アフリカの旅を創り続けて38年、専門店 道祖神で行くアフリカ

自然写真家 海野和男さんと行く 固有種の宝庫マダガスカル 11日間

カメレオンは野生はもちろん、カメレオンファームでもたくさんの種類を観察

カメレオンは野生はもちろん、カメレオンファームでもたくさんの種類を観察

世界で一番首の長いキリンクビナガオトシブミ

世界で一番首の長いキリンクビナガオトシブミ

最大の原猿・インドリ。ペリネ自然保護区に生息しています

最大の原猿・インドリ。ペリネ自然保護区に生息しています

『星の王子さま』に登場する巨木・バオバブはマダガスカルを代表する木です

『星の王子さま』に登場する巨木・バオバブはマダガスカルを代表する木です

旅の途中で子供たちと交流するのも旅の楽しみです

旅の途中で子供たちと交流するのも旅の楽しみです

ツアー概要

独自の進化を遂げたマダガスカル固有の生物たちを求めて森を探索

世界で4番目に大きい島・マダガスカルには気候や植生などが異なる多様な 自然があり、それぞれに生息する動物・鳥・昆虫・植物の多くがマダガスカル、 さらにその中でもそのエリアでしか見られない固有種であることが少なく ありません。ツアーではペリネ特別保護区、ラヌマファナ国立公園の2ヵ所に 滞在し、森の中を歩いて固有種たちを探します。長年、各地の熱帯雨林に通い続ける自然写真家の海野和男さんのお話しを聞きながらマダガスカルの自然を 堪能してください。

地図

ツアーの見どころ、ポイント

ペリネ特別保護区とラヌマファナ国立公園

ツアーではマダガスカルの中でも原猿、爬虫類、昆虫、植物などの種類が特に多く生息する場所を選び訪問します。ペリネ特別保護区は、世界最大の原猿類であるインドリが有名です。他にもブラウンレムールを含む約14種のキツネザル、カメレオンなど約50種の爬虫類、世界最小のカエルツリーフロッグなど両生類、もちろん昆虫も期待できます。またラヌマファナ国立公園は、2007年に周囲の5つの国立公園と合わせて「アツィナナナの雨林」として世界遺産に登録された熱帯雨林です。新種のキツネザルをはじめアイアイなどのキツネザルのほか、約90種の蝶、300種を超える蜘蛛など昆虫の種類も豊富です。いずれの森でもナイト・ウォークが可能で、夜行性の生物にも出会えます。

海野 和男さんプロフィール

1947年、東京生まれ。東京農工大学農学部卒業。フリーの昆虫の写真家。日本国内はもとより、世界各地の熱帯雨林に通い、写真を撮り続ける。1990年よりアトリエのある長野県小諸市にじっくり腰を据えて、身近な自然を記録している。ホームページ「小諸日記」は、1999年より写真にコメントを付け、16年間毎日更新している。1994年日本写真協会賞受賞。写真集、著作は100冊以上にのぼる。最新作は『自然のだまし絵 昆虫の擬態』( 誠文堂新光社)、『世界のカマキリ観察図鑑』( 草思社)。現在、日本自然科学写真協会会長。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京

夜、空港集合。

[ 空港内待機 ]



2日目

東京EK直行便(約11時間)ドバイ(乗継)EK直行便(約6.5時間)モーリシャス(乗継)MK直行便(約2時間)アンタナナリボ

早朝、日本発。ドバイへ。午前、ドバイで飛行機を乗り換えモーリシャスへ。夜、モーリシャスにて乗り換え、アンタナナリボへ。夜、アンタナナリボ着。係員が空港でお迎えし、空港近くのホテルへ。

[ ホテル/アンタナナリボ泊 ]



3日目

アンタナナリボペリネ特別保護区

朝食後、ペリネへ。途中、カメレオン・ファームを訪問し、マガダスカル固有のカメレオン、両生類、シファカなどを見学。ペリネ到着後は、ナイト・ウォークをお楽しみください。

[ ロッジ/ペリネ特別保護区泊 ]



4日目

ペリネ特別保護区滞在

終日、熱帯雨林で固有種を探索。最大のキツネザル・インドリで有名ですが、カメレオンなどの爬虫類、カエルなどの種類も豊富です。

[ ロッジ/ペリネ特別保護区泊 ]



5日目

ペリネ特別保護区(約7時間)アンチラベ

アンチラベまでほぼ終日のドライブです。途中、マダガスカルの人々の伝統的な暮らしぶり、ユニークなお墓などの見どころに立ち寄ります。

[ ホテル/アンチラベ泊 ]



6日目

アンチラベラヌマファナ国立公園

ラヌマファナまでのドライブ。途中、ナモロナの滝、森、米の産地ならではの棚田などでフォト・ストップ。ラヌマファナ到着後は、ナイトウォークをお楽しみください。

[ ホテル/ラヌマファナ泊 ]



7
8日目

ラヌマファナ国立公園滞在

終日、熱帯雨林で固有種を探索。ラヌマファナはゴールデン・レミュール、グレーター・バンブー・レミュールなど約12種のキツネザル、60種を超える爬虫類、そのほか、カエル、昆虫、鳥類など多様な生物が暮らす、マダガスカルでも非常に貴重な森です。

[ ホテル/ラヌマファナ泊 ]



9日目

ラヌマファナ国立公園アンタナナリボ

朝食後、アンタナナリボへ。ほぼ終日のドライブです。

[ ホテル/アンタナナリボ泊 ]



10日目

アンタナナリボMK直行便(約2時間)モーリシャス(乗継)EK直行便(約6.5時間)

出発まで市内観光、お買い物をお楽しみください。昼食後、空港へ。夕方、アンタナナリボ発。モーリシャスへ。夜、モーリシャスにて乗り換えて、ドバイへ。

[ 機中泊 ]



11日目

ドバイ(乗継)EK直行便(約10時間)東京

朝、ドバイにて乗り換えて、日本へ。夜、日本着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京 2017年5月5日 金曜日 555,000円

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 17,760円(2017年1月5日現在)
空港税 25,100円(2017年1月5日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 42,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

2017年5月5日発

555,000円

  • 締め切り
  • 催行決定

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 6人
添乗員 同行しません。
日本から海野和男さんが同行します。
食事 朝食8回/昼食8回/夕食7回(機内食除く)
サファリ なし
世界遺産 訪問しません。
利用予定航空会社 エミレーツ航空(EK)
モーリシャス航空 (MK)
利用予定宿泊施設 アンタナナリボ・空港 : ICホテル
ペリネ : ヴァコナ・フォレスト・ロッジ
アンチラベ : テルメ・ホテル
ラヌマファナ : セントレスト・ホテル
アンタナナリボ市街 : パリサンドラ
ビザ(査証) マダガスカルの観光ビザが必要です。
予防接種 不要です。
荷物 車の荷物スペースには限りがあります。スーツケースはなるべく中型以下でお願いします。

ご参加にあたってのご注意

  • 撮影に特化したツアーではありません。動物・鳥・昆虫・植物など広くマダガスカルの自然を観察するツアーです。あらかじめツアーの趣旨をご理解の上、ご参加いただきますようお願いします。
  • 昆虫などの採集につきましては、保護区や国立公園内では厳しく禁止されています。それ以外の場所では明確な規則がありませんが、持出しの際に制限される(没収や罰金など)ケースも考えられます。また日本到着の際には、特定の昆虫については持ち込みが禁止されています。昆虫等の現地からの持ち出し、日本への持込みをされる場合は、自己の責任にてお願い致します。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

お申し込み