フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて40年、専門店 道祖神で行くアフリカ

エチオピアのクリスマスを訪ねる 8日間

ゲオルギス教会で1月6日の夜を徹して祈る人々

ゲオルギス教会で1月6日の夜を徹して祈る人々

岩山と荒涼とした大地が広がる北部エチオピア

岩山と荒涼とした大地が広がる北部エチオピア

断崖絶壁に横穴を穿って造られた修道院

断崖絶壁に横穴を穿って造られた修道院

教会にむかって辿る、険しい道

教会にむかって辿る、険しい道

素晴らしい聖画が描かれた岩窟教会の内部

素晴らしい聖画が描かれた岩窟教会の内部

シストラムと錫杖を手に御詠歌を歌う聖職者たち

シストラムと錫杖を手に御詠歌を歌う聖職者たち

そろいの装束を纏って教会の敷地に集まる聖職者たち

そろいの装束を纏って教会の敷地に集まる聖職者たち

厳粛な雰囲気の中でも晴れやかな人々の顔

厳粛な雰囲気の中でも晴れやかな人々の顔

朝を迎え、人々は祭日を家族と過ごすために家路につく

朝を迎え、人々は祭日を家族と過ごすために家路につく

ツアー概要

悠久のキリスト教国エチオピアで、ゲンナ(エチオピア・クリスマス)体験!

独自の暦を持つエチオピアでは、毎年1月7日がエチオピア正教のクリスマス。エチオピア各地から、人々はが巡礼を行いながら、ラリベラを目指します。44日間の断食の終わりでもあるため、厳粛なセレモニーが行われる一方、各家庭ではご馳走を用意して、家族で祝日を祝います。年に一度の祭典にそっとお邪魔してみませんか?

地図

ツアーの見どころ、ポイント

ゲンナ(エチオピア・クリスマス)

ゲンナは、独自のエチオピア暦を元に、毎年決まった日に行われるキリスト生誕を祝うセレモニー。アディスアベバのマスカル祭、ゴンダールのティムカット祭、アクスムのイースターと並ぶ、エチオピアの1年を彩る大祭のひとつです。祭礼自体はエチオピア各地の正教会でも行われますが、「エチオピア正教徒なら一生に一度はラリベラで見るべき」といわれるほど、ラリベラで行われるものが有名です。人々はエチオピア各地から各地を巡礼しながらラリベラ目指し、教会の傍で休みながら夜通し祈ります。正装した聖職者が一同に介し、御詠歌を歌い、祈る様子は荘厳です。

悠久の歴史を持つエチオピア正教

アルメニアに次ぐ世界最古のキリスト教国の一つといわれるエチオピアのキリスト教のうち、最も古い形を残しているのがエチオピア正教です。エチオピアの北部には、教会や修道院など、エチオピア正教に関した歴史的な遺産が数多く残されています。今も変わらず教会で祈りを捧げている人々や、何のためらいもなく差し出される1000年以上も前に書かれた聖書を見れば、悠久の時を超え、現在もその教えが信仰されている事を実感できるでしょう。

ティグレの岩窟教会群

エチオピア北部のティグレ州の荒涼とした大地やそそり立つ荒々しい岩山は、古くから一般の人々を遠ざけ、逆に静謐と祈りの日々を求める修道士たちを惹きつけ、修道士たちはラリベラの岩窟教会群よりさらに古い時代に、同じく岩を穿って教会や修道院を造営しました。多くの観光客を集めるエチオピア観光最大の見所の一つであるラリベラに反し、その険しさゆえに訪れる人は少ないですが、悠久の歴史と修道士の静かな暮らしに触れることができます。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京ET経由便(約16時間)

夜、東京発。アディスアベバへ。

[ 機中泊 ]



2日目

アディスアベバ(乗継)ET直行便(約1時間)メケレ(約2時間)ゲラルタ

午前、アディスアベバ着。飛行機を乗り換え、昼メケレ着。ティグレの岩窟教会群の中心地、ゲラルタへ。

[ ロッジ/ゲラルタ泊 ]



3日目

ゲラルタ滞在

アブーナ・イェマタ、マリアム・コルコル、ダニエル・コルコルの3つの岩窟教会を訪問。山の上や岩場に造営されているため、軽い岩登りやトレッキングで訪問します。

[ ロッジ/ゲラルタ泊 ]



4日目

ゲラルタ(約9時間)ラリベラ

終日移動の一日。陸路でダイナミックな山岳景観が広がるパノラマルートを通って、ザグウェ朝の古都ラリベラへ。

[ ホテル/ラリベラ泊 ]



5日目

ラリベラ滞在

12世紀のラリベラ王の時代に、巨大岩をくり抜いて造られた教会群を見学。ラリベラで一番の大きさを誇るメダネ・アレム教会を含む第一教会群を巡ります。午後は一旦、ホテルに帰り、夜に備えて休憩。深夜よりエチオピアのクリスマス・ゲンナを見学。この日の深夜から翌日明け方がクライマックスです。

[ ホテル/ラリベラ泊 ]



6日目

ラリベラ滞在

見残した、別名「ノアの方舟」とも言われる聖ギオルギス教会や、第二教会群を見学。午後は、山の上に位置するアシェトンの聖マリア教会を訪問。

[ ホテル/ラリベラ泊 ]



7日目

ラリベラET直行便(約1時間)アディスアベバET経由便(約16時間)

午前、アディスアベバへ。到着後、市内観光とショッピング。夜、アディアベバ発。空路日本へ。

[ 機中泊 ]



8日目

東京

夜、東京着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京 2019年1月2日 水曜日 445,000円

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 4,520円(2018年1月15日現在)
空港税 9,570円(2018年1月15日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 50,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

2019年1月2日発

445,000円

  • 5名様募集中
  • 添乗員付

上記以外の出発日については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 6人
添乗員 日本より同行します。
食事 朝食5回/昼食6回/夕食5回(機内食除く)
サファリ なし
世界遺産 ラリベラの岩窟教会群
利用予定航空会社 エチオピア航空(ET)
エミレーツ航空(EK)
利用予定宿泊施設 ゲラルタ : ゲラルタ・ロッジ
ラリベラ : ラル
アディスアベバ : ネクサス
(ツイン、シャワー付)
または同等クラス。
ビザ(査証) エチオピアの観光ビザが必要です。
予防接種 黄熱病の予防接種をお奨めします。
荷物

ご参加にあたってのご注意

  • 各訪問地ではホテルに宿泊予定ですが、場所により水シャワーのみの場合もございます。現地事情をご理解のうえ、ご参加ください。
  • 訪問予定地の平均標高は約2,000mです。日中は日差しが強いので、帽子や日焼け止めなど日よけ対策をお願いします。また、朝晩は冷え込みますので、薄手の防寒着もお持ちください。
  • 教会や修道院への訪問を予定していますが、その際は靴を脱いで入場していただきます。また、一部虫が発生する場所もございますので、防虫スプレーなどのご準備をおすすめします。
  • 現地の天候や車のコンディション、政情の変化など、弊社の関知し得ない状況によりルートや宿泊地、訪問地の変更などを余儀なくされる場合があります。最善を尽くすよう努力致しますが、その場合、変更補償金の対象外とさせていただきます。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

Oさん 60代女性 (2010年12月ご出発)

  • 移動車が狭かった。
  • ラリベラでのゲンナ見学、思いがけずベストな場所で見られたのはラッキー。祭典そのものは単調であったが、周辺の部族民のさまざまが興味があった。
  • アンゴ・バルのホテルは不思議体験。人の想像力の面白さを感じる
  • タナ湖、聖マリア教会のプリミティブな絵画が予期せず面白かった。西欧のキリスト絵画の重々しさより、楽しく親しみがあって良い。

お申し込み