フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

山形豪さんと行く コンゴ オザラ・コクワ国立公園 10日間

2回のゴリラ・トレッキングでニシローランド・ゴリラに出会います。

2回のゴリラ・トレッキングでニシローランド・ゴリラに出会います。

ランゴ・キャンプではバイ(湿地帯)に集まる動物たちをじっくり観察&撮影。

ランゴ・キャンプではバイ(湿地帯)に集まる動物たちをじっくり観察&撮影。

熱帯林に生息するフォレスト・バッファローの群れ。

熱帯林に生息するフォレスト・バッファローの群れ。

こちらも熱帯林に生息するマルミミゾウ(フォレスト・エレファント)。

こちらも熱帯林に生息するマルミミゾウ(フォレスト・エレファント)。

湿地帯を歩きながら動物を探すアクティビティもあります。

湿地帯を歩きながら動物を探すアクティビティもあります。

深い森の中とは思えない、ホスピタリティ溢れるロッジに宿泊します。

深い森の中とは思えない、ホスピタリティ溢れるロッジに宿泊します。

ボート・サファリもあります。

ボート・サファリもあります。

時にチャーミングな行動をとるゴリラは絶好の被写体です。

時にチャーミングな行動をとるゴリラは絶好の被写体です。

ツアー概要

貴重な自然が残る熱帯の森で楽しむフォト・サファリ!

山形豪さんと行くツアーの新企画。今回はアフリカ大陸の中央部、コンゴ共和国のオザラ・コクワ国立公園を訪ね、ニシローランド・ゴリラをはじめ、マルミミゾウ、シタトゥンガ、フォレスト・バッファローなどの森林性の野生動物、希少な鳥などを探して撮影します。特にハイライトであるゴリラには2回会うチャンスがあります。コンゴ最大の国立公園であるオザラ・コクワは熱帯雨林、サバンナ、湿地、河川など変化に富んだ自然があり、車以外にトレッキング、ボートなど異なる手段を用いたサファリが特徴です。6名様限定のツアーです。

地図

ツアーの見どころ、ポイント

山形 豪(やまがた ごう)さんプロフィール

1974年、群馬県生まれ。少年時代を中米のグアテマラや西アフリカのブルキナファソ、トーゴといった国々で過ごす。高校卒業後、タンザニアで2年半を過ごし、自然写真を撮り始める。英イーストアングリア大学開発学部卒業後、帰国しフリーの写真家に。南部アフリカを頻繁に訪れ、大自然の姿を写真に収め続けながら、写真サファリのガイドとしても活動中。著書に「南アフリカ自然紀行・野生動物とサファリの魅力」(地球の歩き方 GEM STONE)、写真集「From The Land of Good Hope」(風景写真出版)、「ライオンはとてつもなく不味い」(集英社新書 ヴィジュアル版)がある。日本写真家協会(JPS)会員。
公式HP www.goyamagata.com

オザラ・コクア国立公園

面積13,000㎢の広さを有するコンゴ共和国最大の動物保護区。この公園を代表する野生動物と言えば、マルミミゾウ、ニシローランド・ゴリラ、チンパンジー、ボンゴ等ですが、数多く見られる野鳥も含め、「サファリ」を目的として訪問する他のアフリカの国々では見られない種ばかり。通常の「サファリ」とは異なる環境下で、異なる種類の野生動物を観察することができます。2012年の調査データでは、ニシローランド・ゴリラが22,000頭、チンパンジーが2,700頭程度、マルミミゾウが9,600頭程度と報告されています。

公園内のロッジ

手付かずの密林のど真ん中での滞在となりますが、公園内にあるロッジは快適そのもの。立地や周囲の環境を考えると非常に設備は整っています。何より国立公園を管理している団体とロッジ経営者との間で綿密に練られたプランの元設置されていますので、ロケーションは素晴らしい反面、自然へのインパクトは最小限に抑えるよう考慮されています。車、徒歩、ボートと多彩なサファリの手段も魅力です。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京ET経由便(約16時間)

夜、日本発。アディスアベバへ。

[ 機中泊 ]



2日目

アディスアベバ(乗継)ET直行便(約6.5時間)ブラザビル

朝、アディスアベバ着、乗換。午前、ブラザビル着。係員が空港でお出迎えし、ホテルへ。午後は市内観光をお楽しみください。

[ ホテル/ブラザビル泊 ]



3日目

ブラザビルオザラ・コクワ国立公園(ンガガ・キャンプ)

午前、軽飛行機にてオザラ・コクワ国立公園へ。到着後は車でンガガ・キャンプへ向かいます。

[ ロッジ/オザラ・コクワ国立公園泊 ]



4日目

オザラ・コクワ国立公園滞在(ンガガ・キャンプ)

早朝、ガイド、トラッカーとともにニシローランド・ゴリラを探してトレッキング。

[ ロッジ/オザラ・コクワ国立公園泊 ]



5日目

オザラ・コクワ国立公園滞在(ンガガ・キャンプランゴ・キャンプ)

2度目のゴリラトレッキングへ。終了後はロッジを移動します。

[ ロッジ/オザラ・コクワ国立公園泊 ]



6日目

オザラ・コクワ国立公園滞在(ランゴ・キャンプムボコ・キャンプ)

午前中、バイ(湿地帯)をウォーキング。膝まで水に浸かって歩きながら動物や鳥などを探します。午後はロッジを移動します。

[ ロッジ/オザラ・コクワ国立公園泊 ]



7日目

オザラ・コクワ国立公園滞在(ムボコ・キャンプ)

午前、森の中をウォーキング。おもにサルや鳥などを探します。午後はボート・サファリへ。マルミミゾウとの出会いが期待できます。

[ ロッジ/オザラ・コクワ国立公園泊 ]



8日目

オザラ・コクワ国立公園ブラザビル

早朝、ロッジを出発。軽飛行機にてブラザビルへ戻ります。到着後はホテルへお送りします。

[ ホテル/ブラザビル泊 ]



9日目

ブラザビルET経由便(約6.5時間)アディスアベバ(乗継)ET経由便(約15時間)

朝食後、空港へ。昼、ブラザビル発。アディスアベバ着。乗り換え。深夜、日本へ。

[ 機中泊 ]



10日目

東京

夜、東京着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京 2020年8月17日 月曜日 1,480,000円
(予価)

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 21,040円(2019年7月1日現在)
空港税 7,620円(2019年7月1日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 250,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

このツアーの催行状況については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 6名様(最大6名様)
添乗員 同行しません。
日本から山形さんが同行します。
食事 朝食7回/昼食6回/夕食7回(機内食除く)
サファリ 6回
世界遺産 訪問しません。
利用予定航空会社 エチオピア航空(ET)
ターキッシュエアラインズ(TK)
利用予定宿泊施設 ブラザビル:ラディソン・ブルー
オザラ : ンガガ・キャンプ、ランゴ・キャンプ、ムボコ・キャンプ
(ツイン、シャワー付き)
または同等クラス。
ビザ(査証) コンゴ共和国の観光ビザが必要です。
予防接種 黄熱病の予防接種が必要です。
荷物 オザラからブラザビルへの移動で搭乗する軽飛行機では、お荷物はお1人25kgまで(機内持込荷物を含む)、ソフトタイプのバッグでご用意ください。

ご参加にあたってのご注意

  • ゴリラトレッキングには黄熱病の予防接種、ポリオ・麻疹の接種証明書、結核にかかっていないことの証明書を事前に提出する必要があります。詳細はお申し込み後にご案内いたします。
  • 国立公園内のアクティビティは歩きがメインとなります。湿地帯を歩くこともありますので、カメラや貴重品などの防水対策はしっかりと。服装や靴は、乾きやすいものがベストですが、濡れない対策よりも濡れても構わないものをご準備ください。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

お申し込み