フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

GW特別企画!エチオピア歴史街道ダイジェスト 12日間

ラリベラにある岩窟教会中の最高傑作、聖ギオルギス教会

ラリベラにある岩窟教会中の最高傑作、聖ギオルギス教会

地上300mに横穴を穿って造営されたアブーナ・イェマタ修道院

地上300mに横穴を穿って造営されたアブーナ・イェマタ修道院

腰の高さより上のあらゆる壁面に聖画が描かれた修道院内、天井に描かれた9聖人

腰の高さより上のあらゆる壁面に聖画が描かれた修道院内、天井に描かれた9聖人

天然の岩を削り出したとは思えない、教会内部の構造

天然の岩を削り出したとは思えない、教会内部の構造

「失われたアーク」が安置されているといわれる、アクスムのシオンの聖マリア教会礼拝堂

「失われたアーク」が安置されているといわれる、アクスムのシオンの聖マリア教会礼拝堂

アッバ(神父)の服装と儀礼用の十字架も一つ一つ形状が異なります

アッバ(神父)の服装と儀礼用の十字架も一つ一つ形状が異なります

16世紀当時の都だった、ゴンダールに築かれたファシリダス帝の城

16世紀当時の都だった、ゴンダールに築かれたファシリダス帝の城

デブレ・ブレハン・セラシー教会の有名な天使の天井画

デブレ・ブレハン・セラシー教会の有名な天使の天井画

水量は少ないものの、迫力ある青ナイル滝

水量は少ないものの、迫力ある青ナイル滝

タナ湖をボートで遊覧し、ゼゲ半島の修道院へ

タナ湖をボートで遊覧し、ゼゲ半島の修道院へ

ツアー概要

3000年の歴史を誇るエチオピアの歴史遺産・宗教・文化に焦点を絞り、エチオピア高原北部を深く旅する。

歴史・古代遺跡・文化・自然景観と、様々な異なる魅力に富んだエチオピア。このツアーはその中でも特に宗教と歴史遺産に焦点を当て、より深く掘り下げた内容にすべく訪問地を選びました。世界遺産や歴史ある街は、たっぷりと見学。国内移動は空路を中心に、風光明媚な地域での陸路移動も織り交ぜ、ダイジェストながらも充実した内容となっています。より深くエチオピアの歴史・宗教・文化を知る、北部エチオピアの旅!

地図

ツアーの見どころ、ポイント

エチオピアの宗教・文化遺産

エチオピアはアフリカでも最多の9つの世界遺産を持つ国です。また、世界遺産には登録されていないものの、見事さでは世界遺産級の宗教・歴史関連施設も多くある国です。このツアーでは12日間の日程で3か所の世界文化遺産と、今でもエチオピア正教徒のティグレの人々の暮らしに寄り添って存続している、6世紀創建の歴史ある教会・修道院を訪問します。今も人々の心のよりどころとなっている祈りの場と歴史遺産を入り口に、より深くエチオピアの歴史と文化をご覧いただきます。

ティグレの岩窟教会群

“岩窟教会“というと、世界遺産にも登録されている、一枚岩をくり抜いた形状のラリベラの岩窟教会が有名ですが、それよりさらに600年ほどさかのぼる時代に造営された、ティグレの岩窟教会群も一見の価値があります。約140カ所あるとされているこれらの教会群のほとんどは、ローマがキリスト教を受け入れた後の6世紀に、ローマ帝国領のあちこちから修道という新しい修行形式を携えてエチオピアを訪れた9人の聖人に由来しています。特筆すべきはその立地で、ゲラルタ地区に特徴的な、そそり立つ岩山の岩壁を利用し、かなり高度のある地点の岩壁に横穴を穿つ形で教会のお堂が築かれています。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京ET経由便(約16時間)

夜、日本発。アディスアベバへ。

[ 機中泊 ]



2日目

アディスアベバ(乗継)ET直行便(約1.5時間)メケレ(約3時間)ゲラルタ

午前、アディスアベバ着。飛行機を乗り換え、昼メケレ着。ティグレの岩窟教会群への訪問基地となるゲラルタへ。途中、アブレハ・アツベハ、ウクロ・キルコスの2つの歴史ある岩窟教会を訪問・見学。

[ ロッジ/ゲラルタ泊 ]



3
4日目

ゲラルタ滞在

約140カ所あるといわれるティグレの岩窟教会のうち、より見応えのある4カ所を厳選し、2日間に分けて訪問。午前中は、トレッキングや岩登りが必要な山の上や崖の中腹に築かれた教会を、午後は比較的楽に足を延ばせる教会を組み合わせて訪問します。<訪問予定> アブーナ・イェマタ教会、マリアム&ダニエル・コルコル教会、マリアム・パレシテ教会、ドゥグン・セラシエ教会

[ ロッジ/ゲラルタ泊 ]



5日目

ゲラルタ(約4時間)アクスム

エチオピア最古の王国の都アクスムへ。到着後、市内の教会やオベリスク、キリスト教を国教化したエザナ王の碑文などの観光。

[ ホテル/アクスム泊 ]



6日目

アクスム(約1時間)ラリベラ

空路、ザグウェ王朝の都だったラリベラへ。到着後、13世紀に造営され、世界遺産にも登録されている岩窟教会群(第1群)を見学。

[ ホテル/ラリベラ泊 ]



7日目

ラリベラ滞在

引き続き、岩窟教会群(第2群)を見学。11ある教会のうちの最高傑作とされ、別名「ノアの方舟」ともいわれる聖ギオルギス教会も見学します。

[ ホテル/アクスム泊 ]



8日目

ラリベラ(約1.5時間)ゴンダール

午前、見逃した教会があった場合は見学し、再び空路でゴンダール朝時代の都があったゴンダールへ。

[ ホテル/ゴンダール泊 ]



9日目

ゴンダール(約4時間)バハル・ダール

ゴンダール朝の歴代の王たちが築いた宮殿や城、イスラム勢力により焼き討ちを唯一生き延びた木造伝統建築の教会であるデブレ・ブレハン・セラシー教会を見学。タナ湖湖畔の街バハル・ダールへ。

[ ホテル/バハル・ダール泊 ]



10日目

バハル・ダール滞在

バハル・ダール近郊の見どころを観光。午前は、ティシサット(青ナイル)滝を見学、午後はタナ湖のゼゲ半島にある修道院をボートで訪問します。

[ ホテル/バハル・ダール泊 ]



11日目

バハル・ダールET直行便(約1時間)アディスアベバET経由便(約16時間)

朝、空路アディスアベバへ。到着後、市内観光とショッピング。夜、アディアベバ発。空路日本へ。

[ 機中泊 ]



12日目

東京

夜、日本着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京 2020年4月29日 水曜日 518,000円
(予価)

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 00,000円(2019年6月1日現在)
空港税 0,000円(2019年6月1日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 45,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

2020年4月29日発

518,000円

  • 6名様募集中
  • 添乗員同行

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 6名様
添乗員 日本より同行します。
食事 朝食9回/昼食10回/夕食10回(機内食除く)
サファリ なし
世界遺産 ラリベラの岩窟教会群
ゴンダール地域のファジル・ゲビ
アクスム
利用予定航空会社 エチオピア航空(ET)
エミレーツ航空(EK)
利用予定宿泊施設 ラリベラ:ロハ
ゲラルタ:ゲラルタ・ロッジ
アクスム:サビアン
ゴンダール:ゴハ
バハル・ダール:デラノ
(ツイン、シャワー付)
または同等クラス
ビザ(査証) エチオピアの観光ビザが必要です。
予防接種 黄熱病の予防接種をお奨めします。
荷物

ご参加にあたってのご注意

  • 各訪問地ではホテルに宿泊予定ですが、場所により水シャワーのみの場合もございます。現地事情をご理解のうえ、ご参加ください。
  • 訪問予定地の平均標高は約2,400mです。日中は日差しが強いので、帽子や日焼け止めなど日よけ対策をお願いします。また、朝晩は冷え込みますので、薄手の防寒着もお持ちください。
  • 教会や修道院への訪問を予定していますが、その際は靴を脱いで入場していただきます。また一部の教会は訪問に急峻な山道のトレッキングや岩登りが必要なものもあります。内部に虫が発生する教会もございますので、防虫スプレーなどのご準備をおすすめします。
  • 現地の天候や車のコンディション、政情の変化など、弊社の関知し得ない状況によりルートや宿泊地、訪問地の変更などを余儀なくされる場合があります。最善を尽くすよう努力致しますが、その場合、変更補償金の対象外とさせていただきます。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

お申し込み