フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

【2020年特別企画】ボツワナ周遊キャンプ 19日間

黄金色の草原に映える、若いオスライオン

黄金色の草原に映える、若いオスライオン

白い大地が視界の果てまで広がるマカディカディ・パン

白い大地が視界の果てまで広がるマカディカディ・パン

夜は素晴らしい星空が期待できる、クブ・アイランド

夜は素晴らしい星空が期待できる、クブ・アイランド

品数こそ少し少な目ですが、キャンプとは思えない食事も楽しみ

品数こそ少し少な目ですが、キャンプとは思えない食事も楽しみ

乾燥したセントラル・カラハリに多いオリックス

乾燥したセントラル・カラハリに多いオリックス

クワイではモコロでのサファリもお楽しみいただきます

クワイではモコロでのサファリもお楽しみいただきます

サブティからリバーフロントではヒョウとの遭遇も大いに期待できます

サブティからリバーフロントではヒョウとの遭遇も大いに期待できます

漆黒の体色と弓型の角が美しいセーブル・アンテロープ

漆黒の体色と弓型の角が美しいセーブル・アンテロープ

こんな可愛らしい子ライオンに出会えるかも?

こんな可愛らしい子ライオンに出会えるかも?

チョベ川のボートサファリで、川を渡るゾウに肉薄

チョベ川のボートサファリで、川を渡るゾウに肉薄

ツアー概要

ボツワナ北部の見どころのほとんどを繋いで、ぐるっと一周するロングキャンピングツアー

アフリカ南部内陸部特有の自然が、手付かずのまま豊かに残るボツワナ。チョベ国立公園の各エリアやオカバンゴでの充実の動物サファリと、世界最大級の塩湖マカディカディ・パンや、別の惑星のような景観が広がるクブ・アイランドの絶景を、双方可能な限り組み込んだ、おいしいところ取りのロングツアー企画です。小回りを良くするために募集人数はサファリカー1台6名様限定、より自然を近くに感じることができるキャンプ泊で、ボツワナの自然を堪能しましょう!
★満員御礼!お問い合わせください★

地図

ツアーの見どころ、ポイント

キャンプ

ボツワナでのキャンプには、公園内の何の設備もないキャンプ地を利用するパターンと、公園外のロッジ等に併設されたキャンプ場を利用するパターンとがあります。後者の場合は、共同水洗トイレや洗面所・シャワーが利用できますが、不便でもそれによって得られるものが多いのは前者の何の設備もないキャンプ地です。テントは勿論トイレや簡易シャワーの装備も全て車に積んで持ち運び、終わったあとは痕跡を残さず自然な状態に戻して立ち去ります。電気や水道など何もない場所で不便に感じることもありますが、音・匂い・空気間など、その分より自然に近く、より静かな滞在を楽しめます。

オカバンゴ・デルタからチョベ国立公園へ

ケニア・タンザニアの間を移動するヌーの群れほどの大移動ではありませんが、ボツワナでも気候の変化に合わせて移動していく動物たちがいます。カラハリ地域が極度に乾燥する7~8月は常に水のあるオカバンゴやチョベを目指して多くの動物たちが北上しますので、その通り道になるモレミからチョベ国立公園のサブティ地区、リバーフロント地区を南から順に辿る日程は動物の動きにも合っており、縄張りを持つ肉食獣にとっても捕食対象が増え、活性が上がるため、多くの野生動物との出会いと充実のサファリが期待できます。

クブ・アイランドとントウェトウェ・パン

『ボツワナ=サファリ目的で訪問する国』というイメージが定着していることもあり、またサファリのツアーに加えてしまうと日程が長くなってしまうという理由もあり、ツアーでの訪問先から外されがちで、日本からの旅行者がほとんど訪れない場所となっているントウェトウェ・パンとクブ・アイランドですが、白く塩の浮き上がった平らな大地が視界の果てまで広がる風景やそのど真ん中でのキャンプ、平原に島のように浮き上がった岩場に多くのバオバブが茂っている様は、非常に見応えがあります。特に夜は宝石箱をぶちまけたかのような素晴らしい満天の星空をお楽しみいただけます。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京・大阪CX or SA or NH or HX直行便(約5時間)香港(乗継)CX or SA直行便(約13時間)

夕、日本発。香港で飛行機を乗り換えてヨハネスブルグへ。

[ 機中泊 ]



2日目

ヨハネスブルグ(乗継)(約2時間)カサネ(約3.5時間)ナタ

早朝、ヨハネスブルグ着。乗り換え。午後、カサネ着。陸路、ナタへのキャンプ場へ。

[ キャンプ/ナタ泊 ]



3日目

ナタ(約4.5時間)ントウェトウェ・パン

世界最大級の塩湖、マカディカディ・パンの一部を形成するントウェトウェ・パンへ。視界の果てまで広がる白い塩の大地をお楽しみください。

[ キャンプ/ントウェトウェ・パン泊 ]



4日目

ントウェトウェ・パン(約4時間)クブ・アイランド

塩湖の畔に島のように浮き上がって位置するクブ・アイランドへ。夜は満天の星空を背景に佇む70本のバオバブの木をご覧いただけます。

[ キャンプ/クブ・アイランド泊 ]



5日目

クブ・アイランド(約5時間)ナイ・パン国立公園

画家のトマス・ベインズによって描かれたベインズ・バオバブや巨大な牙を持つゾウで知られるナイ・パン国立公園へ。午後、サファリをお楽しみください。見られる動物は、ゾウとスプリングボック、インパラなどのレイヨウ類が中心です。

[ キャンプ/ナイ・パン国立公園泊 ]



6日目

ナイ・パン国立公園(約7時間)セントラル・カラハリ動物保護区

朝食後、セントラル・カラハリへ向かいます。到着後、谷間のように開けたデセプション・バレーでの夕方のサファリをお楽しみください。

[ キャンプ/セントラル・カラハリ動物保護区泊 ]



7日目

セントラル・カラハリ動物保護区滞在

動物の動きに合わせたフレキシブルなサファリをお楽しみください。ボツワナ国土の70%を占めるカラハリ砂漠ですが、北中部エリアは、意外に草木が多いので驚かれるかもしれません。乾燥地に適応したオリックスなどが多いですが、ライオン、チーター、ヒョウも生息しています。

[ キャンプ/セントラル・カラハリ動物保護区泊 ]



8日目

セントラル・カラハリ動物保護区(約7時間)マウン

朝食後、オカバンゴ・デルタの玄関口にあたるマウンへ。到着後は、後半に備えて買い出しなど。マウンではゲストハウスに宿泊となります。

[ ゲストハウス/マウン泊 ]



9日目

マウン(約3時間)オカバンゴ

朝食後、オカバンゴ・デルタの東側に位置するモレミ動物保護区のキャンプ場へ。休憩後、午後のサファリへ。

[ キャンプ/オカバンゴ泊 ]



10
11日目

オカバンゴ(クワイ)滞在

午前と午後のサファリをお楽しみください。ボツワナの中でも特に多彩な動植物、鳥を観察できる場所として知られています。キャンプ場に動物が遊びに来ることも。丸木舟モコロでの水上散策も予定しています。

[ キャンプ/オカバンゴ泊 ]



12日目

オカバンゴ(約5時間)チョベ国立公園(サブティ地区)

チョベ国立公園の南側に位置するサブティ地区へ。ライオンが多く生息する地域です。また、近くの岩場にサン人の壁画も残っています。

[ キャンプ/チョベ国立公園(サブティ地区)泊 ]



13日目

チョベ国立公園(サブティ地区)滞在

午前と午後のサファリをお楽しみください。サブティ・マーシュ(湿地)を中心としたエリアに、ゾウやその他の様々な野生動物が生息しています。

[ キャンプ/チョベ国立公園(サブティ地区)泊 ]



14日目

チョベ国立公園(サブティ地区)(約5時間)チョベ国立公園(リバーフロント地区)

ナミビア・ザンビア・ジンバブエとの国境に近いチョベ川に面したリバーフロント地区へ。午後はサファリをお楽しみください。

[ キャンプ/チョベ国立公園(リバーフロント地区)泊 ]



15日目

チョベ国立公園(リバーフロント地区)滞在

チョベ川沿いのサファリをお楽しみください。ゾウやバッファロー、レイヨウ類の他、ライオンやヒョウも比較的見やすい地域です。

[ キャンプ/チョベ国立公園(リバーフロント地区)泊 ]



16日目

チョベ国立公園(リバーフロント地区)(約0.5時間)カサネ

朝食後、カサネへ。チョベ川のボート・サファリをお楽しみください。陸上とは異なる視点で野生動物や鳥たちを観察します。午後はフリー。希望があればジンバブエのビクトリア・フォールズへの日帰りも可能です。

[ ゲストハウス/カサネ泊 ]



17日目

カサネ(約1.5時間)ヨハネスブルグ

朝食後、カサネ空港へ。ヨハネスブルグへ。着後、空港近くのホテルへ。

[ ホテル/ヨハネスブルグ泊 ]



18日目

ヨハネスブルグ(乗継)CX or SA直行便(約13時間)

午後、ヨハネスブルグ発。香港へ。

[ 機中泊 ]



19日目

香港(乗継)CX or SA or NH or HX直行便(約5時間)東京・大阪

午前、香港着。飛行機を乗り換えて日本へ。午後または夜、日本着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京・大阪 2020年8月20日 木曜日 898,000円
(予価)

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 50,380円(2018年12月20日現在)
空港税 18,470円~18,900円(2018年12月20日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 15,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

このツアーの催行状況については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 6名様(最大6名様)
添乗員 日本より同行します。
食事 朝食16回/昼食14回/夕食15回(機内食除く)
サファリ 16回
世界遺産 オカバンゴ・デルタ
利用予定航空会社 キャセイパシフィック航空(CX)
南アフリカ航空(SA)
全日空(NH)
日本航空(JL)
香港航空(HX)
利用予定宿泊施設 カサネ、マウン : ゲストハウス
ヨハネスブルグ : シティ・ロッジ・エアポート、ピアモント・メトコート
(ツイン、シャワー付)
または同等クラス。
その他の宿泊地は野営キャンプ。
ビザ(査証) 日本国籍の方は不要です。
予防接種 不要です。
荷物 車の荷物スペースが限られますので、スーツケースの利用はご遠慮ください。お荷物はソフトバッグでお願いします。

ご参加にあたってのご注意

  • テント、及びゲストハウスのお部屋は基本的にはお1人(シングルテント/ルーム)でご利用いただきます。1人部屋追加代金をお支払いいただいでシングル利用をしていただくのはヨハネスブルグのホテルのみとなります。
  • 2019年6月1現在、18歳未満のお子様が両親を伴い「南アフリカ・ボツワナ・ナミビア」に入出国される際は、英文の出生証明書の提示が義務付けられています。また、片親もしくは両親以外の第3者の方が同行される場合は、出生証明書に加えて、同行しない親御さんもしくは両親の同旅行に対する同意書(英文宣誓供述書等)の提示が義務づけられております。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

お申し込み