アフリカの旅を創り続けて38年、専門店 道祖神で行くアフリカ

セーシェル アイランド・ホッピング 9日間

白砂のビーチと青い海が広がる海鳥たちの楽園、バード島

白砂のビーチと青い海が広がる海鳥たちの楽園、バード島

離れた島間の移動には、国内線の軽飛行機を利用します

離れた島間の移動には、国内線の軽飛行機を利用します

窓も鍵もない、開放的なバード・アイランド・ロッジ

窓も鍵もない、開放的なバード・アイランド・ロッジ

バード島の北側に、セグロアジサシたちがコロニーを作ります

バード島の北側に、セグロアジサシたちがコロニーを作ります

人を怖がらない、子育て中のシラオネッタイチョウ

人を怖がらない、子育て中のシラオネッタイチョウ

バード島には、鳥とともにアルダブラゾウガメも生息しています

バード島には、鳥とともにアルダブラゾウガメも生息しています

近い島間の移動は、高速フェリー

近い島間の移動は、高速フェリー

ラディーグ島のフリー滞在時は、自転車や牛車での島内観光がおすすめ

ラディーグ島のフリー滞在時は、自転車や牛車での島内観光がおすすめ

珍しい植物が繁るプララン島の世界遺産、ヴァレ・ド・メ国立公園

珍しい植物が繁るプララン島の世界遺産、ヴァレ・ド・メ国立公園

ツアー概要

「インド洋の宝石」セーシェルの特色ある4つの島をめぐる、インド洋の島旅!

セーシェルといえば大リゾート地としての面が注目されがちですが、自然面では固有のユニークな動植物が生息し、文化面では多文化が混ざった独特のクレオール文化を有する、様々な見所がある国でもあります。美しいビーチのみならず、西インド洋の海鳥たちの最大の繁殖地であるバード島や、固有の植物が繁る世界遺産の国立公園を擁するプララン島など、4つの島々を「自然と文化」をテーマにめぐる、インド洋の島旅です!

※渡り鳥観察を目的にバード島を訪問される方には、繁殖シーズンの5~10月の訪問をお勧めします。

地図

ツアーの見どころ、ポイント

渡り鳥の楽園、「バード・アイランド」

セーシェル諸島の最北端に位置する、珊瑚礁と白砂のビーチに囲まれた面積6㎢の小さな島で、その名のとおり西インド洋周辺に生息する海鳥が多く集まり、特に5~10月にかけては、数百万羽のセグロアジサシが繁殖のために飛来します。また、周囲の海にはイルカやウミガメも生息しています。宿泊施設は1軒のロッジのみで、滞在人数が制限されるため、島を取り囲む白砂のビーチとエメラルドの海はプライベート感に溢れ、シュノーケリング、シーカヤック、島内のネイチャーウォーキングなどのオプショナルで、インド洋の孤島の自然を満喫できます。

セーシェル・クレオール料理

民族移動の歴史を反映して、セーシェル国民の先祖はアラブ系、インド系、アフリカ系、ポリネシア系、フランス系、中国系と多岐にわたり、各民族集団同士の交流が進んだ結果、人種・文化ともに複雑に混淆(クレオール化)しました。言葉や建築などとともに、クレオール文化を代表するのが料理。その多くはフレンチ、もしくはカレーをベースにしているため、味はどれも日本人の口に合って美味しく、できれば庶民の味から正統派コース料理まで幅広く味わっていただきたいところです。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京EY直行便(約13時間)

夜、成田発。アブダビへ。

[ 機中泊 ]



2日目

アブダビ(乗継)EY直行便(約5時間)マヘ島(セイシェル)

早朝、アブダビ着。乗換。午後、セイシェルのマヘ島着。ホテル着後、フリー。首都ビククトリアの街の散策などをお楽しみください。

[ ホテル/ビクトリア泊 ]



3日目

マヘ島(約0.5時間)バード島

午前、軽飛行機にて諸島最北の島、バード島へ。島唯一のロッジにチェックイン後は、フリー。サンゴ礁でのシュノーケリングや、渡り鳥の観察などをお楽しみください。

[ ロッジ/バード島泊 ]



4日目

バード島滞在

バード島滞在。バード島は周囲5キロの小さい島ですので、徒歩で一周できます。島には世界最高齢のオスのゾウガメ「エスメラルダ」も暮らしています。シュノーケリング用具とカヤックのレンタルは無料、有料のオプショナルではフィッシングやダイビングなどのアクティビティ参加も可能です(事前申し込みが必要な場合があります)

[ ロッジ/バード島泊 ]



5日目

バード島(約0.5時間)マヘ島(約1時間)ラディーグ島

朝食後、再び軽飛行機でマヘ島へ戻ります。到着後、港へ。高速フェリーでラ・ディーグ島へ。港近くのホテルにチェックイン後、フリー。島の主要な施設は港の周辺に集中しています。食事は名物のオクトパス・カレーがおすすめ!

[ ロッジ/ラディーグ島泊 ]



6日目

ラディーグ島滞在

フリー滞在の1日です。のんびりとレンタルサイクルでの島内観光がおすすめ!

[ ロッジ/ラディーグ島泊 ]



7日目

ラディーグ島(約0.5時間)プララン島

朝食後、フェリーで隣の島プラランへ。ホテルにチェックイン後、世界遺産のヴァレ・ド・メ国立公園へご案内します。原生林のプチ・トレッキングをお楽しみください。数種の巨大なヤシが茂り、セイシェル固有種の鳥ブラック・パロットが生息しています。観光後はフリー。

[ ホテル/プララン島泊 ]



8日目

プララン島直行便(約0.5時間)マヘ島EY直行便(約5時間)アブダビ(乗継)

朝食後、空港へ。午前、プララン発。昼、マヘ着。国際線に乗り換え。夜、アブダビ着。乗り換え。深夜、東京へ。

[ 機中泊 ]



9日目

EY直行便(約10時間)東京

午後、東京着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京 2017年5月5日 ~ 2017年7月7日 の金曜日 430,000円
東京 2017年7月14日 金曜日 440,000円
東京 2017年7月21日 ~ 2017年8月18日 の金曜日 470,000円
東京 2017年8月25日 ~ 2017年9月8日 の金曜日 440,000円
東京 2017年9月15日 金曜日 490,000円
東京 2017年9月22日 ~ 2017年10月27日 の金曜日 後日発表

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 12,000円(5月08日現在)
空港税 10,990円(5月08日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 65,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

このツアーの催行状況については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 2人
添乗員 同行しません。
現地係員がご案内します。
食事 朝食6回/昼食2回/夕食2回(機内食除く)
サファリ なし
世界遺産 ヴァレ・ド・メ国立公園
利用予定航空会社 エティハド航空(EY)
エミレーツ航空(EK)
エア・セーシェル(HM)
利用予定宿泊施設 ビクトリア : ヒルトップ・ブティック
バード島 : バード・アイランド・ロッジ
ラディーグ島 : ラディーグ・アイランド・ロッジ
プララン島 : アカジュー・リゾート(ツイン、シャワー付)または同等クラス。
ビザ(査証) 日本国籍の方は不要です。
予防接種 不要です。
荷物

ご参加にあたってのご注意

  • ロッジの部屋数が限られているため、予め部屋をおさえることができません。ご希望をいただき、空室状況を確認してから、ご予約を正式に承ります。
  • 東京以外の出発地はご相談ください。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

お申し込み