アフリカの旅を創り続けて39年、専門店 道祖神で行くアフリカ

エチオピア・シミエン国立公園トレックとラス・ダッシェン登頂 12日間

長年の風雨がつくりあげた荒々しい山岳景観

長年の風雨がつくりあげた荒々しい山岳景観

ラバを引いた地元の人々も利用する道をゆっくりと歩いていきます

ラバを引いた地元の人々も利用する道をゆっくりと歩いていきます

トレッキングには武装したスカウト(レンジャー)が同行しますが、危険はありません

トレッキングには武装したスカウト(レンジャー)が同行しますが、危険はありません

奥行きある山域の景色と、色鮮やかなアロエの原種

奥行きある山域の景色と、色鮮やかなアロエの原種

夜間冷え込み、霜が降りることもある高地

夜間冷え込み、霜が降りることもある高地

頂上直下の登り

頂上直下の登り

なんと4,500mを越える山頂付近で放牧する少年たち

なんと4,500mを越える山頂付近で放牧する少年たち

ヨーロッパとアフリカの生態系のつながりを証明付ける野生ヤギの仲間、ワリア・アイベックス

ヨーロッパとアフリカの生態系のつながりを証明付ける野生ヤギの仲間、ワリア・アイベックス

ツアー概要

激しい風雨が作り出した荒々しい景観を持つ世界遺産、シミエンを歩き、アフリカ第4の高峰に挑む。

エチオピアのシミエン山塊、別名「ROOF OF AFRICA(アフリカの屋根)」。世界遺産でもあるこの山塊に、アフリカで第4の高峰ラス・ダッシェン(4543m)はあります。切り立った崖と圏谷からなる景観、固有の希少哺乳類など見どころは豊富。山中に暮らす山岳民たちとの触れ合いもこの山域を歩く楽しみのひとつ。エチオピアならではの、光と影のコントラストが作り出すドラマチックな風景も必見です。

地図

ツアーの見どころ、ポイント

山中の絶景とシミエンでしか見られない生き物

シミエンならではの景観といえば、テーブル状の山塊を長年の激しい風雨が削った荒々しい断崖絶壁の連続ですが、削り取った後に残った岩塊が尖峰としてそそり立つ様や、季節によってはまさに千尋の谷という形容がぴったりの谷間に、滝が流れ落ちていく様を見ることができます。また、エチオピア固有の3種の哺乳動物、エチオピア・ウルフ、ゲラダ・ヒヒ、ワリア・アイベックスが生息し、遭遇のチャンスが大きいこともこの山域を歩く楽しみの一つです。

ミュール(ラバ)に乗る

エチオピアの農村部では、ミュール(ラバ)が労役に従事しており、シミエンでもこのラバが荷物を運びます。数頭のラバに対して一人の割合で御者がつきます。ラバは並走する車道がある場合は車道を歩きますが、激しいアップダウンの多い箇所では、荷役のラバとは別の乗用のラバが登山ルートを登山者とともに歩きますので、ラバに乗って難所を乗り切ることも可能です。全て歩き通すと非常にきついコースですので、歩き半分、ラバ半分程度がちょうど良いでしょう。

ツアー日程表

  • 飛行機
  • 自動車
  • 登山/徒歩
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目

東京

夜、成田発。経由便でアディスアベバへ。

[ 機中泊 ]



2日目

アディスアベバ ゴンダール

早朝、アディスアベバ着。国内線に乗り換え。午後、ゴンダール着。市内観光。

[ ホテル/ゴンダール泊 ]



3日目

ゴンダール サンカバル (約6時間) ギーチ

ゴンダールから登山基地サンカバルへ車で移動。トレック開始。ギーチ・アビスのビューポイント経由でギーチ・キャンプ(3,600m)へ。

[ ギーチ・キャンプ泊 ]



4日目

ギーチ (約3時間) イメット・ゴーゴ (約3時間) ギーチ

登山 : イメット・ゴーゴ(3,926m)へ。昼食後、ギーチ・キャンプへ戻ります。※山中は基本的にトレッキングですが、馬に乗って歩くことも可能です。

[ ギーチ・キャンプ泊 ]



5日目

ギーチ (約8時間) チェンネック

登山 : チェンネック(3,600m)へ。山中最も美しいといわれる区域です。

[ チェンネック・キャンプ泊 ]



6日目

チェンネック (約10時間) アンビコ

登山 : アンビコ・キャンプ(3,150m)へ。渓谷の登り下りが多くハードな一日。

[ アンビコ・キャンプ泊 ]



7日目

アンビコ (約6時間) ラス・ダッシェン (約4時間) アンビコ

登山 : ラス・ダッシェン山(4,610m)へ。登頂後、アンビコ・キャンプへ戻ります。

[ アンビコ・キャンプ泊 ]



8日目

アンビコ (約7時間) チェネック バイト・ラス

登山 : ブワイト峠(4,200m)までのハードな登りを経て、チェンネックへ。到着後、車でバイト・ラスのロッジへ。

[ バイト・ラス泊 ]



9日目

バイト・ラス滞在

ゲラダ・ヒヒ、ワリア・アイベックス、ヒゲワシなど、シミエン特有の哺乳動物や野鳥を探して公園内をトレッキング。

[ バイト・ラス泊 ]



10日目

バイト・ラス ゴンダール

朝食後、専用車でゴンダールへ。午後はゴンダール市内観光。

[ ゴンダール泊 ]



11日目

ゴンダール アディスアベバ

朝食後、国内線でアディスアベバへ。着後、市内観光、ショッピングなど。夜、アディスアベバ発。経由便で成田へ。

[ 機中泊 ]



12日目

東京

夜、成田着。



ご出発日・ご旅行代金

ご出発地 ご出発日 ご旅行代金
東京 2017年11月15日 水曜日 492,000円
東京 2017年12月27日 水曜日 608,000円
東京 2018年3月14日 水曜日 496,000円

※上記ご旅行代金の他に、下記 ‘燃油特別付加料’ と ‘空港税’ が必要です。

燃油特別付加料 6,660円(8月1日現在)
空港税 9,510円(8月1日現在)
ビジネスクラス お問い合わせください。
一人部屋追加料金 50,000円
子供料金 お問い合わせください。
リピーター割引 リピーター割引の適用条件については、リピーター割引のご案内をご覧ください。

催行情報

このツアーの催行状況については、お電話(0120-184-922)またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご旅行条件

最少催行人数 6人
添乗員 日本より同行します。
食事 朝食9回/昼食9回/夕食9回(機内食除く)
サファリ なし
世界遺産 訪問しません。
利用予定航空会社 エチオピア航空(ET)
エミレーツ航空(EK)
タイ航空(TG)
全日空(NH)
利用予定宿泊施設 ゴンダール : ゴハ
バイト・ラス : シミエン・ロッジ(ツイン、シャワー付)
山中は野営キャンプ
ビザ(査証) エチオピアの観光ビザが必要です。
予防接種 黄熱病の予防接種をお奨めします。
荷物

ご参加にあたってのご注意

  • 山中はテント泊です。キャンプ地にトイレはありますが、シャワーはありません。
  • ミュール(ラバ)は疲れてしまった方、体調の悪い方が乗用として利用可能ですが、状況によってご利用できない場合があります。

関連ツアーレポート

お客様からの口コミ・評判

お申し込み