こんにちは、小松!!

北陸3県(石川県、福井県、富山県)の皆様速報です。ビクトリアの滝やケープタウンでおなじみの南部アフリカがグイっと近づきます!!

来週4月3日より10月26日までの水曜日と土曜日に、キャセイパシフィック航空が小松空港と香港空港を結ぶ便を運航します。機材は、写真のエアバスA330です。席もたっぷりありますので、奮ってお出かけください。

石川県・小松空港
石川県・小松空港
小松空港発着が運航するキャセパシフィック航空エアバスA330
小松空港発着が運航するキャセパシフィック航空エアバスA330

小松空港を夕方出ると、香港に夜到着しますので、それからヨハネスブルグ行きに乗り換えると、翌朝にはヨハネスブルグへ到着します。さらにヨハネスブルグから、ビクトリアフォールズ、ケープタウン、ウィンドフックなどへ乗り継ぎが可能です。帰りはアフリカ各地からヨハネスブルグ、香港経由で、翌日の午後には小松空港へ戻ることが可能です。

日数としては、同じ曜日に戻ってくる8日間では短すぎるので、少なくとも11日間(小松発水曜日、小松着土曜日)で、南部アフリカの主要観光地を回ることができます。

また小松空港は、15日以内の国際線利用の場合、駐車場料金が無料になります。ホームページにはまだ香港便での無料化の情報が出ていませんので、詳細はお問い合わせください。

ヨハネスブルグ以外にも、ヨーロッパ、アジアなどの主要都市へ香港を経由して、行けるようになりますので、東京や大阪へ出ることなく、海外旅行が楽しめるようになります。

小松空港展望デッキから眺める白山連峰
小松空港展望デッキから眺める白山連峰

 

ぜひ、小松空港からキャセイパシフィック航空でお出かけください!!

詳細なスケジュールは下記より:
https://news.cathaypacific.com/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%91%E3%82%B7%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97-%E5%B0%8F%E6%9D%BE-%E9%A6%99%E6%B8%AF%E7%B7%9A%E3%82%92%E9%96%8B%E8%A8%AD

小松空港駐車場情報:
http://www.komatsuairport.jp/access/parking-kokusai.html

by 深川

アチェケ

コートジボワールでは、キャッサバを加工したアチェケという食べ物があります。キャッサバの皮をむき、実をすりつぶし、水分を絞り抜いて干して、蒸かすとおいしいアチャケになります。ホカホカのアチャケはもちもちとしておいしいですが、だいたいは冷たいまま食されます。

ビニール袋に詰められて、アビジャン近郊やアビジャン市内のアボボ(市内北部)で作られたアチェケは、アビジャンっ子の胃袋を満たすためアビジャン市内へ出荷されます。

アチェケは日本のお米のように単体で食べてもおいしくないので、だいたいの場合は、魚のフライに、少々の野菜と油をかけて食べます。

ちょっとお金がある場合は、スズキ科の魚などに小麦粉をつけて揚げて、それに油を混ぜた玉ねぎ、トマト、青唐辛子、塩を付け合わせにして、アチェケを混ぜながら食べます。

すごく安く食べたい場合は、ガルバという食べ方があります。基本はマグロやカツオみたいな魚のフライに、油を混ぜた青唐辛子と塩のみで、アチェケを混ぜながら食べます。

 

なかなか、高級レストランなどにはないと思いますが、アビジャンに来たらぜひお試しください。

by 深川

ホルス神(エジプト航空)、再び日本へ!!

アラブの春以降、エジプトの治安の問題で、エジプト行きの観光客が減っていたものの、ここ数年治安状況が少しづつ良くなってきています。

かつては、成田-マニラ-バンコク-カイロで運航され、成田-マニラ間や成田-バンコク間で利用された方もたくさんいたと思います。運休前に成田-カイロ間が直行便になったようですが、2013年に、観光客が減ったため、エジプト航空が日本線を運休してしまいました。
それから4年ついに直行便が復活しました。昨年10月29日より、エジプト航空が週1便ながら、成田-カイロ間の直行便の運航を開始しました。運航機材はボーイング777-300ERになります。

成田発が毎週日曜日で、カイロ発が毎週土曜日で、いずれも翌日着になります。エジプト航空でエジプトに行くと、国際線と24時間で乗り継ぐ国内線が割引になりますし、預入手荷物の規則も国際線に準じますのでお得です。

カイロで乗り継いで、ロンドン、パリ、アテネなどのヨーロッパ、カサブランカ、チュニスなどの北アフリカ、ナイロビ、アスマラ、エンテベなどの東アフリカへは、空席があるとお得な運賃で旅行することも可能です。

ぜひ、エジプト航空でカイロをはじめとする、エジプトの各地へ、さらにはカイロ以遠の他の国へお出かけください。

画像は、エジプト航空のボーイング777-300ER、垂直尾翼に描かれているのが、天空の神であるホルス神になります。

by 深川

ウエスタンユニオン

アフリカに行った方々はだいたいの方は、WESTERN UNION(ウエスタンユニオン)の看板を見たことがあると思います。このサービスはアメリカのウエスタンユニオン社が提供している海外送金サービスです。

日本では銀行口座は一部の銀行を除けば、無料で開設できますが、ヨーロッパやアラブ資本の多いアフリカでは、口座の管理手数料が月々かかってきます。そのような理由で、多くの人は銀行口座をもっていません。そうすると、出稼ぎ時の給与の送金や、緊急事態の送金に困ります。そこで、ウエスタンユニオン国際送金サービスを活用します。

送金国の代理店窓口で、現金と身分証明書を持って、窓口で書類を記入して、手続きが完了すると、ものの10分程度で相手国の代理店窓口でお金の受け取りが可能です。その代わり、銀行送金と比べて手数料が割高な場合も出てきます。

日本でも、トラベレックスや金券ショップなどが代理店をしていて送金が可能です。アフリカの場合は、郵便局や銀行が代理店をつとめています。

ウエスタンユニオン社以外にも、同じようなサービスをマネーグラム社が提供しています。

画像1はコートジボワールのアビジャンで見かけたウエスタンユニオンの広告看板
画像2はポスト・コートジボワール(郵便局)の外観、ウエスタンユニオンの看板あり。

by 虎

モーリシャスセミナーに参加してきました

先日、都内で開催されたモーリシャスセミナーに参加してきました。ほぼ毎年、開催があり、2年ぶりぐらいに参加しました。

まず、モーリシャス航空の紹介があり、アジア、ヨーロッパ、アフリカの就航地点の紹介がありました。それから、モーリシャス航空の新導入機種であるA350の紹介がされていました。

A350の導入にあわせて、ビジネスクラス、エコノミークラスともに内装を変更して、A340やA330の内装もA350に合わせて改装するとのことでした。

それから、モーリシャス観光促進局の方からお話があり、アジア方面からの訪問客はインドや中国が多く、日本からはまだ少ないことが紹介されました。

モーリシャス観光促進局紹介が終わった後、ホテル、現地手配業者、観光局、モーリシャス航空のブースを参加者が訪問しました。

私どもは、モーリシャス航空、モーリシャス観光促進局、ホテル1社、現地手配業者1社から話を聞けました。モーリシャスへの理解が深められたと思います。

画像は、モーリシャス航空の日埜様によるモーリシャス航空のプレゼンテーション。

by 虎