フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

エチオピア正教の祭礼ティムカット体験とイスラム都市ハラール訪問 11日間

煌びやかな衣装の司祭たちによって運ばれるタボット

煌びやかな衣装の司祭たちによって運ばれるタボット

城塞に囲まれた旧市街を持つイスラム都市ハラール

城塞に囲まれた旧市街を持つイスラム都市ハラール

ハラールの城壁外で夜な夜な行われるハイエナへの餌付け

ハラールの城壁外で夜な夜な行われるハイエナへの餌付け

ティムカットの行列がスタートするアブレハ・アツベハ教会

ティムカットの行列がスタートするアブレハ・アツベハ教会

教会内部はユダヤ教徒の女首長グディトによる焼き討ちで煤けています

教会内部はユダヤ教徒の女首長グディトによる焼き討ちで煤けています

地域の村人も参加して行われる、ティムカットの行列

地域の村人も参加して行われる、ティムカットの行列

そそり立つ岩山の中腹に横穴を穿って造られたアブーナ・イェマタ教会までの道のり

そそり立つ岩山の中腹に横穴を穿って造られたアブーナ・イェマタ教会までの道のり

天井に9聖人の肖像が描かれたアブーナ・イェマタの内部

天井に9聖人の肖像が描かれたアブーナ・イェマタの内部

エチオピアで最古級のフレスコ画が描かれた、マリアム・コルコル教会の内部

エチオピアで最古級のフレスコ画が描かれた、マリアム・コルコル教会の内部

ツアー概要

3000年の歴史と独特の文化を持つエチオピアの祭礼、ティムカットを体験!

ティムカットはイエスの洗礼を記念して行われるエチオピア正教最大の祭礼で、最も有名なゴンダールで開催されるものを含め、エチオピア国内各地で開催されていますが、規模、形態ともに変化してきており、地元コミュニティーの要として、人々の暮らしに寄り添う形で往時と変わらず続けられているものは多くありません。十万人規模の人々が集まるゴンダールやラリベラでの祭礼ではなく、創建を4世紀に遡るエチオピア最古の教会の一つ、アブレハ・アツベハ教会とそれを取り巻くコミュニティーによって続けられてきた、古くから変わらない祭礼見学を中心に、日本人観光客がほとんど訪れないティグレの岩窟教会群とイスラム都市ハラールを訪問します。

地図

ツアーの見どころ、ポイント

本来の形で見る、エチオピア正教最大の祭礼ティムカット

ティムカットは、イエス・キリストの洗礼を記念して行われるエチオピア正教最大の祭礼です。エチオピア国内各地で開催されていますが、ゴンダールやラリベラでのものが特に有名で、観光客も含め数万人を超える人々が集まります。著名な観光地で開催されるものは、派手で見応えがある反面、人が多すぎて祭礼の見学・撮影がままならない、スリが増えるなど弊害も多くあります。何より古くから地域のコミュニティーの要となってきた、地域の人々にとってのハレの場、という面がわかりにくくなっています。このツアーでは、大きな規模で派手に開催される祭礼ではなく、小規模でも古くから変わらない形で続いてきた祭礼を地元の人々とともに体験するという点にこだわり、現存するエチオピアで最も古い教会の一つ、アブレハ・アツベハ教会によって執り行われる祭礼を見学します。聖職者たちの御詠歌と練り歩き、教会から担ぎ出される「タボット」と呼ばれる契約の箱のレプリカ、そして最後は集まった人々が司教によって聖別された川の水を、祝福とともに浴び、各家庭から持ち寄った食事を川のほとりに安置されたタボットの周りでとるまでの一連の流れをゆったりとご覧いただけます。

ティグレ州の岩窟教会・修道院群

ティグレ州はメケレを州都とするエチオピアで最北に位置する州で、かつて栄えたエチオピア最古の王国アクスムの中心地でもありました。初期のキリスト教は紅海を経てエチオピアにもたらされたため、この最北の地に多くの教会・修道院が作られましたが、特に6世紀にシリア方面からやってきた東ローマ帝国領出身の9人の聖人たちによってもたらされ広められた修行の形式に則って、山の洞窟や断崖絶壁の頂にも多くの教会・修道院が作られ、切り立った断崖に穴を穿って内部をくり抜き、造営されたものも多くあります。ティグレ州のハウゼンを中心とした地域一帯には140カ所を超える数の、様々な様式で岩を穿って造営された教会が残され、今も修道士が暮らし、人々の信仰を集めています。世界遺産には登録されていないものの、世界遺産級の見事さを誇るこれらの教会は、険しい場所に位置しているために訪問するのは楽ではありませんが、ラリベラの岩窟教会の600年以上も前に作られた教会・修道院群はいずれも一見の価値があります。

イスラム都市ハラール

首都アディスアベバからジプチへ向かう途中にある、イスラム色の濃い街。7世紀から11世紀の間に造られたとされており、アフリカの角地域におけるイスラムの宗教的・文化的中心地として発展してきました。スルタンが統治するイスラム教徒の王国であるアダル・スルタン国の首都ともなり、エチオピア帝国に臣従していたものの、独立した都市国家としての形態を守り、16世紀には最盛期を迎え、文化的に繁栄。コーヒー、織物業、籠細工、製本術などでも有名になりました。旧市街は歴史的城塞都市ハラール・ジュゴルとして2006年に世界遺産として登録されました。この町はイスラム教徒の町としても慕われており、イスラム都市らしく城壁で囲まれ、モスクも多く他の街とは雰囲気が異なり、フランスの詩人ランボーがかつて暮らした町としても有名です。ティグレ州のキリスト教色の強い街と対比すると、その興味深さをさらに実感できるでしょう。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京ET経由便(約16時間)

夜、東京発。アディスアベバへ。

[ 機中泊 ]



2日目

アディスアベバ

午前、アディスアベバ着。空路移動の疲れをとりつつ、市内観光。

[ ホテル/ハラール泊 ]



3日目

アディスアベバET直行便(約1時間)ディレ・ダワ(約2時間)ハラール

朝、アディスアベバ発、東部のディレ・ダワへ。到着後、バビレで開催されているこの地域最大のラクダ市を見学。その後、ハラールへ。

[ ホテル/ハラール泊 ]



4日目

ハラール滞在

かつてイスラム第4の聖地として知られたハラールのジュゴル(城壁に囲まれた旧市街)を見学。ジャミア・モスク、メダネ・アレム大聖堂、詩人ランボーが暮らした家、マーケットなどを歩いて見学します。

[ ホテル/ハラール泊 ]



5日目

ハラール(約2時間)ディレ・ダワET直行便(約1時間)アディスアベバET直行便(約1時間)メケレ

朝、ハラールを出発。ディレ・ダワからアディスアベバを経由し、国内線フライトを2本乗り継いで、ティグレ州の州都メケレへ。

[ ホテル/メケレ泊 ]



6日目

メケレ(約2時間)ゲラルタ

朝、メケレを出発。ティグレ州に約140カ所ある岩窟教会群の中心地ゲラルタへ。切り立った断崖に横穴を穿って造営されたアブーナ・イェマタ修道院を訪問。午後はゆったりと開始されるティムカットの祭礼を見学。

[ ロッジ/ゲラルタ泊 ]



7日目

ゲラルタ滞在

引き続きティムカットの祭礼を見学。教会から出されたタボット(十戒の石板を治めた契約の櫃のレプリカ)が村の川沿いに建てられたテントに安置され、聖別された川の水を村人たちが自ら浴びる瞬間がクライマックスです。

[ ロッジ/ゲラルタ泊 ]



8
9日目

ゲラルタ滞在

ティグレの岩窟教会で、建築構造、内部の聖画などの面で、見る価値の大きいもの4所を2日間に分けて見学します。※訪問する教会・修道院はご参加者の体力・年齢等を考慮して変更する場合があります。

[ ロッジ/ゲラルタ泊 ]



10日目

ゲラルタ(約2時間)メケレET直行便(約1時間)アディスアベバET経由便(約16時間)

メケレへ戻り、午後の国内線でアディスアベバへ。到着後、飛行機を乗り換えて、日本へ。

[ 機中泊 ]



11日目

東京

夜、東京着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京 2020年1月14日 火曜日 495,000円

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 13,260円(2019年5月1日現在)
空港税 7,400円(2019年5月1日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 50,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

2020年1月14日発

495,000円

  • あと4名で催行
  • 添乗員同行

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 6名様
添乗員 日本より同行します。
食事 朝食8回/昼食9回/夕食8回(機内食除く)
サファリ なし
世界遺産 歴史的城塞都市ハラール・ジュゴル
利用予定航空会社 エチオピア航空(ET)
エミレーツ航空(EK)
アシアナ航空(OZ)
利用予定宿泊施設 アディスアベバ : ネクサス・ホテル
ハラール:ラス・ホテル
メケレ:ラス・ホテル
ゲラルタ:ゲラルタ・ロッジ
(ツイン・シャワー付)
または同等クラス
ビザ(査証) エチオピアの観光ビザが必要です。
予防接種 黄熱病の予防接種をお奨めします。
荷物

ご参加にあたってのご注意

  • 各訪問地ではホテル/ロッジに宿泊予定ですが、場所により水シャワーのみの場合もございます。現地事情をご理解のうえ、ご参加ください。
  • 訪問予定地の平均標高は約2,400mです。日中は日差しが強いので、帽子や日焼け止めなど日よけ対策をお願いします。また、朝晩は冷え込みますので、薄手の防寒着もお持ちください。
  • 教会や修道院への訪問を予定していますが、その際は靴を脱いで入場していただきます。また、一部虫の発生が予想される場所もございますので、防虫スプレーなどのご準備をおすすめします。
  • 現地の天候や車のコンディション、政情の変化など、弊社の関知し得ない状況によりルートや宿泊地、訪問地の変更などを余儀なくされる場合があります。最善を尽くすよう努力致しますが、その場合、変更補償金の対象外とさせていただきます。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

お申し込み