アフリカの旅を創り続けて40年、専門店 道祖神で行くアフリカ

エチオピアの大自然と民俗、世界遺産、ゆったり・たっぷり 15日間

全ての方向を見つめる、デブレ・ブレハン・セラシー教会天井の天使たちの絵

全ての方向を見つめる、デブレ・ブレハン・セラシー教会天井の天使たちの絵

バティの市場で服を仕立てるお兄さん

バティの市場で服を仕立てるお兄さん

岩をくり抜いて作られた ラリベラの聖ギョルギス教会

岩をくり抜いて作られた ラリベラの聖ギョルギス教会

エチオピア最古の都市アクスムのオベリスク

エチオピア最古の都市アクスムのオベリスク

村の人々の歓迎が暖かい

村の人々の歓迎が暖かい

17世紀に築かれた世界文化遺産、ゴンダール城の宮殿跡

17世紀に築かれた世界文化遺産、ゴンダール城の宮殿跡

シミエン山国立公園に生息するエチオピア固有種のゲラダヒヒ

シミエン山国立公園に生息するエチオピア固有種のゲラダヒヒ

景観に富んだエチオピア北部の山岳地帯

景観に富んだエチオピア北部の山岳地帯

雨季の雨を集めた大迫力のティシサット(青ナイル滝)

雨季の雨を集めた大迫力のティシサット(青ナイル滝)

ツアー概要

世界遺産をめぐる歴史ルートを、全行程陸路で走り抜く、北部エチオピア旅の決定版!

エチオピアの真の魅力は、陸路でなければわからない!定番の世界遺産をめぐる北部の歴史ルートを、全行程陸路で走り抜きます。ポイントの世界遺産や歴史ある街には、たっぷりと2泊。民族色豊かな定期市も見逃せません。山間の農家や集落の美しさ、ダイナミックな山岳景観や峡谷の迫力、通りすがりの村々での交歓。ゆったり、じっくりと時間をかけて陸路でめぐり、ローカル目線で歴史と文化を体験する、北部エチオピア旅行の決定版!

2019年2月1日出発のツアーはキャンペーンの特別価格でご用意しました!

地図

ツアーの見どころ、ポイント

陸路の旅だからこそ見えてくる、ありのままのエチオピア

祈りとともにおくる慎ましい人々の暮らし、勤勉に手入れされた耕作地の風景など、点と点を結ぶ空路での旅ではまず目にすることはない、ありのままのエチオピアの風景と日常は一見の価値があります。全行程陸路移動の旅は空路の旅では味わうことのできない楽しみで溢れています。集落にお邪魔したり、素朴な茶屋で地酒をいただいたり、農作業を見学させていただいたり。穏やかな地元の方々との交流もお楽しみいただけます。

3000年の歴史を持つ、エチオピアの歴史遺産

紀元前10世紀に建国の起源をもつエチオピアは、アフリカに現存する最古の独立国。古くから国としてキリスト教を受容した、世界で2番目に古いキリスト教国という顔もあります。造営された教会や修道院、王の居城など、世界遺産に登録されている遺跡も数多く、そのどれもが非常にユニークで、中世の面影を多く残すものばかり。特に教会は現在でも人々の祈りの場となっています。

宗教と、ユニークな独自の文化

長い歴史と古い信仰を持ち、80を超える民族集団を内包する国だけあって、文化は独特かつ多彩。独自のカレンダーを使うエチオピアの日常は、宗教儀式や祭礼で彩られています。国民食の「インジェラ」の味わい、古い製法で作られたアルコール飲料、そして美しい民族衣装。また、「コーヒー発祥の地」としての一面もエチオピアは持っています。中世の面影を残す古い手触りの文化、その全てが旅に彩りとコントラストを与えてくれます。

エチオピア高原の自然

このツアーで主に訪問するのは、平均標高が2,000mを超える高原地帯。エチオピアではその独特な文化と同様に、生息する野生動物や自然環境も独特なもので、特に野生動物や野鳥は固有種の宝庫となっています。世界遺産のシミエン国立公園では、ヨーロッパとのつながりを示すといわれる希少種ワリア・アイベックスや、草食に近い雑食性のサル、ゲラダヒヒもご覧いただけます。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京ET経由便(約16時間)

夜、東京発。アディスアベバへ。

[ 機中泊 ]



2日目

アディスアベバ

午前、アディスアベバ着。係員が空港でお出迎えし、市内のホテルへ。その後、市内観光。

[ ホテル/アディスアベバ泊 ]



3日目

アディスアベバ(約7時間)コンボルチャ

宿場町のコンボルチャへ。途中、遊牧民と農耕民が物資を持ち寄って集まる、昔ながらのマーケット、サンバティの日曜市を訪問。

[ ホテル/コンボルチャ泊 ]



4日目

コンボルチャ(約1時間)バティ(約5時間)ウォルディヤ

街道沿いのバティの町にてストップ。たくさんのラクダを引き連れた遊牧民が集まる月曜市を訪問後、ウォルディヤへ。

[ ホテル/ウォルディヤ泊 ]



5日目

ウォルディヤ(約5時間)ラリベラ

3,000mを超える山道を走り、ラリベラへ向かいます。荒々しく切り立った山々を背に広がる、段々畑が絵になります。

[ ホテル/ラリベラ泊 ]



6日目

ラリベラ滞在

終日、12世紀当時の王ラリベラが建造した、世界の不思議の一つといわれる岩窟教会群を見学。

[ ホテル/ラリベラ泊 ]



7日目

ラリベラ(約7時間)メケレ

北部の中心都市、ティグレ州の州都メケレへ。道中、荒々しくも美しい山岳景観をご堪能いただきます。

[ ホテル/メケレ泊 ]



8日目

メケレ(約7時間)アクスム

ティグレ州に点在する歴史ある岩窟教会や、アクスム王国時代のイェハ神殿を見学後、古都アクスムへ。

[ ホテル/アクスム泊 ]



9日目

アクスム滞在

終日、「失われたアーク伝説」の残るエチオピア最古の都、アクスム観光をお楽しみください。オベリスク、シオンの聖マリア教会、博物館、シバの女王の城跡、沐浴場跡などを見学。

[ ホテル/アクスム泊 ]



10日目

アクスム(約7時間)シミエン国立公園

風光明媚な山岳道路を走り、世界自然遺産のシミエン国立公園へ。

[ ロッジ/シミエン国立公園泊 ]



11日目

シミエン国立公園(約2.5時間)ゴンダール

シミエン国立公園をトレッキング。ゲラダヒヒなど、固有の哺乳類の生息地です。山岳地帯の絶景も堪能できます。午後、ゴンダールへ。

[ ホテル/ゴンダール泊 ]



12日目

ゴンダール(約3時間)バハル・ダル

ファシリダス帝の城跡、宮殿跡、デブレ・ブレハン・セラシー教会(羽のある天使の天井壁画)などを見学します。午後、タナ湖畔の町バハル・ダルへ。

[ ホテル/バハル・ダル泊 ]



13日目

バハル・ダル滞在

終日、バハル・ダル市内と近郊観光。午前は青ナイル滝へ、軽いトレッキング。午後はボートでタナ湖遊覧。ウラ・キダネ・メレ修道院を訪問し、宗教画を観賞。

[ ホテル/バハル・ダル泊 ]



14日目

バハル・ダル(約10時間)アディスアベバET経由便(約16時間)

早朝出発。アディスアベバへ。到着後、市内観光とショッピング。夜、アディスアベバ発。空路日本へ。

[ 機中泊 ]



15日目

東京

夜、日本着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京 2018年10月5日 金曜日 538,000円
東京 2018年11月16日 金曜日 538,000円
東京 2018年12月21日 金曜日 568,000円
東京 2019年2月1日 金曜日 498,000円

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 0円(2018年1月15日現在)
空港税 9,490円(2018年1月15日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 60,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

2018年12月21日発

568,000円

  • 6名様募集中
  • 添乗員付

2019年2月1日発

498,000円

  • あと2名で締切
  • 催行決定
  • 添乗員付
  • キャンペーンツアー

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 6人
添乗員 日本より同行します。
食事 朝食12回/昼食13回/夕食13回(機内食除く)
サファリ なし
世界遺産 ラリベラの岩窟教会群
ゴンダール地域のファジル・ゲビ
アクスム
シミエン国立公園
利用予定航空会社 エチオピア航空(ET)
エミレーツ航空(EK)
全日空(NH)
シンガポール航空(SQ)
利用予定宿泊施設 アディスアベバ:ネクサス
コンボルチャ:サニーサイド
ウォルディヤ:ラル
ラリベラ:マウンテン・ビュー
メケレ:アクスム
アクスム:ロハ
シミエン国立公園:シミエン・ロッジ
ゴンダール:ゴーハ
バハル・ダル:タナ
(ツイン、シャワー付)
または同等クラス。
ビザ(査証) エチオピアの観光ビザが必要です。
予防接種 黄熱病の予防接種をお奨めします。
荷物

ご参加にあたってのご注意

  • 各訪問地ではホテルに宿泊予定ですが、場所により水シャワーのみの場合もございます。現地事情をご理解のうえ、ご参加ください。
  • 訪問予定地の平均標高は約2,000mです。日中は日差しが強いので、帽子や日焼け止めなど日よけ対策をお願いします。また、朝晩は冷え込みますので、薄手の防寒着もお持ちください。
  • 教会や修道院への訪問を予定していますが、その際は靴を脱いで入場していただきます。また、一部虫が発生する場所もございますので、防虫スプレーなどのご準備をおすすめします。
  • 現地の天候や車のコンディション、政情の変化など、弊社の関知し得ない状況によりルートや宿泊地、訪問地の変更などを余儀なくされる場合があります。最善を尽くすよう努力致しますが、その場合、変更補償金の対象外とさせていただきます。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

Sさん 50代女性 (2012年12月ご出発)

  • まず、申込者3人の段階でこのツアーの催行を決定してくださった御社の英断に感謝致します。同行のメンバー、現地ガイド、ドライバー、添乗員に恵まれ、非常に想い出深い素晴らしい旅になりました。
  • インジェラの美味しさにすっかり魅了されました。朝も昼も夜もいつもインジェラを食べました。「ドロ・ワット」は格別!「シュロ」そして、インジェラをインジェラで包んでいただく庶民の味?「フル・フル」にすっかりハマってしまいました。
  • 陸路ならではの旅を満喫しました。農家の訪問(人間と家畜がほんとうに近い暮らしにビックリ)、養蜂場や牛による脱穀の見学などなど。なかでも現地ガイドのお姉さんのお宅にお邪魔し、一般家庭のコーヒーセレモニーのおもてなしをいただいたことは深く心に残っています。
  • ‘控え目で礼儀正しい、どこか日本人的趣のあるエチオピア人’(「アフリカを知る」より)を実感しました。ユダヤ教徒の村の女の子の握手&おじぎの可愛らしさは忘れられません。

お申し込み