エチオピア国民食 「インジェラ」

アフリカは広い!奥が深い!そこで、アフリカ大好きスタッフたちの
本音に迫ります。今回のテーマは・・・、

『アフリカで一番好きな食べものは?』

==エチオピア国民食「インジェラ」==

インジェラとは、テフというイネ科の穀物を粉末状にしたものに水を加え、2~3日発行させた後、鉄板でクレープ状に焼いたもの。インジェラの上に野菜やワットというおかずなどをのせていただく。手でインジェラを適当な大きさに千切り、おかずを包みパクッ!
灰色(赤っぽいものもある)で、発酵させているため酸味がある。その見た目や独特の酸味で苦手な人もいるが、スパイスの効いたワットとの相性は抜群!エチオピアに行った際はぜひお試しあれ

201412250102 201412250103

BY 東京本社 伊藤

~一つのお皿のインジェラを皆で仲良く食べます~
~鉄分を豊富に含むインジェラは、健康にも◎~
~専用機で、一枚一枚焼いていきます~

エチオピアのツアー・旅行では、本場のインジェラを食べるチャンスもあります。

エチオピアの主食 「インジェラ」

エチオピアの主食はインジェラ。
日本人には馴染みのない食べ物ですが、エチオピアでは日本人がお米を食べるように毎日食べる食生活には欠かせないもの。

インジェラとはどんなものなのか?

形は、クレープみたいに丸く薄い。色は、灰色っぽい。味は、酸っぱい。ある旅行者が使い古した雑巾のようとも言っていたらしい(言うに事欠いて雑巾とは・・・)。

インジェラは、テフというイネ科の穀物を粉末状にし、それと水を混ぜ、2~3日発酵させる。そして、発酵させたものをクレープ状に焼く。これで出来上がり。
そして野菜やお肉などのおかずと一緒にいただく。ちなみに手でインジェラを適当にちぎり、野菜やお肉などを巻いて食べる。箸を使う日本人には少し難しいかもしれない。

私自身、初めは苦手だったインジェラだったが、食べていくにつれてはまってしまった。しかし、酸っぱさが苦手と言って二度と食べたくないという人もいる。

なんだか、不思議すぎる食べ物だが、インジェラには鉄分が豊富に含まれている。かの東京オリンピックのマラソンで優勝したアベベ・ビキラも、インジェラを食べてスタミナを培ったとコメントしている。

生涯一度は挑戦しても良いかもしれません!

by よしまつ(エチオピアで2年間暮らしていました!)

本場のインジェラに挑戦してみては?エチオピアのツアー一覧はこちら。