アフリカ旅行の道祖神

ナミブ砂漠訪問 ナミビア・キャンプ 10日間

キャンプ天国ナミビアの主要ポイント巡る定番キャンプツアー

南部アフリカを代表する観光国ナミビアは、世界最古のナミブ砂漠を始めとしたダイナミックな自然に溢れた国。また、国土の大部分が極度に乾燥した厳しい環境でありながら、アフリカらしく野生動物が見られる点や固有の植物などもユニークです。自然溢れるこの国を旅するならキャンプ旅をおすすめします。大自然を五感で感じていただくには最適です。設備の整った快適なキャンプサイトで、焚火を囲みながら過ごす時間は、貴重な時間になるはずです。キャンプ道具のほとんどを現地で用意していますし、快適な気候はキャンプ初心者の方にもお勧めです。

ツアー概要

キャンプ天国ナミビアの主要ポイント巡る定番キャンプツアー

南部アフリカを代表する観光国ナミビアは、世界最古のナミブ砂漠を始めとしたダイナミックな自然に溢れた国。また、国土の大部分が極度に乾燥した厳しい環境でありながら、アフリカらしく野生動物が見られる点や固有の植物などもユニークです。自然溢れるこの国を旅するならキャンプ旅をおすすめします。大自然を五感で感じていただくには最適です。設備の整った快適なキャンプサイトで、焚火を囲みながら過ごす時間は、貴重な時間になるはずです。キャンプ道具のほとんどを現地で用意していますし、快適な気候はキャンプ初心者の方にもお勧めです。

ツアーの見どころ

ナミブ砂漠
約8,000万年前に生まれた世界最古の砂漠です。北はアンゴラ国境から南は南アフリカとの国境付近まで及ぶ南北1,288km、東西160kmの細長い砂漠です。年間降水量は120mm以下であり、1部では25mmに満たない地域もあります。そういう場所では、海からの霧による水分が砂漠内の植物や生物の貴重な水分供給源となっています。何もない地域に見えますが、砂漠に適応した逞しい植物や動物たちが生息し、さらにはダイアモンドなどの地下資源に恵まれています。砂漠観光では、歩いて砂丘に登ったり、デッドフライの不思議な景観をお楽しみいただきます。また、軽飛行機による遊覧飛行(現地オプショナル)もお勧めです。

エトーシャ国立公園
ナミビア北部、エトーシャ・パンと呼ばれる乾いたソーダ湖を中心に広がる22,270㎢のアフリカでも有数の名公園。パンの外側に草原、深いブッシュがあり植生も変化に富み、殆どの動物を見ることができますが、レイヨウ類は種類も数も多く、南部特有のオリックスやスプリング・ボックも見られます。野鳥も豊富で325種という記録も。園内にはタイプの違う4ヶ所の快適な宿泊&キャンピング設備があります。自然の水場が多くあり、そこに集まる動物を観察したり、夜間、ライトアップして観察できるところもあります。

ツアー日程表

1日目
東京 飛行機 ET経由便(約16時間)
夜、日本発。アディスベバへ。
宿泊 機中泊
朝食:× 
昼食:× 
夕食:機
2日目
飛行機 アディスアベバ(乗継) 飛行機 ET直行便(約6時間)ウィントフック
午前、アディスアベバで飛行機を乗り換え。午後、ウィントフック着。市内のペンションへ。ドイツルーテル教会やクラフトマーケットなど散策。
宿泊 ペンション/ウィントフック泊
朝食:機 
昼食:機 
夕食:〇
3日目
ウィントフック 自動車 (約5時間)セスリエム
朝食後、ナミブ砂漠観光の拠点セスリエムへ。途中、スプリートシュート峠やソリテイルに立ち寄ります。夕、キャンプサイト近くの砂丘で夕日観賞。
宿泊 キャンプ/セスリエム泊
朝食:〇 
昼食:〇 
夕食:〇
4日目
セスリエム 自動車 ナミブ砂漠 自動車 セスリエム
朝日に輝く砂丘群を見ながら、最奥部の砂丘へ向かいます。ソーサスフライ、デッドフライを見学。その後、デューン45に登る予定です。キャンプ場へ戻り昼食。午後は、夕、セスリエム峡谷見学。★オプショナルで砂丘上の遊覧飛行も可能です。
宿泊 キャンプ/セスリエム泊
朝食:〇 
昼食:〇 
夕食:〇
5日目
セスリエム 自動車 (約4時間)サンドイッチ・ハーバー 自動車 (約2時間)スワコプムント
朝食後、スワコプムント方面へ向かいます。途中、キュイセプ峡谷を通ります。4 輪駆動車に乗り換え、大西洋と巨大な砂丘なコントラストが美しいサンドイッチ・ハーバーへ。その後、スワコプムントへ。砂漠の植物‘ウェルウィッチャ’も観察します。シーフードがおすすめです。
宿泊 ホテル/スワコプムント泊
朝食:〇 
昼食:〇 
夕食:〇
6日目
スワコプムント 自動車 (約1時間)ケープクロス 自動車 (約3時間)トゥウェイフルフォンテーン
朝食後、難破船の見学、その後、オットセイのコロニー、ケープクロスへ。途中、ヒンバの村を訪問し、午後はトゥウェイフルフォンテーンで岩絵を見学します。夜はBBQでもいかが?
宿泊 キャンプ/トゥウェイフルフォンテーン泊
朝食:〇 
昼食:〇 
夕食:〇
7日目
トゥウェイフルフォンテーン 自動車 (約5時間)エトーシャ国立公園
朝食後、エトーシャ国立公園へ向かいます。昼食後、サファリをお楽しみください。夜はキャンプ場敷地内の水場でご自由に動物ウォッチも可能です。
宿泊 キャンプ/エトーシャ国立公園泊
朝食:〇 
昼食:〇 
夕食:〇
8日目
エトーシャ国立公園 自動車 (約6時間)ウィントフック
朝食後、午前のサファリをお楽しみください。その後、ウィントフックへ戻ります。
宿泊 ホテル/ウィントフック泊
朝食:〇 
昼食:〇 
夕食:〇
9日目
ウィントフック 飛行機 ET直行便(約6時間)アディスアベバ(乗継) 飛行機 ET経由便(約15.5時間)
朝食後はフリータイム。ショッピングなどお楽しみください。午後、アディスアベバへ。着後、飛行機を乗り換え。日本へ。
宿泊 機中泊
朝食:〇 
昼食:× 
夕食:機
10日目
飛行機 東京
夕、日本着。
朝食:機 
昼食:機 
夕食:×

旅行代金・催行情報

早割り対象コースについて
早割り対象 と表示されているコースは、出発日の前日から起算して90日以上前のお申し込みで、ご旅行代金から10,000円引き!
催行 出発地 出発日 帰着日 料金 募集状況
東京
出発日8/9(金)出発
帰着日8/18(日)帰着
748,000円
参加者募集中
東京
出発日8/16(金)出発
帰着日8/25(日)帰着
708,000円
あと5名様で催行
東京
出発日9/14(土)出発
帰着日9/23(月)帰着
698,000円
参加者募集中
東京
出発日10/4(金)出発
帰着日10/13(日)帰着
648,000円
参加者募集中
東京
出発日12/27(金)出発
帰着日'25 1/5(日)帰着
748,000円
あと3名様で催行
東京
出発日'25 4/26(土)出発
帰着日'25 5/5(月)帰着
748,000円(予価)
参加者募集中
※上記旅行代金の他に、下記【燃油特別付加料】と【空港税】が必要です。
※他の出発地をご希望の方は、お問い合わせください。

その他の料金

燃油特別
付加料
46,140円
(2024年5月1日現在)
空港税 16,680円
(2024年5月1日現在)
ビジネス
クラス料金
お問い合わせください。
一人部屋
追加料金
50,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピータ
ー割引
リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

ご旅行条件

訪問国 ナミビア
最少
催行人数
6名様
添乗員 日本より同行します。
食事 朝食7回 / 昼食6回 / 夕食/7回(機内食を除く)
サファリ
回数
2回
世界遺産 ナミブ砂海
利用予定
航空会社
エチオピア航空(ET)
キャセイ・パシフィック航空(CX)
シンガポール航空(SQ)
南アフリカエアリンク(4Z)
南アフリカ航空(SA)など
利用予定
宿泊施設
スワコプムント:ア・ラ・メール
ウィントフック:アウアス
(ツイン、シャワー付)または同等クラス
その他の宿泊地はペンション、キャンプ泊
ビザ 日本国籍の方は不要です。ビザ申請の代行については、こちらをご覧ください
予防接種 不要です。

ご参加にあたっての注意事項

荷物について
車両の荷物スペースには限りがございます。また、キャンプツアーとなりますので、形状の変わるソフトバッグをお持ちいただきますようお願いいたします
寝袋について
寝袋は現地にて用意します。
テントについて
1つのテントを2名様でご利用いただきますが、一人部屋追加代金で一人1張りご用意します。
車両について
東部アフリカと車のタイプが違いますので、サファリのときに見にくいこともあります。
ツアー全般の注意点
ツアー全般の注意点については、『Q & A』のページにまとめていますので、ご確認ください。

レポート

お客様の口コミ

※この口コミは過去の『ナミブ砂漠訪問 ナミビア・キャンプ』のものです。当ツアーとは日程や内容が異なる場合があります。
Aさん 30代女性('19 12月出発)
  • ガイドさんも現地のスタッフも、とても良かったです。食事と飲み物もよく考えてくれたと思います。
  • ツアーでしたが、一人で過ごせる時間もあったので良かったです。
  • 星空が綺麗でした。
  • 現地スタッフの方々は、食事の時など別々で、聞きたいことがたくさんあったのですが、じっくり話すタイミングがなかったので、1日くらいスタッフの方を囲んで食事したかったです。
Kさん 30代女性('19 9月出発)
  • ナミブ砂漠(dune45)の砂の色がとてもきれいだった。
  • スワコプムントの町がとてもきれいで、歩いて海を見に行けるとこが良かった。
Iさん 60代男性('19 9月出発)
  • 添乗員さんが元気いっぱいだった。
  • 同行の方々や、ギブスンさん、ジョージさんなどなどとても気配りしていただいたこと。
  • テントもいいなと思いました。
  • 念願のサイを見られました。
Kさん 60代女性('18 12月出発)
  • 圧倒されるような大自然と車で移動してのキャンプは不便さもありましたが面白かったです。
  • 日本人、現地人スタッフの方々も良かったです。
  • なんでもない風景(360度視界が開ける原野、ずっと続く一本道、色々な植生や野生動物)が印象深かったです。
  • 少し滞在先での時間がタイトでした。夜着いて寝て朝食食べてすぐ出発というパターンが多かったので、街歩きやショップを見る時間がもっとあったらと思いました。
Iさん 40代ご夫婦('18 12月出発)
  • 添乗員さんがアフリカに詳しくなれていらっしゃったのでとても頼りになりました。
  • キャンプサイトも整っていて不便はありませんでしたが、次の日も予定があったためゆっくりのんびりキャンプの雰囲気を楽しむ余裕まではあまりありませんでした。それで自然と沢山ふれ合えて満足です。
  • 岩絵に行った際、不思議な気分(いい意味で)になり何かを感じました。
  • エトーシャサファリは、雨季の割にはラッキーな出会いがあったほうだと思いますが、個人的にサイが見たかったので別の機会にリベンジします!
Oさん 40代女性('18 4月出発)
  • ナミビアの主な観光地を訪れることができ、満足です。
  • スワコップムンドの魚介類の料理がおいしかった。
  • 景色が素晴らしく、植生の移り変わりを見るのが楽しかった。
  • もう少し街歩きの時間があればよかったです。
Hさん 50代女性('15 12月出発)
  • ゾウとサイが見られなかったのが少し残念。
  • バスが定員いっぱいで少しせまかったが、参加者が良かったので耐えられた。
  • 自然も素晴らしかったが、参加者との会話が楽しかった。
  • テント泊が、自然を感じられて良かった。
  • 添乗員さんが、いつも心配りして柔軟により良い方向へ旅を進めてくれた。ガイドさんも頼りになり良かった。
Yさん 40代女性('15 12月出発)
  • すべてに満足しています。
  • キャンプ場での食事前後にテーブルで、みんなとコミュニケーションがとりやすいよう、常に添乗員さんがいてくれたので集まりやすかった。他にも、キャンプや自然をのんびり体感できるよう細やかな配慮があり感心致しました。
Iさん 40代男性('15 12月出発)
  • ダンカンズ・キャンプの滞在期間が短かった。もっとゆっくり楽しみたかった。
  • 料理も美味しく(パスタのゆですぎ、パンにカビ発生のトラブルはあったが)、テントもゆったり二人で使えたので良かった。
  • 砂丘を駆け上ったり、駆け降りたり、セスナも快適だった。
  • エトーシャは期待していなかったが、ライオンを見られてラッキーでした。
  • キャンプ中や最後のレストランでゲームミートを味わうことができた。
  • ヒンバの子どもが可愛かった。
  • 年越しソバも良かったです。
Oさん 50代女性('14 12月出発)
  • アフリカははまります。アフリカ・キャンプは初めてでしたが、大地と一体感が良かったです。食事も毎日飽きることなく、とても美味しかった。
  • 今回、大自然にふれたことの感動も大きかったですが、現地ガイド・サポーターのホスピタリティあふれる姿・行動に感激しました。本当にNICE GUYSでした!! 旅の思い出が10倍くらいになります。添乗員の方がいらっしゃらなくても何の心配もなかったです。
  • 今回、娘と参加しましたが、親子割引なんてあれば、ちょっと嬉しいです。

ツアー申込・お問い合わせ

株式会社 道祖神
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-23-1 第3TOCビル6階
営業時間 月~金 9:30~18:30(定休日:土・日・祝日・年末年始)
固定電話からお問い合わせ
携帯電話からお問い合わせ
携帯電話 03-6431-8322
メールでお問い合わせ
メール お問せフォーム
資料マーク
初心者マーク
質問マーク
電車マーク
スタッフマーク
会社マーク
メールマガジン登録
アフリカ情報満載のメールマガジン「AFRICA NEWS」をお届け! ※現在不定期での配信となっております。
※メールマガジンにご登録いただく際は、必ず「個人情報の取り扱いについて」をお読みいただき、同意のうえ「登録」ボタンを押してください。
\ SNSやってます /
アフリカ情報をいち早くゲットしよう!
道祖神公式Facebookページ
道祖神公式Instagramアカウント
道祖神公式X(旧Twitter)アカウント