フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

チンパンジーの森へ ウガンダでの調査体験の旅 10日間

カリンズのプロジェクトの中心はチンパンジーリサーチ

カリンズのプロジェクトの中心はチンパンジーリサーチ

カリンズを俯瞰し、森を構成する原生林、二次林について説明を受けます

カリンズを俯瞰し、森を構成する原生林、二次林について説明を受けます

チンパンジー観察中

チンパンジー観察中

様々な行動をとるチンパンジーは、観察していて飽きることがありません

様々な行動をとるチンパンジーは、観察していて飽きることがありません

研究者の方々と同様に、高床式の東屋にテントを張って宿泊

研究者の方々と同様に、高床式の東屋にテントを張って宿泊

ブルーモンキー。チンパンジー以外のサル類も生息しています

ブルーモンキー。チンパンジー以外のサル類も生息しています

ロエストモンキー。鳥類も含めて、豊かな樹上の動物相

ロエストモンキー。鳥類も含めて、豊かな樹上の動物相

ツアー概要

カリンズの森で行われている調査の仲間入りをさせていただく、本格的なエコツアーです。

ウガンダのカリンズ森林では、森の伐採を止め、森に住むチンパンジーをはじめとする霊長類や野生動物、また地域住民の生活を守ろうと京都大学霊長類研究所・橋本千絵さんを中心としたエコツーリズムのプロジェクトが実施されています。ツアーでは、研究者の方の仲間入りをさせていただき、約5日間の調査体験をします。

地図

ツアーの見どころ、ポイント

カリンズ森林プロジェクト

カリンズ森林はウガンダの南西部にありますが、かつてウガンダ西部を南北に貫いていた熱帯雨林も伐採のため殆どが消失してしまい、広大な森林も殆ど見られなくなりました。そこで、この森でチンパンジーの研究を行っていた研究者の橋本千絵さんたちにより、エコツーリズムが計画されました。森林の伐採を止め、その代わりに観光客を呼び、持続可能な「観光」という手段によって森を守り、また地元民への「観光による自立」を支援するという内容です。また森の重要性を理解してもらうために、地元の人たちへの自然教育にも力を入れています。

カリンズ森林プロジェクトは、2003年にNPO(非営利特殊法人)として正式に認可されました。詳しくは下記HPをご覧ください。
http://kalinzu.world.coocan.jp/

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京QR直行便(約12時間)

夜、東京発。ドーハへ。

[ 機中泊 ]



東京ET経由便(約16時間)

夜、東京発。アディスアベバへ。

[ 機中泊 ]



2日目

ドーハ(乗継)QR直行便(約5.5時間)エンテベ(約1時間)カンパラ

早朝、ドーハで飛行機を乗り換えて。午後、エンテベ着。係員が空港でお出迎えし、首都カンパラ市内のホテルへ。

[ ホテル/カンパラ泊 ]



アディスアベバ(乗継)ET直行便(約2時間)エンテベ(約1時間)カンパラ

午前、アディスアベバで飛行機を乗り換え。午後、エンテベ着。係員が空港でお出迎えいし、首都カンパラ市内のホテルへ。

[ ホテル/カンパラ泊 ]



3日目

カンパラ(約7時間)カリンズ

朝、カンパラ発。途中、フォトストップ。 カリンズ到着後は、滞在中のレクチャーです。

[ テント/カリンズ泊 ]



4
5
6
7日目

カリンズ滞在

終日、チンパンジー観察とレクチャーなど。研究者とともに森を歩き、チンパンジーを追います。道具を使ったアリ釣りや動物のハンティングなども、これまでに観察されています。その後、ひと休みして研究者の方から、チンパンジーの行動や社会性についての興味深いお話があります。

滞在中のうち1日はサルの観察も行います。カリンズには5種類の昼行性サルが棲んでいます。

また1日は、近くの村を訪問し、村人との交流、周辺散策も行います。村の人と触れ合うことで、この豊かな森と、自然と共存する周囲の住民たちとの関わり、「エコツーリズム」についても学んでいただける機会となるでしょう。

[ テント/カリンズ泊 ]



8日目

カリンズ(約7時間)カンパラ

午前、カリンズ発。途中、2度目の赤道通過です。夕、カンパラ着。到着後はホテルへ。

[ ホテル/カンパラ泊 ]



9日目

カンパラ(約1時間)エンテベQR直行便(約5.5時間)ドーハ

午前、市内観光。昼、エンテベへ。夕、エンテベ発。空路、ドーハへ。

[ 空港内待機 ]



カンパラ(約1時間)エンテベET直行便(約2時間)アディスアベバ(乗継)ET経由便(約15時間)

午前、市内観光。午後、エンテベへ。夕、エンテベ発。空路、アディスアベバへ。夜、アディスアベバで飛行機を乗り換え。

[ 機中泊 ]



10日目

ドーハ(乗継)QR直行便(約10時間)東京

深夜、ドーハ発。夕、東京着。



東京

夜、東京着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京 2019年7月12日 金曜日 430,000円
東京 2019年8月16日 金曜日 450,000円

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 0円(2018年12月20日現在)
空港税 10,170円(2018年12月20日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 24,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

このツアーの催行状況については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 2人
添乗員 同行しません。
カリンズ滞在中は日本人研究者の方によるご案内、カリンズまでの移動は英語ドライバーによるご案内です。
食事 朝食7回/昼食6回/夕食5回(機内食除く)
サファリ なし
世界遺産 訪問しません。
利用予定航空会社 カタール航空(QR)
エチオピア航空(ET)
エミレーツ航空(EK)
利用予定宿泊施設 カンパラ : ゴルフコース・ホテル
(ツイン、シャワー付)
または同等クラス。
カリンズはテント泊。
ビザ(査証) ウガンダの観光ビザが必要です。
予防接種 黄熱病の予防接種が必要です。
荷物

ご参加にあたってのご注意

  • カリンズでは日中、研究者の調査に同行させてもらい、同行敷地内の宿泊施設に泊まります。滞在中は、研究者の指示に従っての行動をお願いいたします。
  • 現地または研究者の方の都合により日程を変更させていただくことがあります。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

お申し込み