モロッコではおなじみの 「レモンソルト」

「食べるラー油」、一時期流行りましたよね。
最近ではブームも落ち着き、人気も定着してきた感があります。

「食べるラー油」に続き、というわけではないと思いますが、今「塩レモン」が密かなブームのようです。先日、何かの情報番組で見かけました。
「塩レモン」とは、レモンを丸ごと塩漬けにして発酵させたもの。北アフリカのモロッコでは調味料としてあまりにも一般的で、タジン鍋の煮込み料理などにも使われています。

漬けたては酸味も塩気も尖っていますが、時間が経つうちにまろやかに。そこまで待てば、果皮は刻んで香りのいい塩として、漬け汁は塩気のあるまろやかな酢として、野菜料理にはもちろん、肉や魚料理にも幅広く利用できます。ほのかな苦味が料理の味わいをグッと引き締めますし、酸味も穏やかなので酸っぱいのが苦手な人でもおいしく食べられます。

絶妙な分量は、塩分濃度10%。適度なしょっぱさで、塩味の見当もつけやすく、使いやすい。また冷暗所で保存も可能。レモン丸ごとで漬け込むのがモロッコスタイルですが、くし形に切って漬けると1か月ほどで塩も早くなじみ、少量でも作りやすいです。

モロッコでは、「AISHA」という非常に有名な食材メーカーによる瓶詰が売られていますので、ご旅行の際に購入されるもの良いかもしれません。

皆さんも、是非トライしてみてください。

≪レモンソルト(citrons confits)レシピ≫
●材料
レモン(国産)・・・3~4コ
粗塩・・・カップ1~1と2分の1
●作り方
1.レモンは洗い、水けをふき取る。お好みで、1個丸ごと、または4~5等分の乱切りなど。
2.清潔な密封瓶に、塩・レモン・塩の順に重ねて入れ、一番上に塩がくるようにして詰める。
冷蔵庫で保存し、時々瓶をふって上下を返す。
※1週間後から使えます。エキスが出てくる(美味しくなる)のは、1か月後。長く漬ければ漬けるほど(さすがに限度はありますが・・・)、味がまろやかになり、深みが出てきます。