エチオピア・ダナキル砂漠訪問ダイジェスト10日間に参加して

2014年12月24日発『エチオピア・ダナキル砂漠訪問ダイジェスト10日間』にご参加頂いた、秋田谷 加奈 様からのツアーレポートです。

1~2日目

日本からドバイを経由しエチオピアの首都アディスアベバに到着。初エチオピア観光は国立博物館でLucyなどを見学しました。夕食では初めてのエチオピアビールを楽しみ、明日から本格的に始まる旅に向け荷物をパッキングし直し、しばらくシャワーは浴びれないので念入りに?洗い、シャワーにしばしの別れを告げました。

01

3日目

飛行機にてメケレへ。空港を出るとこれからお世話になるドライバーさんやスタッフの方達と合流。数台の4DWに分乗して、いざ出発!聞くとアディスアベバから運転してメケレまで来たそうです。私達は飛行機であっという間に到着してしまいましたが、ご苦労様です・・・

まずは、途中の街に寄りコーヒーセレモニーを見せていただきました。コーヒー発祥の地エチオピア。豆を煎るところから始まり、途中ポップコーンをつまみながら、コーヒーの香りと昔から続けられているコーヒーセレモニーの過程を楽しみました。

02 03

再び車で移動し、入域許可申請と昼食の為、途中の村で下車。昼食後、建物の外には大勢の子供達が。あっという間に囲まれ、子供達のエネルギーに押され気味の我々大人達・・・

04

再び車で、本日のキャンプ地アーメド・エラまで移動。途中塩を運ぶラクダのキャラバンにも会いました。この光景、とても美しかったです。ラクダが遥かかなたまで綺麗に並んでいるという単純な理由もありますが、毎日繰り返されるこの光景は生きていくため、まさにアファール人の人生なんだと感じました。今回、三脚は持って行ってなかったので、キャンプ設営後置いてあった木にカメラを置いて星空撮影を試みましたが、高さ・角度が足りませんでした。肉眼では周りに高い建物や木がないので、低い位置から満点の星空を見ることができました。ライトを消すと星しか見えない真っ暗な中、こんなに早く寝るのは久しぶりだ~と横になっていると、暗くなったら寝て明るくなったら起きるということは本来人間のあるべき姿なのかな~?と、電気を煌々と点け、夜更かしすることが多い日本での生活を見直す機会にもなりました。

05 06 07 08

4日目

テント泊なので光と音で必然的に早い時間に目が覚めるのですが、朝食後まで時間があるのでとてもゆったりとした時間を過ごしました。日本では起きたらすぐに動き出すという慌ただしい朝を過ごしていますが、テレビも携帯の電波もなく、何もせずのんびり朝を過ごすのはもしかしたら初めてかもしれないと思いました。

朝食後、車に乗りダロールへ出発。歩みを進めるごとに変わっていく光景に、どうゆう過程で自然と出来上がったのだろうと不思議な気持ちと共に、地球って凄い!と感動です。日本にいると見たこともない景色、暑いけど来て良かった~、みんな見なきゃもったいない!と思いながら景色を楽しみました。

09 10 11 12

その後車で移動し、アッサル湖へ。塩の採掘を見学しました。これが昨日見たラクダのキャラバンとなっていくのですね。帰り道でもキャラバンに出会いました。炎天下の中、塩を採掘し、歩いて低地から高地へ運ぶ。アファール人の生命力の強さを感じました。

13 14 15 16

5日目

2泊したテントともお別れし、今回の旅のメインでもあるエルタ・アレ火山へのベースキャンプ地へ向けて出発。前の車が巻き上げる砂で前が見えなくなったり、岩場のガタガタ道でも安全に丁寧に運転してくれるドライバーさん、ステキです。もちろん、それなりに揺れますが私は揺れも楽しかったです。

17

到着後、休憩・食事を摂り、日没後エルタ・アレに向けてトレッキング開始です。30分おきに休憩を取っていただき、塩分補給のタブレットをくれたりと添乗員さんの細やかな気配りも。予備の水も持ち、仕事とはいえご自分も大変でしょうに、ありがとうございました。トレッキング開始から3時間半程経過、やっと到着しました~この景色を待っていました!夜のエルタ・アレ火山です。疲れも忘れメンバー全員ずっと眺めていました。

18 19

6日目

翌朝、再び噴火口へ。日の出も見ることができ、マグマがグニャグニャと動く様子を見ていると、地球は生きていると実感しました。

20 21 22 23

もっと眺めていたいところですが、日も高くなってきますし下山しなくてはなりません。どんどん気温が上がってくる中、みんなで励まし合いながら無事ベースキャンプに到着。到着後食事が用意されていたのですが、疲れた体に染み渡る優しい味でした。そして、この時飲んだビールは間違いなくこの年で最も美味しいビールでした。

荷物の整理をした後は本日の宿泊地アフデラへ向かいました。今回はアフデラ湖畔のキャンプサイトが空いていなくキャンプができないとのことで、近くのホテルに宿泊になりました。アフデラ湖は塩分濃度が高くプカプカ浮遊体験ができます。温泉が出ているところもあり、暖かい部分を探しながら浮きながら、みんな子供のように歓声をあげて楽しんでいました。ついでに私の車のドライバーさんがボディーソープを分けてくれたので数日分の汗を流しました。夕食後仲良くなったツアーメンバーの方ともう少し飲みましょうという話になり、ガイドさんやドライバーさんを誘いお酒やお喋りを楽しみました。色々なエチオピアについての話を聞くことができ、とーっても楽しい忘れられないひと時になりました。

24

7日目

朝方、ヤギの鳴き声とアザーンで目覚め、その後ウトウト2度寝。今日はアワッシュに向けて終日移動です。あまり接することは少なかったのですが、ずっと私達の食事を作ってくれたコックさん達とはここでお別れです。シンプルな料理でしたが、日本人好みの味で本当に美味しかったです。私はキャンプ中の食事が口に合いすぎて、街での食事は少し辛くてキャンプでの食事が恋しくなったくらいです。

今回の行程では3度車のトラブルがありました。でもすぐに直り無事に出発できましたが。途中休憩を何度かはさみ、もう日も暮れた頃アワッシュのホテルに到着。ホテルの入り口付近ではコーヒーセレモニーが行われていました。この日の夜もドライバーさん達とお酒を飲みながらお喋り。ここで10ケ所くらい虫に刺されましたが、帰国後も特に問題なく過ごしました。ちなみにダニも大丈夫でした。

25 26 27 28

8日目

午前中はアワッシュ国立公園でのサファリ。他の国でサファリを体験したことがあるので、動物の数的には淋しいものがありました。時期や時間帯によっても違うのかもしれませんが。

29 30 31 32

サファリ後はアディスアベバへ向かいます。途中高速道路にも乗りました。案外キレイで見た目日本と変わらなく感じました。

夕食はレストランでダンスを見ながら、みんなで乾杯です。ワインや蜂蜜のお酒など色々なお酒も楽しむことができました。ホテルに送り届けてもらい、ここで3日目からずっとお世話になったドライバーさん達とお別れです。もうすっかりエチオピアLOVEになっていた私はとっても悲しかったです。でも、出会いと別れ、これが旅の醍醐味ですね。

33 34 35

9~10日目

この日はちょうど1月1日でした。添乗員さんがお餅とお正月飾りでお正月気分を演出してくれました。ちなみに、エチオピアでは9月11日がお正月だそうで、ごく普通の一日のようです。

今日は飛行機の時間までショッピングです。路面に出ているお土産屋さん、地元でも人気と思われるコーヒーショップでのお買い物です。今まで買い物のできる場所がほぼ皆無だったので、みなさん自分にお友達にエチオピアらしい物を選んでいました。職場にばらまけるようなお菓子はないので、途中のドバイの免税店で買っている方が多かったように思います。私は今までコーヒーを飲むことが少なかったのですが、エチオピアに来てコーヒーが好きになりました。しかもたっぷり砂糖入り。毎日大量の砂糖入りコーヒーは敬遠してしまいますが、時々カップの底に砂糖が沈んでいるくらい甘いコーヒーでエチオピアを思い出したいと思います。

昼食後、空港へ。いよいよエチオピア最後です。空港前でエチオピアでの全行程お世話になったガイドさんとお別れです。ガイドさんは日本人が好きだと言ってくれましたが、私もエチオピア人が大好きになりました。大きな声を出したり荒々しい人は少なく、バス停の前できれいに長い列を作って待っている人々、この後空港でトラブルがあったのですが、混乱することなくきちんとアナウンスに従う人々。景色が素晴らしいのは言うまでもありませんが、出会ったエチオピア人はホスピタリティーにあふれていました。またいつか再訪したいと強く思う旅になりました。

最後に素晴らしい思い出を一緒に作ってくださったツアーメンバーの方々、最後の最後で大変な重荷を背負ったであろう添乗員さん、現地ツアー会社のスタッフさん達、他お世話になった全ての方に感謝したいと思います。ありがとうございました!

36 37 38 39

 

 

 

タンザニア・キャンプ・ツアー

年末年始、タンザニア・キャンプ・ツアーの添乗に同行致しました。
今回の旅は、サファリ中に3回も雨に降られるという初めての経験をしました。ネコ科動物は雨を嫌うはずですが、セレンゲティではライオンが雨を喜んでいたのでしょう。カミナリが鳴る中、メス同士で立ち上がってじゃれながら猫パンチをし合っているのを目撃しました。
年末年始の東部アフリカのツアーと言えば「サバンナの初日の出」が一つのハイライト。見られるかどうか心配しましたが、何とかゾウとのツーショットが撮れました。昇ってくる太陽にちょっとだけ雲がかかり、まるで暖かく微笑んでいるような顔に見えました。
タンザニアの太陽は今年も微笑んでくれるでしょう。ぜひお出かけ下さい。

私の一番好きな場所 in アフリカ Vol.2

「何かあるの?」と聞かれても答えづらいところではありますが、ナミビアのスピッツコップにあるキャンプ場です。
キャンプ場となってはいますが、トイレは藁で囲ってあるだけ。もちろん水道も電気もありません。
でもここにはカラッとして澄んだ空気と星降る空があります。この夕陽を見ながらビールを飲む・・・・うん、最高!

「2001年宇宙の旅」の類人猿カットに出てくるこの風景。
一度見に来てみませんか?

ボツワナに行ったらモコロに乗ってボート・サファリ

ボツワナのキャンプツアーに参加してきました。毎日が晴天で、寒くて震える時もありました。
そんな中で私が最も好きなのはモコロです。伝統的な丸太のボートを船頭さんが長い棒で操ってくれます。動物や鳥がたくさん見られるというわけではありません。パピルスとこすれる音、小さな波でポチャポチャという音、心地よい風、不安定なボートなのでじっとしていなければならない、ちょっとした緊張感がありながらフッと眠りに誘われるような気持ちになります。
こんな雰囲気ってクラシックコンサートに共通しているような気がします。クラシックといえばアフリカのサバンナにはボレロが似合うような気がしますが、皆さんはどう感じられるでしょうか。

モコロに乗るツアーもあります。ボツワナのツアー一覧はこちら。

ボツワナ・キャンプ 塩湖と砂漠

「ボツワナ・キャンプ 塩湖と砂漠」にご参加された日比野 倉氏 様から頂いたレポートです。

目を開けると星空というのもなかなか経験できないものだ。今回はレアな小物が見られたのが収穫だ。ラーテルにヘビ。私にとって出会えそうで出会うことがなかったヘビ。。。

現地到着からナイ・パン

南アフリカのヨハネスブルグに到着したのは、午前7時頃。マウンまでの便が午後1時なので道祖神ヨハネスブルグ駐在事務所兼駐在員自宅で休憩することになった。駐在員高達氏の運転で事務所兼自宅に向かう。高圧電流の流れる鉄線に囲まれた一戸建(離れもある。)で、子供の声がするアットホームな事務所。お茶とお菓子で休憩し、再び空港へ向かう。空港で軽食を摂りボツワナのマウンへの便に乗った。マウン到着は、午後3時頃。現地旅行会社のドライバーガイドが待っていた。話によるとテントの設営はしてあるとのことで設営の手伝いはしなくても済みそうだった。車でナイ・パンへ向かう途中、検問所のような場所で、履物の消毒を行った。舗装された幹線道路から埃の舞う道へと入った。日が沈む頃には到着するだろうと思っていたが、車のライトが点灯されひたすら走っていた。予定していたキャンプ・サイトより公園の奥になったということで時間を要した。闇の中に焚き火とカンテラの灯りが見えた。テントは張られていて、食事の準備もできていた。満天の星空の下、キャンプ初日の夕食は焚き火を囲んで始まった。ビール、ワインも用意されていた。暗いので周囲の状況は分らず明朝を楽しみに寝袋に入った。

01thumb 02thumb 03thumb

ナイ・パン 2日目

まだ、薄暗い朝5時半頃、スタッフが布製洗面器にお湯を入れにきた。テントを出ると焚き火だけが目に入ってきた。お茶と軽いスナックを摂り、日の出前にサファリに出発。吐く息が白く寒いが、意識は明るくなって見えてくる周囲の景観に向いていた。サバンナに陽が昇ってきた。辺りがオレンジ色に輝いている時1頭のセグロジャッカルに出会う。陽が昇ってからは、キリンの群れに出会うが、1頭だけ尾の短いキリンが気になっていた。肉食獣に噛み切られたのか。11時頃、キャンプ・サイトに戻りランチを摂り休憩。その時木の枝を伝っていくマンバと呼ばれる綺麗なグリーンの蛇が現れた。ガイドの持っていた図鑑には、VERY DENGEROUS と表示されている毒蛇と知ると、それからやけに頭の上が気になりだした。午後のサファリは3時頃に出かけた。かなり陽が傾きかけた頃、スプリングボックの群れに出会うが、みんな同じ方向を向いている。これは、肉食系動物を警戒しているのではと感じた。遠くにセグロジャッカルが2頭いるが、ジャッカルを警戒しているようではなかった。ガイドが、「チーター」と一声。示す方向をカメラの望遠レンズで覗くとブッシュの前に座り込んでいるチーターが見え、そばに捕らえたばかりの獲物が横たわっている。しばらくすると立って辺りの様子を窺い出した。また座り込むと獲物を食べ始めた。もっと、近かったらチーターの表情を観察できたのだが。陽が沈みキャンプ・サイトへ急ぐ途中に2頭のセグロジャッカルが、ねぐらへ帰るのかオレンジ色に染まったサバンナを走っていった。

04thumb 05thumb 06thumb 07thumb 08thumb 09thumb

ナイ・パンからクブ・アイランドへ

今日も日の出前に起きて朝食を摂ると、スタッフがテントの撤収作業を始めた。最初は、慣れない者が手伝っても邪魔になるかもと思い静観していたが、軽い物から運ぶのを手伝いだすと全員が手伝い出した。今後のためにテントのたたみ方を教えてもらう。荷物を積み終わり8時頃、キャンプ・サイトを出発し、マガディカディ・パン(塩湖)に向かう。途中、1回目のパンク。スタッフが手際よくタイヤ交換し砂地を走り出した。パンク・ストップで時間を取ったため、ベインズ・バオバブに少し立ち寄り先を急いだ。この日は、ひたすら走っていたような気がした。陽が沈んでもまだ走っていた。夕焼けをバックにバオバブのシルエットが綺麗だ。車のライトが点灯されてドライバーも焦ってきているように感じたが、午後7時過ぎてもまだキャンプ予定地に到着しなかった。暗闇の中、ブュシュの陰もない広い場所に車が止まった。暗いから周囲の状況が分らない。遠くにクブ・アイランドの陰が薄く判断できるぐらいだ。すぐに荷物を降ろし、まず寝るためのマットを引きずって寝場所を決めた。今夜はテントを張らずに塩湖の上にマットを敷き星空を仰ぎ見ながら寝袋で寝るのだ。夜の食事は、ミートソース・パスタだったが、麺がうれしい。おいしく感じた。その日のドライバーは、かなり疲れていたようで先に眠るといって休んでしまった。

10thumb 11thumb 12thumb

クブ・アイランドからセントラル・カラハリへ

朝方3時過ぎに目が覚めてしまった。目を開けると星空というのもなかなか経験できないものだ。焚き火が、炭火になって赤く残っていた。何も音がしない。起きることにした。 5時頃、スタッフが起きて薄暗い中お湯を沸かし出したので、傍に行ってライトで照らして手元を明るくした。鍋でお湯を沸かし、沸騰すると塩を入れ、乾燥させた麦のような籾殻のついた米のようなものを入れかき混ぜ出した。何ができるのだろうと見ていると白くなってきて、なんとなくお粥に似ているようなものに見えてきた。スタッフは、これにミルクと砂糖を入れて食べるとおいしいと説明してくれた。食べてみると、確かにお粥に近いものだった。辺りが明るくなって周囲の景観が見えてくると、広い場所で寝ていたことが分かった。クブ・アイランドに数本のバオバブが見える。地平線から陽が昇り始めると遠くの様子もはっきりしてきた。クブ・アイランドを人が歩いている。どうやら、他にも野営しているようだ。朝食を済ましマットを片付けていると、同行の1人が小さいサソリを発見。みんな、興味深げにカメラを向け出した。どうやら、サソリのいる塩湖の上で寝ていたようだ。夜中に寝袋に侵入されなくてよかった。荷物をまとめて車に積み、クブ・アイランドの方に行くとキャンプ・サイトがあることに気がつく。幾つかのグループが野営していて、塩湖で寝ていたのは我々グループのみだったことを改めて知った。今日も、セントラル・カラハリへと長いドライブだ。舗装された幹線道路をスムーズに走っていた時、 2回目のパンクでストップした。日没までにキャンプ・サイトに着けるだろうか。午後4時過ぎにやっとセントラル・カラハリのゲートに到着した。ここからは予定のキャンプ・サイトまで40km~50kmという話だ。ポリタンクに水を補給して走り出した。太陽が、かなり傾きかけた頃、3回目のパンク・ストップで日没までに到着が難しくなってきた。デセプション・バレー地区に入った時は薄暗く、スプリングボックやゲムズボックがシルエットで沢山見える。キャンプ・サイトに到着した時は暗くなっていたが、急いでテントの設営をした。慣れればテントを張るのは早いものだ。

13thumb 14thumb 15thumb 16thumb 17thumb 18thumb

セントラル・カラハリ滞在1

今日も朝は、日の出前にサファリに出発する。朝の気温は、ナイ・パンより寒く感じなかった。陽が昇り始めた時、セントラル・カラハリのシンボルマークに使われているオオミミギツネ2頭、数分後、1頭のセグロジャッカルに出会った。ゲムズボックやスプリングボックにはよく出会うが、肉食系動物には、なかなか出会わなかった。しかし、レアものに出会った。遠くに黒っぽい動くものを発見。初めて見るラーテルだった。獲物を探しているのか砂埃を上げて地面を掘り返している。しばらくして地面の巣穴から出てきた地リスを発見。よく観察しているとおもしろい動作をする。後ろの二本足で立って様子を窺ったり、長いシッポで日陰を作ってみたり。お昼前に、レッド・ハーティービーストに出会ってキャンプ・サイトに戻った。ランチを摂った後、キャンプ・サイトの周辺を歩いて少し焚き火用の薪を集めた。落ちている枯れ枝を集めていると、以前に来たキャンパーたちが残していった燃え残りの薪もあった。日本ではセントラル。カラハリの情報が少ないためワイルドな印象を持っていたが、ヨーロッパや南アフリカから来ている人は多いようだ。車の屋根に薪を積んだ4WDと数回すれ違った。午後のサファリは、3時過ぎに出発。気持ちは、大型猫科動物を期待していた。午後は、午前とは違う小高い丘へ向かっていた。夕方5時頃、ブュシュの中からガサッと音がした。ドライバーが車を止めて後方を見ると、ヘビが現れた。しばらく車を走らせるとドライバーは、車を止めて地面を見つめた。そこには、新しいヒョウの足跡がくっきりと残っている。ふと、後ろを振り返るとブュシュの方へ歩いていく1頭のヒョウかいた。急いでカメラを構えた。ヒョウは、ブッシュの陰に入ると座ってこちらを観察していて捉えずらい。後方から、1台の車がやってきたが、ヒョウは逃げる気配はなかった。でも、ドライバーは、ヒョウの見える位置をかなり譲ってしまったので益々見えずらい状態になり、その場を離れた。30分ほど道を先に進んで戻ってみると、まだ同じ場所にいたが、ブュシュから少し前へ出てきた。何度もシャッターを切る。若いメスのような気がした。この日もキャンプサイトに戻ったのは薄暗くなってからだった。この日は、気温が少し上がっていたのが原因なのか、夕食時、やたらと小さい黒い虫が出没し、スープの中で具のようになって泳いでいた。食事が終わって焚き火を囲んでいると、ゲートのレインジャー2人が車でやってきた。一人の女性は、知っている片言の日本語を話しコミュニュケーションしてきた。

19thumb 20thumb 21thumb 22thumb 23thumb 24thumb

セントラル・カラハリ滞在2

夜中から明け方にかけて、ジャッカルの鳴き声とライオンの鳴き声に起こされた。昼間、姿を見せないがキャンプ・サイトの近くで声がする。寝袋の中で今日は、ライオンに出会えるかもと期待が膨らんだ。薄暗い中、朝食を摂り、サファリに出発した。ライオンの声がしたなら近くにいるのではと期待が大きい。道には、新しい大きなライオンの足跡が残っている。その跡を追って車を走らせたが、結局出会うことはなかった。その後、ヘビクイワシ、スプリングボックの群れ、巣穴から出てきた地リス、ブュシュの陰でお休みしているイボイノシシを見て、キャンプ・サイトに戻った。午後のサファリは、ドライバーが水の調達とタイヤの修理に出かけて3時半頃に出発。声は聞こえるが姿が見えないライオンに出会える最後のチャンスと期待しつつ出かけたが、2羽のキバシコサイチョウを観察して、さらに車を走らせた。すると、ブュシュの奥に長い首が見えた。セントラル・カラハリにはいないと思っていたキリンが群れでいたのだ。数頭がこっちを覗いている。図鑑に書かれている情報を信じ過ぎてはいけないと思った。現地に来て自分の目で見た現実が真実なのだ。遠くから移動してきたのか、人間が連れてきたのかわからないが、とにかくセントラル・カラハリにキリンがいたのだった。日が沈む頃、ゲムズボックを見てキャンプ・サイトに戻った。途中ですれ違った車の人たちからは、若いチーターを見たと聞かされた。ライオンには出会うことはなかった。その夜もジャッカルの鳴き声は聴こえた。夕食を食べ終わった頃、またゲートのレインジャーがやってきた。ここへ来る日本人は珍しいようだ。

25thumb 26thumb 27thumb 28thumb 29thumb 30thumb

セントラル・カラハリからマウンへ

今日は、マウン経由してヨハネスブルグへ戻る日。早朝から1時間半程、サファリに出かけたが、スプリングボックとゲムズボックにしか出会うことはなかった。車に荷物を積んでエアーストリップに向かった。予定していた場所が閉鎖されたとのことで、少し時間がかかったが、 11時過ぎに着き、余裕をもってランチを摂り、帰りの飛行機を待った。予定の午後1時に帰りの飛行機が来てマウンに戻り、ヨハネスブルグへの便に乗り換えた。今回キャンプ・ツアーは、レアな小物が見れたのが収獲だ。ラーテルにヘビ。私にとって出会いそうで出会うことがなかったのがヘビ。東アフリカでは、まだ一度も見たことがないヘビだが、南部アフリカのボツワナでグリーンのヘビが見れたのは貴重だ。

31thumb 32thumb 33thumb

ボツワナのツアー・旅行一覧はこちら。
サファリ・動物がテーマのツアー・旅行一覧はこちら。
砂漠に行くツアー・旅行一覧はこちら。