フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

ケニア・サファリ・ハイライト 10日間

ビッグ5の筆頭、アフリカの野生動物といえば、やはり百獣の王ライオン

ビッグ5の筆頭、アフリカの野生動物といえば、やはり百獣の王ライオン

ビッグ5の一つ、地上最大の哺乳動物、アフリカゾウ

ビッグ5の一つ、地上最大の哺乳動物、アフリカゾウ

ビッグ5の一つ、バッファロー。地味ですが重厚な、迫力ある生き物です

ビッグ5の一つ、バッファロー。地味ですが重厚な、迫力ある生き物です

ビッグ5の一つ、「森の忍者」ヒョウ

ビッグ5の一つ、「森の忍者」ヒョウ

ビッグ5の一つ、クロサイ。重戦車のような重量感と迫力

ビッグ5の一つ、クロサイ。重戦車のような重量感と迫力

7~9月には、マラ川を渡るヌーの群れが見られることもあります

7~9月には、マラ川を渡るヌーの群れが見られることもあります

マサイの人々の村を訪問も外せません(※現地オプショナルです)

マサイの人々の村を訪問も外せません(※現地オプショナルです)

アンボセリ公園から望むキリマンジャロ山

アンボセリ公園から望むキリマンジャロ山

マサイ・マラの大平原に沈む壮大なサンセット

マサイ・マラの大平原に沈む壮大なサンセット

ミニバス型サファリカーを利用。悪路に強く、動物へも至近距離まで近づくことが出来ます

ミニバス型サファリカーを利用。悪路に強く、動物へも至近距離まで近づくことが出来ます

ツアー概要

サファリの王道!ケニアの人気3大公園を巡る道祖神ベストセラー。アフリカの大地と野生動物を満喫する旅

サファリ王国ケニアの中でも、必ず一度は訪れたい!!三大公園を巡ります。キリマンジャロを望むアンボセリ国立公園、クロサイやヒョウなど特徴のある動物が生息するナクル湖国立公園、多くの野生動物の宝庫、マサイ・マラ国立保護区。それぞれに個性豊かな公園だからこそ、その宿泊数から、廻るルートまでこだわり抜いた長年のゴールデンルートです。サファリ初心者からリピーターまで充実の10日間です。

地図

ツアーの見どころ、ポイント

人気の三大公園

「アンボセリ国立公園」「ナクル湖国立公園」「マサイ・マラ国立保護区」がケニアの三大公園と言われます。アフリカ最高峰キリマンジャロ山をバックに動物を見ることができるアンボセリ国立公園。フラミンゴで有名で、かつサイやヒョウを見られる可能性が高いのがナクル湖国立公園。そして、ケニアの中でも一番多くの動物を見ることができるマサイ・マラ国立保護区。この3公園を周れば、ほぼ満足のいくサファリができるでしょう。

絶妙なバランスの日程

アンボセリ2泊⇒ナクル1泊⇒マサイ・マラ3泊。10日間以上ご旅行ができるのであれば、違う日程も考えられますが、10日間で3カ所周る場合はこの日程がベスト。このバランスは崩せません。また訪問順序もこれがベストなのが、このツアーが20年間同じ日程で続いてきた所以でしょう。実際に参加されてみてこの良さを実感していただければと思います。

テント型ロッジ

このツアーでは、マサイ・マラ国立保護区の3連泊を『テント型ロッジ』にこだわっています。より自然環境に近い場所に立地していることが多く、周囲の地形を生かした造りをしているロッジを厳選。自然環境に溶け込みながらもリゾート感も備え、大型ロッジに比べ部屋数が少ないことから、滞在するゲストにきめ細やかなサービスを提供してくれます。ツアー終盤にかけて、サバンナの大自然を間近で味わっていただくためのこだわりです。

サファリカー

ケニアのサファリカーには、主に『ミニバス型』と『ランドクルーザー型』の2種類があります。どちらのタイプも6名乗りで定員人数になっても、全員が窓側の席となります。当ツアーでは陸路移動のツアーとなる為、悪路に強くて揺れが少なく、また故障しにくい『ミニバス型』を採用しています。お客様を安全に運ぶ、サファリドライバーたちの運転技術にも定評があります。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京・大阪EK/QR直行便(約12時間)

夜、日本発。ドバイまたはドーハへ(※QR利用は東京発着のみ)。

[ 機中泊 ]



2日目

ドバイまたはドーハ(乗継)EK/QR直行便(約5時間)ナイロビ

早朝、ドバイまたはドーハで飛行機を乗り換え。午後、ナイロビ着。係員が空港でお出迎えし、市内のホテルへ。

[ ホテル/ナイロビ泊 ]



3日目

ナイロビ(約4時間)アンボセリ国立公園

朝食後、アンボセリ国立公園へ。昼食はロッジで。休憩後、午後のサファリへ。

[ ロッジ/アンボセリ国立公園泊 ]



4日目

アンボセリ国立公園滞在

早朝と午後の2回、サファリをお楽しみください。天気が良ければアフリカ最高峰キリマンジャロ山が望めます。

[ ロッジ/アンボセリ国立公園泊 ]



5日目

アンボセリ国立公園(約4時間)ナイロビ(約3.5時間)ナクル湖国立公園

朝食後、ナイロビへ戻ります。ナイロビで昼食後、ナクル湖国立公園へ。

[ ロッジ/ナクル湖国立公園泊 ]



6日目

ナクル湖国立公園(約6.5時間)マサイ・マラ国立保護区

午前のサファリをお楽しみください。その後、マサイ・マラ国立保護区へ。昼食はお弁当です。

[ ロッジ/マサイ・マラ国立保護区泊 ]



7
8日目

マサイ・マラ国立保護区滞在

早朝と午後の2回、サファリをお楽しみください。ケニアで一番動物相が豊富といわれる保護区です。シマウマやキリンの草食動物をはじめ、ライオンやチーターなどの肉食動物も期待できます。連泊ですのでゆったり滞在&サファリを満喫できます。

[ ロッジ/マサイ・マラ国立保護区泊 ]



9日目

マサイ・マラ国立保護区(約6時間)ナイロビEK/QR直行便(5時間)ドバイまたはドーハ

朝食後、大地溝帯(グレートリフトバレー)を経由してナイロビへ戻ります。ナイロビ市内では出発まで車をご利用いただけます。午後、ナイロビ発。空路ドバイまたはドーハへ。

[ 空港内待機 ]



10日目

ドバイまたはドーハ(乗継)EK/QR直行便(約10時間)東京・大阪

深夜、ドバイまたはドーハ発。夕、日本着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京・大阪 2019年11月29日 ~ 2019年12月13日 の金曜日 498,000円
東京・大阪 2019年12月20日 金曜日 578,000円
東京・大阪 2019年12月27日 金曜日 658,000円
グループ1
東京・大阪 2019年12月27日 金曜日 658,000円
グループ2
東京・大阪 2020年1月3日 ~ 2020年1月24日 の金曜日 508,000円
東京・大阪 2020年1月31日 ~ 2020年2月28日 の金曜日 498,000円
東京・大阪 2020年3月6日 ~ 2020年3月27日 の金曜日 528,000円

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 28,000円(2018年12月20日現在)
空港税 11,740円~12,170円(2018年12月20日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 45,000円('19 4/5~6/7)
65,000円('19 6/14~6/28)
85,000円('19 7/5~10/25)
65,000円('19 10/26~'20 3/29)
子供料金 子供(旅行開始日の年齢が12歳未満)料金の設定があります。お問合せください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

2019年12月6日発

498,000円

  • 締め切り
  • 催行決定

2019年12月27日発

658,000円

  • 満員御礼
  • 催行決定
  • 添乗員同行

2019年12月27日発

658,000円

  • 2名様募集中
  • ご好評につき追加設定!

2020年1月10日発

508,000円

  • 4名様募集中
  • 催行決定

2020年1月17日発

508,000円

  • 2名様募集中

2020年2月7日発

498,000円

  • 3名様募集中
  • 催行決定

2020年2月21日発

498,000円

  • 2名様募集中

2020年3月13日発

528,000円

  • 2名様募集中

2020年3月20日発

528,000円

  • 2名様募集中

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 2名様
添乗員 同行しません。
ナイロビで現地日本語係員がお世話します。
6名様以上ご参加の場合、日本より添乗員が同行します。
食事 朝食7回/昼食6回/夕食7回(機内食除く)
サファリ 8回
世界遺産 大地溝帯(グレートリフトバレー)のケニアの湖群(ナクル湖)
利用予定航空会社 エミレーツ航空(EK)
カタール航空(QR)
日本航空(JL)
全日空(NH)
利用予定宿泊施設 アンボセリ : アンボセリ・セレナ・ロッジ
ナクル : サロバ・ライオンヒル・ロッジ
マサイ・マラ : イルケリアニ
ナイロビ : パナリ
ビザ(査証) ケニアの観光ビザが必要です。
予防接種 黄熱病の予防接種をお奨めします。
荷物 サファリカーの荷物スペースには限りがございます。スーツケースは中型以下でお願いいたします。

ご参加にあたってのご注意

ご不明な点はお電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

Yさん ご夫妻 (2018年12月ご出発)

  • 多くの動物が大自然の中で生活している様子が見ることができ、とても良かった。
  • 宿泊したロッジが予想より清潔で、どのロッジでもシャワーでお湯が使え快適でした。
  • バルーンサファリの後はかなり疲れたので、夕方のサファリはなくてもよかった。
  • サファリ等でドライバーだけだと言葉が通じなくて不便でした。

Sさん 60代女性 (2019年1月ご出発)

  • 宿泊したロッジはどこもケニアらしく楽しめた。アンボセリセレナは庭も美しく、サバンナモンキーがテラスまで遊びに来てくれたし、お土産屋さんの品ぞろえも良かった。イルケリアニでは大自然を満喫。
  • ラインも出来ず、サファリ以外は何もせずぼーっと過ごし、早寝早起き美味しい食事に大満足。
  • レストランスタッフもフレンドリーで毎食レストランに行くのが楽しみだった。
  • 夜間の寒さ対策、湯たんぽがありがたかった。
  • ドライバーが頑張ってくれて沢山の動物を見ることができた。
  • チーターの食事風景も1時間くらい見学出来てラッキーでした。
  • マサイ村訪問の夢がかなって本当によかったです。
  • 仕方ないけれどイルケリアニのシャワーはちょっと寒かった。排水も悪くてちょっと嫌だった。

Sさん 70代女性 (2018年8月ご出発)

  • 添乗員さんや現地駐在員さんなど、道祖神の方々は気持ちの良い方ばかりでした、ありがとうございました!

すべて読む(全71件)

お申し込み