アフリカの旅を創り続けて39年、専門店 道祖神で行くアフリカ

山形豪さんと行く マラマラ&マシャトゥ 自然写真撮影ツアー 10日間

マラマラ、マシャトゥで遭遇率が高いヒョウ

マラマラ、マシャトゥで遭遇率が高いヒョウ

ヒョウと並びビッグ5に入るライオン

ヒョウと並びビッグ5に入るライオン

ゾウも子どもは無邪気な表情を見せてくれます

ゾウも子どもは無邪気な表情を見せてくれます

ナイトサファリでは動物たちの昼間と違う表情が見られます

ナイトサファリでは動物たちの昼間と違う表情が見られます

水場に集まる動物を地表の目線から撮影できるハイド

水場に集まる動物を地表の目線から撮影できるハイド

ハイドから撮影したインパラ

ハイドから撮影したインパラ

クラハシコウ。色鮮やかな鳥が多いのもアフリカならでは

クラハシコウ。色鮮やかな鳥が多いのもアフリカならでは

マラマラ・メイン・キャンプ

マラマラ・メイン・キャンプ

ツアー概要

道祖神季刊誌でおなじみの自然写真家、山形豪さんが同行する写真撮影に特化したツアーです。

自然写真家、山形 豪さんが通い続ける南アフリカ『マラマラ』、ボツワナ『マシャトゥ』の2カ所の動物保護区で、山形さんとサバンナの大型動物たちを徹底的に撮影するツアーです。動物との遭遇率、ドライバーの技術と経験値、サファリアレンジの自由度、プライベート感・・・、撮影にとって最高条件が揃うこの場所は、世界の自然写真家たちから常に注目され続けています。また、居心地のいいロッジは、その空間、快適さ、美味しい食事で、毎日の身体の疲れを解きほぐしてくれるでしょう。本気で動物写真を撮りたい人のための’究極のフォト・サファリ’です。

地図

ツアーの見どころ、ポイント

自然写真家 山形 豪さん

山形 豪(やまがた ごう)さんプロフィール

少年時代を中米のグアテマラや西アフリカのブルキナファソ、トーゴといった国々で過ごす。高校卒業後、タンザニアで2年半を過ごし、自然写真を撮り始める。英イーストアングリア大学開発学部卒業後、帰国しフリーの写真家に。南部アフリカを頻繁に訪れ、大自然の姿を写真に収め続けながら、写真サファリのガイドとしても活動中。日本自然科学写真協会(SSP)会員。 著書「南アフリカ自然紀行 野生動物とサファリの魅力」(地球の歩き方 GEM STONE)

マラマラ・キャンプ

東側をクルーガー国立公園と接し、13,500ヘクタールの広さを誇る老舗のロッジです。南北約20kmに渡って流れるサンド川が、多くの動物をひきつけます。ロッジの設備・サービスが上質なのは勿論ですが、サファリはお客様の好みにあわせフレキシブルで、徹底的にサファリを楽しみたい方や動物写真を撮りたい方にはとくにお勧めのロッジです。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京・大阪CX or SA or NH直行便(約5時間)香港(乗継)CX or SA直行便(約13時間)

夕、日本発。香港で乗り換えてヨハネスブルグへ。

[ 機中泊 ]



2日目

ヨハネスブルグ(約6時間)マラマラ

早朝、ヨハネスブルグ着。ドライバーが空港でお出迎えし、マラマラ野生動物保護区へ向かいます。午後、マラマラ着。一休憩して午後のサファリへ。

[ ロッジ/マラマラ泊 ]



3
4日目

マラマラ野生動物保護区滞在

動物・自然の状況、その日の天候をみながらフレキシブルにサファリ。サファリは4WDオープンカーを利用。マラマラ野生動物保護区は、東側がクルーガー国立公園と12kmに渡って接しており、マラマラ西側を南北に貫くサンド川の水を目当てに多くの動物が集まる好立地。大型動物との遭遇率は断トツに高く、一日でビッグファイブに遭遇することは当たり前、とまで言われています。チーターやリカオンの姿も頻繁にみられ、大型動物、肉食動物の撮影には、最高の条件が整っています。

[ ロッジ/マラマラ泊 ]



5日目

マラマラ (約2.5時間) マシャトゥ

早朝サファリ後、時間までにチェックアウト。昼頃、飛行機でマラマラからマシャトゥへフライトします。途中、ポロクワネで出入国手続きを行います。午後、マシャトゥ着。時間があれば午後のサファリへ。

[ ロッジ/マシャトゥ泊 ]



6
7日目

マシャトゥ野生動物保護区滞在

動物・自然の状況、その日の天候をみながらフレキシブルにサファリ。4WDオープンカーでのサファリ、またエレファント・ハイド(半地下に埋め込んだ観察小屋)では地表の目線で動物を撮影するチャンス有。マシャトゥ野生動物保護区は南部アフリカ最大の私営保護区で、豊な地形のバリエーションと多種多様の動物・鳥類が生息することで知られています。

[ ロッジ/マシャトゥ泊 ]



8日目

マシャトゥ (約5.5時間) ヨハネスブルグ

早朝サファリ後、時間までにチェックアウト。陸路でヨハネスブルグへ向かいます。夕方、空港近くのホテルへ。

[ ホテル/ヨハネスブルグ泊 ]



9日目

ヨハネスブルグCX or SA直行便(約13時間)

昼、または夕方、ヨハネスブルグ発。香港へ。

[ 機中泊 ]



10日目

香港(乗継)CX or SA or NH直行便(約5時間)東京・大阪

香港到着後、飛行機を乗り換えて日本へ。午後または夜、日本着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京・大阪 2018年9月2日 日曜日 1,350,000円

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 6,600円(10月1日現在)
空港税 11,620円~12,050円(10月1日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 270,000円
子供料金 お子様のご参加はご遠慮いただいております。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

2018年9月2日発

1,350,000円

  • あと1名で催行

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 4人(最大5人)
添乗員 同行しません。
日本から山形さんが同行します。
食事 朝食7回/昼食6回/夕食6回(機内食除く)
サファリ 11回
世界遺産 訪問しません。
利用予定航空会社 キャセイ・パシフィック航空(CX)
南アフリカ航空(SA)
シンガポール航空(SQ)
利用予定宿泊施設 マラマラ : マラマラ・メイン・キャンプ
マシャトゥ : マシャトゥ・メイン・キャンプ
ヨハネスブルグ : シティ・ロッジ・エアポート
(ツイン、シャワー付)
または同等クラス。
ビザ(査証) 日本国籍の方は不要です。
予防接種 不要です。
荷物 行程5日目、マラマラからマシャトゥへの移動は軽飛行機を利用します。お1人様あたりの無料手荷物許容量は20kg(機内持込手荷物を含む)です。また形状の変わらない中型以上のハード・スーツケースはお持ちいただけません。お荷物はソフトバッグで小さめにお願いいたします。

ご参加にあたってのご注意

ご不明な点はお電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

Sさん 50代男性 (2014年9月ご出発)

  • 今回、人生で最高の動物写真が撮れました。ヒョウ・チータ・ライオン・リカオン等を、これでもかというほど見ることができたのは、山形さんのプランニングと状況判断、現地ドライバーとのコミュニケーション能力のなせる技だと感じました。ドライバーも一生懸命やってくれました。
  • マシャトゥもマラマラも安心して泊まれて、食事に関する心配もなく、快適でした。
  • キャセイの香港での乗り継ぎが短く、何かあると大変ではないか、と思いました。

お申し込み