フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

ケニア バードウォッチング 10日間

鳥類の撮影には、35mm判換算600㎜以上の超望遠レンズが最適です。600mm/f5.6で撮影。

鳥類の撮影には、35mm判換算600㎜以上の超望遠レンズが最適です。600mm/f5.6で撮影。

ケニアで最もフォトジェニックな猛禽の一種、ダルマワシ

ケニアで最もフォトジェニックな猛禽の一種、ダルマワシ

アフリカで最大級の猛禽類、ゴマバラワシ

アフリカで最大級の猛禽類、ゴマバラワシ

非常に長い冠羽が特徴的なエボシクマタカ

非常に長い冠羽が特徴的なエボシクマタカ

ペンを耳に挿しているように見えるため、セクレタリーバード(秘書鳥)と呼ばれるヘビクイワシ

ペンを耳に挿しているように見えるため、セクレタリーバード(秘書鳥)と呼ばれるヘビクイワシ

開けたサバンナで見られることが多い、アフリカウタオオタカ

開けたサバンナで見られることが多い、アフリカウタオオタカ

嫌われがちなハゲワシですが、翼を広げて飛ぶ姿は見事のひとこと

嫌われがちなハゲワシですが、翼を広げて飛ぶ姿は見事のひとこと

目の覚めるような羽の色をしたライラックニシブッポウソウ

目の覚めるような羽の色をしたライラックニシブッポウソウ

広大なマサイ・マラを駆けるダチョウ

広大なマサイ・マラを駆けるダチョウ

丸々としたホロホロチョウ

丸々としたホロホロチョウ

ツアー概要

ケニアの鳥100種類観察!を目指して、野鳥の楽園、大地溝帯の湖畔を巡る旅。

アフリカのサファリでは動物観察も勿論楽しみですが、鳥の観察を始めると、案外はまってしまうものです。とくに日本ではあまり見られない鮮やか・派手めの!鳥も多く、まずはそのあたりから観察し始めると楽しいかもしれません。このツアーでは、とくに鳥が多く生息する公園・保護区を中心に日程を組んでいます。

地図

ツアーの見どころ、ポイント

野鳥の宝庫

野生動物で有名な東アフリカですが、鳥の素晴らしさでもひけをとりません。フラミンゴをはじめ1,000種を超える鳥類が棲息するケニアは、世界屈指のバードウォッチング大国です。大地溝帯の湖畔やサファリのフィールドには勿論、ロッジの敷地やナイロビ市内でも多種多様な鳥を観察できます。特筆すべきはワシやタカ、ハヤブサなどの猛禽類の種類の多さ。また、冬にはヨーロッパや中東からの渡り鳥、雨季には他の地域からの渡り鳥や繁殖期ならではの鳥も期待できます。早目にご予約いただければ、鳥の名前を日本語で200種類以上言えるドライバーが同行できます。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京・大阪EK直行便(約11時間)

夜、日本発。ドバイへ。

[ 機中泊 ]



2日目

ドバイ(乗継)EK直行便(約5時間)ナイロビ

早朝、ドバイで飛行機を乗り換え。午後、ナイロビ着。係員が空港でお出迎えし、市内のホテルへ。

[ ホテル/ナイロビ泊 ]



3日目

ナイロビ(約5時間)バリンゴ湖

朝食後、バリンゴ湖へ。昼食はロッジで。休憩後、午後のボート・サファリをお楽しみください。たくさんの鳥を期待できます。

[ ロッジ/バリンゴ湖泊 ]



4日目

バリンゴ湖(約1時間)ボゴリア湖国立保護区(約2.5時間)ナクル湖国立公園

朝食後、ボゴリア湖へ。ボゴリア湖畔のサファリをお楽しみください。フラミンゴ観賞の後、ナクル湖国立公園へ。昼食はロッジで。休憩後、午後のサファリをお楽しみください。

[ ロッジ/ナクル湖国立公園泊 ]



5日目

ナクル湖国立公園(約2時間)ナイバシャ湖

早朝のサファリをお楽しみください。朝食後、ナイバシャ湖へ。昼食はロッジで。休憩後、午後のボート・サファリをお楽しみください。クレッセント島を歩いて水鳥や猛禽類を探します。

[ ロッジ/ナイバシャ湖泊 ]



6日目

ナイバシャ湖(約6時間)マサイ・マラ国立保護区

朝食後、マサイ・マラ国立保護区へ。昼食はロッジで。休憩後、午後のサファリへ。バードウォッチは勿論、動物観察もお楽しみください。

[ ロッジ/マサイ・マラ国立保護区泊 ]



7
8日目

マサイ・マラ国立保護区滞在

早朝と午後の2回、サファリをお楽しみください。ケニアで一番、動物相が豊富といわれる保護区です。シマウマやキリンの草食動物をはじめ、ライオンやチーターなどの肉食動物も期待できます。連泊ですのでゆったり滞在&サファリを満喫できます。

[ ロッジ/マサイ・マラ国立保護区泊 ]



9日目

マサイ・マラ国立保護区(約6時間)ナイロビEK直行便(約5時間)ドバイ

朝食後、大地溝帯(グレートリフトバレー)を経由してナイロビへ戻ります。ナイロビ市内では出発まで車をご利用いただけます。午後、ナイロビ発。空路ドバイへ。

[ 空港内待機 ]



10日目

ドバイ(乗継)EK直行便(約10時間)東京・大阪

深夜、ドバイ発。夕、日本着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京・大阪 2019年8月23日 ~ 2019年9月13日 の金曜日 578,000円
東京・大阪 2019年9月20日 ~ 2019年9月27日 の金曜日 558,000円
東京・大阪 2019年10月4日 ~ 2019年10月18日 の金曜日 538,000円
東京・大阪 2019年10月25日 金曜日 508,000円
東京・大阪 2019年11月1日 ~ 2019年11月22日 の金曜日 558,000円
東京・大阪 2019年11月29日 ~ 2019年12月13日 の金曜日 608,000円
東京・大阪 2019年12月20日 金曜日 608,000円
東京・大阪 2019年12月27日 金曜日 668,000円
東京・大阪 2020年1月3日 ~ 2020年1月24日 の金曜日 598,000円
東京・大阪 2020年1月31日 ~ 2020年3月27日 の金曜日 578,000円

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 28,000円(2018年12月20日現在)
空港税 11,740円~12,170円(2018年12月20日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 45,000円('19 4/5~6/7)
65,000円('19 6/14~9/27)
45,000円('19 10/25~11/22)
65,000円('19 11/29~'20 3/27)
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

2019年11月15日発

558,000円

  • 2名様募集中

2020年1月10日発

598,000円

  • 2名様募集中

2020年2月7日発

578,000円

  • 2名様募集中

2020年3月20日発

578,000円

  • 2名様募集中

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 2名様
添乗員 同行しません。
ナイロビで現地日本語係員がお世話します。
8名様以上ご参加の場合、日本より添乗員が同行します。
食事 朝食7回/昼食6回/夕食7回(機内食除く)
サファリ 10回
世界遺産 大地溝帯(グレートリフトバレー)のケニアの湖群(ナクル湖、ボゴリア湖)
利用予定航空会社 エミレーツ航空(EK)
日本航空(JL)
全日空(NH)
カタール航空(QR)
利用予定宿泊施設 バリンゴ : ソイ・サファリ・ロッジ
ナクル&ナイバシャ地区 : ライオン・ヒル・ロッジ、ナイバシャ・ソパ・リゾート
マサイ・マラ : イルケリアニ
ナイロビ : パナリ・ホテル
(ツイン、シャワー付)
または同等クラス。
ビザ(査証) ケニアの観光ビザが必要です。
予防接種 黄熱病の予防接種をお奨めします
荷物 サファリカーの荷物スペースには限りがございます。スーツケースは中型以下でお願いいたします。

ご参加にあたってのご注意

ご不明な点はお電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

Oさん ご夫婦 (2018年12月ご出発)

  • ドライバーのジョフリーさんはとても親切に鳥を中心にケニアのサファリを満喫させてくれました。期待以上に多くの種類、珍しい鳥が撮影出来て満足です。
  • バルーンサファリも参加して大正解。夜明け前にロッジを出発し、ドキドキわくわくバルーンに乗り込んで、朝日を浴びた動物たちを撮影した後、色々な国から参加している方々とシャンパンで乾杯し、動物たちの話で盛り上がりました。
  • 宿泊したロッジはどこも素晴らしく、特にマサイ・マラのロッジでは一日中鳥のさえずりが聞こえ、夜はライオンやハイエナの鳴き声が聞こえるなど、今までに味わうことのできない体験ができました。

Sさんご夫妻 50代 (2012年8月ご出発)

  • トイレ休憩が、殆どが土産物屋で、高値でしつこい店もあり不快だった。仕方ないのかもしれませんが、店を選ぶか事前の説明がほしかった。
  • 予想以上にたくさんの鳥と動物に出会えて満足でした。すべてのロッジで「居ながらサファリ」(おもにバードウォッチング)が出来、ベランダでのんびり過ごすのも楽しみでした。中でもレイク・バリンゴが一番たくさん鳥が見られました。ガイドさんも日本語で説明してくれてわかりやすかったです。特に鳥や動物は全て日本語で名前を教えてくれたので、サファリ初心者としては助かりました。

お申し込み