フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

ケニア ナクル湖とマサイ・マラ 8日間

ナクル湖といえばフラミンゴ

ナクル湖といえばフラミンゴ

ナクルではヒョウに遭遇するチャンスも大きい

ナクルではヒョウに遭遇するチャンスも大きい

ナクルでは高い頻度で見られるシロサイ

ナクルでは高い頻度で見られるシロサイ

ケニアではナクル湖にしか生息していないキリンの亜種、ロスチャイルドキリン

ケニアではナクル湖にしか生息していないキリンの亜種、ロスチャイルドキリン

マサイ・マラではライオンとの遭遇が期待できます

マサイ・マラではライオンとの遭遇が期待できます

ヌーをはじめ、草食動物の生息数も豊かなマサイ・マラ

ヌーをはじめ、草食動物の生息数も豊かなマサイ・マラ

マサイ・マラではマサイ村訪問も可能です

マサイ・マラではマサイ村訪問も可能です

ツアー概要

短い滞在ながら、充実のサファリ!ナクル湖の珍しい動物と、マサイ・マラではじっくり3連泊

毎週土曜日発着の8日間。お勤めの方でも休みの取りやすい日程です。サファリで2ヵ所の公園を周りますので、色々な種類の動物や鳥に出会える可能性の高いコースです。ナクル湖とマサイ・マラという、自然環境や景色の異なる公園の組み合わせで、短くてもバラエティに富んだサファリをお楽しみいただけるでしょう。

地図

ツアーの見どころ、ポイント

ナクル湖国立公園

ソーダ性の湖で、ここに生える水草や藻、プランクトンや魚などを目当てに多くの鳥類が集まります。最近は残念ながら数が減ってきていますが、かつてはフラミンゴで湖面がピンク色に染まって見えたこともあります。その他絶滅に瀕する種目ロスチャイルド・キリンが生息しており、ヒョウを見られることも多いです。シロサイを保護しているため、かなりの頻度でクロサイと共に観察できます。かつ、この公園は湖あり、草原地帯あり、森林地帯ありと景観に富んでいます。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京・大阪EK直行便(約11時間)

夜、日本発。ドバイへ。

[ 機中泊 ]



東京QR直行便(約12時間)

夜、東京発。ドーハへ。

[ 機中泊 ]



2日目

ドバイ(乗継)EK直行便(約5時間)ナイロビ(約2時間)ナイバシャ湖

早朝、ドバイで飛行機を乗り換え。午後、ナイロビ着。係員が空港でお出迎えし、ナイバシャ湖へ。

[ ロッジ/ナイバシャ湖泊 ]



ドーハ(乗継)QR直行便(約5時間)ナイロビ(約2時間)ナイバシャ湖

早朝、ドーハで飛行機を乗り換え。午後、ナイロビ着。係員が空港でお出迎えし、ナイバシャ湖へ。

[ ロッジ/ナイバシャ湖泊 ]



3日目

ナイバシャ湖(約1.5時間)ナクル湖国立公園

朝食後、ナクル湖国立公園に向かいます。着後、湖畔のサファリです。昼食はロッジで。休憩後、午後のサファリへ。

[ ロッジ/ナクル湖国立公園泊 ]



4日目

ナクル湖国立公園(約6時間)マサイ・マラ国立保護区

朝食後、マサイ・マラ国立保護区へ。昼食はロッジで。休憩後、午後のサファリへ。

[ ロッジ/マサイ・マラ国立保護区泊 ]



5
6日目

マサイ・マラ国立保護区滞在

早朝と午後の2回、サファリをお楽しみください。ケニアで一番、動物相が豊富といわれる保護区です。シマウマやキリンの草食動物をはじめ、ライオンやチーターなどの肉食動物も期待できます。連泊ですのでゆったり滞在&サファリを満喫できます。

[ ロッジ/マサイ・マラ国立保護区泊 ]



7日目

マサイ・マラ国立保護区(約6時間)ナイロビEK直行便(約5時間)ドバイ

朝食後、大地溝帯(グレートリフトバレー)を経由してナイロビへ戻ります。ナイロビ市内では出発まで車をご利用いただけます。午後、ナイロビ発。空路ドバイへ。

[ 空港内待機 ]



マサイ・マラ国立保護区(約6時間)ナイロビQR直行便(約5時間)ドーハ

朝食後、大地溝帯(グレートリフトバレー)を経由してナイロビへ戻ります。ナイロビ市内では出発まで車をご利用いただけます。夕、ナイロビ発。空路ドーハへ。

[ 空港内待機 ]



8日目

ドバイ(乗継)EK直行便(約10時間)東京・大阪

深夜、ドバイ発。夕、日本着。



ドーハ(乗継)QR直行便(約10時間)東京

深夜、ドーハ発。夕、東京着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京・大阪 2019年3月2日 ~ 2019年3月30日 の土曜日 498,000円

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 21,000円(2018年1月15日現在)
空港税 10,990~12,290円(2018年1月15日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 45,000円(6/2~7/28、12/1~12/29、'19 3/2~3/30)、35,000円(10/6~10/20、11/24、'19 1/5~2/23)
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

このツアーの催行状況については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 2人
添乗員 同行しません。
6~9名様の場合は、現地日本語ガイドが同行します。
10名様以上ご参加の場合、日本より添乗員が同行します。
食事 朝食5回/昼食4回/夕食5回(機内食除く)
サファリ 7回
世界遺産 大地溝帯(グレートリフトバレー)のケニアの湖群(ナクル湖)
利用予定航空会社 エミレーツ航空(EK)
カタール航空(QR)
日本航空(JL)
全日空(NH)
利用予定宿泊施設 ナクル&ナイバシャ地区 :ナイバシャ・ソパ・リゾート、サロバ・ライオン・ヒル・ロッジ
イルケリアニ(ツイン、シャワー付)または同等クラス。
ビザ(査証) ケニアの観光ビザが必要です。
予防接種 黄熱病の予防接種をお奨めします。
荷物 サファリカーの荷物スペースには限りがございます。スーツケースは中型以下でお願いいたします。

ご参加にあたってのご注意

ご不明な点はお電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

Eさん 50代女性 (2018年7月ご出発)

  • 旅行前に道祖神の説明会に出席し、知らないことを色々分かりやすく教えて頂いたので、出発前から楽しみが倍増しました。また不安な部分も丁寧にお話しして下さったので、安心して参加することができました。
  • ドライバーさんが大変親切で、滞在中色々なオプションをご提案頂き、どれも楽しむことができました。
  • ロッジがフリーWi-Fiで助かりました。
  • サファリはいろいろな動物・鳥・植物を見ることができ、大満足でした。ヒョウは見られませんでしたが、ドライバーさんが一生懸命探して下さり感謝しています。
  • ナイロビのお土産屋さんが素敵でした。安心して買い物ができました。
  • 現地出発前に駐在員の方よりご連絡を頂き、旅の終わりまできちんとフォローして頂きました。
  • どのロッジも満足していますが、中国人旅行客のマナーの悪さとおしゃべりの大きさに辟易しました。

Mさん 50代女性 (2018年7月ご出発)

  • どこのロッジもフリーWi-Fiがあったので良かったです。
  • ドライバーさんは本当によく動いてくださいました。マサイ・マラでは2日ともランチボックスを持ってゲームドライブへ。
  • ヒョウを見ることはできませんでしたが、沢山の動物を見ることができ満足でした。
  • ロッジもきちんと整備されていた。
  • 自然を保護しながら観光にも力を入れていくことは難しいけれど、動植物たちのライフサークルを乱すことはやめてほしいと思った。
  • マサイ村に行きましたが、観光地化されており、お土産を押し付けてきたり、火おこしもジャンプもいい加減で残念でした。
  • 中国人が多く、彼らのマナーの悪さが目立ちました。

Uさん 40代女性 (2018年9月ご出発)

  • ガイド、シェフが完璧でした。
  • マサイの方々、セキュリティスタッフも明るくフレンドリーで仕事がパーフェクトで、安心して過ごせた。
  • 事前に洗濯できるかどうか教えてほしかった(ロープがあるので、洗濯バサミを持っていくといい)。
  • シェフの料理のイメージがつかなかったので(想像を超えて素晴らしかった)、写真で紹介があると良い。
  • 事前の情報をもっと充実させたほうが良いと思います。

すべて読む(全11件)

お申し込み