アフリカ旅行の道祖神

キリマンジャロ登山 マラング・ルート 10日間

アフリカ大陸最高峰、世界でもっとも有名な山の一つ、キリマンジャロに登ろう!!

アフリカ大陸最高峰、キリマンジャロのウフル・ピーク5,895m登頂にチャレンジ!弊社創業当初から手がけている、最も得意とする登山ツアーです。ルートは最もポピュラーなマラングルートを利用し、山中は山小屋泊、3700mのホロンボハットでは高度順応を兼ねて2泊し、比較的快適な登山を楽しみます。多忙な方にも優しい10日間の日程です。キリマンジャロ登山は、技術的には日本の夏山一般ルートを歩く程度の技術があれば充分です。必要なのは健康な体と5日間歩きぬく体力、登頂しようという強い意志、高地での判断力です。低酸素症(高山病)という懸念材料はありますが、しっかりと準備をし、体調を整えて臨めば、決して登頂が難しい山ではありません。

※ご参加条件がありますのでお問合せください。

ツアー概要

アフリカ大陸最高峰、世界でもっとも有名な山の一つ、キリマンジャロに登ろう!!

アフリカ大陸最高峰、キリマンジャロのウフル・ピーク5,895m登頂にチャレンジ!弊社創業当初から手がけている、最も得意とする登山ツアーです。ルートは最もポピュラーなマラングルートを利用し、山中は山小屋泊、3700mのホロンボハットでは高度順応を兼ねて2泊し、比較的快適な登山を楽しみます。多忙な方にも優しい10日間の日程です。キリマンジャロ登山は、技術的には日本の夏山一般ルートを歩く程度の技術があれば充分です。必要なのは健康な体と5日間歩きぬく体力、登頂しようという強い意志、高地での判断力です。低酸素症(高山病)という懸念材料はありますが、しっかりと準備をし、体調を整えて臨めば、決して登頂が難しい山ではありません。

※ご参加条件がありますのでお問合せください。

ツアーの見どころ

ホロンボハットにて高度順応
最も一般的なマラングルート利用の場合、基本的には最短の5日間となりますが、このツアーでは疲労回復と高度順応を兼ねてホロンボハットに2泊します。体調が思わしくない方は山小屋でゆっくり休んで高度順応に努めていただきますが、体調に問題がない方は主峰のキボ峰が見えるあたり、4000m付近まで軽装で足慣らしのサイドハイキングを行います。4000mを越えてしまうと、植生も乏しくなり、いわゆる「高地砂漠」の環境となってしまいますが、4000m以下ではキリマンジャロならではの低温・乾燥に順応した植物、時期によっては美しい花が見られ、ただの足慣らしにはとどまらない魅力があります。

ここは見て欲しい!山中の絶景ポイント
ウフル・ピークからの光景を除き、キリマンジャロ・マラングルート上で最高のビューポイントといえば、あまりにも有名なサドルの風景でしょう。馬の鞍(サドル)のような形状をした、高地砂漠帯の広大な鞍部です。いくつかの古い火口丘が丘のように並んでいる間を抜け、ルートの踏み跡は主峰のキボ峰に向かって延びています。晴れれば青空をバックにどっしりと構えた迫力あるキボ峰を望むことができます。ここで、「いよいよ明日アタック!」と思ってテンションを上げられるか、それとも「長い道のりだなぁ・・」と意気消沈するか。登頂成功を左右する一つの要因かもしれません。

ツアー日程表

1日目
東京 飛行機 ET経由便(約16時間)
夜、日本発。エチオピア・アディスアベバへ。
宿泊 機中泊
朝食:× 
昼食:× 
夕食:機
2日目
飛行機 アディスアベバ 飛行機 ET直行便(約5時間)キリマンジャロ 自動車 (約1時間)マラング
朝、アディスアベバ着。乗り換え。午後、キリマンジャロ着。登山基地マラングのホテルへ。
宿泊 ホテル/マラング泊
朝食:機 
昼食:× 
夕食:〇
3日目
マラング 自動車 (約10分)ゲート 登山 (約3~4時間)マンダラ・ハット
車でゲートへ。登山開始、マンダラ・ハット(2,700m)へ。
宿泊 ハット/マンダラ・ハット泊
朝食:〇 
昼食:〇 
夕食:〇
4日目
マンダラ・ハット 登山 (約4~5時間)ホロンボ・ハット
ホロンボ・ハット(3,700m)へ。
宿泊 ハット/ホロンボ・ハット泊
朝食:〇 
昼食:〇 
夕食:〇
5日目
ホロンボ・ハット滞在
高度順応のため、ホロンボハットに滞在します。体調に問題がなければ、4000m付近まで軽装で足慣らしを行います(2~3時間程度)。
宿泊 ハット/ホロンボ・ハット泊
朝食:〇 
昼食:〇 
夕食:〇
6日目
ホロンボ・ハット 登山 (約5~6時間) キボ・ハット
キボ・ハット(4,700m)へ。早めの夕食後、深夜のアタックに備えて仮眠。
宿泊 ハット/キボ・ハット泊
朝食:〇 
昼食:〇 
夕食:〇
7日目
キボ・ハット 登山 (約5~6時間) ギルマンズ・ポイント 登山 (約1時間) ウフル・ピーク 登山 (約7時間) ホロンボ・ハット
深夜、アタック開始。ギルマンズ・ポイント(5,685m)へ。余裕があればウフル・ピーク(5,895m)へ。登頂後はキボ・ハット経由で一気に下山します。
宿泊 ハット/ホロンボ・ハット泊
朝食:〇 
昼食:〇 
夕食:〇
8日目
ホロンボ・ハット 登山 (約5時間) ゲート 自動車 (約1.5時間) アルーシャ
マンダラ・ハット経由でゲートまで下山。ホテルで昼食後、アルーシャへ。
宿泊 ホテル/アルーシャ泊
朝食:〇 
昼食:〇 
夕食:〇
9日目
アルーシャ 自動車 (約1時間)キリマンジャロ 飛行機 ET直行便(約3時間)アディスアベバ 飛行機 ET経由便(約16時間)
午前、アル―シャでショッピング・昼食後、キリマンジャロ空港へ。夕、アディスアベバへ。到着後、乗り換え。日本へ。
宿泊 機中泊
朝食:〇 
昼食:× 
夕食:機
10日目
飛行機 東京
夜、日本着。
朝食:機 
昼食:機 
夕食:×

旅行代金・催行情報

催行 出発地 出発日 帰着日 料金 募集状況
催行
決定
東京
出発日12/29(金)出発
帰着日'24 1/7(日)帰着
685,000円
締め切り
東京
出発日'24 1/5(金)出発
帰着日'24 1/14(日)帰着
615,000円
参加者募集中
東京
出発日'24 1/12(金)出発
帰着日'24 1/21(日)帰着
615,000円
参加者募集中
東京
出発日'24 1/19(金)出発
帰着日'24 1/28(日)帰着
615,000円
参加者募集中
東京
出発日'24 1/26(金)出発
帰着日'24 2/4(日)帰着
615,000円
参加者募集中
東京
出発日'24 2/2(金)出発
帰着日'24 2/11(日)帰着
615,000円
参加者募集中
東京
出発日'24 2/9(金)出発
帰着日'24 2/18(日)帰着
615,000円
参加者募集中
東京
出発日'24 2/16(金)出発
帰着日'24 2/25(日)帰着
635,000円
参加者募集中
東京
出発日'24 2/23(金)出発
帰着日'24 3/3(日)帰着
615,000円
参加者募集中
東京
出発日'24 3/1(金)出発
帰着日'24 3/10(日)帰着
615,000円
参加者募集中
東京
出発日'24 3/8(金)出発
帰着日'24 3/17(日)帰着
615,000円
参加者募集中
東京
出発日'24 3/15(金)出発
帰着日'24 3/24(日)帰着
635,000円
参加者募集中
東京
出発日'24 3/22(金)出発
帰着日'24 3/31(日)帰着
615,000円
参加者募集中
東京
出発日'24 3/29(金)出発
帰着日'24 4/7(日)帰着
615,000円
参加者募集中
※上記旅行代金の他に、下記【燃油特別付加料】と【空港税】が必要です。
※他の出発地をご希望の方は、お問い合わせください。

その他の料金

燃油特別
付加料
48,100円
(2022年9月1日現在)
空港税 16,060円
(2022年9月1日現在)
ビジネス
クラス料金
お問い合わせください。
一人部屋
追加料金
30,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピータ
ー割引
リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

ご旅行条件

訪問国 タンザニア
最少
催行人数
2名様
添乗員 同行しません。
現地では英語登山ガイドがご案内します。
食事 朝食7回 / 昼食6回 / 夕食/7回(機内食を除く)
サファリ
回数
1回
世界遺産 キリマンジャロ国立公園
利用予定
航空会社
エチオピア航空(ET)
カタール航空(QR)
利用予定
宿泊施設
アルーシャ : インパラ、キボ・パレス
マラング : カプリコン、ナカラ
(ツイン、シャワー付)
または同等クラス。
ビザ タンザニアの観光ビザが必要です。ビザ申請の代行については、こちらをご覧ください
予防接種 黄熱病の予防接種をお奨めします。

ご参加にあたっての注意事項

入国に際して
タンザニアの入国に際して、英文新型コロナウイルスワクチン接種証明書、または入国72時間前までのPCR検査陰性証明書が必要です。
宿泊について
山中の宿泊は4~10名様用の大部屋の山小屋泊です。
ツアー全般の注意点
ツアー全般の注意点については、『Q & A』のページにまとめていますので、ご確認ください。

レポート

お客様の口コミ

※この口コミは過去の『キリマンジャロ登山 マラング・ルート』のものです。当ツアーとは日程や内容が異なる場合があります。
Uさん 50代男性('18 8月出発)
  • サファリと登山の両方ができた。
  • メンバーの雰囲気が良かった。
  • 全体の日程は余裕があり、またツアーに参加したいと思った。
  • 各日、見ておくべき事項の前解説がほしい。
  • アタックの日にもう少し余裕がほしかった。
  • 若い人の高度順応のプロセスにケアがなかった。
  • 緊急時以外は下山の付き添いは現地ガイドで日本人ガイドはギボハットで指揮を執るべきだった。
Yさん 60代男性('18 8月出発)
  • タンザニア初日がアルーシャのロッジでアフリカを旅する気分を十分に感じることができ、期待感を高められた。
  • 一人だけでホームステイを体験したが、見地の外からでは理解困難(旅行者では分からない)部分もある程度知ることができた。これからホームステイのプログラムもいいと感じた。
  • エチオピアで訪問した家庭とタンザニアのホームステイで比較すればホームステイがより良かった。
Oさん 30代ご夫妻('18 8月出発)
  • 登頂できた
  • ガイド、サブガイドのみなさんがとても親切でした。
  • ホテルのお湯が出てほしかった。
Hさん 40代女性('15 12月出発)
  • 現地のスタッフ(ガイド・サブガイド・コック・ポーター・ドライバーなど)が非常に一生懸命仕事をしてくれたので、気持ち良く過ごすことができた。
  • 登山で食欲がなくなる頃(高地障害で)には、お粥など食べやすいものを出してくれるなど、気配りが感じられた。
  • ナイロビの駐在員より、旅行中の一通りの流れを説明していただき、殆どがその通りに経過したので、添乗員なしでも戸惑うことなく済んだ。
  • スタッフ・同行メンバーに恵まれ、非常に有意義な思いで深い旅になりました。
Sさん 20代男性('14 8月出発)
  • 最高のメンバーに出会えたことが一番良かった。皆が互いに助け合って、頂上まで登れたと思う。
  • ガイド・ポーターも皆良い人ばかりで、非常に良かった。
  • あえてあげるとしたら、ドーハでの乗り継ぎに少し時間がかかりすぎたように思う。
Aさん 40代女性('13 9月出発)
  • 登頂できて良かった!!それもグループみんなで!!天候も素晴らしかった。有難うございます。
  • ケニアとタンザニアの国境の出入国がわかりにくかった。グループで助け合ったからわかったけれども、1人だと途方に暮れていたかも。
  • ガイドさん、ポーターさん、皆さんとても親切で助かりました。ナイロビで駐在員さんいお会いできたときはほっとしました。
  • タンザニアもケニアも皆さんおおらかで好印象でした。
  • 山小屋も簡素でしたが、清潔で良かったです。富士山山頂の高さで水洗トイレなのはすごい。
  • 山での食事の量が多くて、いつも残してしまって申し訳なかった。味は良いのですが。
  • ツアーの同行者に恵まれたのも、今回の旅の大きなポイントでした。
Hさん 30代女性('13 8月出発)
  • ナイロビ空港火災で、空港が閉鎖されたが何とかキリマンジャロまで行くことができ良かった。何とか行けるようにしてくれた関係者の皆様にお疲れさまと有難うございました、を。時間はかかったが無事登山ができ良かったです。
  • とにかく忙しかった。食事は他の皆さんはアッという間に食べてしまい、スタッフもすぐに片付けようとした。早食いで疲れた。
  • 現地トイレ、青空トイレ、ともに汚いのが困った。
Aさん 30代男性('13 1月出発)
  • アフリカの方の律儀さがあわかた。
  • 同行のメンバーに恵まれた。
  • 登山ガイド・ポーター対応が秀逸だった。サービス、キャラクター、トラブル対応、各種説明など。ガイド・ポーターの信頼感が高いことが一番良かった。
  • 日本人向けの味付けを意識してもらった気がします。特にアタック前夜のラーメンが美味。
  • 混乗バスも多国籍、多人種と接することができ、ある意味楽しかった。
  • 夜空の星が非常にきれい。
  • 食事の量が毎回多く、残したのが申し訳なかった。
  • 登山の歩くペースが少し速いように思った。
Nさん 60代男性('12 8月出発)
  • キリマンジャロ登山に特化し、余分な観光が省かれ、必要最小限の日程となっていたことが良かった。
  • 添乗員氏の知識・経験が豊富で、キリマンジャロ登山に限らず、アフリカ全般に渡って興味深い話を伺えた。
  • 当初10名はいささか多いのではと思ったが、人数としては適切で、一つのテーブルを皆で囲んで楽しかった。
  • 当初、予備日がなくて不安だったが、8月は晴天が多いとのこと、実際天気には恵まれ登頂日には風も弱く、それほど寒くなかった。
Tさん 40代男性('12 8月出発)
  • 登山経験がなかったけど、40歳記念チャレンジで、今回キリマンジャロ登山ツアーに参加し、何とかウフルピークに登頂!! これも、現地の手厚いサポートがあってのこと。道祖神さんのツアーにして良かったです。それと道祖神さんのHPや説明会で登頂へのコツや準備などが詳しくわかり、出発前から体力作り等の準備ができて良かった。もともとアフリカが好きで、今回で6回目になるけど、ますます好きになり、良い思い出になりました。
  • ガイド・ポーターが優しく、気が利いてつらいときに励ましてくれた。山の食事で口に合わなかったものもなく、完食。山の生活で困ったことが一切なかった。
  • 添乗員さんのおかげで、参加者10人の団結力がうまれ、とても仲良くなれ、楽しく感動的な10日間になった。

ツアー申込・お問い合わせ

株式会社 道祖神
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-23-1 第3TOCビル11階
営業時間 月~金 9:30~18:30(定休日:土・日・祝日・年末年始)
固定電話からお問い合わせ
携帯電話からお問い合わせ
携帯電話 03-6431-8322
メールでお問い合わせ
メール お問せフォーム
資料マーク
初心者マーク
質問マーク
電車マーク
スタッフマーク
会社マーク
メールマガジン登録
アフリカ情報満載のメールマガジン「AFRICA NEWS」をお届け! ※現在不定期での配信となっております。
※メールマガジンにご登録いただく際は、必ず「個人情報の取り扱いについて」をお読みいただき、同意のうえ「登録」ボタンを押してください。
\ SNSやってます /
アフリカ情報をいち早くゲットしよう!
道祖神公式Facebookページ
道祖神公式Instagramアカウント
道祖神公式X(旧Twitter)アカウント