フリーコール 0120-184-922

携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて44年、専門店 道祖神で行くアフリカ

ボツワナ・キャンプ カラハリトランスフロンティア 10日間

一般的な砂漠のイメージと異なり、砂地に丈の短い草とアカシアの灌木からなるカラハリ砂漠

一般的な砂漠のイメージと異なり、砂地に丈の短い草とアカシアの灌木からなるカラハリ砂漠

カラハリを代表する野生動物、立派な体躯と黒いタテガミのカラハリライオン

カラハリを代表する野生動物、立派な体躯と黒いタテガミのカラハリライオン

砂丘の上に陣取るライオンファミリー

砂丘の上に陣取るライオンファミリー

長い角が美しいゲムズボック(オリックス)

長い角が美しいゲムズボック(オリックス)

研ぎ澄まされた生を感じるシャープな体躯のチーター

研ぎ澄まされた生を感じるシャープな体躯のチーター

他の公園よりも遭遇率が高いチャイイロハイエナ

他の公園よりも遭遇率が高いチャイイロハイエナ

木の幹で休むワイルドキャット

木の幹で休むワイルドキャット

可愛らしい耳が特徴のオオミミギツネ

可愛らしい耳が特徴のオオミミギツネ

カラハリ砂漠のマスコット、ミーアキャット

カラハリ砂漠のマスコット、ミーアキャット

捕食者対策のため大きな群れを作るスプリングボック

捕食者対策のため大きな群れを作るスプリングボック

種類も多いフクロウを始め、遭遇する猛禽の個体数が多いのもトランスフロンティア公園の特徴

種類も多いフクロウを始め、遭遇する猛禽の個体数が多いのもトランスフロンティア公園の特徴

アフリカ最大のフクロウ、クロワシミミズク

アフリカ最大のフクロウ、クロワシミミズク

強い日差しに赤と黒が映えるダルマワシ

強い日差しに赤と黒が映えるダルマワシ

アフリカ最大級の猛禽、ゴマバラワシ

アフリカ最大級の猛禽、ゴマバラワシ

辺りが黄金色に染まるカラハリの夕焼け

辺りが黄金色に染まるカラハリの夕焼け

ツアー概要

ボツワナキャンプの新骨頂、カラハリ砂漠の極地でキャンプサファリ!

サファリ大国ボツワナの中にありながら、オカバンゴやチョベ国立公園ほどの知名度はない、カラハリ・トランスフロンティア公園。極度に乾燥した非常に厳しい自然環境でありながら豊かな動物相は、他のエリアに勝るとも劣らない魅力があり、多くのリピーターを惹きつけています。さらに、より自然を肌身に感じていただくために、キャンピングツアーを企画しました。力強く生きている動物達と同じフィールドに腰を据えて、たっぷりとサファリを楽しみましょう。

地図

ツアーに申し込む

ツアーの見どころ、ポイント

トランス・カラハリフロンティア公園

アフリカで初めての国境をまたいだ保護区域として正式に指定されたカラハリ・トランスフロンティア公園。南アフリカとボツワナの国境に位置し、2000 年5月に正式に承認されました。総面積は38,000 ㎢で、ボツワナ側の面積が2 万8,400 ㎢、南アフリカ側の面積が9,600㎢で、今回はボツワナ側から訪問します。ボツワナ側はかつては『ゲムスボックパーク』と呼ばれており、その名の通りゲムスボックがたくさん見られます。その他、レッドハーテビースト、スプリングボック、クドゥなどがよく見られ、カラハリライオン、チータ、ヒョウ、ブラウンハイエナなども生息しています。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京ET経由便(約15時間)

夜、日本発。アディスアベバへ。

[ 機中泊 ]



2日目

アディスアベバ(乗継)ET直行便(約5.5時間)ヨハネスブルグ

朝、アディスアベバで飛行機を乗り換え。午後、ヨハネスブルグ空港着。空港近くのホテルへ。

[ ホテル/ヨハネスブルグ泊 ]



3日目

ヨハネスブルグ4Z直行便(約1時間)アピントン(約3時間)カラハリトランスフロンティア公園

朝、ヨハネスブルグ発、南アフリカ北部のアピントンへ。到着後、車で3時間程度走り、ボツワナとの国境にまたがるカラハリトランスフロンティア公園へ。ゲートからはサファリをしながらキャンプサイトへ。

[ キャンプ/カラハリ・トランスフロンティア公園泊 ]



4
5
6
7日目

カラハリトランスフロンティア公園滞在

カラハリトランスフロンティア公園には到着日を含めて5泊6日の滞在となりますが、途中6日目にキャンプサイトを移動します。キャンプサイトは大まかに北部と南部の2か所あり、北部に2泊、南部に3泊の予定です。滞在中は基本的に早朝~午前と午後~夕方の1日2回のサファリを行いますが、動物の活性、種類、遭遇頻度に合わせて、午前から夕方までの1日や、早朝から午後半ばまでなど、フレキシブルに行います。公園内には多くの水場、小さな砂丘が連なるエリアや、大きなパン(塩湖)が見渡せるエリアもあり、動物観察だけではなく、ワイルドな自然景観もお楽しみいただけます。各食事はキャンプサイトにて(状況によっては早朝を軽食で済ませ、サファリ途中にブランチをお取りいただく場合もあります)。

[ キャンプ泊/カラハリトランスフロンティア公園泊 ]



8日目

カラハリトランスフロンティア公園(約3時間)アピントン4Z直行便(約1時間)ヨハネスブルグ

午前、キャンプサイトを出発。アピントンに戻ります(時間的余裕があれば市内にて買い物も可能です)。午後、アピントン発ヨハネスブルグへ。ヨハネスブルグ到着後、空港近くのホテル泊。

[ ホテル/ヨハネスブルグ泊 ]



9日目

ヨハネスブルグET直行便(約5.5時間)アディスアベバ(乗継)ET経由便(約15時間)東京

午後、ヨハネスブルグ発。夜、アディスアベバ着。乗換えて日本へ。

[ 機中泊 ]



10日目

東京

夜、日本着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京 2022年12月28日 水曜日 785,000円

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 48,060円(2022年6月1日現在)
空港税 20,120円(2022年6月1日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 30,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

2022年12月28日発

785,000円

  • 締め切り
  • 添乗員同行

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 6名様(最大6名様)
添乗員 同行します。
食事 朝食7回/昼食4回/夕食5回(機内食除く)
サファリ 9回
世界遺産 訪問しません。
利用予定航空会社 エチオピア航空(ET)
エアリンク(4Z)
利用予定宿泊施設 ヨハネスブルグ : シティ・ロッジ・OR・タンボ
(ツイン、シャワー付)
または同等クラス
その他の宿泊地は野営キャンプ
ビザ(査証) 日本国籍の方は不要です。
テント 1人部屋追加代金をお支払いいただいた場合、テントもお1人でご利用いただけます。

ご参加にあたってのご注意

  • キャンプ中に使用する水は、周辺の地下水を汲み上げたものを使用していますが、塩分が多く含まれている土壌のため、塩水になります。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

Iさん 40代女性 (2018年9月ご出発)

  • 初めてのキャンプツアーでしたが、設備が整っていて全く困りませんでした。
  • ガイドさん方がとても頑張ってくれていることが伝わりました。
  • 食事が美味しかったのが良かったです。
  • 今年は雨が少なく乾燥がひどく動物が少なかったようですが、これも自然なので仕方ないですね。
  • カラハリライオン達は毛艶が良く元気いっぱいで不思議でした。
  • 日程が変更になり、キャメルキャンプが遠すぎたことは不満でした。往復6時間は長すぎると思う。
  • 添乗員さんが朝暗い中出かけ、結果的に何事もなくヒョウまで見れたのは良かったですが、事故につながりかねない行動なので気を付けたほうが良いと思う。

Kさん 60代女性 (2017年9月ご出発)

  • 現地スタッフが一生懸命でとても心が満足した。
  • 食事も私の口にとても合い、今までのキャンプで一番満足した。
  • 移動の時間もとても気配りがあり、次回も機会があれば是非参加します。

Hさん 50代女性 (2017年9月ご出発)

  • 現地ドライバーガイドとコックがとても良かった。通常、午前中のサファリは8時過ぎには終了してしまうのに昼近くまでやってくれて満足。料理もシンプルで美味だった。限られた食材と状況で工夫して作るものだと感心してしまいました。
  • キャンプ中はシャワーを浴びられない覚悟でいたが、2回も浴びることが出来て感激。普段当たり前のことが、こんなに気持ち良いなんて!と実感。
  • ライオン兄弟(姉弟)のじゃれ合いは本当に可愛くて、いつまでも見ていたい光景でした。私たちグループで‘ひとりじめ’状態は他の公園ではまずあり得ないですね。
  • 不満足というより残念だったのは、動物を近くで見ることが難しかったこと。ある意見、人馴れしていないので本当の自然の姿だと思うのですが・・・。
  • スーパーマーケットなどに立ち寄る時間がもう少し多く取れると良かった。

すべて読む(全4件)

お申し込み