2019.2.8発 チュニジア ラクダと歩く砂漠旅 10日間

2018-2019シーズンから久々に復活した、「チュニジア ラクダと歩く砂漠旅 10日間」、スペシャル版としてチュニス近郊の観光も加えた、2月8日出発のツアーに同行させていただきました。チュニジアといえば『アラブの春』の口火を切ったジャスミン革命、そしてバルドー博物館のテロ事件等、国内の治安状況が不安定な時期が続いていましたが、2017年末にそろそろ落ち着いてきた、という現地からの情報を得て、やっと今期復活させることができた、道祖神らしい内容のツアーです。

「砂漠の船」とも呼ばれるラクダ、この不思議な家畜とともに砂漠を歩きます
「砂漠の船」とも呼ばれるラクダ、この不思議な家畜とともに砂漠を歩きます
歩くペースは早め、最初は先行するのですが、すぐにラクダに置いて行かれます
歩くペースは早め、最初は先行するのですが、すぐにラクダに置いて行かれます
午前中に1日の行程の3分の2を歩いてランチ休憩
午前中に1日の行程の3分の2を歩いてランチ休憩
ランチはサラダ&パン。見た目は普通ですが、抜群に美味しく、大好評でした
ランチはサラダ&パン。見た目は普通ですが、抜群に美味しく、大好評でした

内容は至ってシンプル。首都チュニスから、ホメロスの『オデュッセイア』にロートファゴイ(ハス食い人)の島として登場するジェルバ島まで空路で移動し、そこからさらに陸路でチュニジア南部の砂漠観光の拠点の一つドゥーズまで移動、このドゥーズからグラン・エルグ・オリエンタル(東方大砂丘群)の砂漠約100kmを、もう一方の砂漠観光の拠点クサール・ギレンまで、かつてのキャラバンのようにラクダとともに歩き、同じルートでジェルバ島、チュニスと帰路に就く、というもの。

人とともにラクダも休憩をとります
人とともにラクダも休憩をとります
夕方早くキャンプ地に到着、テント設営
夕方早くキャンプ地に到着、テント設営
テントはワンタッチ式、撤収にコツが要りますが扱いは簡単です
テントはワンタッチ式、撤収にコツが要りますが扱いは簡単です

「砂漠を何日間もラクダと歩いて、何が面白いんですか?」と、ネガティブ寄りの質問をいただくこともありますが、実は添乗員として同行した私にもよくわかりません。ただ、旅を終えて帰ってくると、「ああ、面白い旅だったな・・・」とジワーっと実感がわくという、不思議なツアーです。ご参加された皆様も同様にお感じになられたようでした。砂漠とはいえ2月のチュニジアは夕方から朝にかけてかなり冷え込み、日中も気温はさほど上がらず、といっても日差しは強烈で、日焼け止めを塗らないとひどく日に焼けます。砂地は足をとられて歩きにくく、砂が入らないように対策していても、細かい砂が靴の中に入り込み、歩きづらさを倍増させます。それでも、1頭が200kgを超える荷物を背に載せ、文句(を言っている)とも受け取れる鳴き声を上げつつ黙々と歩く砂漠の船ラクダの後をついて一歩一歩、歩みを進めていくと、頭が空っぽになって、青い空と褐色の砂漠と少しだけの緑が目の前に広がり、感じるのは吹き抜けていく風だけ、という何とも言えないシンプルな世界に没頭できます。

ベドウィンパンの調理中
ベドウィンパンの調理中
こねたパンを熱した砂の上に広げます
こねたパンを熱した砂の上に広げます
そして、炭をかぶせて待つこと15分で完成
そして、炭をかぶせて待つこと15分で完成
ラクダとともに眺めるサンセット
ラクダとともに眺めるサンセット
砂漠でこれほど絵になる動物は他にはいません
砂漠でこれほど絵になる動物は他にはいません

1日の行程を終え、テントを張り、ラクダ使い達におこしてもらった火を囲んでシンプルな食事をいただき、温かいお茶をすすった後は、砂漠の男たちの歌声と太鼓の音が鳴り響く、静かな砂漠。見上げれば満天の星。こういうとひどくロマンチックですが、実際そこまで素敵で、格好いいものでもなく、汗まみれ砂まみれ、疲れてくたくたになってぐっすり眠る、という毎日なのですが、砂漠トレッキング最終日に眼前にオアシスと砂丘の風景が広がるさまを見た時の達成感は、この100km歩き通した人でなければ分からないと思います。

草のまばらに生えたエリアの他、もちろん砂丘地帯もあります
草のまばらに生えたエリアの他、もちろん砂丘地帯もあります
砂丘地帯を歩くのはしんどいですが、テンションは上がります
砂丘地帯を歩くのはしんどいですが、テンションは上がります
空の蒼と砂のベージュだけの世界
空の蒼と砂のベージュだけの世界
ゴールが近づいてくると、砂漠の一軒家ならぬ、カフェにも出会います
ゴールが近づいてくると、砂漠の一軒家ならぬ、カフェにも出会います
ローマ時代の遺跡が残る、クサール・ギレンが砂漠旅のゴール
ローマ時代の遺跡が残る、クサール・ギレンが砂漠旅のゴール

最終日に復路のジェルバ島からチュニスへの国内線フライトがキャンセルとなり、南部から首都への長い陸路での移動に急遽差し替え、というアクシデントが発生。特別版ツアーたる所以だった、シディ・ブ・サイドとカルタゴの観光は、簡単に車窓から済ませることになってしまいましたが、思いがけず南部の海・山岳風景から中部の豊かな穀倉地帯を経て、人口密集地の首都チュニスへという、小さい国ながらもはっきりわかる自然環境と人々の暮らしの変化も見ることができました。

2019-2020シーズンも引き続き企画しますので、ちょっと変わった砂漠のツアーに参加してみたい、登山は苦手だけど達成感を味わえるツアーに参加してみたい、そんな方にお勧めのこのツアー。ぜひ参加をご検討ください!

◆チュニジア ラクダと歩く砂漠旅 10日間

羽鳥

カイロ―世界の都市の物語 牟田口義郎 著/文藝春秋

アフリカ専門旅行会社の社員として、お客様から「アフリカでどの国が一番好きですか?」とよくご質問いただきます。アフリカ54カ国中2カ国を除く52カ国に訪問している身として、こう答えるのはあまりにもひねりがなさすぎると思ってはいますし、他にも好きな国はあるのですが、私の答えは「エジプト」です。ずいぶん普通な答えだな、と思われるかもしれませんが、やはり若い頃に一時期住んでいたことのある国や街というのは、年を経れば経るほどより思い入れが強くなっていくものなのかもしれません。

今回おススメするこの本は、文明発祥の地としての栄光を担う古代エジプトの話をまくらに、7世紀のアラブによる征服を踏まえた上で、10世紀のカイロ建設からファーティマ朝、アイユーブ朝、マムルーク朝の首都としてナイル川のほとりに繁栄し、現在もアラブ世界最大の都となっている1000年都市カイロの物語です。各時代の国際関係と絡めながら、人物を中心に描かれていますので、ただの歴史本よりはるかに面白く読めますし、歴史を一つの都市に限定して辿っていくというのは、非常に面白い切り口だとも感じました。

好みの違いはあるかと思いますが、エジプトには旅の目的となる4本の柱があると個人的には思っています。ナイル川沿いの壮麗な遺跡群、世界屈指のダイビングスポットとして知られている紅海、雄大であらゆる形態を含む砂漠が広がる西方砂漠、そしてアラブ世界の政治・文化の中心、1000年の都としてのアル・カーヒラ―(カイロ)です。カイロ一押しの私としては、ナイル川沿いの遺跡全てを見ることと、カイロの旧市街を1日かけて散策することは、同じくらいの価値があると思っています。
『カイロを見ずしてエジプトを語ることなかれ』、極端な意見だとは思いますが、治安も落ち着き、観光客も回復しつつあるエジプトへの旅を予定されている方は、ぜひカイロ旧市街の散策を旅程の一部に加えていただくことをお勧めします。その際に、予備知識としてこの本を読むのと読まないのでは、天と地ほど差が出てくると思います。

by 羽鳥

2018.9.4発 道祖神40周年記念ツアー 南部アフリカ一周オーバーランド 40日間(後半)

9月4日に日本を出発し、南アフリカ、エスワティニ(旧スワジランド)、レソト、ナミビア南部を走破して、ナミビアの大西洋岸の港町スワコプムントに延泊滞在中のグループに追いついて同行の弊社スタッフの荒木と交代、後半の20日間を同行させていただきました。

既に3カ国と4カ国目のナミビア南部を通過してきたご参加者の皆さんは、チームワークもとれ、キャンプ暮らしにもある程度慣れており、この旅で最も長い滞在日数のナミビアの後半とボツワナ、そしてゴールのジンバブエ・ビクトリアの滝へと、なだれ込んでいきました。

サンの人々が描いた世界遺産の線刻画
サンの人々が描いた世界遺産の線刻画
感想が激しく、気温も高く、動物は水場に集中します
感想が激しく、気温も高く、動物は水場に集中します
ゾウが現れるとその圧力で水場を独占
ゾウが現れるとその圧力で水場を独占
水場の畔にはハネムーン中のライオンカップルも
水場の畔にはハネムーン中のライオンカップルも
遥か彼方まで広がるエトーシャ・パン
遥か彼方まで広がるエトーシャ・パン

ナミビア最大の見どころはもちろんナミブ砂漠ですが、すでに訪問済みですので、後半のナミビアルートは大西洋岸から北上し、かつてダマラランドと呼ばれた荒々しい大地を走って北部を周遊し、首都のウィントフックに戻って、ボツワナへと国境を越える7日間です。定番コースはエトーシャ国立公園とアザラシの繁殖地のケープクロスを訪問しますが、今回はあえてケープクロスには訪問せず、世界遺産の岩画があるトワイフェルフォンテーンと砂漠ゾウが生息するパームバッハ、そしてヒンバの人々の村があるカマンヤップを訪問し、エトーシャに向かいました。野生動物だけでなく、景観、人々の文化、古の遺産と、この部分だけとってもナミビアは多彩な見どころがあることがわかります。ウィントフックで久々の都会を眺めて、ボツワナへ。

ボツワナ、マウンのキャンプサイト。Wi-Fiも接続可能
ボツワナ、マウンのキャンプサイト。Wi-Fiも接続可能
オカバンゴ・デルタ奥地への足、丸木舟のモコロ
オカバンゴ・デルタ奥地への足、丸木舟のモコロ
自然の音しかしない静かな水路を行きます
自然の音しかしない静かな水路を行きます
夕方は水面に反射した美しい夕日が見られます
夕方は水面に反射した美しい夕日が見られます
デルタの島でネイチャーウォーク
デルタの島でネイチャーウォーク
バオバブの木の向こうに沈む夕日
バオバブの木の向こうに沈む夕日
クワッドバイクでマカディカディ・パンの一部、ントウェトウェ・パンへ
クワッドバイクでマカディカディ・パンの一部、ントウェトウェ・パンへ
果てしなく広がる塩の平原
果てしなく広がる塩の平原
近づいても逃げない人に慣れたミーアキャット
近づいても逃げない人に慣れたミーアキャット
ナイ・パンのシンボル、ベインズ・バオバブの木の下で一休み
ナイ・パンのシンボル、ベインズ・バオバブの木の下で一休み
キャンプ場の水場にひっきりなしにやってくるゾウ
キャンプ場の水場にひっきりなしにやってくるゾウ
チョベ川ではのんびりとボートクルーズ
チョベ川ではのんびりとボートクルーズ
ボートからならではの近距離で見られるゾウ
ボートからならではの近距離で見られるゾウ
甲羅干し中のナイルワニ
甲羅干し中のナイルワニ

荒々しい大地と岩山が広がるナミビアから一転、ボツワナ入国後は起伏がほとんどない真っ平らな、広大なブッシュがどこまでも広がります。そして、道も未舗装路の多かったナミビアから、舗装道路ばかりに変化していきます。ボツワナでの見所は、世界最大級の塩の平原マカディカディ・パン、これまだ世界最大の内陸デルタのオカバンゴ・デルタです。それに加え、ナイ・パンでは深い砂の道を抜けてのサファリと有名なバオバブ見学、そしてチョベ川でのサンセット・クルーズです。ご希望の方はオプショナルでチョベ国立公園でのサファリも。旅の最後半に差し掛かり、皆さんの疲れも徐々にピークに達し、体調を崩される方もいらっしゃいました。

陸路8852キロの最終地点、ビクトリア・フォールズ
陸路8852キロの最終地点、ビクトリア・フォールズ
ドライバーのヘンリーの奥さんが作ってくれた記念のケーキ
ドライバーのヘンリーの奥さんが作ってくれた記念のケーキ
素朴ながら美味しいジンバブエの家庭料理
素朴ながら美味しいジンバブエの家庭料理

そして最後の国境を越え、ゴールとなるジンバブエのビクトリア・フォールズへ。お決まりの滝の見学から始まり、丸1日の滞在日で様々なアクティビティに参加される方、最後の買い物に精を出す方、ホテルでのんびり過ごされる方、それぞれの旅の終わりを過ごされていました。ここまで38日間同行してくれたドライバーのヘンリーとそのご家族の招きで、ご参加の皆さんそしてコックのイスラエルとともにヘンリーの奥さんの手料理をいただき、充実した旅の終わりとなりました。40日間という長丁場の旅ながら、大きく体調を壊す方なく、途中で離団する方なくゴールできたのも、ご参加者の皆さんと2人の現地スタッフのお陰です。感謝!

オーバーランド・トラック「ザ・ビースト」2019年の30日間でも利用予定です
オーバーランド・トラック「ザ・ビースト」2019年の30日間でも利用予定です
立派な髭のドライバーヘンリーとコックのイスラエル
立派な髭のドライバーヘンリーとコックのイスラエル

2018年は弊社の設立40周年の年ということで、40日間の特別版オーバーランド・ツアーを企画しましたが、2019年もすでに次のオーバーランド・ツアー30日間の企画を発表しました。内容もコースも大幅に手を加え、リニューアルしつつ、ワイルドなアドベンチャー・トラックでの旅は変わりません。ありきたりな旅には飽きたという皆さん、ぜひご参加ください!

羽鳥

2018.9.4発 道祖神40周年記念ツアー 南部アフリカ一周オーバーランド 40日間(前半)

2018.8.31発 【特別企画】ヌー大移動の季節 マサイ・マラで徹底サファリ 10日間

【特別企画】ヌー大移動の季節 マサイ・マラで徹底サファリ10日間に同行させていただきました。とにかく最大の目的は7~9月にタンザニアのセレンゲティからマサイ・マラへ移動するヌーの大群、そしてその大群がマサイ・マラ西部を流れるマラ川を渡る、「ヌーの川渡り」を見ること。

200~500頭くらいに固まったヌーの群れはよく見かけました
200~500頭くらいに固まったヌーの群れはよく見かけました
河岸に向かって移動するヌー。勢いはあるのですが、渡ってくれません
河岸に向かって移動するヌー。勢いはあるのですが、渡ってくれません
雲のお陰で夕方には不思議な色の光景が見られました
雲のお陰で夕方には不思議な色の光景が見られました
何度も川岸に下りてくれるのですが・・・渡ってくれません
何度も川岸に下りてくれるのですが・・・渡ってくれません
かろうじて見られたシマウマの川渡り
かろうじて見られたシマウマの川渡り

最初にご報告しておきますと、季節外れの雨のおかげでヌーの移動が遅れており、結局ヌーの川渡りは見られませんでした。群れはマラ川の岸に集まってはいるのですが、まだヌーが好む草が対岸に多いため、命を懸けて川を渡る必要がなく、今年のヌーの川渡り本番はまだまだこれから、もしくは残りの群れは渡って来ないのでは?という状況でした。8月23日までは頻繁に渡りが見られたようですが8月24日にかなりの量の雨が降ったため、ヌーの足を止めてしまった、という状況だったようです。タイミングによっては1時間を超える長時間、ひっきりなしにヌーが川を渡り続けているのを飽きるほど見られる時もあれば、量はともかくたった1日降った雨によって数万頭が足を止めてしまい、見られないということもあります。難しいもんですね。ある意味、自然現象を予測することの難しさ(不可能と言っても良いのかも?)を実感できました。

母親と姉に守られて戯れる子ゾウ
母親と姉に守られて戯れる子ゾウ
水も新鮮な草も豊富で生き生きした様子のバッファローたち
水も新鮮な草も豊富で生き生きした様子のバッファローたち
神経質そうに周りを見回しながら歩くクロサイ
神経質そうに周りを見回しながら歩くクロサイ
夕方の薄暗がりの中見つけたオスのヒョウ
夕方の薄暗がりの中見つけたオスのヒョウ
上空を飛ぶ軽飛行機が気になる様子の若いオスライオン
上空を飛ぶ軽飛行機が気になる様子の若いオスライオン

渡りこそみられませんでしたが、ケニアを代表するマサイ・マラの2か所の異なるロケーションのロッジにそれぞれ3連泊したことにより、非常に充実したサファリができました。もちろん、クロサイ、ライオン、バッファロー、ヒョウ、ゾウのBIG5もコンプリート。チーターもかなりの数を見ることができました。マラ川を渡るゾウの群れ、というちょっと変わったシーンも見かけました。ケニアの北のサンブル国立保護区やボツワナのチョベ国立公園ではゾウの群れが川を渡る光景をよく見かけるのですが、マラ川を渡るのを見たのは私も2回目でした。

水を飲みながらマラ川に入っていくゾウの群れ
水を飲みながらマラ川に入っていくゾウの群れ
小さな子ゾウを囲んで渡っていきます
小さな子ゾウを囲んで渡っていきます
移動中の4頭の兄弟。チーターとの出会いには恵まれました。
移動中の4頭の兄弟。チーターとの出会いには恵まれました。
口の周りを血塗れにしていても優雅な印象のチーター
口の周りを血塗れにしていても優雅な印象のチーター
子供のインパラを捕らえたチーター
子供のインパラを捕らえたチーター
メスをめぐって大バトル中のキリンのオス
メスをめぐって大バトル中のキリンのオス
気持ちよさそうにひなたで毛づくろい中
気持ちよさそうにひなたで毛づくろい中
サファリカーを気にする様子もなく闊歩する、貫禄あるオスライオン
サファリカーを気にする様子もなく闊歩する、貫禄あるオスライオン
珍しく、保護区のあちこちで見られたエランド
珍しく、保護区のあちこちで見られたエランド

自然が相手ですので、こんな残念な結果になることもあるのですが、ご参加いただいた皆様にはサファリの他の面でご満足いただけたようで一安心といったところです。毎年ますます難しくなっていく渡りの時期の予測について考えると、来年はどうしようかと困ってしまうような状況です。が、来年ももちろん企画しますので、初めて見るという方も、見られなかったのでリベンジをという方も、あわせてご参加をお待ちしております!

樹冠でくつろぐゴマバラワシ
樹冠でくつろぐゴマバラワシ
乾季なのに雨が残っていることで、雲と青空には恵まれました。
乾季なのに雨が残っていることで、雲と青空には恵まれました。
美しい夕日も、草食獣にとっては過酷な時間の始まりを意味します
美しい夕日も、草食獣にとっては過酷な時間の始まりを意味します

羽鳥

2018.8.10発 キリマンジャロ登山 マラングルート 10日間

弊社の看板ツアーの一つでもあるキリマンジャロ登山ツアーですが、毎週金曜日出発の設定、2名様から催行、基本的に添乗員同行なし(10名様以上で同行)、という内容のため、7~9月のシーズンでも添乗員同行のツアーとはならないことが多いのですが、今年は久々に多くの方々のお申込みをいただき、添乗員同行で催行となりました。現地ガイド時代から通算70回を超える回数キリマンジャロを登っている私にとっても、実に4年ぶりの登山となりました。

弊社のツアーでは、現地到着後にまずアルーシャ国立公園に1泊し翌日はサファリを行います。これは①空路移動の疲れをとる、②万が一荷物が届かなかった場合でも翌日受け取ることができる、という2点を考慮してのことなのですが、登山を開始するのは現地到着3日目からになります。アルーシャ国立公園では、いわゆるサファリの大物(ライオン、チーター、ヒョウ、ゾウなど)はほとんど期待できないのですが、森と平原、カルデラ湖が主体の公園でキリンをはじめとする草食獣やフラミンゴなどの鳥はご覧いただけます。体力を回復させ、現地の気候と時差にゆっくり体を慣らすにはもってこいの滞在先です。時にはブッシュバックやレッドダイカーなど、サバンナが主体の公園ではまず見ることのできない草食獣もご覧いただける場合があります。

タンザニアの国獣キリンが多くみられるアルーシャ国立公園
タンザニアの国獣キリンが多くみられるアルーシャ国立公園

さて、本番のキリマンジャロ登山ですが、このツアーではツアー名にも謳っているように山小屋泊のマラングルートを利用し、4泊5日の行程で登る内容となっています。高度順応のために1泊増やして5泊6日で登った方が良い、という意見もありますが、私の経験上ホロンボハットに延泊されて高度順応がうまくいくか、より体調が悪くなるかは五分五分といったところで、最短速攻日程で登ってしまった方が上手くいくケースも同じようにあることから、弊社のツアーでは最短日程の10日間の内容で企画を続けています。

ホロンボハットからの登り。4000m付近で徐々にきつくなってきます
ホロンボハットからの登り。4000m付近で徐々にきつくなってきます
林立するジャイアント・セネシオ越しのキボ峰
林立するジャイアント・セネシオ越しのキボ峰
ザ・サドルの高地砂漠。比較的フラットですが足が重い
ザ・サドルの高地砂漠。比較的フラットですが足が重い

今回のツアーでは、ご参加いただいた12名様のうち、ウフルピーク登頂が7名様、ギルマンズポイント到達が4名様、残念ながら途中(5300m付近)で断念された方がお一人と、最終的にはまずまずの結果で登山を終えることができました。もちろん今回も怪我人・死者ゼロ。日本の夏山登山程度の技術で登れる、といわれているキリマンジャロですが、毎年少なからず死者も出ており、決して登るのが簡単な山ではありません。今年の9月にも日本人登山者がお一人亡くなっています。特別な技術は不要といっても6000m近い標高の山ですので、ものすごく体力はいりますし、高山病対策も必要です。ただし、高山病が原因の死亡事故はほとんどなく、循環器系や呼吸器系に異常がある方が危険な状況に陥り、死亡事故につながるケースがほとんどです。そのため、弊社ではキリマンジャロ登山ツアーにお申込みをご希望の皆さん全員に、必ず健康診断を受診いただいています。何はともあれ、今回も無事にツアーを終え、かつご参加者の皆様と現地のタンザニア人スタッフのお陰で、和気あいあいと楽しく登山を終えることができたこと、感謝します。

ギルマンズポイント5685mには夜明け前に到着
ギルマンズポイント5685mには夜明け前に到着
マウェンジ峰の向こうの雲海から昇ってくる朝日
マウェンジ峰の向こうの雲海から昇ってくる朝日

山中の設備は少しずつ新しくなっており、ホロンボハットではプライベートルームを備えた新しい小屋を建造中でした。山中のかなり標高の高い場所でも工事車両を見かけ、ゆくゆくは3720mのホロンボハットまで一般車が入ってこられるように整備し、シャワールームを備えた国立公園が運営するロッジも建造予定とのことでした。今後は、登山をされない方でも比較的楽にホロンボハットまで赴き、より間近に氷河を戴いたキボ峰を望むことができるようになるかもしれません。

プライベート小屋の建築資材を運び、登山道を走るトラック
プライベート小屋の建築資材を運び、登山道を走るトラック

キリマンジャロ登山 マラング・ルート 10日間

羽鳥