2018.9.4発 道祖神40周年記念ツアー 南部アフリカ一周オーバーランド 40日間(前半)

道祖神40周年企画ツアーの一つオーバーランドツアーに同行させていただきました。

オーバーランドツアーとは、陸路で巡るスタイルの旅になります。今回のツアーでは、改造トラックを使用して旅行をしました。70年代にはすでに確立されていたこのツアースタイルは、道祖神という会社の根幹にもなっています。

キャンプに必要なものが全て詰め込まれた改造トラック
キャンプに必要なものが全て詰め込まれた改造トラック
悪路をものともしない走破性も兼ね備えています
悪路をものともしない走破性も兼ね備えています

南部オーバーランドツアーは、毎年ケープタウンからビクトリアフォールズまで26日間で実施してきましたが、今年は40周年の特別版として、ヨハネスブルグをスタートして、エスワティニ(旧スワジランド)や、レソト、南アフリカのガーデンルートを加えた40日間のツアーを実施しました。

風光明媚な風景が広がるブライデリバーキャニオン
風光明媚な風景が広がるブライデリバーキャニオン
景観抜群のドラケンスバーグ山脈を歩きます
景観抜群のドラケンスバーグ山脈を歩きます
ドラケンスバーグ山脈には1000年以上前に描かれたサンの人達の岩絵が数多く残ります
ドラケンスバーグ山脈には1000年以上前に描かれたサンの人達の岩絵が数多く残ります
狩りの様子などが描かれた絵もあります
狩りの様子などが描かれた絵もあります
レソトではポニートレッキングを楽しみました
レソトではポニートレッキングを楽しみました
チチカマ国立公園では、キャノピーツアー(ジップライン)に参加しました
チチカマ国立公園では、キャノピーツアー(ジップライン)に参加しました
アフリカ大陸最南端のアグラス岬も訪れました
アフリカ大陸最南端のアグラス岬も訪れました
線から左手がインド洋、右手が大西洋になります
線から左手がインド洋、右手が大西洋になります
ハマナスはホエールウォッチングのメッカ1
ハマナスはホエールウォッチングのメッカ2
ハマナスはホエールウォッチングのメッカ2
ケープタウン近郊のワインランド(ステレンボッシュ)も訪問
ケープタウン近郊のワインランド(ステレンボッシュ)も訪問
ワイナリーの貯蔵庫も見せてもらいました
ワイナリーの貯蔵庫も見せてもらいました
安くて美味しいワインがたくさんあります
安くて美味しいワインがたくさんあります
テーブルマウンテンの西側には美しい湾が広がっています
テーブルマウンテンの西側には美しい湾が広がっています
希望峰の看板前はいつも大勢の観光客で賑わいます
希望峰の看板前はいつも大勢の観光客で賑わいます
ボルダーズビーチのペンキン達
ボルダーズビーチのペンキン達
カラフルな建物が立ち並ぶボカープ地区
カラフルな建物が立ち並ぶボカープ地区

前半戦は、主に南アフリカの中でも景観に富んだ綺麗な場所を巡りました。初めてアフリカを旅行されるご参加者の方にとっては、ある意味アフリカらしくないエリアだったかもしれません。緑も多く、完全に舗装された道路、快適な宿泊施設など、40日間の長丁場のツアーのスタートとしては良いルートだったと思います。

キャンプもほとんど初めてのご参加者の方が多かったですが、設備の整ったキャンプサイトで快適にお過ごしいただきました。

芝生が広がる気持ちの良いキャンプ場
芝生が広がる気持ちの良いキャンプ場
キャンプサイトではテーブルをセッティング
キャンプサイトではテーブルをセッティング
洗面スペースも綺麗なところが多いです
洗面スペースも綺麗なところが多いです
水場もしっかりとあるので、洗濯などもしっかり出来ます
水場もしっかりとあるので、洗濯などもしっかり出来ます
テントはキャンバス地のしっかりとしたテントを使用します
テントはキャンバス地のしっかりとしたテントを使用します
キャンプサイトのキッチン
キャンプサイトのキッチン
キャンプの朝は毎日炭でパンを焼きます
キャンプの朝は毎日炭でパンを焼きます
ランチは各自好きな具材を挟んでサンドイッチを手作り
ランチは各自好きな具材を挟んでサンドイッチを手作り
キャンプの夕食は同行のコックが工夫を凝らしていつも美味しいものを作ってくれました
キャンプの夕食は同行のコックが工夫を凝らしていつも美味しいものを作ってくれました
お肉はやわらかくてジューシー。大きなサイズでも皆さん完食されていました
お肉はやわらかくてジューシー。大きなサイズでも皆さん完食されていました

そして、ケープタウンを通過してナミビアへ。ここからは一気にアフリカらしさ?が加速していきます。未舗装路区間を走破し、ナミブ砂漠を始めとしたやダイナミックな風景が日々移り変わっていきます。

地平線までどこまでも続く道
地平線までどこまでも続く道
世界第2の規模を誇るナミビアのフィッシュリバーキャニオン
世界第2の規模を誇るナミビアのフィッシュリバーキャニオン
世界最古の砂漠ナミブ砂漠の砂丘
世界最古の砂漠ナミブ砂漠の砂丘
異世界のような雰囲気が漂うデッドフライ
異世界のような雰囲気が漂うデッドフライ

そして、ここから先は、ナミビア中北部エリアを訪問した後、ボツワナ、そして最終目的地のビクトリアフォールズへとツアーは続いていきます。

後半のレポートもまた、適宜アップしますので、お楽しみに。

荒木

2018.9.4発 道祖神40周年記念ツアー 南部アフリカ一周オーバーランド 40日間(後半)

キリマンジャロTシャツ

仕事柄?日本で生活していても、アフリカングッズにはつい目が行きがちです。

正直、残念なデザインや惜しいなと思うものも多いですが、最近久々に欲しいなと思うものが出てきました。

今年、日本のスキー/アウトドアメーカーのPhenixから、アフリカ最高峰キリマンジャロをテーマにしたTシャツがラインナップされています。

先日、登山終わりの方が胸に「HU JAMBO」と書かれたTシャツを着ていて、思わず目で追っていたら、背中に「SI JAMBO」と書かれていて、一気に気持ちを奪われました!

ご存知の方も多かもしれませんが、「ジャンボ/JAMBO」は、ケニア、タンザニアなどでよく耳にするスワヒリ語の挨拶の一つですが、実は正確に使う場合には、調子をお伺いをする相手の人称に応じて頭に文字(否定主辞)がつきます。

(HU JAMBO)あなたは元気ですか?
(SI JAMBO)わたしは元気です。

(HAMU JAMBO)あなたたちは元気ですか?
(HATU JAMBO)わたしたちは元気です。

話が逸れましたが、しっかりと監修して作られているなと感心したと同時に非常に欲しくなりました。

これ以外にも、キリマンジャロ固有の植物がデザインされたものや、ルートが描かれたものなど、欲しくなるデザインが目白押しです。

今年キリマンジャロ登山を目指していらっしゃる方、過去に登ったことがある方、是非お気に入りの一枚を手に入れてみてはいかがでしょうか??

http://www.phenix.jp/outdoor_features/3058/

by 荒木

ナミビアと洪水

先日、GWに添乗でナミビアのツアーに同行させていただきました。

ご存知の通り、ナミビアはナミブ砂漠を抱える国で、年間降水量は120mm以下で、場所によっては5mm以下の場所もあるほど、非常に乾燥した土地になります。

ただ、この国は数年に一度、大きな洪水被害が発生します。

乾燥した国で洪水!?と思われるかもしれませんが、ナミビアと国境を接するアンゴラでは、11~4月にかけて大量の雨が降ります(特に内陸の北中部エリア)。

そこで大量に降った雨が、ナミビアへと流れこみ洪水被害をもたらすことがあり、今年は北部ナミビアでは被害が報告されています。
ちなみにアンゴラに降った雨は、ボツワナへも流れこみ、オカバンゴ・デルタを形成します。

今回、GWに訪問した際は雨季もすでに終わり、毎日晴天にも恵まれ、砂漠観光も楽しむことが出来ましたが、帰国後、2週間ほどしてから現地のガイドから送られてきた写真には我々が滞在中見る影もなかった大きな池ほどの水たまりが、ナミブ砂漠に出現していました。(こちらはナミブナウクルフト山から流れてきた水です)

こういう風景が見られることは非常に稀ですが、またナミビアのダイナミックな一面を見られた気がしました。

by 荒木

2018.4.28発 GWスペシャル ナミブ砂漠訪問 ナミビア・キャンプ 9日間

GWにナミビアのキャンプツアーに同行させていただきました。個人的には2年ぶりぐらいの訪問でしたが、相変わらずスケールの大きな自然が魅力の素晴らしい国でした。

まず訪問したのは、ハイライトの一つナミブ砂漠観光です。

今回のツアーはキャンプ泊がメインとなりますので、観光のベースとなるセスリエムでは、キャンプサイトに宿泊しました。

ナミビアはキャンプ天国とも言えるほど、各地に充実したキャンプサイトがあり、テント泊未経験の方でも、安心してご参加いただけます。

こちらのキャンプサイトも、シャワー・トイレ棟はもちろんのこと、バーや売店もあります。キャンプサイトには電源もありますので、バッテリーの充電も可能です。

「DUNE45」「ソーサスフライ」「デッドフライ」などの観光は、2つのゲートを通過する必要があります。特に日の出前にこれらを観光するためには、前日に第一ゲートの中に滞在することが必須条件になります。

第1ゲートの中にある宿泊施設は、ロッジ一つとキャンプサイト一つのみとなります。そのため、年間を通してロッジは非常に混みあいます。キャンプ場もしかりですが、なんとか確保することが出来ました(年末のツアーもゲート内のキャンプサイトを確保済みです)。

今回は、日の出前にデッドフライを訪問して、異世界空間を楽しむことが出来ました。

朝日で紅く色づくナミブ砂漠
朝日で紅く色づくナミブ砂漠
まるで異世界のようなたたずまいのデッドフライ1
まるで異世界のようなたたずまいのデッドフライ1
まるで異世界のようなたたずまいのデッドフライ2
まるで異世界のようなたたずまいのデッドフライ2
まるで異世界のようなたたずまいのデッドフライ3
まるで異世界のようなたたずまいのデッドフライ3

もちろん一番美しい砂丘と言われるDUNE45も訪問しました。

砂丘に登るのは一苦労です。
砂丘に登るのは一苦労です。1
砂丘に登るのは一苦労です。2
砂丘に登るのは一苦労です。2

ナミブ砂漠を堪能した後は、一路北上していきます。途中、南回帰線を通過して、クイセブ峠を通過します。

景色がダイナミックに移り変わっていきます。1
景色がダイナミックに移り変わっていきます。1
景色がダイナミックに移り変わっていきます。2
景色がダイナミックに移り変わっていきます。2

途中ウェルウィッチャと呼ばれるナミビアと北にある国アンゴラにしか生息しない植物を鑑賞。

最大で2,000年以上生きるとされる植物
最大で2,000年以上生きるとされる植物
多数の葉があるように見えるが元は2枚のみで、葉が割けているだけ
多数の葉があるように見えるが元は2枚のみで、葉が割けているだけ

この日は、海辺の町、スワコプムントに宿泊します。コロニアル時代の建物が残るこの町は、街並みも綺麗です。

そして海沿いということは、美味しいシーフードも外せません!冷たいベンゲラ海流が流れていて、年中生牡蠣を食べることも出来ます(食べる方は自己責任でお願いします!)

コロニアルな雰囲気の残る街並み
コロニアルな雰囲気の残る街並み
桟橋から見る美しい夕日
桟橋から見る美しい夕日

さらに北上を続けて辿り着いたのは、ケープクロス。

ここは、数万頭のケープオットセイが営巣している場所で、鳴き声なども迫力があります。

見渡す限りオットセイ!
見渡す限りオットセイ!
ちょうどこの頃は、生後半年前後の子どもたちがたくさんいました。
ちょうどこの頃は、生後半年前後の子どもたちがたくさんいました。

進路を内陸部に変えて移動を続けます。

どこまでも続くダートロード。車とすれ違うこともめったにありません
どこまでも続くダートロード。車とすれ違うこともめったにありません
一つの塊ががほどもある大きな花崗岩の山塊
一つの塊ががほどもある大きな花崗岩の山塊

次に訪れたのは、トワイフェルフォンテイン。こちらには、2000年以上前から、南部アフリカに広く暮らしてきた、狩猟・採集民サンの人達が描いた岩絵(線刻画)が残されており、キリンやゾウ、サイなどの野生動物や、ペンギン、オットセイなど、彼らのテリトリーの広さを示す絵や、半獣半人のライオンが描かれています。

彼らの狩りの対象になった動物などが描かれている
彼らの狩りの対象になった動物などが描かれている
しっぽの先に手のようなものが描かれているライオン
しっぽの先に手のようなものが描かれているライオン
ペンギンやオットセイなどの水生動物も描かれている1
ペンギンやオットセイなどの水生動物も描かれている1
ペンギンやオットセイなどの水生動物も描かれている2
ペンギンやオットセイなどの水生動物も描かれている2

旅も佳境に入ってきました。

次は、遊牧民ヒンバの人たちの集落を訪問しました。

ヒンバの女性は、独特の紅い色を全身に纏います。

これは、バターや牛の油、赤土などを混ぜたものを髪や体に塗りつけているためです。水がまともに手に入らない地域に暮らす人々の知恵で、体を洗う代わりにこれで体の匂いを消したり、また虫よけの代わりになるそうです。

村の生活風景や生活習慣を教えてもらいながら、集落を巡りました。

足首のアクセサリは蛇に噛まれないための装飾1
足首のアクセサリは蛇に噛まれないための装飾1
足首のアクセサリは蛇に噛まれないための装飾2
足首のアクセサリは蛇に噛まれないための装飾2
カラバッシュ(ひょうたん)にミルクを入れて振り、分離させてバターを作っているところ
カラバッシュ(ひょうたん)にミルクを入れて振り、分離させてバターを作っているところ
女性は年齢や婚姻状況により髪型や装飾が変わります。1
女性は年齢や婚姻状況により髪型や装飾が変わります。1
女性は年齢や婚姻状況により髪型や装飾が変わります。2
女性は年齢や婚姻状況により髪型や装飾が変わります。2

その後、最後のハイライト、エトーシャ国立公園へ。日本の四国が丸ごとすっぽりと入ってしまうほど大きな国立降雨園で、100種以上の動物、300種以上の鳥類が生息しています。

この時期は、雨季が終わってから3週間程度すぎたところで適度に乾燥していて、動物も比較的集中していた。ちょうど西側から東側へと移動をする時期で、たくさんのシマウマやスプリンボックが見られました。

また、食事中のライオンのプライドやハネムーン中のカップルも見かけました。

エトーシャ国立公園の一つの特徴として、園内の3分の1ほども占めるパン(塩湖)があります。白い大地がどこまでも続くユニークな風景が広がります。

単体でも存在感のあるブチハイエナ
単体でも存在感のあるブチハイエナ
サファリにはかならず見かけるが絵になるシマウマ
サファリにはかならず見かけるが絵になるシマウマ
6頭ほどのプライドにいた若いライオン
6頭ほどのプライドにいた若いライオン
白い砂地が続くエトーシャパン。雨季は入ることが出来ない。
白い砂地が続くエトーシャパン。雨季は入ることが出来ない。

サファリを楽しんだ後は、一路首都のウィントフックへ戻り、日本への帰路へとつきました。

キャンプツアーと聞いて抵抗のある方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、恐らく日本でキャンプするよりも格段に快適だと思います。

中日と最終日には、ホテル泊も入れてありますので、しっかりとリフレッシュしていただけます。

次回は、年末年始に添乗員同行でツアーを設定していますので、是非、ご参加ください!

■年末スペシャル ナミブ砂漠訪問 ナミビア・キャンプ 9日間

荒木

2017.12.27発 カラハリ・トランスフロンティア公園でサファリ 8日間

17年の年末年始、南アフリカとボツワナに跨り管理されているカラハリ・トランスフロンティア公園を訪問するツアーに添乗員として同行させていただきました。

アフリカで初めての国境をまたいだ保護区域として指定されたカラハリ・トランスフロンティア公園。

総面積は38,000㎢で、ボツワナ側の面積が28,400㎢、南アフリカ側の面積が9,600㎢です。人間の手がほとんど及ばないカラハリ砂漠南部に位置し、過酷な自然環境が広がりますが、極度の乾燥地帯に適応した動物達が力強く息づいています。

2つの国に跨っているため、南アフリカ、ボツワナどちらの国からもアクセスすることができ、また園内は、国境を越えてサファリを行う事が出来ます(正確には、出入国手続きが必要な場所もあります)。

キャンプしながら滞在することも可能ですが、こちらのツアーでは、快適なロッジに連泊しながら動物観察を行います。

まずは、ヨハネスブルグから国内線でアピントンへ。

カラハリトランスフロンティアの玄関口、アピントン空港
カラハリトランスフロンティアの玄関口、アピントン空港

そこから陸路移動して、カラハリトランスフロンティア公園に到着です。

園内は、砂丘とアカシアやキャメルソーンなどの低灌木が広がります。

紅い砂と灌木が一つの特徴的な風景です
紅い砂と灌木が一つの特徴的な風景です

この辺りの年間降水量は、150mm前後と少なく、雨季(11~4月)の時期も雨が降る事はあまりありませんが、雷と強い風を伴った激しい雨が降ることもあります。

この公園には、いわゆるBIG5のうち、十分な水や餌が必要なゾウ、サイ、バッファローは生息していません。

また、キリンやシマウマも生息はしていますが、生息しているエリアが限られており、今回は残念ながら出会うことが出来ませんでした。

代わりに、昆虫などを主食とするミーアキャットやマングース、オオミミギツネやワイルドキャットなどの小型の食肉目の生き物にとっては生息しやすく、また、それを狙う猛禽類が数多く生息しています。

水場に現れたオオミミギツネ
水場に現れたオオミミギツネ
愛らしい顔のケープフォックス
愛らしい顔のケープフォックス
カラハリ砂漠のマスコット ミーアキャット
カラハリ砂漠のマスコット ミーアキャット
カラハリ砂漠の名物 ミーアキャット2
カラハリ砂漠の名物 ミーアキャット2
木の幹で休むワイルドキャット
木の幹で休むワイルドキャット
食事中のコシジロウタオオタカ
食事中のコシジロウタオオタカ
仲良く2羽で並んでいたアフリカワシミミズク
仲良く2羽で並んでいたアフリカワシミミズク

そして、特筆すべきは何といっても、カラハリ砂漠のみに生息するカラハリライオンです。

今回は、世界一美しいライオンと言われる彼らをじっくりと観察する事が出来ました。

他のエリアのライオンと比べると平均して体付きが大きく、体毛はグレー、そして雄はタテガミが黒いのが特徴です。

タテガミの黒いりっぱなオスのカラハリライオン
タテガミの黒いりっぱなオスのカラハリライオン
カラハリライオンはメスも美しい
カラハリライオンはメスも美しい
砂の上で昼寝。王者に許された特権
砂の上で昼寝。王者に許された特権
道路に座り込んだ若い子どものライオン
道路に座り込んだ若い子どものライオン

このツアーでは、ロッジに泊まりながら動物を観察します。

自然に配慮された造りで、必要なものは十分に揃っており、快適に過ごすことができます。もちろん公園内に立地しているため、動物が敷地内にもやってきます。高床式になっている部屋の下には、夜になると、動物が寝ていることもあり、大迫力の咆哮が聞こえることも!?

砂丘の上に建てられているロッジ
砂丘の上に建てられているロッジ
砂丘の上に建てられているロッジ2
砂丘の上に建てられているロッジ2
全室カラハリ砂漠ビューです
全室カラハリ砂漠ビューです
必要十分な設備を備えたお部屋
必要十分な設備を備えたお部屋
必要十分な設備を備えたお部屋2
必要十分な設備を備えたお部屋2
ゆったりとしたパブリックスペース
ゆったりとしたパブリックスペース
お洒落に盛り付けられた食事。味もとても美味しい
お洒落に盛り付けられた食事。味もとても美味しい

アフリカでサファリを行う際は、東部・南部アフリカ地域を問わず基本的に、早朝、夕方の2回サファリを行います。

今回のサファリはロッジ専属のドライバーと車を利用して行いましたが、非常に充実したものでした。

朝は、起床してから、ティー&コーヒー、クッキーなどで簡単に済ませてから、日の出前にロッジを出発。11時前頃に戻ってきてブランチ。夕方は、ハイティーを楽しんで、涼しくなる時間から日の入り(20時頃)までサファリ。

日照時間が長いシーズンということもありましたが、毎日9~10時間程度のサファリをたっぷりと行いました。

また、ある日は、早朝からフルデイサファリを行いましたが、途中ランチ休憩やティーブレイクなどを挟んで15時間!の超ロングサファリで、おかげで色々なシーンを観察する事が出来ました。

カラハリトランスフロンティアには、チーターも生息しています
カラハリトランスフロンティアには、チーターも生息しています
カラハリ砂漠やナミビアにのみ生息するカッショクハイエナ
カラハリ砂漠やナミビアにのみ生息するカッショクハイエナ
遠目ですがヒョウも観察できました
遠目ですがヒョウも観察できました
喉を膨らませてメスにアピール中のアフリカオオノガン
喉を膨らませてメスにアピール中のアフリカオオノガン
産まれたばかりの子どもを連れたヌー
産まれたばかりの子どもを連れたヌー
赤褐色の毛並みをしたスレンダーマングース
赤褐色の毛並みをしたスレンダーマングース
食事中のヒョウモンリクガメ
食事中のヒョウモンリクガメ
鎌首を持ち上げるケープコブラ
鎌首を持ち上げるケープコブラ
その名の通り跳ねながら移動するスプリンボック
その名の通り跳ねながら移動するスプリンボック
アフリカワシミミズクがクロワシミミズクを捕獲、食事中でした
アフリカワシミミズクがクロワシミミズクを捕獲、食事中でした

8日間と短いツアーながらも、毎回濃密なサファリになるため、充実度は、滞在期間以上のものになりました。

ほ乳類が19種、鳥類は30種以上(猛禽類が15種)確認することができました。

カラハリトランスフロンティア公園は、ケニアやタンザニアなどでサファリを経験したことのある方には、動物相や自然景観の違いをより感じていただけるため、サファリリピーターの方にお勧めしたい場所です。

ただ、サファリが初めての方でも、ゾウやキリンやシマウマに会えなくても大丈夫、とにかく美しいライオンに会いたい!という方であれば、きっとご満足いただけるかと思います。

2018年初日の出。明けましておめでとうございます。
2018年初日の出。明けましておめでとうございます。

こちらのツアーは、通年ツアーを設定(2名様催行、添乗員無し)しておりますが、次回の9月15日(土)発については、添乗員同行で実施致しますので、ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

荒木

■カラハリ・トランスフロンティア公園でサファリ 8日間