フリーコール 0120-184-922

携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて43年、専門店 道祖神で行くアフリカ

林さんと行く初冬の道東ネイチャーツアー 3泊4日

全長66~69cm、翼開長180cmに達する、フクロウとしては日本最大のシマフクロウ

全長66~69cm、翼開長180cmに達する、フクロウとしては日本最大のシマフクロウ

ねぐら近くの雪裡川で群れるタンチョウ

ねぐら近くの雪裡川で群れるタンチョウ

時期的に少し早めですが、タンチョウの求愛ダンスが見られるかも?

時期的に少し早めですが、タンチョウの求愛ダンスが見られるかも?

森の木の洞をねぐらにしているエゾフクロウ

森の木の洞をねぐらにしているエゾフクロウ

冬に繁殖のためにやってくるオジロワシ

冬に繁殖のためにやってくるオジロワシ

ピンと跳ね上がった尾羽が特徴的なコオリガモ

ピンと跳ね上がった尾羽が特徴的なコオリガモ

「雪の妖精」の愛称で人気爆上げ中のシマエナガ

「雪の妖精」の愛称で人気爆上げ中のシマエナガ

鳥だけではなく、エゾシカなどの哺乳類も遭遇のチャンスあり。

鳥だけではなく、エゾシカなどの哺乳類も遭遇のチャンスあり。

比較的簡単にみられるキタキツネですが、できれば道路わきではなく自然の中で見たいものです。

比較的簡単にみられるキタキツネですが、できれば道路わきではなく自然の中で見たいものです。

ツアー概要

観光客の減った初冬の道東で、野鳥を中心に北海道の豊かな生き物と自然に触れる。

観光客でにぎわう夏と冬の合間、ヒグマを見るには時期が遅く、雪景色や流氷を背景にするには早い時期ですが、静かな環境の下でゆっくりと自然を堪能できる初冬をあえてチョイスし、自然豊かな道東を訪問します。釧路からスタートし、鶴居村ではタンチョウとエゾフクロウ、弟子屈ではエゾライチョウ、クマゲラやシマエナガ、羅臼ではシマフクロウ、尾岱沼ではウミガモ類やエゾリス、野付半島ではハギマシコやベニヒワ、オオワシ、オジロワシ、エゾシカ、キタキツネなどとの遭遇を期待しつつ巡り、中標津空港で旅を終える盛りだくさんの内容です。季節を変えて足しげく北海道に通い、独自の観察スポットもご存じの林さんならではのご案内をご期待ください!

ツアーの見どころ、ポイント

道東の自然

日本国内随一の豊かな自然を誇る北海道の中でも、道東には世界自然遺産の知床をはじめ、野付半島や尾岱沼、釧路湿原など、特に手つかずの「原野」ともいえる自然が残され、200種を超える野鳥が見られるといわれています。その玄関口「釧路」は、釧路湿原と阿寒の2つの国立公園を有する大自然の宝庫です。近くには自然遺産の知床や羅臼・根室など日本最大級の野鳥観察地も広がっています。

林 弘道 さん

道祖神特製『動植物チェックリスト』の製作者です。趣味としてアフリカへ通ううちに、アフリカの野生動物&野鳥のエキスパートになられ、道祖神カルチャー講座の講師としてもたびたび登場していただいています。動物や鳥を見つける速さや正確さはガイド顔負けで、現地のガイドさんでさえも林さんに質問するほどです。国内でも趣味というレベルを超える頻度・濃さで、自然観察のためにあちこち足を運ばれており、豊富な知識をお持ちです。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

羽田空港釧路空港湿原展望台伊藤タンチョウサンクチュアリエゾフクロウのポイント音羽橋鶴居村

朝、羽田空港駅に集合(6時30分を予定)。国内線で空路、釧路空港へ。9時過ぎに釧路空港到着後、専用車にて釧路湿原展望台、タンチョウサンクチュアリ、エゾフクロウのポイント、音羽橋とめぐり、タンチョウをはじめとする野鳥やその他の野生動物の観察を行います。夕方、鶴居村のホテルへ。

[ ホテル/鶴居村泊 ]



2日目

鶴居村弟子屈羅臼

朝、知床の羅臼へ向け出発(前日悪天候の場合は、鶴居村でタンチョウを見学後、羅臼に向け出発します)。途中、エゾライチョウやクマゲラ等山の鳥の観察が期待できる弟子屈のポイントに立ち寄ります。遅い午後、羅臼の宿泊先に到着。高い確率でシマフクロウが見られる宿に宿泊し、宿に付属した観察小屋にてシマフクロウとの遭遇を待ちます。

[ 民宿/羅臼泊 ]



3日目

羅臼野付半島尾岱沼

朝食後、出発。まずは羅臼周辺(港など)でコオリガモ等のウミガモを探鳥後、野付半島を経由して尾岱沼へ向かいます。野付半島ではハギマシコ、ベニヒワ、オオワシ、オジロワシ、コクガンや、エゾシカ、キタキツネとの遭遇が期待できます。

[ ホテル/尾岱沼泊 ]



4日目

尾岱沼尾岱沼漁港中標津森林公園中標津空港羽田空港

朝食後、尾岱沼漁港や中標津森林公園を訪問(前日悪天候だった場合は、野付半島の訪問をこの日に行います)。コオリガモ等のウミガモやエゾリスを探し、観察します。午後、中標津空港へ。国内線にて羽田空港へ戻ります。羽田空港到着(16時40分頃)後、解散。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京・羽田 2021年11月20日 土曜日 268,000円
一人部屋追加料金 男女比にもよりますが、基本的には男女別の相部屋でのみお受けいたします。お一人部屋のご利用はできません。
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 国内旅行についてはリピーター割引の適用になりません。ご了承ください。

催行情報

2021年11月20日発

268,000円

  • あと5名で催行

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 6名様(最大8名様)
添乗員 同行しません。
林さんが同行します。
食事 朝食3回/昼食0回/夕食3回(機内食除く)
世界遺産 訪問しません。
利用予定交通機関 全日空、現地での移動には貸し切りタクシーを利用します。
利用予定宿泊施設 鶴居村:ホテルTAITO
羅臼:鷲の宿
尾岱沼:尾岱沼温泉シーサイドホテル

ご参加にあたってのご注意

  • ご自宅から羽田空港への往復交通費、及び宿泊に含まれない食事代等は含まれていません。
  • 現地での昼食は、その都度購入もしくはレストラン等でおとりいただきます(自己負担)。
  • 数に限りはありますが、双眼鏡の無料レンタルも可能です。ご希望の場合はお知らせください。
  • 事前に日本野鳥の会が刊行している「フィールドガイド日本の野鳥」をご購入・ご持参いただけると、よりお楽しみいただけます。
  • 11月の北海道は初冬の気候となります。天候の変化が大きいため、悪天候時のレインウェア、防寒着などを必ずお持ちください。アウトドアでの活動が多いため、ハイキングや登山に近い服装が便利です。
  • 悪天候のためスケジュールを変更する場合もあります。その場合は天候次第ですが、予定を翌日にずらす等の対応をとらせていただきます。
  • 鳥を含めた野生動物観察は、自然の中で生きている対象を人間がそっと見せてもらうのが基本です。自然に配慮するとともに、他の観察者の方々にも配慮しながら観察する基本マナーをお守りください。
  • 飛行機をご自身で手配していただき、現地集合・解散も可能です(その場合の料金についてはお問い合わせください)。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

お申し込み