アフリカの旅を創り続けて40年、専門店 道祖神で行くアフリカ

自然写真家 海野和男さんと行く 固有種の宝庫マダガスカル 10日間

カメレオンは野生はもちろん、カメレオンファームでもたくさんの種類を観察

カメレオンは野生はもちろん、カメレオンファームでもたくさんの種類を観察

世界で一番首の長いキリンクビナガオトシブミ

世界で一番首の長いキリンクビナガオトシブミ

最大の原猿・インドリ。ペリネ自然保護区に生息しています

最大の原猿・インドリ。ペリネ自然保護区に生息しています

『星の王子さま』に登場する巨木・バオバブはマダガスカルを代表する木です

『星の王子さま』に登場する巨木・バオバブはマダガスカルを代表する木です

旅の途中で子供たちと交流するのも旅の楽しみです

旅の途中で子供たちと交流するのも旅の楽しみです

色鮮やかなアデガエル

色鮮やかなアデガエル

マダガスカルオナガヤママユ

マダガスカルオナガヤママユ

ツアー概要

独自の進化を遂げたマダガスカル固有の生物たちを求めて森を探索

世界で4番目に大きい島・マダガスカルには気候や植生などが異なる多様な 自然があり、それぞれに生息する動物・鳥・昆虫・植物の多くがマダガスカル、さらにその中でもそのエリアでしか見られない固有種であることが少なくありません。ツアーではペリネ特別保護区、キリンディー森林保護区と2つの森を歩き固有種たちを探します。またマダガスカルのシンボルにもなっているバオバブの木を訪ねてバオバブの並木道へ。長年、各地の熱帯雨林に通い続ける自然写真家の海野和男さんのお話しを聞きながらマダガスカルの自然を 堪能してください。

地図

ツアーの見どころ、ポイント

ペリネ特別保護区とキリンディー森林保護区

ツアーではマダガスカルの中でも原猿、爬虫類、昆虫、植物などの種類が特に多く生息する場所を選び訪問します。ペリネ特別保護区は、世界最大の原猿類であるインドリが有名です。他にもブラウンレムールを含む約14種のキツネザル、カメレオンなど約50種の爬虫類、世界最小のカエルツリーフロッグなど両生類、もちろん昆虫も期待できます。またキリンディー森林保護区はキツネザルやカメレオンはもちろんフォッサやテンレックなどの珍しい動物が生息しています。夜行性の動物が多いので、ナイトサファリも楽しめます。

海野 和男さんプロフィール

1947年、東京生まれ。東京農工大学農学部卒業。フリーの昆虫の写真家。日本国内はもとより、世界各地の熱帯雨林に通い、写真を撮り続ける。1990年よりアトリエのある長野県小諸市にじっくり腰を据えて、身近な自然を記録している。ホームページ「小諸日記」は、1999年より写真にコメントを付け、16年間毎日更新している。1994年日本写真協会賞受賞。写真集、著作は100冊以上にのぼる。最新作は『自然のだまし絵 昆虫の擬態』( 誠文堂新光社)、『世界のカマキリ観察図鑑』( 草思社)。現在、日本自然科学写真協会会長。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京ET経由便(約16時間)

夜、東京発。アディスアベバへ。

[ 機中泊 ]



2日目

アディスアベバ(乗継)ET直行便(約5時間)アンタナナリボ

午前、アディスアベバで飛行機を乗り換え。午後、アンタナナリボ着。係員が空港でお出迎えし、市内のホテルへ。

[ ホテル/アンタナナリボ泊 ]



3日目

アンタナナリボMD直行便(約1時間)モロンダバ

午後、国内線でモロンダバへ。ホテルにチェックインの後、バオバブ街道へ。夕陽に染まるバオバブの景観をお楽しみください。

[ ホテル/モロンダバ泊 ]



4日目

モロンダバキリンディ森林保護区

朝食後、キリンディ森林保護区へ。到着後は森を歩き、固有種を探索。夜もナイトサファリをお楽しみください。キリンディは世界最小のピグミーネズミキツネザルなどの夜行性の種類が 特に多いことで知られています。

[ ロッジ/キリンディ森林保護区泊 ]



5日目

キリンディ森林保護区モロンダバアンタナナリボ

朝食後、モロンダバへ戻ります。午後は国内線でアンタナナリボへ。

[ ホテル/アンタナナリボ泊 ]



6日目

アンタナナリボペリネ特別保護区

朝食後、ペリネ特別保護区へ。途中、カメレオンファームを訪問し、マダガスカル固有のカメレオン、両生類、シファカなどを見学。ペリネ到着後は、ナイトウォークをお楽しみください。

[ ロッジ/ペリネ特別保護区泊 ]



7日目

ペリネ特別保護区滞在

終日、熱帯雨林で固有種を探索。最大のキツネザル・インドリが有名ですが、カメレオンなどの爬虫類、カエルなどの種類も豊富です。

[ ロッジ/ペリネ特別保護区泊 ]



8日目

ペリネ特別保護区アンタナナリボ

朝食後、アンタナナリボへ。到着後はキツネザルほかマダガスカル固有の動植物が見られるレミュールパークへご案内します。

[ ホテル/アンタナナリボ泊 ]



9日目

アンタナナリボET直行便(約5時間)アディスアベバ(乗継)ET経由便(約15時間)

出発まで簡単な市内観光またはお買い物をお楽しみください。午後、国際線でアディスアベバへ。着後、飛行機を乗り換え。

[ 機中泊 ]



10日目

東京

夜、東京着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京 2018年11月19日 月曜日 565,000円

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 21,320円(2018年6月1日現在)
空港税 12,900円(2018年6月1日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 48,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

2018年11月19日発

565,000円

  • お問合せください
  • 催行決定

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 5人
添乗員 同行しません。
日本から海野和男さんが同行します。
食事 朝食7回/昼食6回/夕食7回(機内食除く)
サファリ なし
世界遺産 訪問しません。
利用予定航空会社 エチオピア航空(ET)
キャセイパシフィック航空(CX)
南アフリカ航空(SA)
利用予定宿泊施設 アンタナナリボ : ドゥ・ルーブル
モロンダバ : バオバブ・カフェ
キリンディ : ルレ・ドゥ・キリンディ、キリンディ・ロッジ
ペリネ : ヴァコナ・フォレスト・ロッジ、アンダシベ・ホテル
(ツイン、シャワー付)または同等クラス。
ビザ(査証) マダガスカルの観光ビザが必要です。
予防接種 不要です。
荷物 キリンディ森林保護区やペリネ特別保護区での散策用として、底のしっかりした靴をご用意ください。

ご参加にあたってのご注意

  • マダガスカルの国内線は、しばしばスケジュール変更があります。その場合、日程が変更になる可能性があります。なるべくもとの日程に近い形になるように努めますが、変更補償金の対象とはなりませんのであらかじめご了承ください。
  • マラリア常在国になりますので、蚊に刺されない服装(長袖・長ズボン)や、虫除け対策を心がけてください。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

お申し込み