フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

島を歩く!カーボ・ヴェルデ 10日間

サン・ヴィセンテ島の港町ミンデロ

サン・ヴィセンテ島の港町ミンデロ

サント・アンタン島では人々の生活路を歩きます

サント・アンタン島では人々の生活路を歩きます

サント・アンタン島の急峻な場所に立つ家々

サント・アンタン島の急峻な場所に立つ家々

トラピチェ式と呼ばれる牛を使った昔ながらのサトウキビを搾る製法

トラピチェ式と呼ばれる牛を使った昔ながらのサトウキビを搾る製法

コロニアルな建物が並ぶミンデロ島の町並み

コロニアルな建物が並ぶミンデロ島の町並み

市場で魚の量り売り

市場で魚の量り売り

カーボ・ヴェルデのラム酒(グロッグ)

カーボ・ヴェルデのラム酒(グロッグ)

プライアの青果市場。新鮮な果物などが並びます

プライアの青果市場。新鮮な果物などが並びます

島まるごと火山のフォゴ島

島まるごと火山のフォゴ島

ツアー概要

大西洋に浮かぶ小さな島々からなるカーボ・ヴェルデ。大陸とは一味違う風景と文化を楽しみます

15ある島のうち、特徴のある4つの島を巡り、各島の見どころを観光します。景色や雰囲気は島によって異なりそれぞれ違う国を訪ねているように感じられるのがカーボ・ヴェルデの面白いところです。街並みや現地の人たちを見ているとヨーロッパの田舎町に来たような感覚にもなります。かと思 うとローカルのマーケットで近隣のアフリカの人を見かけることも。すでにアフリカの国々を旅したことがある人にとってもカーボ・ヴェルデは新鮮に映るに違いありません。

地図

ツアーの見どころ、ポイント

ユニークな景観

火山島特有の切り立った山容に張り巡らされた人々の生活路は、極上のハイキングルート。ダイナミックな景観を見ながら、行き交う人達との素朴な交流が楽しい。道からふと彼らの生活空間に目をやると、昔ながらの製法で牛を使ってさとうきびを絞り、ラム酒を作る工程が見られることもあります。

おもてなしの人々

大航海時代、ポルトガル人により発見され、奴隷貿易の中継点として発展してきた過去を持つカーボ・ヴェルデ。その暗い過去からは想像できないほど、ここの人達は、心優しく穏やか。街角で感じるふとした優しさが、心地よい旅行のアクセントになります。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 登山/徒歩
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京・大阪 EK直行便(約11時間)

夜、日本発。ドバイへ。

[ 機中泊 ]



2日目

ドバイ(乗継)EK直行便(約8時間)リスボン(乗継)TP直行便(約4時間)プライア

早朝、ドバイで飛行機を乗り換え。昼、リスボン着。さらに乗り換えてプライアへ。係員が空港でお出迎えし、市内のホテルへ。

[ ホテル/プライア泊 ]



3日目

プライア(サンチャゴ島)(約1時間)サン・ペドロ(サン・ヴィンセンテ島)ミンデロ(約1時間)ポルト・ノーヴォ(サント・アンタン島)

朝食後、国内線でサン・ヴィンセンテ島へ。その後、車で港へ移動。フェリーでサント・アンタン島へ。着後、観光をしながら村へ向かいます。サトウキビ畑やラム酒工場などを見学予定。

[ 民泊/イグレシャ泊 ]



4日目

サント・アンタン島滞在

朝食後、トレッキングスタート地点へ移動。美しい教会のある村からスタートし、景色を楽しみながら登ります。トレッキング終了地点から車で宿へ向かいます。

[ ロッジ/リベイラ・グランデ泊 ]



5日目

ポルト・ノーヴォ(約1時間)ミンデロサン・ペドロ(サン・ヴィンセンテ島)(約1時間)プライア(サンチャゴ島)

午前のフェリーでサン・ヴィンセンテ島へ戻ります。国内線でプライアへ。

[ ホテル/プライア泊 ]



6日目

プライア(サンチャゴ島)(約0.5時間)サン・フェリペ(フォゴ島)フォゴ国立公園

午前の国内線でフォゴ島へ向かいます。到着後、車でクレーター跡などを見学しながら山を登ります。

[ ゲストハウス/シャ・ダス・カルデイラス泊 ]



7日目

フォゴ国立公園サン・フェリペ

朝食後、カノ山のトレッキング。クレーターやカルデラ全体の様子を見渡せます。その後、カルデラ内を散策。2014年の噴火跡の様子を目にされることと思います。午後、下山してサン・フェリペへ。

[ ホテル/サン・フェリペ泊 ]



8日目

サン・フェリペ(フォゴ島)(約0.5時間)プライア(サンチャゴ島)

朝食後、国内線でプライアへ戻ります。着後は、世界遺産のリベイラ・グランデの歴史地区の観光をお楽しみください。夕食後、国際線空港へ向かいます。

[ 空港内待機 ]



9日目

プライア(サンチャゴ島)TP(約4時間)リスポン(乗継)EK直行便(約8時間)

深夜、空路リスボンへ。朝、リスボン着。飛行機を乗り換えてドバイへ。

[ 機中泊 ]



10日目

ドバイ(乗継)EK直行便(約10時間)東京・大阪

深夜、ドバイ発。夕、日本着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京・大阪 2019年4月26日 金曜日 658,000円
東京・大阪 2019年6月7日 金曜日 558,000円
東京・大阪 2019年8月9日 金曜日 668,000円
東京・大阪 2019年9月13日 金曜日 638,000円

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 51,780円(2018年12月20日現在)
空港税 17,970円~18,400円(2018年12月20日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 45,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

2019年6月7日発

558,000円

  • 6名様募集中
  • 添乗員付

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 6人
添乗員 日本より同行します。
食事 朝食6回/昼食6回/夕食6回(機内食除く)
サファリ なし
世界遺産 リベイラ・グランデの歴史地区(シダーデ・ヴェーリャ)
利用予定航空会社 エミレーツ航空(EK)
TAPポルトガル航空(TP)
カーボ・ヴェルデ航空(VR)
利用予定宿泊施設 サンチャゴ島 :サンタ・マリア
フォゴ島:サバナ
(ツイン、シャワー付)
または同等クラス。
その他の宿泊地はロッジまたは民泊。
ビザ(査証) カーボ・ヴェルデの観光ビザが必要です。
予防接種 不要です。
荷物

ご参加にあたってのご注意

  • カーボ・ヴェルデ国内線はしばしばスケジュール変更があります。その場合、日程が変ることがありますのでご了承ください。また現地到着後の変更・フライトキャンセルもたまにあります。なるべく元の日程に近いものになるよう努力しますが、変更補償金の対象とはなりませんのでご理解ください。
  • 首都以外の宿泊施設では、十分な設備が整っていないことがあります。また一部、個室にお泊りいただけない場合もあります。
  • 足首が安定するトレッキングシューズをお持ちください。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

Tさん 60代女性 (2018年8月ご出発)

  • 添乗員さんの気配りが行き届いていて良かった。
  • 旅の記録を記入する手帳が小さ過ぎて書ききれない。
  • カノ山への山登りはハードすぎてちょっと素人向けではないと思いました。

Wさん 40代女性 (2018年8月ご出発)

  • 遠方の国ということで時間がかかるのは仕方ないが、コンパクトな日程で効率よく4島巡りができた。
  • 島がそれぞれ特徴を持っており、訪れるたびにわくわくした。ただどうしてもせわしくなってしまうので、もう少しじっくりと街を回りたかった。
  • ホテルや食事も比較的しっかりとしていた。
  • 過去のレポートでは「各島のガイドが良かった」とあったが、正直いまいちだった。説明が不十分だったり、質問してもわからない、特定の人のケアはするけど他は。。など満足ではなかった。
  • カノ山の登山で軍手が必要なこと、フォゴ島の宿は地熱の影響で暑いなど、事前情報がもう少ししっかり欲しかった。

Kさん 50代女性 (2018年8月ご出発)

  • 食事がお菓子も含め美味しかった。
  • 治安も良く、安心して旅行できました。
  • 島によって違いがあって楽しいです。人々のファッション(女性)も島によって流行が違って面白い。
  • フォゴ島のトレッキングを目当てに参加したのですが、事前の情報があまりなく、思ったよりハードな登山でした。パンフレットに登山レベルを記載してもらえると参加の判断がしやすいです。
  • 島の良いところをじっくり感じる前に次に移動なのでもったいない気がした。
  • 日程的に移動が多すぎて疲れが取れなかった。

すべて読む(全8件)

お申し込み