フリーコール 0120-184-922

2018年12月20日より、携帯電話・PHSからは繋がりません。
固定電話からおかけいただくか、03-6431-8322までお電話ください。

アフリカの旅を創り続けて41年、専門店 道祖神で行くアフリカ

ケニア・サファリ・ハイライトの口コミ・評判

ケニア・サファリ・ハイライトへ行かれたお客様からの口コミ・評判をご紹介します。

Yさん ご夫妻 (2018年12月ご出発)

  • 多くの動物が大自然の中で生活している様子が見ることができ、とても良かった。
  • 宿泊したロッジが予想より清潔で、どのロッジでもシャワーでお湯が使え快適でした。
  • バルーンサファリの後はかなり疲れたので、夕方のサファリはなくてもよかった。
  • サファリ等でドライバーだけだと言葉が通じなくて不便でした。

Sさん 60代女性 (2019年1月ご出発)

  • 宿泊したロッジはどこもケニアらしく楽しめた。アンボセリセレナは庭も美しく、サバンナモンキーがテラスまで遊びに来てくれたし、お土産屋さんの品ぞろえも良かった。イルケリアニでは大自然を満喫。
  • ラインも出来ず、サファリ以外は何もせずぼーっと過ごし、早寝早起き美味しい食事に大満足。
  • レストランスタッフもフレンドリーで毎食レストランに行くのが楽しみだった。
  • 夜間の寒さ対策、湯たんぽがありがたかった。
  • ドライバーが頑張ってくれて沢山の動物を見ることができた。
  • チーターの食事風景も1時間くらい見学出来てラッキーでした。
  • マサイ村訪問の夢がかなって本当によかったです。
  • 仕方ないけれどイルケリアニのシャワーはちょっと寒かった。排水も悪くてちょっと嫌だった。

Sさん 70代女性 (2018年8月ご出発)

  • 添乗員さんや現地駐在員さんなど、道祖神の方々は気持ちの良い方ばかりでした、ありがとうございました!

Oさんご家族 (2018年8月ご出発)

  • どの国立公園でも沢山の動物が見られてとても楽しみました。
  • ドライバーさんや添乗員の説明が大変分かりやすく、十分に理解することができました。
  • ロッジは3か所ともとても素敵でした。
  • 現地の方との交流も楽しみにしていた一つだったので、レストランやお土産屋さんのスタッフと沢山おしゃべりを満喫しました。みんなとても親切でした。
  • 添乗員さんが高齢な母のことを気にかけて下さり、とても嬉しく思いました。
  • ゲームドライブでは結局ヒョウを見ることができませんでしたが、最終日の夜に添乗員さんがヒョウの顔が描かれたシャツを着て下さり、ビッグ5の素敵な締めくくりになりました。面白かったです!

Sさん 30代女性 (2018年8月ご出発)

  • サファリ10日間は飽きないかな?と少し心配して、暇な時間は本でも読んでいるかと思っていましたが、全然飽きなかったし、日程もバランスが取れてゆっくりと動けたので、時間を気にせず楽しめました。
  • 添乗員さんの気配り、機転の利いた対応で本当に満足できる旅行になった。
  • 旅の仲間に恵まれて10日間ずっと楽しかった。
  • ライオンを見ることができた。緊張した。また、野生動物のハンティングシーン、捕食シーン、病気やけがを負った動物を見れた。
  • ドライバーさんが温かくて良い方でした。
  • ヒョウが見れなかったのが残念、いつかリベンジしたい!
  • マサイ村の最後のマーケットが恩着せがましい感じがして少しげんなりした。

Nさん 30代男性 (2018年7月ご出発)

  • 連泊でゆっくりでき、公園の様々な方面へ行くことができ、良かった。ただ、マサイ・マラはまだまだ見たりないと思った。
  • 初めての海外だったが、添乗員付きということもあり、快適に過ごすことができた。
  • 仕方ないことだが、移動は長く感じた。今後のインフラの整備に期待。

Mさん 30代女性 (2018年10月ご出発)

  • ロッジは3カ所で、それぞれの良さがあり飽きなくて良かった。最後のマサイ・マラのテント型ロッジでは、動物の声など自然の中にいる非日常感を味わえました。
  • 各公園では景観も動物も違い、移動時間は長かったですが、3カ所訪れることができ良かったです。
  • 移動中の街の様子も楽しめました。
  • ドライバーのジェームズが日本語をけっこう分かってくれたところは心強かったです。
  • トイレ休憩に立ち寄るお土産屋さんでの熱心な接客は面白くもありましたが、少し疲れました。

Hさん 40代女性 (2018年8月ご出発)

  • ドライバーの方もホスピタリティーにあふれていて沢山の動物を見せてくれて感謝感激でした。
  • ホテルもどれも良く、絶対にまた行きたい。
  • 今度はスワヒリ語をもっと覚えて行きたい!と思えるほど、現地の人々との交流も良かった。
  • ホテルで湯たんぽを準備してくれるのがとても良かった。
  • 良いサプライズがたくさんあり。アフリカならではかな!?と思いました。
  • 個人的には3つの公園が見れるので良かったですが、人によっては車の移動がハードかもしれません。

Tさん 30代ご夫妻 (2018年9月ご出発)

  • BIG5がすべて見られた。
  • ライオンは3カ所の国立公園で見られて、様々な月齢の子ライオンにも出会えて良かった。
  • ドライバーさんが一生懸命頑張ってくれ、チーターやヒョウも見ることができた。
  • 2人のみのツアーとなったため、何かと融通が利き、オプショナルツアーやロングサファリと盛り沢山詰め込めた。
  • ハネムーンのサプライズプレゼントがあり感激した。
  • インドア派、虫が苦手のためテント型ロッジには正直不安がありましたが、とても快適に過ごせた。
  • マサイの方々がとても気さくで、マサイ語で話しかけるととても喜んでくれた。
  • 現地駐在員の方が神出鬼没で毎回笑った。
  • 乾季は砂ぼこりがすごいと聞いていたが、屋根を開けたまま車に乗るのでコンタクトユーザーは目薬が必須。

Kさん 60代男性 (2018年9月ご出発)

  • 予想以上に見ることのできた動物の種類も数も多くて大変良かった。

Oさん 50代女性 (2018年9月ご出発)

  • マサイ・マラでのテントロッジが初めてで快適だった。
  • ナイロビのパなりホテルはシャワーのお湯の温度が低く、髪が洗えなかった。

Mさん 60代女性 (2018年8月ご出発)

  • アンボセリセレナロッジが、部屋がきれいで食事も良く、テラスからサバンナの動物が見え、快適に過ごせました。
  • 食事はどのロッジも思った以上に美味しかったです。特にナクル湖のロッジは種類が多く豪華でした。
  • ナクル湖とマサイ・マラのロッジでは夜は寒かったですが、湯たんぽを用意してくれて助かりました。
  • マサイ・マラのイルケリアニは電気の制限やシャワーの湯量など不便なこともありましたが、スタッフが親切で、モーニングコーヒーのサービスも嬉しかったです。何よりサバンナを目の前にして大自然を感じられ、共有スペースの2階から見たサバンナの動物たち、風や音、匂い、夜聞こえてきた動物の鳴き声や足音、すべて忘れられない思い出となりました。
  • 移動日は長時間車に乗るのがきついので、もう少し乗り心地が良ければと思いました。

Mさん 70代ご夫婦女性 (2018年7月ご出発)

  • たくさんの動物を見られ、辛い移動でケニアがどんなところかよくわかった。また、無事故で戻れよかった。
  • アンボセリとナクルのロッジは予想以上によく、食事も美味しかった。マサイ・マラのロッジはシャワーの蛇口の調整が壊れており、熱湯が出てくるのみで危なかった。テントロッジそのものはよかったので残念なことだった。
  • ナクル湖のロッジはもう半日でもいいから滞在したかった。
  • 移動時間が長かった。軽飛行移動も一部取り入れたらどうか。
  • 現地スタッフは優秀。特に二人のドライバーはとてもよかった。

Hさん 60代女性 (2018年7月ご出発)

  • 添乗員の方が現地や動物の情報に詳しく、さすが経験豊かだなと感じました。参加者全員の体調にも気を遣ってくださり、安心して旅を続けることができました。
  • 現地のドライバーの方も非常に明るく、サファリの楽しさ、動物とのふれあいのムードを高めてくださった。
  • ロッジは3カ所とも満足でした。食事も美味しかったです。
  • マサイ・マラへの移動日ががたがた道で体力が結構消耗しました。早く舗装されるといいですね。

Kさん 30代ご夫婦女性 (2018年6月ご出発)

  • ヒョウの親子など見たかった動物がすべて見られた。
  • ロッジのスタッフがとても親切だった(体調を崩した時に部屋に電話をくれた)
  • 食事が美味しかった。
  • ケニアの雄大な景色にとても感動しました。
  • 動物園では見ることのできないイキイキとした動物の姿や鳴き声を聞け、とても良かったです。
  • お土産をみる時間がもっと欲しかった
  • ナクル湖のロッジにもう1泊してお食事を堪能したかった。

Kさん 60代女性 (2018年3月ご出発)

  • 運よくライオン、チーター、ヒョウが見られてよかった。
  • 途中で体調を崩してしまったが、添乗員さんが親切にして下さり助かりました。
  • 移動が多すぎる。移動が少なく、サファリの回数が多いツアーを増やしてほしい。

Tさん 30代女性 (2018年6月ご出発)

  • ケニアの情報について事前に冊子があったため自分で調べる手間が省けました。
  • 現地ではドライバー兼ガイドを一人で頑張ってくれました。いろいろと希望も聞いてもらえました。移動距離が長いので不安はありましたが、シートがフカフカしてよかったので時間の割に平気でした。
  • ホテルは自分で予約しないようなところでうれしかったです。スタッフもフレンドリーでよく話かけれくれました。
  • オプションものがわかりにくかったので、もう少し説明があるプリントがあるとよかった。

Tさん 60代男性 (2017年12月ご出発)

  • 駐在員さんから現地情報や生活ぶりなどを聞けたことがよかった
  • 天候、ストライキなどの情報を把握して柔軟に対応していただけた
  • テント(ロッジ)は学生時代以来久しぶりなので、少しは不安はありました。お湯がでにくい、電気の時間に制約があることなど、ホテルより不便はあったかもしれませんが、それ以上によい経験をさせていただきました。

Kさん 50代男性 (2017年12月ご出発)

  • 運がよかったかもしれませんが、優秀なドライバーによるところが多く、多くの動物を間近で見ることができた。
  • 行程、宿泊所等最適で、ハイライトといえるだけのツアーだと思いました。同行の方々もよい方々に恵まれた。
  • 強いえていえばロッジの部屋の網戸を破って猿が入ってきたが、不満ではなく、周知徹底も必要だと思った。

Fさん 60代女性 (2017年4月ご出発)

  • はじめてのアフリカで宿泊施設・食事などにはあまり期待していませんでしたが、実際にはシャワーも水洗トイレも完備していて、電気にも困ることもなく、快適な旅行でした。食事も充実していて、いつも旅行ではおなかをこわすのですが、最後まで元気に過ごすことができました。食事がおいしくて少々食べすぎてしまいました。
  • 宿泊施設はベッド廻りにもネットがはられていて、虫に刺されることもなく、持参した虫よけの薬も使わずじまいでした。
  • はじめてのサファリですが、野生動物をたくさん見ることができて満足しています。
  • ケニア料理を食べる機会がありませんでした。いつか食べたいと思っています。
  • 快適な旅だった半面、ケニアの人々の生活にふれることがあまりなく、どんな生活をしているのかな~と思っています。ちょっとのぞいてみたかったです。
  • 添乗員なしの旅で、出発前は少々不安でしたが、ご一緒したお2人がベテラン・トラベラーで色々と助けていただき、また現地ドライバーの方も日本語を話されて困ることはありませんでした。少人数で充実した良い旅でした。

Mさん 20代男性 (2017年5月ご出発)

  • 初めてのアフリカサファリだったにもかかわらず、ビッグ5全てを見ることができ、さらにチータを複数回見られたので予想以上で、とても楽しかった。ロッジの従業員やドライバーとの会話も面白い内容が多く、良い思い出となった。
  • これは私だけかもしれませんが、道路が悪い所を走ったり、ロッジで毎日停電になったりといった不完全さがとても刺激的で良い経験になった。
  • 休憩で立ち寄るお土産屋やマサイ村で値段交渉が多々あったので、根切りのコツなどを詳しく知っておきたかったと思った。

Mさんご夫妻 (2017年8月ご出発)

  • ケニア・サファリ・ハイライトで、本当にハイライトが全て見られました。経由地でのドバイ滞在時間がちょうど良かった。(行く前は長そうな気がしていたけれど)
  • 夕食タイムに添乗員さんがアフリカの体験談を話してくれて、興味深く聞きました。皆さんの真ん中に座っていただけると、もっと聞けたのに・・と思いました。
  • ホテルはコテージタイプ、テントタイプと様々で、楽しめました。とくにテントタイプは風の音、外の鳥の声が聞こえ、星も綺麗で良かったと思います。
  • ドライバーさんが動物を一生懸命探してくれて、ビッグ5を全て見ることができました。
  • マサイの人たちにハネムーンのお祝いをしてもらいました。ケーキが美味しかったです。
  • 出発前に質問をメールで送りましたが、すぐに返信があり大変助かりました。
  • 空港でお土産を買う時間がもう少しほしかったです。
  • 一般のツアーに参加し、他の参加者の方がどのような方かわからず不安でしたが、皆さん素敵な方で、添乗員さんにも気を遣っていただき、良いハネムーンになったと思います。有難うございました。

Kさん 70代女性 (2017年8月ご出発)

  • ナイロビは治安が悪いと聞いていたが、セキュリティがしっかりしたホテルで安心した。
  • アンボセリ・ナクル・マサイマラのロッジは各々特長があり、良い経験ができた。
  • 私は男の子の孫2人(小6、小4)を連れ、3人部屋(含エキストラベッド)を希望したが、4カ所のホテル・ロッジとも各々適切に対応してくれて良かった。子供や孫を夏休みにサファリに連れていくことをPRするようなホームページを作れば、参加する人はいるのではないか。

Nさん 80代女性 (2017年8月ご出発)

  • 早朝サファリで、ライオン一家10匹あまりの食事の移動中に、子ライオンが遊びながら遅れてくるのを、母ライオンが迎えに行く様子がほほえましかった。
  • マサイの人たちと色々と話しながらのウォーキング・サファリはとても楽しかったので、翌日もう一度できると良かった。
  • 飛行機の中から減塩の食事を用意していただき感謝。
  • ドライバーのジョージさんは色々と気を使ってくださり、たいへん良い方にお逢いできたと喜んでいます。
  • 添乗員の方の1人1人に対する心配りに本当に感謝致します。高齢の私が健康に楽しく、同じグループの人たちと気やすく過ごさせていただいたこと、年を忘れた10日間でした。皆様に感謝致します。

Fさん 60代男性 (2017年8月ご出発)

  • マサイ・マラのオルケリ・キャンプのテント式ロッジがとても良かった。
  • 動物の食事シーンを見られて印象的だった。
  • マサイ村訪問は期待以上だった。

Sさん 40代女性 (2017年8月ご出発)

  • ロッジの水回りが予想外にきちんとしていて、お湯のシャワーも浴びられたので、快適でした。いずれのロッジもスタッフは臨機応変に親切に対応してくださいました。
  • 限られた日数で、3カ所の国立公園を巡り各々の違いを肌で感じることができました。移動はたいへんでしたが、とても良い行程だと思います。費用面のこともあるでしょうが、飛行機での移動だと少し楽だったかも・・とは思います。
  • ドライバーさんのお陰で沢山の動物を見られてとても満足できました。日本語を勉強されていて、片言ではありましたが、コミュニケーションを十分とれて、移動も楽しめました。
  • 事前にホテル・ロッジのランクが分かりにくく、ツアーを申し込むときの一番心配な点でした。もう少し具体的に記載してあると検討しやすいと思います。

Iさん 30代女性 (2017年8月ご出発)

  • ツアー旅行が苦手でしたが、添乗員さんが会話を広げてくれて、楽しく旅行ができました。
  • メンバーに鳥に詳しい方がいらっしゃいました。鳥には興味がなかったのですが、今回の旅行で鳥にも興味を持ちました。アフリカには鳥もたくさんいる!
  • 車の上から顔を出して動物を見ましたが、ホントに近くてびっくりしました。動物園では見られない捕食シーンを見られて感動しました。
  • ドライバーは現地の方でしたが、日本語が達者で人懐っこく色々なことを教えてくれました。道の悪いところを長時間運転してくれたことについては感謝の気持ちでいっぱいです。またサファリの際には他のドライバーと連絡を取り合い、時には大急ぎで向かってくれたことでBig5も見られて大感激です!最後には一緒に写真も撮れて大満足です。
  • 気球は初めて乗りましたが、パイロットの方が日本人というサプライズもあり、色々な話を聞けて特別な経験になりました。気球から見る動物はフィギュアみたいでかわいい!!
  • 毎回夕食を全員で・・というのは少し疲れました。
  • ヌーの川渡りが見られなかったのが残念。
  • アフリカは治安も不安でアクセスも良くないなどから1回きりかなと思っていましたが、広大なサバンナや動物たちを近くで感じられるところ、人なつっこいアフリカ人と触れ合うことでイメージが変わりました。すぐには無理かもしれませんがまた必ず行きたいと思います。今度こそはヌーの川渡りを見たいです。

Tさん 30代男性 (2015年5月ご出発)

  • トラブルが全くなかったということは会社として準備が良かったのだと思います。
  • はじめてツアーに参加しましたが、お金払う価値があるなと思いました。(楽でした)
  • ホテル、ドライバーがとても素晴らしかった。とくにマサイ・マラのオルケリ・キャンプは最高でした。
  • 事前にもらった日程表は一見ゆっくりな感じがしましたが、移動やサファリで意外と忙しかった。 忙しかったけれど、ロードムービーのようなたびをしてる実感が良かったです。

Mさん 30代女性 (2013年4月ご出発)

  • 「まわる順番が絶妙」とあったが、まさしくそうだった。それぞれの場所で必ずハイライトがありながらも、段々と盛り上がっていく流れがまさに絶妙だった。
  • 雨季ということで心配しましたが、ずっと天候に恵まれ、おかげで緑も美しく私にとってはベストシーズンでした。
  • 何よりも今回はツアーメンバーが最高で、添乗員さんのフォローも、前にですぎずとても良かったです。毎日大笑いで本当に楽しかったです。

Sさん 30代男性 (2013年6月ご出発)

  • 全体的にとても良かったです。その中でもアフリカの人が親しみやすく大好きになりました。恐いイメージを持っていたので、良い場所ばかりプランに入れて頂いて、安心して楽しく過ごさせていただきました。
  • ゴミがその辺に捨ててあるのが目に入るので、少し残念でした。ゴミ箱というのが見当たらなかったので、国としてその辺は追いついていないのかな・・と。今後の発展に期待します。

Oさん 30代女性 (2013年9月ご出発)

  • ドライバーさんが、私たちの希望を逐次確認してくれて、臨機応変に対応して下さり、とてもありがたかったです。(ナイバシャ湖でのボートサファリ、リフトバレーでのトイレ休憩、マサイマラでの1日及び半日サファリへの変更、最終日のお土産屋さん・スーパーへの立ち寄りなど)
  • ナクル湖の夕陽が美しかった。ライオンヒルロッジの食事がとくに美味しく、湯たんぽが嬉しかった。
  • 車での移動は景色が楽しめて良かった。

Yさんご夫妻 40代 (2012年12月ご出発)

  • 宿はそれぞれに良い点があったが、唯一不満と言えば、フィッグツリーキャンプでは、ビュッフェにミネラル・ウォーターが置いていないことである。アンボセリ・セレナの氷の上に置かれたミネラル・ウォーターは生き返る思いだった。(なんせ冷たい飲み物になかなかありつけない状況です。アフリカは!)
  • アンボセリ・セレナ位の設備で、テラスや客室からキリマンジャロを眺められるロッジに5泊位してみたい。
  • ロストバゲージ発生時(ナイロビ到着時)夜9時に駐在員の三輪さんが空港まで荷物を取りに行ってくれたおかげで不自由せずに済んだ。かつ万が一に備えて、近くのスーパーに車で連れて行ってくれた。買い物についてアドバイスしてくれて心強かった。
  • 翌日、移動前にスーパーへ買い物に行ったのだが、三輪さんが良い店に連れて行ってくれた。現地通貨が足りなくてレジで困っていると、すぐに三輪さんが駆けつけてくれお金を立て替えてくれた、・・・などなど、駐在員の三輪さんはとても機転が利く方で、好感を持ちました。

Iさん 40代男性 (2012年12月ご出発)

  • ナイロビのホテルで食べた肉が硬かった。それ以外はおおむね美味しく食べられた。
  • マサイ・マラのオルケリ・キャンプでは、最初お湯が出なかったが、すぐに修理にきてくれて有難かった。
  • 良いメンバーで楽しく過ごすことができました。ハネムーンのカップルもいて、最後のマサイ・マラでは、ケーキのプレゼントなどがあり盛り上がって楽しかったです。
  • ドライバーのジョージは日本語がうまく、また動物を見つける眼が凄いと思います。いつも携帯や無線で話をしていて、友達も多く、色んな意味で情報量が多いのだと思います。
  • 動物を思った以上に見ることができた。チーターやライオンを目の前で見ると、その迫力は驚きだ。それ以外にも、フラミンゴやヌー、水牛、ゾウ、キリン、サイやカバなどなど。満足でした。とてもツイている旅でした。有難う。
  • 寒い日もあったが、ベッドに湯たんぽがあって、有難かった。

Mさん 50代女性 (2012年11月ご出発)

  • ホテルもどのロッジもきれいで食事も美味しかったです。野菜やフルーツを食べられたので良かったです。ロッジのスタッフも穏やかで良い雰囲気でした。
  • マラ・シンバ・ロッジの節電で、シャワーが冷たかったので困りました。電気がついてからもぬるま湯でつらかったです。
  • ナイト・サファリは車二台だと、離れないと、後ろの車では動物が逃げてしまって見られないのではないでしょうか。
  • 道は大変でしたが、サファリは本当に楽しく、貴重なクロシロコロブスも見られたし、ヒョウ・チータ、ライオン、キリン、多くの鳥で大満足でした。
  • ドライバーさんは本当に運転のプロでしたし、たくさんの動物も見せてくださいました。目の良さにはビックリ。ヒョウだけでなくヒョウが隠した獲物も見つけて見せてくださいました。お二人に感謝しています。
  • はじめてのアフリカでしたので、添乗員さんが一緒で心強かったです。有難うございました。

Mさん 60代女性 (2012年9月ご出発)

  • 現地ガイドさんがとてもよくしてくださいました。私どものつたない英語をよく理解してくださり、コミュニケーションがとれました。
  • ロッジの従業員の礼儀が正しく、食事もおいしくいただきました。
  • ナクル湖にフラミンゴが少なく、想像していたのと違ったのが残念でした。
  • ウタマドゥニを教えてくださり、昼食兼おみやげタイムに行きました。昼食は美味しく、おみやげもとても良心的で良かったです。
  • 現地でディビッドさんや三輪さんが迎えていただき、また見送りにも来ていただき驚きました。有難うございました。来年も・・と考えております。

Tさんご夫妻 60代 (2012年6月ご出発)

  • 全体的に非常に満足のいく旅行でした。夫は以前よりケニアに興味があり、行く前から楽しみにしていましたが、私は遠いことに少し不安がありました。ロッジのシャワーの出が多少悪かったり、アンボセリのDINNERのアラカルトがあまりおいしくなかったという点はありましたが、そんな事はどうでも良いと思うくらいアフリカの自然、動物に魅了されました。
  • この年になってこんなに毎日ワクワクした日を過ごすことができるなんて考えてもみませんでした。 ライオンの群がバッファローを仕留めて食べているところや、チータがインパラを仕留めて食べているところ、ガゼルが赤ちゃんを産んだところ、絶滅危惧種のクロサイなど、今写真を見て改めてすごいものを見せていただいたと感謝しています。気球も楽しかったし、その後の朝食も最高でした。ステキなアフリカの旅、有難うございました。

Nさんご夫妻 20代 (2012年1月ご出発)

  • 1月はシーズンとしてはよくないとドライバーに聞きましたが、十分動物を見ることができました。
  • 移動中すごく暑くて熱中症対策が必要だと思いました。
  • 主食がいつも同じような脂っこいものばかりで、あまり食べられなかった。
  • アンボセリのロッジは、部屋から食堂までの庭園が手入れされており、夜にはライトアップされて綺麗だった。

Mさん 30代男性 (2011年8月ご出発)

  • 最初のナイロビのホテルが良かったのでテンションが上がりました。
  • 現地スタッフ・ガイド・ドライバー、皆様とても対応が良く満足でした。
  • ケニア入国手続きの時、どこに並べば良いのかわからなかった。
  • 殆どすべての動物は見られましたが、ヒョウだけは遠くからしか見ることができませんでした。

Mさん 50代男性 (2011年8月ご出発)

  • 10日間の日程でケニアを満喫できました。ロッジも思っていたよりずっと奇麗で高級感があり、素晴らしかった!!
  • ドバイでの待ち時間が長すぎると思った。
  • ナイロビから各公園までの道が悪路で遠いので大変でした。
  • 朝晩のサファリ、8回ものサファリがありとても満足でした。他社の10日間ツアーより多い。アンボセリ2泊、ナクル1泊、マサイ・マラ3泊と、ちょうど良い日程だと思います。流石です。
  • 運転手さんがとても優しく良い人で楽しく旅行ができました。添乗員さんも目配り、気配りが素晴らしく、また気さくな性格の方で、毎食事中もとても楽しくワイワイと一緒に楽しく過ごせました。

Aさん 40代女性 (2009年9月ご出発)

  • ノンビリする・・と事前に聞いていたが、実際は意外に忙しかった。
  • ドライバーさんとも一緒に食事がしたかった。
  • ドライバーさんがとても親切でよくしてくれた。 BIG5はもちろん、ヌーの川渡りも見られて満足。
  • バルーンサファリは世界観が変わるくらい良かった。
  • ツアーのメンバーにも恵まれ、本当に楽しかった。
  • サプライズで、サファリ最終日の夕食時に、ホテルの方々にハネムーンのお祝いをしてもらった。とてもびっくりしたとともに、一生の思い出となった。自然とともに人との出会いに恵まれて、自分にとって一生の思い出となりました。

Iさん 30代女性 (2009年9月ご出発)

  • マサイ・マラのマラ川付近のキリンの丘には大感激でした。左右を多くのキリンが囲っているようでした。
  • 想像以上だったのはアンボセリの湿地でした。キリマンジャロに降った雨がわき出ることからなる湿地という話も素敵でしたが、ゾウもカバも水牛もシマウマもみんな一緒に湿地で過ごしていた風景が素晴らしかった!!宿泊のセレナも壁画やインテリアが本当にステキでした。
  • 全く想像していなかった風景に出会いました。ナクルからマサイ・マラへ向かう間のMAUの大麦などの美しい田園風景です。空のブルー、畑の緑に子供たちの制服のブルーが映えて・・・。サファリと同じくらいの感激でした。生涯の宝物になる旅でした。

Tさん 30代女性 (2009年8月ご出発)

  • 欲を言えば、デュバイでの待ち時間、町を少し見てみたかった。ナイロビの観光も時間があればしてみたかった。
  • 添乗員さん同行のツアーに申し込んで正解でした。一見ゆるめでも最終的にはしっかりな添乗で良かったです。
  • アンボセリのキリマ・ロッジは野趣あふれる感じで良かった。毎日キリマンジャロが見れたのも良かった。
  • マサイ・マラでは、夕食後にロッジの人に頼んで敷地内で ナイト・サファリのように散歩したのが楽しかった!柵も何もない所でカバなど間近に見れて迫力がありました。

Yさん 30代女性 (2009年8月ご出発)

  • 移動が長かった。(仕方ないですが)
  • 黄熱病の予防接種が結構高額で、副作用が思ったより長引いた。
  • ケニア最初の食事であるナイロビでのホテルでの夕食は塩辛いというか、味が濃すぎ、香辛料が効きすぎで、美味しくなかった、ビックリするほど!先が思いやられたが、ロッジでの食事は美味しかった。
  • おみやげ攻撃には閉口したが、最後のほうは試しに買ってみた(カワイイ子だったし。)名前を教えあったり、ちょっとした会話が楽しめて、写真も撮らせてもらった。
  • ドライバーが鳥に詳しく、50種類くらい確認でき、鳥好きの私たちはとても楽しかった。日本名でも教えてくれるし、200~300種知っていると言っていた。スゴイ!

Mさん 60代女性 (2009年8月ご出発)

  • ロッジ到着が予定より遅くなることが多かったし、オプションに参加したりで、思ったよりロッジでゆっくりくつろぐ時間が少なかったので、もう少しゆったりした時が欲しかった。
  • 運転手二人とも日本語が通用したので、とても助かりました。スワヒリ語での交流も楽しかった。
  • サファリ最終日、間近にゾウの行進(28頭)のフィナーレに感動!!

Hさん 50代女性 (2009年5月ご出発)

  • 以前10月に南部アフリカを訪れたため、是非雨季にと考え参加させていただきました。 ゾウ、キリンはもちろんヒョウ、チータにまで会うことができ、 楽しいそして優秀なドライバーさんに恵まれました。
  • どの宿も果物・野菜のお料理が多く、私には嬉しかったです。
  • 混み合っていない時期に行けたことも満足できた要因のひとつです。 また行きたいという気持ちを抑えるのがたいへんです。

Kさん 30代夫婦 (2009年5月ご出発)

  • アンボセリ→ナクルの移動で、ナイロビのカーニバルレストランに寄ったが、 最近は珍しい動物の肉がないとのことだった。 お肉が続いていたので、和食という選択があっても良かったのでは、と思った。
  • ドライバーがフレキシブルに動いてくれるので楽だった。
  • 思った以上に動物がたくさん見られた。 参加者の皆さんが良い人たちで楽しかった。

Fさん 50代女性 (2008年12月ご出発)

  • ロッジのお土産物の品揃えがあまり良くなかった。
  • マサイ村の半強制のような買い物攻撃が不快だった。
  • ドライバーさんは運転が慎重で頼もしかった上、動植物についての知識が豊かで、適確で過不足のない説明をしてくれた。ケニアの社会についても、適切な答えが返ってきた。おかげでケニア人一般に好印象がもてました。
  • ホテルの人たちも皆フレンドリーで親切だった。
  • ドライバーの説明に加え、添乗員さんの補足説明、気配りのおかげで車内はなごやかでした。

Hさん 40代男性 (2008年8月ご出発)

  • アンボセリは砂あらしが多く、竜巻も多く発生していた。時間をかけた割に、動物も少なかったかもしれない。
  • 土産やでの時間が少なかった。
  • 思っていたよりもすべての食事が良かった。
  • キリマンジャロはうっすらではあったが、その雄姿を見せてくれた。
  • ケニア航空のオーバーブックに対する交渉をはじめ添乗員は素晴らしく、頼りになった。
  • 駐在員さんのおかげで動物孤児院に行けて良かった。

Nさん 50代男性 (2008年6月ご出発)

  • 現地は本当に寒いので、冬ものが必要なことをもっと強調したほうが良いと思う。
  • ナクル湖のフラミンゴが少なかった。
  • デュバイでの乗り継ぎは待ち時間が長く、航空会社の対応も悪く不快だった。
  • ドライバー・ガイドが優秀だった。
  • 最終日、ナイロビ市内を車で自由に移動できるのはたいへん良かった。昼食も現地の人しかいかないレストランに行けて良かった。
  • ヒョウ・クロサイを含め、ケニアで見られる動物はぼぼすべて見られたので満足です。
  • 駐在員さんが動物孤児院で、ライオンとチーターの子供を特別に見せてくれて、楽しい思い出になりました。

Nさん 30代女性 (2008年5月ご出発)

  • お土産やさんはコワイ。
  • ロッジが全てかわいかった。
  • サファリ回数が多くて良かった。
  • ヒョウが見られたのがスゴイ!
  • 黒人の人が親しみやすく子供が手を振ってくれてビックリ。イメージが変わった。

Kさん 70代男性 (2008年5月ご出発)

  • 同行者が明るく陽気な人たちで、我々老人二人も若返りし、楽しい旅ができました。
  • 雨期でキリマンジャロは見られないと思っていたのですが、初日から素晴らしい天気に恵まれ幸運でした。
  • 現地の陸路移動は少しくたびれました。飛行機を使えたらと思います。

Nさん 20代女性 (2008年5月ご出発)

  • ドライバーのジョフリがとても良い人だった。
  • サンブルでは、初日に最も会いたかったヒョウに出会えた。多くの緑と動物がいたサンブル。 今回一番素晴らしい場所だった。あとサンブル族のダンスにいきなり引きずり出され首飾りと棒を渡され、舞台で踊らされた。ビックリしたけどノリノリで踊った。

Oさん 40代女性 (2007年2月ご出発)

  • ビッグ5が見れた!
  • 動物以外にもたくさんの鳥が見れた。キリマンジャロが綺麗に見れた。
  • 危険を伴うバルーンサファリをしたが、着地もスムースでバルーン後の朝食(シャンパン付き)がとても気持ちよく貴重な経験ができた。
  • 途中、スコール(雨)のせいで2度ぬかるみにハマったが、現地の優しく親身な方たちのタスケで無事切り抜け、ケニアの方たちの温かみに触れる事ができた。感謝でした。
  • バルーンサファリをしたが、思ったより動物がおらず、若干肩すかしの感があった(自然任せなので仕方ないが・・・)
  • ウォーキングサファリ(オプショナルツアー)で、もう少し小動物に会えればもっと良かった。
  • マラ・シンバ・ロッジはお食事が美味しく、宿全体が素敵だった。アンボセリ・セレナ・ロッジは悪いと言うわけではないが、お食事が単調だった。

Yさん 50代男性 (2007年2月ご出発)

  • チーターが草原の中で悠然と座っている姿を何かの写真で見たことがあったが、それと同じ状況を見ることが出来、自分で写真に撮ることができた。
  • ライオンが交尾をしているところを見れたことには驚いた。
  • マサイの家庭を訪問できたことは、想定外で非常に楽しかった。
  • 移動用の時の弁当の中身がちょっといただけなかった(楽しかったけど)
  • ロッジとキャンプの組み合わされたスケジュールもいいなーと思いました。

Sさん 30代男性 (2006年11月ご出発)

  • 充分近くから動物を見ることができた。
  • マサイの村へ行くことができた。本物のジャンプが見られたのは楽しい思い出になった。
  • 日程中は天気が悪く、夕焼けなどを殆ど見ることができなかった。
  • 蚊はいないという話だったが、アンボセリでは、かなりの蚊がいて恐ろしい思いをした。
  • 色々と地元の町を見てみたかったが、安全上の理由からか、ほとんど泊まらなかったこと。動物だけでなく、地元の人の暮らしも見てみたい。

Nさん 40代男性 (2006年7月ご出発)

  • 想像していたよりもたくさんの動物を見ることができて興奮!野生動物は一頭一頭が本当に美しく思いました。
  • ヌーの川渡りに遭遇できたのは大変な幸運でした。五感に響いた壮絶さと感動は言葉になりません。
  • ドライバーと添乗員の方が熱心に動物を探してくれて、色々な興味深い説明も聞けて、常に楽しめました。
  • オプショナルでマサイの村を見学できてよかったです。金銭や物質的な裕福さとは異なる価値観や幸福感を見た気がしました。
  • 私自身が内気なせいで、もう少し現地の人たちと積極的にコミュニケーションしていればさらに良かったかな、と思いました。

Sさん 60代男性 (2006年6月ご出発)

  • ギブ・アウェイの動植物チェックリスト、マップは役に立ちました。
  • サファリドライバーの人柄及び卓越した動物発見力には感服しました。
  • ナイロビ駐在員の方、現地手配会社の方にもナイロビでの食事を含めお会いしましたが、両名とも素晴らしい方々で、楽しく旅行させて頂きました。
  • 蚊チーターがバッファローに追いかけられたシーンを目前で見ることができました。サファリドライバーに感謝します。
  • トランスファーの待ち時間が長く、疲れました。

Kさん 30代男性 (2006年6月ご出発)

  • 宿舎、食事も良く格安であった。
  • アンボセリ・ソパ・ロッジ、マラ・ソパ・ロッジはアットホームで良かった。
  • 現地スタッフ、ツアーガイドも良くやってくれた。
  • チェックインが遅すぎる、30分以上待たされた。

Tさん 60代女性 (2005年12月ご出発)

  • ドライバーの方が本当に良い人で尚且つ、目(視力)が良すぎる!!双眼鏡無しの私達には見えない動物を、裸眼で探し出しては、親切に教えていただきました。たくさんの動物も見れて、本当に満足でした。
  • ナクル→マサイ・マラへ行く途中の道が悪路でしんどかった。
  • トイレ休憩の時のお店の人々がしつこくてうんざり・・・。

Kさん 30代女性 (2005年9月ご出発)

  • サファリ・ドライバーの二人がとてもフレンドリーで、サファリも頑張ってたくさん連れて行ってくれました。
  • 初めてのアフリカ旅行ということで、行く前から緊張していましたが、旅慣れた添乗員さんと、頼もしいドライバーさんのおかげで、本当に思い出深い素晴らしい旅になりました。
  • マラ・シンバ・ロッジはロッジ内にもたくさんの動物がいたし、お部屋も広々していました。
  • ナクル湖のライオンヒルはシャワーの排水が悪く、バスルームの床が水浸しになってしまいました。

Cさん 40代女性 (2005年9月ご出発)

  • 現地で会った他の日本人の方の話を聞いても、我々のグループが最も色々な動物を見ることができた様子でした。ドライバーに感謝!
  • 強いて言えば、現地食を食べてみたかった。(日程的にきついとは思いますが)
  • 途中のお土産物屋や公園のゲートでの売り子の迫力が怖かったです。
  • ケニアに着くまでが時間がかかり過ぎてつらかった。

Nさん 40代男性 (2005年8月ご出発)

  • オプショナルツアーで訪れたマサイ村は、大変意味深い物でした。マサイの人々の伝統的な生活にふれ、そこに住む子供たちとふれあい、村に学校を建てた方の話を直接聞くことができたことも貴重な体験でした。
  • バルーンサファリで見た空からのマサイ・マラに感激しました。

Mさん 40代女性 (2005年8月ご出発)

  • サファリを十分に行えたことが一番良かったと思います。
  • 添乗員の方も、現地のドライバーの方も、熱心に動物を探してくれて、動物が見つかり写真を撮る時にもいスポットまで、わざわざ車を移動させて頂き、非常に嬉しかったです。
  • 2日間トライしたのにも関わらず、ヌーの川渡りが見れなかったのが残念!川岸に集合してたのにーーーーーーーーー!
  • 現地の食事をほとんど口にすることが無かったのが残念。毎日フレンチ、イタリアンはちょっと。。。空港で食べたケニアの食事が美味しかった!!

Dさん 30代女性 (2005年6月ご出発)

  • ナクル湖からマサイ・マラへの道中、道端で突然マサイの人が倒れたので、びっくりしたら、昼間からビールを飲んで、酔っ払っていたらしい。
  • ゾウの赤ちゃんも、カバの赤ちゃんも、、バブーンの赤ちゃんも、ホロホロ鳥の赤ちゃんも、みんなみんな可愛かったです。
  • トイレ休憩で立ち寄った店でしつこく物を買えと言われたのが、嫌だった。
  • 道路の凸凹にもびっくりしました。むちうちになるかと思った。

Rさん 30代女性 (2005年5月ご出発)

  • 雨季と聞いていましたが、ヒョウ、ゾウ、チーター、キリン、シマウマなどたくさんの動物を見ることができました。
  • スコールの後のマサイ・マラは、大気が洗われていて、草々についた水滴に強い日差しが反射して、感動の風景でした。
  • 道にみずたまりが多すぎた。スタックも多すぎた。

Nさんご夫妻 60代ご夫婦 (2010年4月ご出発)

  • 貴社のせいではありませんが、往復ともドバイ空港での待ち時間、何とかならないでしょうか。
  • 2人の運転手兼ガイドさんには感心しました。動物を見つける能力。加えて多くの野鳥を見せていただいたのは想定外の収穫でした。
  • 宿泊のロッジは自然の中で、料理も含め申し分なし。電気やシャワータイムの制限は当然のことで問題なし。
  • 添乗員さんは若いのに、たいへん落ち着いており、車が泥沼にはまったときなどは、体中に泥ハネを受けながら車を押していました。また、動物やケニアの国情にも精通しており、12名のメンバーのまとめ方もたいへん上手で感謝。拍手。

Yさん 40代女性 (2010年9月ご出発)

  • ドバイでの乗継時間がとても長く感じた。
  • サファリへアプローチした設定に満足しました。(徐々に希少動物に会えるワクワク感を継続できるコースでした)
  • 少人数ならではの臨機応変なコース設定が出来た点が良かった。
  • 出発前に頂いた動植物チェックリストは便利でした。

Iさん 30代ご夫婦 (2010年9月ご出発)

  • アンボセリで作ってもらったランチボックスにアリが多数入りこんでいたので残念だった。
  • ちょっと値ははりましたが、気球サファリは最高でした。
  • 新婚旅行だったのでツアーにするかどうか悩みましたが、ツアー参加者の方々との交流や感動の共有ができて楽しかったです。

Fさん 40代女性 (2010年9月ご出発)

  • 出発前の案内をもう少し早く手元にほしかったです。
  • 添乗員さん同行だった為、初めてのケニアやサファリ、人々の生活etc、殆どの疑問・質問がすぐ解決! 勉強になりました!
  • 添乗員さんがもっていたDSソフト「星空ナビ」に感動。私も買います!木星・天の川・人工衛星がバッチリ見えました!
  • マサイ族の第二夫人に誘われた(笑)

Kさん 30代女性 (2010年11月ご出発)

  • マサイ村の観光で、最後にお土産を買っていてと言われ、旅行者を意図的に1人1人ばらばらにして連れて行かれ恐かった。マサイの人々の現状を見た気もして寂しくもありました。
  • 着いた日に、ホテルに駐在員さんが訪ねてくれて安心しました、また、現地で熱を出し、ホテルのドクターに診てもらったとき、ナイロビにいる三輪さんと電話で話ができたので、これも安心しました。
  • ドライバーさんは毎日毎日、運転&動物探しを熱心にして下さって、多くの動物を見ることができたいへん楽しかったです。

Kさん 20代女性 (2011年1月ご出発)

  • 思ったより車移動が長かった。
  • ツアー日程中にナクル湖が入っているのは雰囲気も動物も一変して良かった。
  • もっと野性的なロッジかご思っていたが、どこもリゾート的で、また近くに動物がたくさんいたので良かった。明け方にカバの息づかいがうるさいのもまた良し、といった感じでした。
  • ケニアで数回、駐在員の三輪さんと会って話せたのは良かった。スーパーで直接おみやげの説明もしてくださり、とても助かりました。
  • 今回4人で、心細いと思いましたが、サファリカーものびのびできてちょうど良かったです。

関連ツアー