フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて40年、専門店 道祖神で行くアフリカ

道祖神40周年記念ツアー タンザニア&ザンビア『TAZARA鉄道』ポレポレ旅 11日間

TAZARA鉄道。果たして無事に目的地に着けるでしょうか!?

TAZARA鉄道。果たして無事に目的地に着けるでしょうか!?

緑潤う大地をのんびり走る

緑潤う大地をのんびり走る

停車中は、あっという間に近所の子たちの遊び場になります

停車中は、あっという間に近所の子たちの遊び場になります

鉄道の機関士達と旅のひと時

鉄道の機関士達と旅のひと時

年季の入った機関室

年季の入った機関室

終着駅カピリムポシ

終着駅カピリムポシ

ダルエスサラームのカンガ市場

ダルエスサラームのカンガ市場

ローカルバスの旅は、のんびり

ローカルバスの旅は、のんびり

上流ザンベジ川に沈む夕陽

上流ザンベジ川に沈む夕陽

ゴール!ビクトリアの滝です

ゴール!ビクトリアの滝です

ツアー概要

予定時刻は未定? タンザニア発、ザンビア行き! 夜行列車でポレポレ旅

『トラベル』の語源は『トラブル』であるという説があります。元来、アフリカの旅には困難と疲労がつきものです。40周年特別企画の第3弾として、そんなアフリカの旅の原点に帰るツアーを企画致しました。トラブル必至の旅の始まりは、「ポレポレ鉄道」として名高い「TAZARA鉄道(タンザン鉄道)」です。ザンビアへの夜行列車の旅は、果たして予定通り到着するのか!?最終目的地 のビクトリアの滝へは辿り着くことが出来るのか!?

地図

ツアーの見どころ、ポイント

TAZARA鉄道

通称「タンザン鉄道」とも呼ばれるタンザニアとザンビアを繋ぐ約2,000kmの鉄道です。約40年間の歴史を持つ鉄道は、タンザニア南部の野生保護区を抜け、緑豊かな大地を隣国ザンビアに向けのんびりと走ります。途中の停車駅では近辺の人々が美味しそうな食べ物を売りに集まってきます。定刻通りいけば、2泊3日の夜行列車ですが、予定通りに到着するのか、4泊、4泊とかかってしまうのか、まさか途中下車しなければいけないのか、乗ってみなければ分かりません。本来のアフリカの旅を楽しみましょう。

ローカルな旅にこだわる

列車の旅の後は、リビングストンまでは長距離バスを乗り継いでのローカルな旅です。いつ出発するのか、バス停で長い時間、出発を待つことになるかもしれません。道中の屋台や路上の売り子からものを買って食事を済ますこともあるでしょう。「快適」さは約束できませんが、日程表をなぞるだけではない行程は、本来の「旅」の楽しさに満ちています。特に「体力」は必要ありませんが「気力」が必要な場面はあるかもしれません。自分の荷物は自分で背負って運ぶ、想定外の事態も割り切って楽しめる方をお待ちしております。

ビクトリアフォールズ

アフリカでもっとも有名な観光地、世界三大瀑布の一つに数えられる滝です。ザンビアとジンバブエの国境に位置し、最大幅はおよそ1700m、最も深い滝壷は落差108m、下の滝壷に絶え間なくザンベジ川の水が流れ落ちる様は迫力満点です。地元では、昔から‘モシ・オア・トゥンヤ’「雷鳴のような水煙」と呼ばれ、滝の存在は早くから知られていました。 1855年、イギリス人探検家デビッド・リビングストンによってヨーロッパに紹介され、当時のイギリス女王の名をとりビクトリアの滝と命名されました。1904年には、滝を結ぶように陸橋が架かり鉄道、道路で両国はつながりました。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 列車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京ET経由便(約16時間)

夜、東京発。アディスアベバへ。

[ 機中泊 ]



2日目

アディスアベバ(乗継)ET直行便(約3時間)ダルエスサラーム

午前、アディスアベバで飛行機を乗り換え。午後、ダルエスサラーム着。係員が空港でお出迎えし、市内のホテルへ。

[ ホテル/ダルエスサラーム泊 ]



3日目

ダルエスサラームTAZARA鉄道

朝食後、ダルエスサラームの鉄道駅へ。TAZARA鉄道に乗って隣国ザンビアを目指します。食事は車内の食堂車にて。

[ 寝台車/TAZARA鉄道泊 ]



4日目

TAZARA鉄道

終日、鉄道の旅です。移り変わる車窓の風景、社内の喧騒をお楽しみください。道中、国境を越えてザンビアへ。食事は車内の食堂車にて。

[ 寝台車/TAZARA鉄道泊 ]



5日目

TAZARA鉄道カピリムポシ

午後、ザンビア側のカピリムポシ駅に到着予定。市内のホテルへ。

[ ゲストハウス/カピリムポシ泊 ]



6日目

カピリムポシ(約5時間)ルサカ

朝食後、カピリムポシから長距離バス、又はザンビア鉄道に乗ってルサカへ。午後、到着予定。

[ ゲストハウス/カピリムポシ泊 ]



7日目

ルサカ(約7時間)リビングストン

朝食後、長距離バス又はザンビア鉄道に乗ってリビングストンへ。夕方、到着予定。

[ ゲストハウス/リビングストン泊 ]



8日目

リビングストン滞在

朝食後、旅のゴールであるビクトリアの滝へ。その後、フリータイムです。

[ ゲストハウス/リビングストン泊 ]



9日目

リビングストン滞在(予備日)

終日フリータイム。オプショナルツアーをお楽しみください。オプショナルツアー一例 : ヘリコプター遊覧飛行、ザンベジ川のサンセットクルーズ、アフリカ式バーベキューなど。

[ ゲストハウス/リビングストン泊 ]



10日目

リビングストンビクトリアフォールスET経由便(約7.5時間)アディスアベバ(乗継)ET経由便(約16時間)

朝食後、橋を渡ってジンバブエへ。午後、ビクトリアフォールズ空港発、空路アディスアベバへ。乗り換えて日本へ。

[ 機中泊 ]



11日目

東京

夜、東京着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京 2019年3月17日 日曜日 328,000円
(予定)

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 18,000円(2018年1月15日現在)
空港税 12,000円(2018年1月15日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 30,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

2019年3月17日発

328,000円

  • 満員御礼
  • 催行決定
  • 添乗員付

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 6人
添乗員 日本より同行します。
食事 朝食6回/昼食0回/夕食1回(機内食除く)
サファリ なし
世界遺産 モシ・オ・トゥニャ/ビクトリアの滝
利用予定航空会社 エチオピア航空(ET)
カタール航空(QR)
エミレーツ航空(EK)
利用予定宿泊施設 ダルエスサラーム:ザック・イン
(ツイン、シャワー付)
または同等クラス。
その他の宿泊地は寝台車、ゲストハウス。
ビザ(査証) タンザニア、ザンビア、ジンバブエの観光ビザが必要です。
予防接種 黄熱病の予防接種が必要です。
荷物 荷物は自分で背負って運ぶことの出来るサイズ、重量でお願いいたします。列車やバスでは、荷物はどんな状況で積み込まれるか分かりませんので、形状の変わる布製のかばんやザックなど、無駄なスペースを取らないお荷物でご参加ください。

ご参加にあたってのご注意

  • 観光予定地は、現地の都合、行程上の都合により訪問できない場合もございます。また、道路や車のコンディション、そのほか予測不可能な事態により、ルート訪問地、宿泊地の変更、訪問順序、訪問場所が入れ替わるなど、日程の変更を余儀なくされる場合がございます。その場合、変更補償金の対象外とさせていただきますが、当初のサービスがご提供できるように最善を尽くします。
  • TAZARA 鉄道、乗り合いバス共に、当初の予定通りに運行する保証はございません。突然の運行停止、ルート変更などにより、日程そのものが変更になる可能性がございます。協調性のある方、ツアーの特殊性をご理解いただける方に限ります。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

お申し込み