フリーコール 0120-184-922

携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて43年、専門店 道祖神で行くアフリカ

林さんと行く国内日帰り探鳥会第4回 葛西臨海公園&ふなばし三番瀬(東京・千葉)

葛西臨海公園

葛西臨海公園

キアシシギ

キアシシギ

クロツラヘラサギ

クロツラヘラサギ

ヒクイナ

ヒクイナ

ミサゴ

ミサゴ

ツアー概要

都内屈指の野鳥観察スポットで海鳥や干潟の鳥を観察

弊社「動物チェックリスト」の作者 林弘道さん が案内する東京都内、及び近郊での日帰りバードウォッチング企画シリーズ。関東一円でも数多くあるバードウォッチング・スポットの中でも、遭遇が期待できる野鳥の“種類と個体数の多さ“にこだわって、スポットを選定しました。

訪問する各地の野鳥を観察、詳しい話を聞きながら、アフリカでのワイルドライフ・ウォッチングについてもたっぷりご質問いただけます。夢のアフリカでの動物&野鳥ウォッチングの前に、日本で観察のポイントやスポッティングの技術を学んでいただけます。

ツアーの見どころ、ポイント

葛西臨海公園

東京湾の埋め立て地に、自然との共生をテーマに造られた都立公園。樹林、草地、淡水・汽水池、干潟などの多彩な環境に恵まれ、年間を通して多くの野鳥が観察できる、都心で指折りの探鳥地です。秋はシギ・チドリ類の仲間が、冬は海面を覆い尽くすような、数万羽にもなるスズガモの群れが迎えてくれます。ミサゴに出会いやすく、クロツラヘラサギ、クイナ、ヒクイナなどの可能性もあります。

ふなばし三番瀬海浜公園

正しくは「さんばんぜ」と読みます。東京湾の最奥部に位置し、船橋市、習志野、市川市、浦安市の東京湾沿いに広がる約1,800haの干潟・浅海域で、日本有数のシギ・チドリ等の渡りでの中継地です。江戸時代初期には、「御菜浦(おさいのうら)」として、新鮮な魚介を将軍家に納める重要な役割を果たしていました。干潟にはハゼ、アサリ、カニ、ゴカイなどの底生生物が多く生息し、それらを狙って、ミヤコドリ、シギ・チドリ類、カモメ類など水鳥の仲間が群れで沢山集まってきます。

林 弘道 さん

道祖神特製『動植物チェックリスト』の製作者です。趣味としてアフリカへ通ううちに、アフリカの野生動物&野鳥のエキスパートになられ、道祖神カルチャー講座の講師としてもたびたび登場していただいています。動物や鳥を見つける速さや正確さはガイド顔負けで、現地のガイドさんでさえも林さんに質問するほどです。国内でも趣味というレベルを超える頻度・濃さで、視線観察のためにあちこち足を運ばれており、豊富な知識をお持ちです。

ツアー日程表

  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

8:00 JR京葉線二俣新町駅集合 - 16:00頃 解散

バスでふなばし三番瀬海浜公園へ移動、干潟、堤防エリア、ヨシ原と巡って野鳥を観察。再びバスで二俣新町駅へ移動し、葛西臨海公園駅へ。昼食休憩後、徒歩で下の池や水路を巡り野鳥を観察します。葛西臨海公園駅にて解散。

期待できる代表的な野鳥
葛西臨海公園:オナガ、カワセミ、シロチドリ、ヒバリ、アリスイ、ウミアイサ、オオタカ、カンムリカイツブリ、クロツラヘラサギ、ハジロカイツブリ、ホオジロガモ、ミヤコドリ、カモ類
三番瀬:シロチドリ、ウミアイサ、オオジュリン、ズグロカモメ、ダイシャクシギ、ダイゼン、ハマシギ、ビロードキンクロ、ミヤコドリ、ミユビシギ



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
JR京葉線二俣新町駅 2021年10月9日 土曜日 4,500円
リピーター割引 国内旅行についてはリピーター割引の適用になりません。ご了承ください。

催行情報

2021年10月9日発

4,500円

  • 8名様募集中
  • 添乗員同行
  • 林さんが同行します

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 8名様(最大8名様)
添乗員 同行しません。
林さんが同行します。
食事 朝食0回/昼食0回/夕食0回(機内食除く)
世界遺産 訪問しません。

ご参加にあたってのご注意

  • 交通費、食事代等は含まれていません。
  • ランチは各自ご用意ください。お弁当をご持参いただいても結構です。
  • 数に限りはありますが、双眼鏡の無料レンタルも可能です。ご希望の場合はお知らせください。
  • 事前に日本野鳥の会が刊行している「フィールドガイド日本の野鳥」をご購入・ご持参いただけると、よりお楽しみいただけます。
  • 天候の変化に備えて、防寒を兼ねる簡単なレインウェアをお持ちいただくことをお勧めします。
  • 勾配はありませんが、長時間の屋外滞在、歩行を行いますので、歩きやすい服装・靴でご参加ください。
  • 自然の中で生きている野鳥を人間がそーっと見せてもらうのがバードウォッチングです。自然に配慮するとともに、他のバードウォッチャーにも配慮しながら観察する基本マナーをお守りください。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

お申し込み