで往復トレッキング。小屋に戻り、車でプラン・デ・カフルへ。

[ ホテル/プラン・デ・カフル泊 ]



8日目

プラン・デ・カフル (約0.5時間) パ・ド・ベレコンブ (約5時間) フルネーズ火山 (約0.5時間) サンジル・レ・バン

朝食後、フルネーズ火山へのトレッキング開始ポイント、パ・ド・ベレコンブへ車で移動。火山礫の広がる火口地帯を、ドロミュークレーターまで往復トレッキング。雄大な火山を堪能し、車でサンジル・レ・バンへ。

[ ホテル/サンジル・レ・バン泊 ]



9日目

サンジル・レ・バン (約0.5時間) サンドニ MK直行便(約1時間) モーリシャス EK直行便(約7時間) ドバイ

朝食後、空港へ(※朝のヘリコプター遊覧に参加可能:オプショナル)。昼、レユニオン発。午後、モーリシャス着。乗り換え。深夜、ドバイ着。

[ 空港内待機 ]



10日目

ドバイ EK直行便(約10時間) 東京・大阪

深夜、ドバイ発。夕、日本着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京・大阪 2019年9月13日 金曜日 568,000円

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 22,120円(2019年4月1日現在)
空港税 31,220円~31,650円(2019年4月1日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 65,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

2019年9月13日発

568,000円

  • あと3名で催行
  • 添乗員同行

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 6名様
添乗員 日本より同行します。
食事 朝食7回/昼食0回/夕食6回(機内食除く)
サファリ なし
世界遺産 訪問しません。
利用予定航空会社 エミレーツ航空(EK)
モーリシャス航空(MK)
エールオーストラル(UU)
タイ航空(TG)
キャセイ航空(CX)
利用予定宿泊施設 サンドニ : ベルピエール
シラオ : ビューセップ
プラン・デ・カフル : レクリン
サン・ジル・レ・バン : アレクシー(ツイン、シャワー付)
山中では山小屋(大部屋)泊となります。
ビザ(査証) 不要です。
予防接種 黄熱病の予防接種をお奨めします。
荷物 大きな荷物はホテルに預け、2泊3日程度の荷物を入れた中型のザックを背負ってのトレッキングとなります。

ご参加にあたってのご注意

  • 山中での宿泊は10~20名様用の大部屋の山小屋です。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

お申し込み