アフリカの船旅

1999年の第6回ツアー・オブ・ザ・イヤー審査員特別賞を受賞した弊社の定番ツアー、『大ニジェール河の舟旅と黄金幻想17日間』(現在ツアー名は変更されています)、2007年の第14回ツアー・オブ・ザ・イヤー特別賞を受賞した、アラブの伝統帆船ダウで旅する『タンザニア・コースト・キャンプ16日間 ~シンドバッドの末裔達とスワヒリの世界を訪ねて~』に引き続いて、というわけではありませんが、弊社のツアーでも特色あるもののひとカテゴリーとして「船旅」があります。同じく定番ツアーの「マダガスカル・川下りとツィンギー 12日間」もまた然り。

せっかくアフリカに行かれるのであれば、点と点をつなぐ空路よりも陸路、陸路も車以外の手段(例えば舟)があるのであれば、それを選択した方が面白い!!(でも時間はかかる)という哲学の元、こういった内容のツアーを企画しているのですが、今度は西アフリカのガンビアとセネガルを舞台に新規の船旅を企画しました。ガンビアでは国の「母なる川」ガンビア川を遡行し、セネガルでは南セネガルの島々をボートで訪れます。

”観光地巡りばかりではない”旅をお探しの方、こちらの船旅はいかがですか?

南セネガル・大西洋岸の島々とガンビア河の船旅 11日間

アフリカの川をのんびり船旅

列車の旅の話題のついでに。
ナイル、コンゴ、ニジェール、ザンベジ、カサイ、オレンジ、ルアラバ。
さて何の名前でしょう?なーんて、最初の4つで簡単にわかりますね。そうです、アフリカを流れる大河の名前です。

列車の旅の対極をなすローカルかつスローな旅といえば、やはり「船旅」。ゆったりと流れる大河の多いアフリカらしく、その雄大な各河川を時間をかけて移動する船が運行されています。運行状況は船の整備状況、雨季・乾季の水量などに左右されるため、年を通じてコンスタントに最長区間を運行する船は少なく、ある意味季節限定の旅となります。
観光客限定のナイルクルーズ船(エジプト)を除いて、利用客のほとんどが地元の方というローカル船は、エジプトのアスワンとスーダンのワディ・ハルファを結ぶナイル川フェリー、スーダンのコスティから南スーダンのジュバを結ぶ白ナイルの貨客船(現在運休中?)、マリのクリコロとガオを結ぶニジェール川のCMN船(写真)など。
その中でもとっておきは、アフリカで最もアフリカらしい大河「コンゴ川」をゆくオナトラ船。船自体は大きくないのですが、船体の数倍ある艀(と、その上の人、人、人・・・)を押し進む姿はもはや水上都市のよう。

乗船客、船員さん達、沿岸の村から船にモノを売りに来る人々、すれ違う貨客船の乗客、運行する川で魚をとる漁師たち・・・ゆったりと時間をかけたスローな旅は、一期一会の興味深い出会いに満ちています。

今日現在も、弊社の「マリ・大ニジェール河の舟旅とサバンナの民俗 15日間」にご参加の皆様と弊社の添乗員がニジェール川を航行中!
これまでもタンザニアの海岸地方をゆく「ダウ船」を利用した旅などを企画してきましたが、弊社では今後もこの「地元目線の船旅」にこだわった旅を作っていこうと考えています。

マダガスカル・キャンプ・ツアー

2006年8月18日出発、毎年恒例のマダガスカル・キャンプ・ツアーにご参加された和田 恵美 様から頂いたレポートです。

成田~アンチラベ

成田から約15時間のフライトの後、早朝、マダガスカルに到着。早朝のアンタナナリボはひんやりとしていて寒かったです。空港で両替を済ませれば、いよいよ旅の始まり!初めて見る通貨、マダガスカル・アリアリ(1US$=約2030MDAでした。)には全員不慣れ。 両替を終えると、「えっと、10,000アリアリってドルにすると何ドルだっけ?」なんて確認しあう声があっちこっちで、聞こえてきました。初めてのマダガスカル、ウキウキな気分でバスに乗り込みました。バスはアンチラベに向かい出発。(ホテル・ハシナ泊)途中、バスの中からは、川で洗濯する人々や、かごを頭にのせて器用に歩く村人達、私にとっては初めて見る光景で、とても新鮮でした。

01

アンチラベにはお昼過ぎに到着したのですが、朝から比べると気温はかなり暑くなっていました。寒暖の差が大きいので、夏服~冬服まで必要と言う意味がわかりましたね。町に到着した後は、大聖堂に立ち寄ったり、買い物をしたりしてマダガスカルの一日目は過ぎました。

02

船旅の始まり

ミアンドリバゾを出発、車で移動してマシアカンピに到着。船着場まではかなり悪路が続いていたので、お尻から腰のあたりにかけて少し痛かった~。ようやく悪路を抜けて川が見えたら、これから乗るであろう船が待っているではありませんか!3泊4日のツリビヒナ川の船旅のスタート。キャンプ初体験と言うこともあり、ちょっと緊張ぎみで乗船。

03

船旅では、新たに8人のスタッフの方々がついてくれました。のんびりと進む船。途中、船からブラウンキツネザルが見られました!夕刻頃キャンプ予定地に到着。皆で薪を拾ってキャンプファイヤーの準備をしながら夕食待ち。キャンプは二人用のものを使用しましたが、思っていたよりも広くて快適でした。キャンプファイヤーでは、船に積んであった太鼓が登場!マダガスカルリズムをスタッフが叩き出すとそれに合わせて歌を歌ったり、輪になって踊ったりと、とにかく楽しい!

04

この日はまだ恥ずかしさもあり、踊りに参加しなかったので、明日は絶対参加しよう!と決意しました。
コックさんは料理がとても上手な方で船での夕食はとってもおいしかったです!料理の素材にネギや生姜が使われる事が多く、日本人の口にはとてもあうと思います。美味しい料理の後の夜景も最高です。満点の星空を間近に感じることが出来ます。南十字星を見る事が出来て大満足!

船旅は続く

次の日は滝があるところで上陸。滝の上流の方まで登ったのですが、足元が滑りやすいので注意!です。
登りきったところでは、きれいな水溜りがあって泳いでも大丈夫。暑かったので、水につかってほっと一息ですね。

05

船に戻って船旅を続けていると、途中アカビタイブラウンキツネザルが川岸に水を飲みに来ていて、観察することが出来ました。その後出会った動物は、シファカ・ワニ・カメ・コウモリが見られました!途中、ペキドゥ村を訪問。村の子供達はとても人懐っこくてずっと手をつないだままの状態で村を案内してもらいました。

06

船上に戻ると夜の宴に備えて、マダガスカルリズムをスタッフの方々に教わって練習。準備万端です。船上で太鼓をたたいていると、一人二人とどこからともなく村人達が集まってきました。夕食前に、踊りが始まったのですが、気づけば二つの村のグループが踊りの輪の中に参加していました。子供から大人までものすごい人数です。ギターの上手い村人も演奏に参加して宴は最高潮に!昨日は躊躇して参加出来なかった踊りの輪の中にいざ入っててみると、たのしぃ~!はまります!砂の上を登山靴で踊っていたので靴の重みで少々疲れました。でも楽しかった分心地よい疲れでした。踊りや音楽を通して現地スタッフの皆さんとはちょっとずつ打ちとけてきた気がします。

07

朝食後出発。船旅を続けて今日はベレーヴ村を訪問。カポックと言う緑の実をつける木やマダガスカル最大の蝶々(Atrophaneuraanterior)が見られました。この日のランチにアジア風のパスタが出たのですが、これホントに美味しかったです!レムールが生息している森に途中降りて散策。シファカ、ブラウンレムールが木々を移動する姿をみてまた感動!船に戻って船上では、キャッサバの皮むき体験をさせてもらいました。夕飯前にゆでたてのキャッサバを頂いた。ちょっとかたいさつまいもから甘みを取った感じの味で◎でした。

08

夜はまた村人が訪ねてきて、キャンプファイヤー!私達もビールびん等を叩いて参加。夜の宴はくせになりますよ!

ベロ・スール・ツリビヒナ~ベマラハ・ツィンギー~キリンディ森林保護区

船旅は最終日。お昼頃ベロ・スール・ツリビヒナで下船。船での食事がとても美味しかったので、シェフとはここでお別れなんて・・・残念。また、ここからは悪路を車で4時間の移動。世界遺産のベマラハ・ハツィンギーへ!キャンプクロコに宿泊。久しぶりのシャワーでさっぱり。明日はツィンギー登山と言う事で早めに就寝。朝、ツィンギー登山に出発する前に、サプライズ!カヌーに乗れるとの事!マナンボロ川をカヌーにのって移動、洞窟探検が出来ました。

09

その後、車で一時間程かけて大ツィンギーの登山口へ。ランチ後登山開始。岩山に入る前には、シファカがかなり目の前までやってきて、ジャンプしながら木から木へ飛び回る様子が見られました!ラッキー!その他には、三つ目トカゲ・イタチキツネザルもみられました。

登山は想像していたよりも面白く、飽きずに登れました。途中カラビナをつけて登るところもあります。頂上からみるツィンギーは絶景!そして爽快!さすがは世界遺産。自然って素晴らしいと思わせる瞬間でした。でも、体感してみないと伝わらない・・・体力があれば、是非挑戦して欲しいです。オススメします!

10

キリンディ森林保護区へは夜到着した。今回の夜の散策ではあまり動物達には出会えなかったのですが、懐中電灯を照らしながらの散策は探検気分を味わうことが出来ました。

夜はあまり動物に会えなかったので、リベンジ(?)次の日の早朝の散策が決定。朝の散策では、挽回とばかりに動物がみられました!マダガスカル最大のカメレオン!!!パーソンカメレオンが木になりきっていました。しっぽがくるくるっとしていてかわいいです!

11

散策中、丁度保護されたネズミキツネザルをレンジャーの方から見せてもらうことが出来ました。朝食後、車で飛行場へ。車を降りてバオバブ並木を歩きました。

水辺ではカルカヤインコ達が列を作って水を飲む姿がみられました。野生のインコを見るのは初体験!今回私たちが見たバオバブの種類は、フニ、ザー、レナーリャでした。大きなレナーリャは推定年齢400~500年だそうです!

12

モロンダバ~アンタナナリボ

モロンダバからアンタナナリボまでは飛行機で移動。着後はショッピング!値切り交渉はどんどんしたほうが良いですね!交渉のおかげあって、かなりお得に買い物が出来ました!私が買った中で一番のお気に入りは、大きなカゴです。カラフルで可愛いです!夕刻ホテルに戻ると、夕日に染まったアンタナナリボの町がとてもきれいでした。マダガスカル滞在最後の夜。

13

今回のツアーでは、想像していた以上にとても充実した素敵な旅を過ごすことが出来ました!添乗員さんをはじめ、現地スタッフの方々、旅の仲間はみんな強くて優しくて頼もしい方々ばかりで旅の楽しさが倍増しました!本当にありがとうございました。また、お会いしましょう!MISAOTRA!今回は行かれなかったマダガスカルにもいつか必ずいくぞ!と心に決めて、日本へ。

マダガスカルのツアー・旅行一覧はこちら。
キャンプツアー・旅行一覧はこちら。