フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

ケニア フラミンゴとサバンナ 9日間

ボゴリア湖に集まるコフラミンゴの群れ。

ボゴリア湖に集まるコフラミンゴの群れ。

湖畔に集まる草食動物にも注目。

湖畔に集まる草食動物にも注目。

ナクル湖ではシロサイにも期待。

ナクル湖ではシロサイにも期待。

マサイ・マラではネコ科の肉食獣に期待。

マサイ・マラではネコ科の肉食獣に期待。

湖は鳥類の宝庫。ゴマバラワシの幼鳥。

湖は鳥類の宝庫。ゴマバラワシの幼鳥。

マサイ・マラ中央部を流れる、マラ川で水浴びをするゾウの家族。

マサイ・マラ中央部を流れる、マラ川で水浴びをするゾウの家族。

マサイ・マラ東側、タレック川沿いにはカバが暮らしています。

マサイ・マラ東側、タレック川沿いにはカバが暮らしています。

サバンナで最大のアンテロープ、エランド。体調は2m近くあります。

サバンナで最大のアンテロープ、エランド。体調は2m近くあります。

サバンナの大地と空の青。マサイ・マラ東側に広がる風景です。

サバンナの大地と空の青。マサイ・マラ東側に広がる風景です。

サバンナの1日が終わりに向かいます。

サバンナの1日が終わりに向かいます。

ツアー概要

大地溝帯の湖沼群を訪問!フラミンゴを追ってボゴリア湖まで足を延ばします。マサイ・マラではじっくり3連泊。

毎週土曜日に出発⇒日曜日に帰国の9日間。お勤めの方でも休みの取りやすい日程です。大地溝帯の谷底にある火山性の湖『ボゴリア湖』ではフラミンゴを観察。メインとなるサファリでは、さらに2ヵ所の公園を周りますので、色々な種類の動物や鳥類に出会える可能性の高いコースです。広大なサバンナ『マサイ・マラ』では3連泊し、世界一の動物相・個体数を誇ると言われる大平原での出会いにご期待ください。ナクル湖とマサイ・マラという、自然環境や景色の異なる公園の組み合わせで、バラエティに富んだサファリをお楽しみいただけるでしょう。

地図

ツアーの見どころ、ポイント

大地溝帯(グレートリフトバレー)の湖沼群

ケニア中西部、グレート・リフト・バレーとも呼ばれる大地溝帯の底には、南北に幾つかの湖や沼が地下で連なっています。これらの湖沼群は、湖ごとに異なる地形や植生が織りなす自然美と、多くの珍しい野生動物・鳥類の生息地となっていることから、世界自然遺産にも登録されています。ボゴリア湖ではフラミンゴをバックに熱湯の間欠泉が噴出している風景を狙い、ナクル湖では希少種のロスチャイルド・キリン、シロサイ、クロサイとの遭遇に期待できます。また、この地域では450種を超える鳥類が確認されています。

フラミンゴ

フラミンゴはその長い首と足を持つシルエットもさながら、濃淡ピンクのグラデーションの体色が美しい鳥です。このピンク色にはフラミンゴ特有の食性が関わっています。主となるエサであるソーダ湖に発生する藻類やプランクトンにはカロチノイドという成分が含まれており、それらを食べ続けることでピンク色を維持しています。縁の部分がクシ状になっているクチバシで、小さなエサをろ過するように食べる姿もユニークです。ケニア、タンザニアなどの東アフリカには2種類のフラミンゴ(オオフラミンゴ、コフラミンゴ)が生息しています。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京EY直行便(約10時間)

夕、東京発。アブダビへ。

[ 機中泊 ]



2日目

アブダビ(乗継)EY直行便(約6時間)ナイロビ(約3時間)ナクル・タウン

午前、アブダビで飛行機を乗り換え。午後、ナイロビ着。係員が空港でお出迎えし、大地溝帯の湖群ナクル湖へと北上します。ナクル・タウン市内のホテルへ。

[ ホテル/ナクル・タウン泊 ]



3日目

ナクル・タウン(約1.5時間)ボゴリア湖(約2時間)ナクル湖国立公園

朝食後、ボゴリア湖へ。昼食はお弁当です。ボゴリア湖では湖岸沿いをサファリ。フラミンゴに期待です。その後、ナクル湖国立公園へ戻り、再びサファリをしながらロッジへ。

[ ロッジ/ナクル湖国立公園泊 ]



4日目

ナクル湖国立公園(約6.5時間)マサイ・マラ国立保護区

午前のサファリをお楽しみください。その後、マサイ・マラ国立保護区へ。昼食はお弁当です。

[ ロッジ/マサイ・マラ国立保護区泊 ]



5
6日目

マサイ・マラ国立保護区滞在

早朝と午後の2回、サファリをお楽しみください。ケニアで一番動物相が豊富といわれる保護区です。シマウマやキリンの草食動物をはじめ、ライオンやチーターなどの肉食動物も期待できます。連泊ですのでゆったり滞在&サファリを満喫できます。

[ ロッジ/マサイ・マラ国立保護区泊 ]



7日目

マサイ・マラ国立保護区(約6時間)ナイロビ

朝食後、マサイ・マラ国立保護区を出発して最後のサファリをお楽しみください。その後、大地溝帯(グレートリフトバレー)を経由してナイロビへ戻ります。昼食はお弁当です。時間次第でナイロビ市内でショッピングなど。

[ ホテル/ナイロビ泊 ]



8日目

ナイロビEY直行便(約5時間)アブダビ(乗継)EY直行便(約10時間)

午後、ナイロビ発。空路アブダビへ。夜、飛行機を乗り換えて東京へ。

[ 空港内待機 ]



9日目

東京

昼、東京着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京 2019年4月6日 ~ 2019年4月20日 の土曜日 418,000円
東京 2019年4月27日 土曜日 538,000円
東京 2019年5月4日 ~ 2019年6月8日 の土曜日 428,000円
東京 2019年6月15日 ~ 2019年6月22日 の土曜日 438,000円
東京 2019年6月29日 ~ 2019年7月13日 の土曜日 458,000円
東京 2019年7月20日 ~ 2019年7月27日 の土曜日 468,000円
東京 2019年8月3日 ~ 2019年8月17日 の土曜日 558,000円
東京 2019年8月24日 ~ 2019年9月7日 の土曜日 478,000円
東京 2019年9月14日 ~ 2019年9月21日 の土曜日 498,000円
東京 2019年9月28日 ~ 2019年10月5日 の土曜日 468,000円

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 28,000円(2018年12月20日現在)
空港税 11,740円~12,170円(2018年12月20日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 お問い合わせください。
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

2019年5月18日発

428,000円

  • 2名様募集中

2019年6月22日発

438,000円

  • 2名様募集中

2019年7月13日発

458,000円

  • 2名様募集中

2019年8月10日発

558,000円

  • 2名様募集中

2019年8月17日発

558,000円

  • 2名様募集中

2019年9月14日発

498,000円

  • 2名様募集中

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 2人
添乗員 同行しません。
6~9名様の場合は現地日本語ガイドが同行します。
10名様以上ご参加の場合、日本より添乗員が同行します。
食事 朝食6回/昼食5回/夕食6回(機内食除く)
サファリ 8回
世界遺産 大地溝帯(グレートリフトバレー)のケニアの湖群(ナクル湖)
利用予定航空会社 エティハド航空(EY)
エチオピア航空(ET)
カタール航空(QR)
利用予定宿泊施設 ナクル・タウン:ウッドランド・ホテル
ナクル湖:サロバ・ライオンヒル・ロッジ
マサイ・マラ:イルケリアニ
ナイロビ:パナリ・ホテル
(ツイン、シャワー付)
または同等クラス
ビザ(査証) ケニアの観光ビザが必要です。
予防接種 黄熱病の予防接種をお奨めします。
荷物 サファリカーの荷物スペースには限りがございます。スーツケースは中型以下でお願いいたします。

ご参加にあたってのご注意

ご不明な点はお電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

お申し込み