風まかせ旅まかせ vol.33 不思議な縁

今号の特集では、京都大学総長・霊長類学者の山極先生にご登場いただいた。いつも多忙な方だと思うが、弊社の小さなセミナーや講演会をお願いしても、気軽に応じてくれる。その気さくな人柄と豊富な現場体験による幅広い知識から話はいつも面白く、弊社のスタッフにも、お客様にもファンが多い。

実はその昔、ネパールで雪男探しを真剣にやっていた知人が、雪男の骨なるモノを日本に持ち帰ったことがある。私から山極先生に相談したところ、「それは面白い!まだまだ未知の霊長類はいるからね。ぜひその骨を送ってよ」と言ってくれた。私はその時から山極ファンになった。

私自身が初めて撮影隊のコーディネートをしたのが、山極先生とも縁の深いアフリカのルワンダだった。1989年のこと。文中にもある、ダイアン・フォッシー女史の半生を描いた映画『愛は霧のかなたに』の舞台を追いながら、野生動物(ゴリラ)と村人との共存について現場の声を一つずつ拾っていくという地道な報道取材番組だ。1985年の事件現場ともなったカリソケ研究センターにも何日か通い、事件の背景や当時の状況を政府関係者や研究者、また保護地域に近い村人に取材するなど、非常に生々
しい体験だった。

ルワンダには1週間ほど滞在し、偶然ではあったものの当時のジュベナール・ハビャリマナ大統領にお会いする機会も得た。(何年か後、大統領を乗せた専用機がキガリ空港での着陸間際に地対空ミサイルで撃ち落とされたニュースを聞いたときは、温厚な大統領の顔が重なり大変ショックだった)。

当時はまだインターネットやメールも無く、リサーチや関係者とのアポイント、様々な許可申請の作業は現場でのハードな交渉が多く、コーディネーターの力量が試される非常にタフな仕事だった。同時に大変充実した、生涯忘れることのない仕事となった。

その取材旅行に持って行った唯一の本が、山極先生の『ゴリラ』だった。40周年の今年、アフリカを通じて当時の山極先生のお話も伺うことができ、懐かしいと同時に、不思議な縁を感じる。

風まかせ旅まかせ vol.32 アフリカ、そして旅への想い

3月のこと、1通のメールが届いた。件名には『入社を希望します』と記されている。日本に住む台湾人の男性からだった。「御社の業務に大変関心があるので、ぜひ一度会社を訪れたい」。

それから2週間ほどして、長身の若い台湾人男性が訪ねてきた。A君28歳。彼は、流ちょうな日本語で話し始めた。「大学時代、中国語に訳された沢木耕太郎さんの『深夜特急』に出会い、大いに感化され、世界一周の旅に出ようと誓いました。学生時代には何度か東アフリカでボランティアを経験し、アフリカの魅力にはまり、その勢いで卒業後、台湾から沢木さんが旅した国々をなぞるように世界一周の旅に出ました」。その旅の途中、アフリカ縦断のバス旅で知り合った日本人女性と結婚し、現在は都内のレストランでアルバイトをしているという。

「社長は沢木耕太郎さんを知っていますか? 台湾の若者には沢木ファンがたくさんいます。若者はあのように自由な旅をしなくてはいけません。今まで台湾にはそのような旅行文化がありませんでした」。台湾にはヨーロッパやアメリカ専門の旅行会社はたくさんあるが、アフリカ専門はないという。「自分は道祖神でアフリカ旅行の勉強をして、いずれ台湾に戻り、道祖神のようなアフリカ専門の旅行会社をつくりたい。そして台湾の若者に、もっとアフリカの事を知ってもらいたい」。そんな思いを熱く語ってくれた。

今号は創立40周年記念号、沢木耕太郎氏に改めて寄稿していただいた。やはり嬉しい。私も沢木ファンの一人なのだ。『深夜特急』が93年にJTB紀行文学大賞を受賞し、帝国ホテルでの受賞式に知人の縁で出席させていただいた。その際、自分も同じような時代に、同じような行程でユーラシア大陸を旅したことなど、沢木さんと親しく話すことができた。年下の自分の話を、短い時間ながら丁寧に聞いてくださった。学生時代から読み耽ってきたルポルタージュやドキュメンタリーなどから感じ取れる、まじめで誠実な人柄がそのまま伝わってきて、思い出に残る楽しい会話となった。

冒頭の熊沢との対談にある通り、道祖神は、自分たちが好きなアフリカを自分たちで旅したい。そんな思いで熊澤が40年前に立ち上げた会社だ。だから、「アフリカの旅を作りたい」といった若者が弊社の扉を叩いてくれるのは、大変嬉しい。さて、A君、どうしようか?!

風まかせ旅まかせ vol.31 グラキリス成育日誌~別れ

昨年6月、立ち寄った園芸店で衝動買いしてしまったグラキリスだが、育て方がまったくわからなかったので、同時に『多肉植物の育て方』なる本を購入した。これによると、豊富な日光と風通しが必須条件で、多湿・低温はダメ。庭に置いておけば大丈夫、というものではないらしい。生まれ育った環境にできるだけ近くしてあげることが大切だそうだ。当然といえば当然のことなので、昔訪れたマダガスカルのイサロ山地を思い浮かべた。確かに太陽は豊富に降り注ぎ、空気は乾燥している。最低気温も10度を下回ることはないだろう。日本の蒸し暑い夏、雪の降る冬をどうやって越すことができるのか?!

衝動買いした自分を恨みつつ、一方ではイサロで見た花咲くグラキリスの姿を思い描きながら、園芸用の小さなビニールハウスを購入し、終日陽の当たる庭の片隅に設置。同時に温度計と温室用ヒーターも購入し、素人なりに万全の準備を整えた。しかし、7月に入ると大型台風が日本列島を直撃。慌ててビニールハウスのフレームにブロックで重石を置き、強風に耐えられる補強を施す。が、台風一過の翌朝、庭に出てみると、なんとハウスのアルミフレームは折れ、ビニールは道路まで飛び、中のグラキリスや一緒に入れておいた他の植物もすべて鉢から抜け落ち、芝生に散乱しているではないか! 室内に入れておけばよかったと後悔したが、後の祭り。鉢に植え直し、しばらく様子を見ることにした。

それから半月。ただでさえ少なかった全ての葉が落ち、触ると一部が柔らかくなっている。思わず大きなため息が出たが、どうすることもできない。さらにそのまま半月ほどすると、幹はブヨブヨになり、無残な姿で枯れてしまった。遠いマダガスカルから運ばれ、日本で何年か過ごし、やっと根を張ることができたであろうグラキリスに大変申し訳ない気持ちだ。

もう一度、グラキリスの育成にチャレンジしてみようか…とも思ったが、バオバブもウェルウィッチアもアフリカの大地にあってこそ美しいのだし、グラキリスも原産地マダガスカルのイサロに行って伸び伸びと育っている姿を見ればいい。という負け惜しみの気持ちが最近は強い。

風まかせ旅まかせ vol.30 グラキリス成育日誌~出会い

先日、家の近所の園芸店で、見てはいけないモノを見てしまった。

ハンドボール程のまん丸の胴体、上部から空に向かって手のような枝が3本伸びている、その先に3-4cmの小さな葉が10枚ほど申し訳程度についている。どこかで見た記憶がある。どこで見たんだろう…。もっと巨大なモノだったような・…。イエメン、ソマリア、ナミビア…?ああ、マダガスカルだと気が付いた。

マダガスカル島の南西部、イサロだ。一度見たら忘れない、宇宙人を連想させるような独特の容姿。現地ではドラム缶サイズの巨大なものが岩山の中腹やロッジの中庭で、黄梅に似た花を咲かせていた。欲しい!持って帰りたい!と思ったが、国立公園の植物を持ち帰る訳にはいかない。それ以後、その独特な容姿はナミビアのウェルウィッチアやバオバブとともに頭の片隅に残ったまま何十年か経っていた。

植物に付いた札には、『パキポディウム・グラキリス 発根済』とある。店のスタッフに、発根済の意味を訪ねると、マダガスカルから到着した際には根が無い状態で、日本で栽培中に根が出て、日本の環境に適した個体のことを指すそうだ。南半球のマダガスカル、イサロの山岳地帯で採集され、牛車やトラック、飛行機に乗せられ、遠く日本に送られてきたグラキリスと、こんな近所で出会うとは!

店の女性は、「マダガスカル政府の厳重な管理の下で輸出されていますが、現地でも数が減ってきているので何時、輸出禁止になるかわからないです。日本で種から栽培してきたものもありますが、環境のせいか、この子ほど丸くならないんです」。この子、だと…解るような気がした。ずんぐりとした容姿は植物と言うより、動物に近い感情を抱かせる。昔の恋人に出会ったような気分、とはこういう事を言うのだろう。その上、「今日入荷したばかりで、次の入荷がいつになるかわからない」などと言うではないか。これで買わずに帰れる人間がいるだろうか?!長年の恋人なのだ。

訊くと、価格は55,000円!自転車が買えるじゃねぇ~か!と思ったが顔には出さず、ことさら平静を装い、「カード使えますか?」と言ってしまった。
(次号に続く)

風まかせ旅まかせ Vol.29 ケニア人スタッフ、フェスタスの勝利

弊社のナイロビオフィスで働くケニア人スタッフ、フェスタス。37歳、男性、大変まじめな性格。約束の時間に遅れることはまずない。仕事も慎重で、車やホテルの手配も間違いがない。陽気なケニア人には珍しく大変シャイ! 以前から日本語を勉強しているものの、恥ずかしくて日本語で話すことができない。従って社内での会話はいつも英語。ケニアの地方都市マチャコス生まれ。実際はマチャコスの町から未舗装の道をマタツー(乗り合いバス)に乗り30分、さらに歩くこと20分でやっと実家のある小さな村に到着する。結婚はしているが、故郷に奥さんと6歳の子どもを残して、単身赴任生活を送っている(生活環境の良くないナイロビの会社員にはよくある話)。週末にマタツーを乗り継いで約3時間、家族が待つ我が家に帰ることを何より楽しみにしている。小さな畑と近くには共同の井戸、ヤギやニワトリが身近にいるケニアの典型的な田舎だ。小さな家に電気は入っていない。ただし近くまで電気が来ているので、子どもの就学に合わせて早く電気をひきたいのだが、電気公社に頼んでも何年先になるか分からない。これが最大の悩みだ。

昨年の秋、ナイロビオフィスにケニア・トヨタが主宰する日本語スクールの生徒募集案内が届いた。フェスタスに「希望するなら月約3千円の講習費は会社で負担するけど、交通費は自己負担になる、どうする?」と聞いたところ、「ぜひ行かせてほしい」との返事。ただし、講義は土曜日の午後なので、楽しみにしている家族との週末が叶わないことになる。

3月に在ケニア日本大使館主催で、日本語弁論大会が開かれた。優勝者には日本での研修旅行がプレゼントされる歴史ある大会だ。ナイロビ大学の日本語学科の学生や、日本企業で働く若者が多く参加した。フェスタスもチカラ試しに参加すると、なんと優勝してしまった! 5分間のスピーチ、その後の質疑、すべて日本語で答えなくてはならない。あの恥ずかしがり屋のフェスタスがほぼ完ぺきな日本語で、それらの質疑にも答えたそうだ。人知れず地道に勉強してきたフェスタスの勝利だった。これで胸を張って人前でも日本語を話せるようになるだろう。日本で会うのが楽しみだ。